妊婦さん歓迎のお仕事

妊婦さん歓迎のお仕事ってある?在宅の求人情報をご紹介!




妊娠しても働く妊婦さんが珍しくなくなってきた現在でも、妊婦さん歓迎なお仕事はまだまだ少ない印象があります。

理由としては、休んでしまうことが多かったり、業務内容・労働時間の制限など即戦力にならないイメージ、何かあった時に責任が取れないというのが理由に挙げられます。

けれど、そんな中でも出産予定日ギリギリまで働く妊婦さんは数多くいます。そういった妊婦さんはどんなお仕事をしているのでしょうか?

そこで今回は、

・妊婦さん歓迎なお仕事なんてあるの?
・在宅は妊婦さん向き?
・妊婦さんでもできる仕事について知りたい!

といった方に、妊婦さん歓迎なお仕事はあるのか、在宅は妊婦さん向きの仕事なのかについて詳しくご紹介します。

妊婦さん歓迎のお仕事ってあるの?

お仕事ってあるの

働く妊婦さんの存在が珍しくなくなってきているのと比例して、妊婦さん歓迎なお仕事が増えてきているかといわれれば、そういうわけではないのが現状です。

もちろん、働く妊婦さんを守る法律があるくらいなので、少しずつ受け入れ体制は整ってきていますが、それはまだ極少数。大手企業に限られてきてしまう辛い現実があります。

インターネットで検索をしてみても「妊婦さん歓迎!」という宣伝広告を載せている企業はあまり見かけませんから、諸手をあげて妊婦さんを歓迎するお仕事はないといえます。

妊婦さんはどんな所で働いている?

歓迎してくれる仕事がないのであれば、働いている妊婦さんはどんな場所で働いているのでしょうか。

それは、妊娠前から働いていた職場をはじめ、アルバイトをしている妊婦さんも多くいるのです。

アルバイトに関しても、受け入れ体制は正社員と変わらないので、妊婦さんを採用してくれるところは少ないのが現状ですが、あえて携帯販売の接客や飲食店など、普通であればお腹の赤ちゃんのことを考えて避けておきたい立ち仕事を選んで働いている妊婦さんもいます。

つまり、デスクワークなど座ってできる仕事といったこだわりを捨てて探せば、働くことはできるかもしれません。

妊婦さんは仕事をしてはダメ?

仕事現場の受け入れ体制を考えると、妊婦さんは働いてはいけないような気がしてきてしまいますが、それは違います。

一昔前であれば妊娠したら退職するのが当たり前だったかもしれませんが、現在ではお腹の赤ちゃんのことを考えて自宅でじっとしているのではなく、小まめに運動をすることが推奨されています。

過剰な労働は良くありませんが、仕事をすることで気分転換になるという意見もあり、医師に相談したとしても指導は入りますが、体調が悪化することでもなければドクターストップがかかることはまれです。

妊婦さん歓迎というわけではないけれど

妊婦さん歓迎というわけではないけれど

仕事の求人を探してみても妊婦さん歓迎というお仕事はありませんが、働けないわけではありません。

つまり、妊娠したらできる仕事がまったくないというわけではないのです。

こだわりを捨てて、立ち仕事も含めて仕事を探すというのも1つの方法ですが、やはりお腹の赤ちゃんのことも考えて、できれば身体を優先して欲しいところ。

では、妊婦さんにも需要があるお仕事とはどんなものなのでしょうか?大まかな特徴を挙げると次のようなものがあります。仕事を探す際のキーワードとして頭の片隅に入れておきましょう。

補充人員募集な会社

特に産休に入る社員の代わりに、と明示されていれば採用される可能性が高いです。理由としては、すでに妊婦さんが働いているということであり、一般の会社よりも受け入れてもらいやすいという理由が挙げられます。

実際、ある会社では社員の代わりにパート勤務で妊婦さんが入っていたケースもあります。

ただし、補充人員とはいえ晴れて働くことになった際には、妊娠中だからという態度はNGです。

急な体調不良などで休んでしまうこともありますが、周囲への感謝の気持ちを忘れず、与えられた仕事を着実にこなしましょう。

在宅でもできるお仕事

タイトルにもあるように、自宅でできるお仕事――いわゆる在宅ワークは歓迎とはいわないまでも、自宅でできるという理由や自分のペースで仕事を進めることができることから、妊婦さんに向いているお仕事といえます。

自宅にパソコンさえあればできるお仕事なので、インターネットが普及している現在では、働く妊婦さんの多くが仕事として選んでいます。

通勤をする必要もないので、つわりなど体調不良で通勤が難しい妊婦さんでもやりやすいお仕事といえます。

経験者大歓迎!な職場

経験者大歓迎、という言葉からわかるように、妊婦さんであっても、その職種の経験があれば採用してもらえる可能性があります。

例えば、在宅であればWebデザイナーや翻訳のお仕事などが挙げられます。また経験だけでなく、資格が必要なお仕事もあります。

そのため、資格を持っている妊婦さんは、取得している資格を視野にいれてお仕事を探してみると、妊婦さんであってもOKな案件が見つかるかもしれません。

とにかく、まずは経験や資格があることを伝えた上で相談をしてみましょう。

在宅求人は妊婦さん向き?

在宅求人は妊婦さん向き

妊婦さん大歓迎、と銘打っているわけではありませんが、先にも触れたように在宅の求人は妊婦さん向きのお仕事といえます。

繰り返しになりますが、自宅で自分のペースで仕事ができるのはもちろんのこと、仕事の種類が豊富なので妊婦さんそれぞれに合うお仕事が見つかりやすいこと、妊婦さんの頑張りによってはお小遣い程度の収入はもらえるというのも理由に挙げられます。

人と直接会うわけではありませんが、納期が決まっており、依頼者とメールのやり取りを小まめに行うことになるので、仕事と変わらないモチベーションを維持しながらできるのも働く意欲のある妊婦さんにとって嬉しいところです。

心に余裕ができるメリットも

また、在宅ワークをすることで心に余裕ができるというメリットもあります。

妊娠すると体調不良になることが珍しくないので、気に病む必要はまったくないのですが、今までできていたことが急にできなくなったり、すぐに疲れてしまったりするために自信喪失をしてしまう妊婦さんも少なくありません。

そんな状態でも、自分のペースで働くことができる在宅ワークは、技術を磨いていけば、最初は安い単価でも報酬が上がる可能性がありますし、依頼者から引き続き仕事を任せてもらえることもあります。

仕事だけがすべてではありませんが、仕事をしている充実感、お金を自分で稼いでいるという実感が、心に余裕をもたらしてくれることあります。

怪しいお仕事に注意

妊婦さんでも働きやすい在宅のお仕事ですが、求人が増えてきている反面、「楽に稼げる」「お話するだけで報酬ゲット」など怪しいお仕事も少なくありません。

例えば、チャットレディがその1つです。ネットキャバクラと呼ばれることもあり、いかがわしいお仕事ではなく、ただ男性のお客様とオンラインでお話するだけというお仕事とされていますが、実際のところ不安な点も多くあります。

これらのお仕事は、確かに簡単で妊婦さんでも楽に稼げるお仕事ですが、何かトラブルがあってからでは遅いというデメリットもあります。

そのため、在宅の求人を探す際には内容をよく確認して選ぶ必要があります。

在宅はフリーの方が良いの?

在宅でのお仕事というと、稼いでいる人はフリーで活動しているなんていう話も聞きます。

そう考えると、妊婦さんが在宅ワークをするにしてもフリーの方が稼ぐことができそうに思われますが、初めての方はフリーよりも、在宅ワークを仲介してくれる会社に仲介に入ってもらった方がおすすめです。

経験者であればフリーという方法もありますが、フリーの場合、自分で仕事を探したりホームページを作成して売り込んだりと、中々ハードなお仕事だからです。

妊婦さんの場合、お腹の中の赤ちゃんのこともあるので無理は禁物ですから、仲介会社のホームページに登録をして、自分に合ったお仕事を委託してもらう方が働きやすいです。

在宅ワークを行う際の注意

在宅ワークを行う際の注意

自宅でできることから、妊婦さんでも仕事を見つけやすい在宅でのお仕事ですが、在宅ワークをする際には妊婦さん自身、注意しなければいけないことがあります。

注意したい点については以下の通りです。

妊婦さんでも簡単に稼ぐことができる分、心に余裕もできて、仕事をしている充実感も得られる在宅ワークですが、デメリットがないというわけではありません。

在宅ワークは自宅で一人、仕事をすることがほとんど。妊婦さん自身が気を付けるよう意識するようにして下さい。

無理をしないこと

在宅の求人は確認してみるとわかるのですが、最初のうちは単価も安いものがほとんどです。

そのため、普通のお仕事と異なりすぐに稼げるわけではないので、1つ1つのお仕事を地道に頑張るしかないのですが、妊婦さんの中には自分の限界を超えてまでお仕事を引き受けてしまう人もいます。

特に、稼げるようになってくるとその傾向が強くなるようです。在宅ワークは基本的に自宅での一人作業です。つまり、仕事をすればするほど家に引きこもることになります。

家にこもってばかりいると、やはりストレスも溜まってきますので、妊婦さんの身体にもお腹の赤ちゃんにも良くありません。自宅でお仕事をする際には無理をせず、適度を心掛けましょう。

時間を決めて仕事をしよう

在宅でのお仕事は、スケジュール管理も自分で行わなくてはいけません。無理をしない、と自分で思っていても、気付いたら仕事を掛け持ちしているような事態に陥っていることも多々あります。

仕事を引き受けたからには納期までやり切ることはもちろんですが、労働時間がなく、自分で休憩時間を決められるのも在宅ワークのメリットです。

在宅ワークは立ち仕事ではありませんが、長時間パソコンに向き合って座っているのも身体に良くありません。

そのため、仕事をする際には1日に仕事をする時間、休む時間を自分で決めて仕事をするようにしましょう。

どんなお仕事があるの?

どんなお仕事があるの

では、実際のところ妊婦さんでもできる在宅の求人にはどんなものがあるのでしょうか?

妊婦さんでもできる在宅の求人は以下の通り。データ入力やライティング、リライトなど在宅の求人は働きに出るよりも数多くあります。

在宅の求人をまとめたサイトもインターネットにいくつかありますし、先に触れたように仲介してくれる会社のホームページも数多くありますので、そういったサイトも利用しながら、自分に合ったお仕事を見つけてみましょう。

募集テーマに基づく記事作成

在宅の求人で代表的なのがライティングのお仕事、特に募集テーマに基づく記事の作成です。

テーマは美容やグルメ、不動産など依頼者によって異なりますが、その中には妊婦さんにぴったりなテーマもあります。

家事・育児はその中の1つといえます。最近は、妊婦さん向けの専門サイトも増えつつあり、それと比例して妊婦さんの求人も増えつつあります。

育児中のライターさんも存在するくらいです。もちろん、妊婦さんそれぞれの趣味に合ったテーマを募集しているお仕事を選ぶのもアリです。

自分が書きやすいテーマで記事が作れて、お金も稼げると楽しくお仕事ができそう。

家電説明書の入力

データ入力、リライト記事作成のお仕事の1つに当たります。説明書を書くとなると、難しいイメージがありますが、すでに完成している説明書をテキスト化(例:PDFファイルへの変換)するなど、簡単な作業なので妊婦さんでもできます。

ただし、こういったお仕事は単純作業で妊婦さんに人気がある反面、依頼によっては数が100件など、膨大な数をこなすことになりますので、在宅求人の中でも向き不向きが大きく出てくるので注意が必要です。

商品感想で企業へアドバイス

モニターと呼ばれるお仕事の1つで、商品モニターにあたります。モニターという言葉からもわかるように、企業の試作品や新商品を実際に使用してみて、使ってみた感想や意見をモニターとして企業側へアドバイスします。

このアドバイスが丁寧適確で、参考になると企業側に判断された場合には、企業側からモニターに指名してもらえたり、継続をお願いされることもあります。

商品の種類としては、美容をはじめ、育児関連や食品、書籍のモニターなど幅広くあります。記事作成が苦手、という妊婦さんでも簡単にできるお仕事といえます。

派遣会社に登録する方法も

在宅でのお仕事は妊婦さんにとってやりやすいお仕事ではありますが、先にも触れたように自身でスケジュール管理をしないと家に引きこもりがちになってしまいます。

妊婦さんによっては、パートナーが帰ってくるまで仕事をしてしまうこともあります。そんな孤独な作業であることも考えると、体調面に不安がなければ派遣会社に登録するのも1つの方法です。

派遣と聞くと、アルバイトだったり安定していないイメージが付きまといますが、これも立派なお仕事です。

何より、短期でかつ生活に合わせて働けるというのもメリット。妊婦さんでもできるお仕事を紹介してくれることもあるので、是非、視野にいれてみて下さいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



関連するカテゴリー
仕事・お金妊娠

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる