30代40代はまだまだ妊娠できる

30代40代はまだまだ妊娠できる!妊娠できる確率と上げる方法



近年では、結婚する年齢も上がり、晩婚化も珍しくなくなりましたが、それと同時に問題となってくるのが、高齢妊娠、高齢出産です。

妊娠は遅くなればなるほど、リスクも高くなり、子どもを設けることが難しくなります。

結婚直後から計画的に不妊治療を試みる方も増えていますが、不妊治療はどんなに頑張っても、誰もが子どもを設けることができると約束されている治療ではありません。

そんな時考えてしまうのがやはり成功率です。

そこで今回は、

・30代、40代の自然妊娠できる確率はどのくらい?
・妊娠できる確率を上げることはできる?

といった方に、30代、40代の方が妊娠できる確率について詳しくご紹介します。

30代なら妊娠できる確率は高い?

30代なら妊娠できる確率は高い

「30代なら妊娠できる確率も40代よりは高いのでは?」と皆さんが考えることでしょう。

しかし、30代といっても30歳から39歳までと幅広く、39歳という場合、40代とわずか1歳の差しかないため、妊娠できる確率が大きく変わるということにはなりません。

また、妊娠は健康状態なども大きく影響してきます。30代であっても、一般的な30代より体力がなかったり、生殖機能が衰えている場合、妊娠できる確率は大きく下がることになります。

確率はあくまで30代の方の平均したデータを割り出したものです。必ずしも自分に当てはまるとは限らないことを、まずは覚えておく必要があります。

その上で妊娠できる確率を見ていくことにしましょう。

30代、40代の方が自然妊娠できる確率は?

それでは、30代、40代の方が自然妊娠できる確率はどのくらいなのか見ていきましょう。

30代前半(30歳以上、35歳未満)の場合

多くの方が30代前半までに妊娠したいと考える理由の一つに「高齢出産」があります。

高齢出産は35歳以上の初産婦さんの場合に使われる言葉となっていますが、34歳に出産するのと35歳に出産するので何が違うのかと考えた時、特に大差はありません。

ですが、高齢出産のイメージとして、妊娠合併症のリスクが上がる、先天異常の子供が生まれるケースが増えるなどがあるため、やはり35歳になる前に子供を産みたいと考える方も少なくありません。

実際に自然妊娠の確率を見てみても、30歳以上35歳未満の妊娠の確率は、25歳から30歳までの妊娠する確率と同じで、25%~30%となっています。

自然に妊娠できる確率は、25歳の時と35歳の時とほとんど変わらないのです。

しかし、35歳以上になると自然と妊娠できる確率は下がり始めるといわれています。それは30歳を過ぎると卵子が徐々に老化しはじめるためです。

そのため、25歳と35歳では、卵子の状態は同じとはいえません。

卵子が若く、健康な方であれば、35%という妊娠確率を望むこともできますが、卵子の健康状態が悪く、老化も進んでいる場合、この確率以下というケースもありますので、注意しなくてはなりません。

また、30歳から35歳未満という30代前半でも年齢的に幅があります。徐々に妊娠できる確率は落ちていくと考えられます。

35歳以上40歳未満の妊娠できる確率は?

高齢出産といわれる35歳を過ぎると、妊娠できる確率は大幅に減少しはじめます。

平均で30代後半の妊娠率は18%といわれています。35%もあった妊娠率が18%にまで落ち込んでしまうのです。

先ほども30代を過ぎたころから、卵子の老化が始まるといいましたが、その速度は年齢と共に加速していきます。

35歳を過ぎたから急に18%になってしまうということではありませんが、39歳ごろにはこの平均確率より下回ると思っておいて間違いないといえます。

40歳以上から45歳の妊娠できる確率は?

40歳を超える40代前半の妊娠率はわずか5%です。

5%と聞くとものすごく妊娠が難しいのではと考える方もいますが、これは40代前半のすべての方の妊娠率であって、妊娠を望んで、子作り、不妊治療をしている方のみの数値ではありませんので、実際に子供を望んでいる方の数値はもう少し高くなります。

確率が少ないと心配するよりも、まずは妊娠できる環境を整えることが大切と考えましょう。

45歳以上40代後半の妊娠できる確率は?

45歳以上の方が妊娠できる確率は、わずか1%です。1%というとほとんど妊娠できないと捉える方もいますが、芸能人などでは45歳以上で妊娠したという話を聞くことも少なくありません。

これも先ほど同様、皆さんの平均値です。45歳以上になると妊娠を望む方の数そのものが減るので、妊娠率が大きく下がるのです。

しかし、望めば必ずしも妊娠できるという訳でもなく、やはり卵子は激しく老化し、細胞の数が少なくなり、妊娠できる可能性はごくわずかとなります。

累積で妊娠率を考えよう

年齢や健康状態の他に、妊娠の確率を考える上で覚えていてほしいのが、累積計算した妊娠率です。

私たちは1年に1歳年をとりますが、その過程で妊娠するチャンスは一般的に、計12回あるのです。

それは生理周期の平均が、28日であるためです。その1周期の度に排卵があるわけですから、チャンスは1年に12回あることになります。

たとえば30歳の100組の夫婦がいたとします。その妊娠の確率が30%の場合、単純に考えれば30組の夫婦が妊娠できることになりますが、すべての夫婦が排卵日に合わせて子作りをしているわけではありません。

中には子作り自体していない方もいますし、すでに子供がいるので、妊娠を望んでいない方もいます。

つまり、30代の夫婦の内、妊娠できた30組は、もしかしたら計画的に妊娠を望んだ夫婦が相当数占めているかもしれないのです。

また、この年齢で妊娠できなかった夫婦が、翌年もチャレンジをした場合、妊娠していない70組の内、妊娠率が翌年も同じ30%とすると、21組が妊娠できる計算となります。

妊娠を望み、妊娠のために計画的に排卵日に子作りに取り組む、そのチャンスを何度も重ねれば、妊娠率は大きく変わってくることを踏まえて妊娠率を考えていくことが大切です。

排卵日近くに子作りすれば妊娠できる?

排卵日近くに子作り

排卵日とは、卵巣で大きくなった卵子が出てくる日のことです。

このタイミングに性交渉を行うことで卵子が精子と出会い、受精卵となり、卵管を下って子宮内膜に着床し、妊娠したことになるのですが、それ以外の日に子作りに挑んでも妊娠できる確率は上がるわけではありません。

そのため、妊娠したいのであればこの排卵日を見極めることが大切となります。

不妊治療の初期段階として、この排卵日を狙ったタイミング法が用いられることがあります。

その確率は80%近くに上るとさえいわれていますので、排卵日に妊娠を試みることがいかに重要かが納得できます。

着床して妊娠する確率は?

上手く受精卵となっても、すべての受精卵が子宮内膜にきちんと着床してくれるとは限りません。

その妊娠につながる確率はわずか25%といわれていますので、4分の1しか妊娠につながらないのです。

無事に受精して受精卵となっても、妊娠できる確率は4回受精したうちのわずか1回となりますので、妊娠はとにかく難しいことなのです。

また、この確率はあくまでも健康な方の例です。

生殖機能に何らかの異常が見られる場合などは、こうした妊娠、受精、着床の確率も大きく下がることになり、不妊治療が必要になります。

不妊治療で受精、着床の確率が少しでも上がるようサポートしてもらうことが大切です。

妊娠したからといって安心してはいけない!

妊娠できる確率だけを鵜呑みにして、40代だからもう妊娠は無理とあきらめてはいけません。妊娠しやすいタイミングを意識すれば妊娠できる確率はグンと上がるからです。

ただし年齢が上がると、妊娠できたからといって必ずしも安心できなくなります。赤ちゃんを無事に出産するまで妊娠を継続しなくてはならず、年齢が上がるとこの確率も下がり始めます。

流産などのリスクが高くなり、若い方の妊娠と比べ、妊娠を継続するのが難しくなってしまうのです。

たとえば流産の確率だけ見てみても、30代前半は20代のころと同じく20%ほどの流産率となっていて、妊娠を継続できないリスクは少なくなっていますが、30代後半では35%、40代前半では40%、40代後半では50%と跳ね上がります。

年齢が上がるとともに流産してしまうことが多くなるのです。

子作り→受精→妊娠→出産すべてを考えて!

30代、40代となると妊娠だけに重点を置いてしまいがちですが、出産までの長いスタンスで考え行動しなくてはなりません。

妊娠率だけを見て、まだ子どもが産めると安易に考え、何の努力をしないのも後で後悔することになってしまいますし、反対に年齢が高いからもうだめだと子どもをあきらめる必要もありません。

まずは妊娠できる、子どもを設けることを第一に考え、行動を起こしてみましょう。

確率を上げて妊娠に繋げる方法!

妊娠の確率を気にするよりも、まずは妊娠につながる方法を実践してみましょう。

妊娠しやすい体作り

妊娠するには何よりも、自分自身とパートナーの体の健康が第一です。喫煙や飲酒、生活習慣など、見直す所はたくさんあります。

PMSに悩まされている方は排卵がきちんと行われていないかもしれませんし、子宮が不健康な状態かもしれません。

また、パートナー側に問題がある場合も多々あります。

まずは、規則正しい生活にバランスの良い食事、適度な運動をするなど、妊娠しやすい体作りから始めましょう。

妊娠しやすいタイミングを狙おう

妊娠するためには、排卵日に子作りをすれば良いと勘違いしている方も多いのではないでしょうか。

実は排卵日に子作りを行っても、妊娠できる確率は高くないといわれています。なぜなら排卵した卵が受精するまでの期間はわずか1日しかないからです。

それに対し精子の授精ができるようになるタイミングは、放出されてから5~6時間後となり、そこから36時間ほど受精可能となりますので、排卵日に子作りをしてもあまり確率は上がらないのです。

よく排卵日を正確に把握して、その日に子作りすると妊娠できるなどといわれていますが、これは大きな間違いです。妊娠したいのであれば、排卵日の2日前がもっとも高くなります。

排卵日を知り、その2日前に子作りにトライしてみましょう。

より妊娠の確率を上げるために

排卵日2日前のタイミングを見極めることは容易ではありません。

確かな排卵日が分かっているつもりでも、ズレてしまったり、思ったように受精に結びついてくれないことも多いのです。

確実に妊娠につなげるためには、この排卵日2日前を基準にして何度か子作りにチャレンジすることが大切になります。

その方がより妊娠につながることも明らかになっていますので、あまりこの日と決めつけてしまい、その時だけという方法はお勧めできません。

排卵日前後にも数回にわたって子作りしてみると良いでしょう。

不妊治療も上手に取り入れて

排卵日2日前をターゲットとしたタイミング法を取り入れても、妊娠が上手くいかない場合には、不妊治療も上手に取り入れていくことが大切です。

低温期、高温期がはっきりしていない場合や、不定期な排卵となっている場合などは、はじめから不妊治療である過排卵刺激法が向いています。

排卵誘発剤の投薬や服用で、排卵を意識的に作り出してくれる方法があるからです。

また、夫婦双方の健康状態を確認できたり、体内受精や体外受精など、妊娠のための高い施術設けることができます。

治療費が高額であったり、気が引ける、旦那さんの協力が得にくいなどありますが、先生方と相談して自分たち夫婦に合った方法を選ぶこともできますので、心配はいりません。

まずは勇気を出して相談してみることから始めてみましょう。

数字だけにとらわれないで!

数字だけにとらわれない

妊娠できる確率などを紹介してきましたが、これはあくまで統計上の割合です。

もともと妊娠は個人差も大きく、この確率すべてが自分に当てはまるものではありません。あくまでも参考程度に考えましょう。

その上で、妊娠のためにできることから始めていきましょう。神様の授かりものだからとって、自然に妊娠するのを待っているというご夫婦も多いですが、ほんの一つの行動で妊娠につながるのであれば、そんな良いことはありませんよね。

また、この確率を見てあまり思いつめないことも大切です。ストレスなどの精神的不安は妊娠の妨げになってしまいます。

妊娠できないからといって焦る必要はありませんので、自分たちのペースで取り組むよう心がけてくださいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊活・妊娠超初期のカテゴリー

妊活妊娠超初期妊娠初期
妊娠へ向けての体づくり不妊の原因不妊治療
アルコールカフェインストレス解消
つわり産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用保険
基礎体温排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別双子
男性の妊活葉酸葉酸サプリ
妊活妊娠超初期
妊娠初期妊娠へ向けての体づくり
不妊の原因不妊治療
アルコールカフェイン
ストレス解消つわり
産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用
保険基礎体温
排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別
双子男性の妊活
葉酸葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる