妊娠中に遊園地で遊んでもいい

妊娠中に遊園地で遊んでもいい?妊婦さんが遊園地で楽しむ注意点



妊娠していても、上の子がいる場合などは、家族で遊園地に出かけるという場面があるのではないでしょうか?

大人にとっても子供にとっても楽しい遊園地ですが、妊娠している場合、遊園地でどの程度遊んでもいいのか気になるところです。

そこで今回は、

・妊婦さんでも遊園地に行ってもいい?
・妊娠中でも楽しめる遊園地の乗り物は?
・妊娠中に遊園地に行く場合の注意点は?

といった方に、妊娠中でも遊園地に行ってもいいのか、遊園地に行く場合の注意点などについてご紹介します。

妊娠中でも遊園地に行くのはOK

妊娠中でも遊園地に行くのはOK

遊園地は、大人も子供も日常を忘れるほど楽しい場所です。

妊娠中でも、普段から遊園地が大好きなので遊園地によく行くという人もいますし、上の子供から行きたいと言われて連れて行くという人もいます。

妊婦さんの体調が明らかに悪いにも関わらず、無理に行くというのは問題がありますが、妊婦さんの体調が良いならば、遊園地に行くことは非日常を味わう良いチャンスです。

また、ストレスを発散する場にもなり、悪いことではありません

妊娠中なので、遊園地で何に乗っても、何をしても大丈夫ということはありませんが、家族や友人と遊園地に行くこと自体は、何ら問題もありません。

妊娠中に遊園地に行くときの注意点

妊娠していても、体調や気分が良い状態ならば、遊園地で楽しく過ごすことはまったく問題がありません。

しかし、妊娠初期や出産間際の妊娠後期は、体調が安定しない時期でもあるので、自分では体調が良いと考えていても急に体調が崩れることもあります。

妊娠初期は、つわりなどで気分がすぐれなかったり、吐き気がしたりするという妊婦さんも多くいます。

また、まだまだ安定期に入っていないので、流産をする危険も高いので、体調が良い妊婦さんでも、遊園地など外出する時はある程度注意が必要になります。

そして、お腹の大きくなった妊娠後期では、人混みの中で動きがとりづらい、足元が見えづらいなどから、転倒の恐れもあります。

ですから、遊園地でのレジャーは、比較的体調が安定している妊娠中期に行くようにするのがおすすめです。

もちろん安定期だからといって、体調が悪くならないとは限りません。また、上の子がいる場合など、安定期以外でも遊園地に行く機会がある場合もあるため、以下の点に注意して行動しましょう。

ゆったりした時間で行動する

大人だけで行動するならば、ゆっくり時間に余裕を持って行動したり、移動したりしますが、子供連れで外出すると、どうしても用意がなかなかできなかったり、突然トイレに行きたいと子供が言い出したりして、ぐずったりしてあっという間に時間がなくなってしまいます。

遊園地などは、時間を読み間違うと大渋滞に巻き込まれたり、入場するだけでも時間を取ってしまうので、時間が押し気味になって気持ちにも余裕がなくなってきます。

気持ちに余裕がなくなるとイライラしたり、ミスが増えたりすることも多くなるので、一層逆効果になります。

妊娠初期なので時間に余裕がないからと、たくさんの荷物を持って走ったりするとつまずいたり、転んだりする危険が発生します。

ゆっくり歩いても、時間にはまだまだ余裕があるという程度にゆとりをもって行動することが大切です。

初めての場所はなるべく避ける

行き慣れている遊園地だと、自宅からの道に詳しかったり、どのくらいかかるか、どのくらい道が混むかということがおおよそ見当が付きます。

また、遊園地に入ってからも、どこに何があるということがある程度わかります。

妊娠初期で突然トイレに行きたくなることもあり、突然体調が悪くなって医務室にお世話になりたいときもあります。

何も分からない初めての遊園地だと、遊園地に馴染むまでに時間がかかって時間にも気持ちにも余裕がなくなりますので、なるべく初めて行く遊園地ではなく、普段から行き慣れた遊園地に行くようにしましょう。

混まない時間帯、曜日を調べる

遊園地はどうしても土曜、日曜、祝日などが込み合います。

また、開園時間に合わせて道が込んだり、夕方の帰宅ラッシュに巻き込まれて、帰宅した途端に疲れが一気に出てしまうこともあります。

長時間車や電車に揺られたり、ラッシュ時間に満員電車に乗ったりすると、転ぶ危険や流産の危険があるので、絶対に避けるべきです。

遊園地の中や交通機関、道路などができるだけ混まない時期、混まない曜日、混まない時間帯を調べてから出かけるようにしましょう。

遊園地の施設を事前に把握しておく

妊娠中は体調が不安定になりがちです。遊園地に行ったときは体調がよくても、急に気分が悪くなったり、お腹が痛くなったりする危険もあります。

もし体調が悪くなっても、遊園地の施設などを上手く利用することができると安心して出かけることができます。

トイレの場所、救護施設の場所、案内所、休憩施設などはもちろん、万が一の場合に備えて遊園地の近くの産婦人科の病院の場所などを調べておきましょう。

天気の悪い日や厳しい季節は避ける

雨が降っていても遊園地に行く予定が入っているときなどは、大雨でない限り出かけてしまうこともあります。

多少の雨ならば大丈夫と考えますが、足元が雨水に濡れて滑りやすくなっているので気をつける必要があります。

また、暑い時期、寒い時期は、遊園地などの屋外でのレジャーは避けた方が無難です。

どうしても出かける場合は、夏の暑い日は、外にいるだけで体力が消耗されますし、熱中症などになる危険もありますので、水分補給を忘れずに行い、できるだけ日影で風通しの良い場所にいることが大切です。

寒い日も体が冷えますので、しっかり防寒対策を行って冷えないようにしましょう。

妊娠中で体調が不安定な上に、屋外の厳しい天候の中、何時間も行列に並ぶということがないようにしましょう。

多くの大人を同伴する

安定期で体調が良いからと、1人で複数の子供を引き連れて遊園地に行くという場合がありますが、これは大変危険なことなので、必ず複数の大人と一緒に行くようにしましょう。

旦那さんと2人で行くというのであれば問題ありませんが、子供を連れて行く場合は自分以外の大人の数が多いほど安心です。

自分の体調が悪くなっても子供を保護する大人がいて、自分の面倒を見てくれる大人を同伴することは、リスクを回避するためにも重要です。

足元に注意する

特に、妊娠後期になるとお腹が大きくなっているので、妊婦さんは機敏な動きができません。

また、お腹のせいで視界が遮られて、足元がなかなか見えずにちょっとした段差にもつまずく危険があります。

ゆっくりと慎重に行動して転んだり、躓いたりしないように注意しましょう。スニーカーなど足元が安定し、滑り難い、疲れない靴を履いていくことも重要です。

人が多い場所には近づかない

遊園地は大人も子供も日常を忘れてはしゃいでいるので、周りの様子がよく見えていないという人が多くいます。

人が多くいる場所だと人とぶつかったり、何かが当たったり、躓く危険があります。

混んでいる場所にはなるべく近づかず、ゆとりのある場所に座って待つようにしましょう。

母子手帳を持参しておく

妊娠後期になると、外出中に体調が悪くなって救急車で運ばれたり、そのまま出産することになったというケースがあります。

出かける日の体調が良くても、妊娠後期に入って出産が近い場合は、遊園地の救護所を調べたり、遊園地近くの産婦人科の場所を調べてから外出するようにしましょう。

医療機関にかかる場合は、母子手帳があると医療関係者にも状態が一目瞭然なので、持参しておくようにしましょう。

妊婦さんはアトラクションに乗れない?

妊婦さんはアトラクションに

妊婦さんでも、せっかく遊園地に来たのだから何かアトラクションに乗りたい人も多くいます。

アトラクションによっては激しい動きをするので、妊婦さんが乗ることを禁止しているものもありますが、妊婦さんでも乗ることのできるアトラクションもあります。

各アトラクションの案内をチェックする

遊園地にはさまざまなアトラクションがありますが、各アトラクションの入口前には必ずそのアトラクションに乗ることのできる条件などが書いた看板があります。

妊婦さんはダメとはっきり書かれているアトラクションもありますので、そのようなアトラクションは避けて、妊婦さんでも乗ることができるものを探してみましょう。

小さな子供が楽しめるアトラクションならOK

妊婦さんでも乗ることのできるアトラクションは、たいてい小さな子供でも楽しく乗ることができる優しい動きのアトラクションです。

ベルトなどで体を固定する必要もないほど優しい動きのものは、たいてい妊婦さんでも乗ることができるアトラクションです。

シートベルトなどで体を固定するものは、妊婦さんのお腹をしめることになるので危険です。

また、座席がかなり窮屈な状態であるものも、お腹を圧迫することになるのでおすすめできません。

精神的にストレスになるようなアトラクションは避ける

妊娠中は瞬間的でも強い衝撃があると、流産や早産の恐れがありますので注意が必要です。

例えば、乗り物でなくても、お化け屋敷などは瞬間的にびっくりしたり、恐怖のストレスがかかるので妊婦さんには向いていません。

足元が不安定になるようなアトラクションも避ける

マジックハウスのような目の錯覚を利用したものや、最近よくある3Dや4Dを利用したアトラクションは気分が悪くなったり、平衡感覚が狂って足元がふらつくので、転びやすくなり危険です。

妊婦さんでも利用できるアトラクションもありますが、ふらついたりした時にしっかり介助してくれる大人がいることが大切です。

遊園地に妊婦さんが持って行くと良いもの

妊娠中に遊園地に行くときは、万が一の場合も考え、以下の持ち物を持って行くと安心です。

母子手帳

いくら安定期で調子が良い妊婦さんでも、いつ何が起こるか分かりません。

救急で運ばれる危険もありますし、自分に意識があって妊娠していることなどを説明できる状況になるかどうかも分かりません。

このような状況でも、しっかりと自分の状態を他人や医療機関の人に理解してもらうためにも、母子手帳は必需品です。

母子手帳を見れば、この人が妊娠何週で、どこの医療機関にかかっているか、連絡先、妊婦検診の検査結果などがすぐに分かるので、その後の医療行為もスムーズにできます。

マタニティーマーク

一見してお腹が大きい妊娠後期の妊婦さんは分かりやすいのですが、妊娠初期の人の場合、他人から見ても、妊娠していることが分かりにくい場合が多くなっています。

自分で説明できるような状況にあれば良いのですが、意識がある場合ばかりではありませんので、マタニティーマークを他人から見て、目に付くところに付けていることは非常に大切です。

マタニティーマークをしているだけで周りが気づかってくれる場合もあるので、遊園地に行くときは必ずマタニティーマークを付けていきましょう

携帯電話

体調が悪くなった時に、すぐに家族や知人、医療機関に連絡できるように、携帯電話を持っている場合は必ず持参しましょう。

体温調節できる衣服

遊園地など屋外の施設では、寒暖の気温差の影響を妊婦さんが受けやすくなりますので、体温調節ができるような服装をしたり、一枚上着を多く持っていくようにしましょう。

夏場でも、屋内施設はエアコンが寒いほど効いている場所もあります。足元なども冷えないようにしましょう。

エチケット袋など

体調が良くても突然吐き気がしたり、調子が悪くなることが考えられます。そのため、エチケット袋やタオルを持参しておくと安心です。

ナプキン

妊娠初期などは突然出血することもあります。万が一に備えて、大きめのナプキンを数枚持参しておきましょう。

飲み物やちょっとした食べ物

妊娠すると汗をよくかくので、水分をしっかり補給するためにもペットボトルのお茶を持参するようにして、こまめに水分を補いましょう。

また、遊園地は混んでいて、すぐに食べ物が買えないこともあるので、軽く食べられる食料を持っておくと安心です。

ガムや飴などは空腹を紛らわせることもできますし、血糖値をあげるためにも有効です。つわりのある妊婦さんも、自分が食べられるものを持参しましょう。

帽子、日傘、日焼け止め

遊園地などは、どうしても陽の当たる場所を歩くことが多くなります。妊婦さんは太陽に長時間当たることで体力を消耗しますので、帽子、日傘を必ず持参しましょう。

また、シミにもなりやすい状態ですので、日焼け止めを塗っておくようにしましょう。

まとめ

まとめ

妊婦さんは、体調が安定していればストレス発散にもなるので遊園地に行ってもOKですが、自分の体調をしっかりと把握することが大切です。

少し疲れたと思ったら休憩を取ったり、早めに帰るようにして無理をしないようにしましょう。

無理をして体調を崩してしまうと、最悪の場合流産してしまう危険もあります。楽しい思い出を残すためにも、決して無理をしないことが一番大切です。

小さい子が乗るようなアトラクションならば、妊婦さんでも乗ることができるものもありますので、上手に選んで楽しんでくださいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる