妊娠中に盲腸になったらどんな治療をする

妊娠中に盲腸になったらどんな治療をする?予防法はあるの?



盲腸は誰にでも発症の可能性があるからこそ、不安が大きい病気の一つです。

抗生物質や手術で完治するため、命に関わる深刻な病気ではありませんが、症状が悪化すると合併症などを引き起こす危険性はあるため、万一発症した場合には医療機関での早急な処置が求められます。

もちろん、妊娠中に発症する可能性もまったくないとは言い切れません。

そこで今回は、

・盲腸ってどんな病気?
・妊婦さんでも盲腸になるの?
・妊娠中に盲腸になったらどんな治療をするの?

といった方に、妊娠中の盲腸について、病気の症状や考えられる原因、妊娠中の治療などについて詳しくご紹介します。

盲腸ってどんな病気?

盲腸ってどんな病気

盲腸という病気自体はよく耳にしますが、すごくお腹が痛くなるというイメージ程度で、実際どんな病気なのか知らないという人が多いのではないでしょうか?

まず、盲腸というのは病気の名前ではなく、消化器官の一部を指す言い方で、正式な病名は「急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)」といいます。

急性虫垂炎という病気を説明するために、少しだけ身体の器官の説明をしておきますが、まず、虫垂は腹部の右下にあります。

小腸と大腸の境目である回盲弁(かいもうべん)の間にある小さな指形の嚢(のう)と呼ばれる袋状の臓器のことをいいます。

虫垂は、どのような役割をしているのか明確には解明されていませんが、リンパ組織が多く存在することから腸内環境の維持を行っているのではないかと考えられています。

この虫垂に何かしらの原因によって発生した炎症を「虫垂炎」と呼びます。

盲腸はどの年齢で起こりやすいのか?

強いていうなら10代~30代の間での発症が多いです。

年齢を重ねると発症率は年々減る傾向にありますが、それ以上の年代でも発症しないわけではありません。

虫垂炎は子供から大人、お年寄りまで、幅広い年齢層で起こる可能性があるのです

そのため、急性虫垂炎は私たちにとても身近な病気の一つであり、当然ながら妊娠中に発症するケースも多々あります。

男女で発症率の差はあるのか?

男女差でいえば、男性の方が発症しやすい傾向にあります。ある調査によれば、男性は女性の1.4倍ほど発症率が高いという結果が出ています。

盲腸の原因は?

実は、急性虫垂炎が発症する原因は明確には解明されていません。しかし、以下のようなさまざまな原因が元で発症するのではないかと考えられています。

細菌・ウイルスが原因

便が硬く石灰化した糞石、食べ物の種などの異物、腫瘍、リンパ組織の過剰増殖などによって、虫垂が塞がれて狭くなることで、虫垂にかかる圧力が高くなります。

虫垂内の圧力が高くなると血液循環が悪くなるばかりでなく、大腸菌などの腸管内の細菌が閉塞した虫垂内で遺贈し増殖すると考えられています。

生活習慣が原因

虫垂炎の発症は生活習慣も関係するとの指摘もあります。

食べ過ぎや過度の飲酒、慢性的な睡眠不足、日常的に溜まった疲れ、食物繊維の不足による便秘、運動不足など、不規則な生活や、その習慣が様々に絡み合って発症するとの考え方もあります。

他にも、風邪や胃腸炎が悪化した結果に起こるという意見もます。

いずれにしても、日頃の生活習慣の乱れが病気につながっていることには変わりありませんので、規則正しい日常を送るように心がけるのが一番です。

ストレスが原因

ストレスが虫垂炎の発症を促すとの意見もあります。過度なストレスがかかるとステロイドホルモンの分泌が促されます。ステロイドホルモンは、身体の免疫力を低下させる作用があります。

その結果、本来なら免疫力によって回復していた虫垂内の些細な炎症が悪化し、虫垂炎を発症させているのではないかと考えられているのです。

ストレスは万病の元ともいわれますが、虫垂炎以外の病気も、ストレスに起因している可能性はゼロではありません

体調を崩してしまう前に、適度に発散できるようストレスをコントロールしていきましょう。

盲腸の症状と診断方法は?

盲腸の症状と診断方法

虫垂炎がを症すると、ほとんどの方に腹痛が起こります。この時の腹痛は、最初は上腹部やおへその周囲(みぞおちのあたり)でしくしく痛むような軽度なものです。

また、場合によっては吐き気がしたり、嘔吐する人もいます。その後、痛みは徐々に強くなって右下腹部へ移動します。

虫垂炎は炎症疾患なので、痛みだけでなく発熱することが多く、初期症状では下痢をすることもあります。ただ、この下痢は虫垂炎が悪化して痛みが強くなるにつれて腸の運動が低下するため便秘に変わっていきます。

ただし、初期症状として挙げられるのは微熱程度の発熱や嘔吐、そして下痢や便秘といったお腹の不調のため、この段階で受診をしても、はっきりとした診断ができないケースがあります

痛みが強くなって、炎症のために腸が麻痺状態になってくる頃には、はっきりとした診断ができるようになります。

腹部を触診して痛みのある場所を確認後、血液検査、CT・超音波検査・X線検査などによる画像診断を行って、虫垂炎かどうかの判断をします。

妊娠中に盲腸になることはある?

妊娠中の虫垂炎の可能性は0.07%ほどで、大体1500人に1人と非常に低い確率です。

ですが、外科手術を伴う病気としての発症率では、決して低い数字とはいえません。虫垂炎の直接の原因自体がよくわかっていないため、妊婦さんも同様に発症する可能性はあります

妊娠中は盲腸の発見が遅れる可能性がある

妊娠中の虫垂炎では、発見が遅れる恐れがあります。どのようなケースが原因で遅れるのかみていきましょう。

妊娠に伴う症状かどうか判別しにくい

妊娠中は下腹部に生理痛のような痛みが発生することがあります。

虫垂炎でも、その症状はお腹の痛みが中心なので、妊娠による腹痛なのか、虫垂炎によるものなのか判別しにくいのです。

虫垂炎のその他の症状も、発熱(微熱)、嘔吐、下痢や便秘といったお腹の不調であるため、妊娠に伴う不調りなのか、虫垂炎なのかは医師にも判断が難しいため、明らかに虫垂炎とわかるまでに時間がかかってしまうことがります。

触診がわかりにくい

虫垂炎の可能性を判別するには腹部の触診所見が重要ですが、妊娠中は子宮が大きくなることで虫垂が押し上げられ、腹壁から遠くなります。

妊娠時期によって虫垂の位置が高くなることを考慮しながらの触診となるため、判断が非常に難しくなるのです。

また、虫垂炎は、お腹を押して話した瞬間に痛みが増強する「反跳痛」と呼ばれる特徴的な所見が見られますが、お腹が大きくなると反跳痛がはっきり分からないことも少なくありません。

血液検査での判断が難しい

虫垂炎の血液検査では、白血球の増加が見られ、これが判断材料の一つとなりますが、妊娠中でも白血球が増加するため、検査結果から正常な判断をしにくいのです。

妊娠なので画像診断ができない

虫垂炎の検査では触診以外に、血液検査、CT・超音波検査・X線検査などによる画像診断をして虫垂炎かどうかの判断を行います。特にCT検査は確定診断のためにも必要な検査ですが、妊娠中であれば、胎児への影響を考えると放射線被ばく量の多いCT検査はむやみに行えません。

触診と血液検査で十分な判断がつかない場合、必要に応じての検査となるため、診断が遅れ重症化する可能性があるのです。

妊娠中の盲腸はどんな治療を行うの?

妊娠中の盲腸はどんな治療を行う

それでは、もし妊娠中に盲腸になってしまった場合、どんな治療を行うのでしょうか。

通常の治療

虫垂炎を多くは抗生剤の投与による治療が行われます。しかし、糞石が虫垂を閉塞している場合、抗生剤でよくならない場合、発見時に虫垂破裂など重篤な状態の場合は虫垂を切除する手術が行われます。

ただし、抗生剤で治療をした場合は1割~3割ほどで再発することがあります。

妊娠中の治療

妊娠期間中に虫垂炎を発症すると、虫垂破裂を引き起こしやすく、重症化することが多いため、基本的には開腹手術もしくは腹腔鏡手術による切除手術を行うことが多くなっています。

妊娠中は虫垂炎の発見が遅れがちになるため、その分手術のタイミングも遅くなります。

治療が遅れて腹膜炎が悪化し、子宮へと到達してしまった場合には早産になったり、最悪のケースで流産・死産する可能性もあります。

また、基本的に虫垂炎で命を落とすことはほとんどありませんが、妊娠後期での発症は、死亡率が約5%と高く、手術の遅れによる死亡ケースも見受けられるため安心はできません。

妊娠中でも虫垂炎の手術は可能なので、万一発症した場合には一刻も早く手術を受けることが重要です。

手術費用や入院にはどのくらいかかる?

虫垂炎の検査は触診以外に、血液検査、画像診断を行います。手術から入院までを含めると腹腔鏡手術では15~20万円ほど、開腹手術で6~12万円ほど(健康保険適用の3割負担の場合)かかるのが相場です。

炎症の程度によって異なるものの、4~7日ほどは入院します。柔らかいものから食事を再開して、食べても正常に消化・排便できるのが退院目安です。

術後の場合は、腸が動き出しておならや排便があれば食事を再開し、おかゆなどの柔らかいものから食べ始め、通常の食事を摂っても問題なければ退院できます。

妊婦さんの場合、炎症の度合いや重症度合いによっては入院期間が長引く可能性があります。そうすると入院費用は平均以上にかかります。

盲腸を防ぐためには?予防方法はあるの?

盲腸を防ぐために

妊娠中でなくても、虫垂炎になると開腹手術が必要となることもありますので、やはり「虫垂炎にならない」のが一番です。

ただ、虫垂炎になるはっきりとした原因は不明なので、明確な予防方法はないというのが現状です。

虫垂炎が発症すると考えられている原因には、便秘、生活習慣やストレスが起因していると考えられているので、まずは普段の食生活や生活を見直し、健康的な毎日を送ることが重要です。

妊婦さんの場合、妊娠していることで、虫垂に負荷がかかりやすい状態であることを意識し、お産までの過ごし方を健康的に過ごすように心がけるようにしてください。

食生活を見直す

妊娠中は赤ちゃんのためにも特に食事には配慮しましょう。栄養が偏ることで胎児の成長にも影響します。

食べ過ぎによる体重増加に気をつけながら、塩分を控え、おやつは食物繊維の多い食品やナッツを少しずつ摂るなどして、便秘を予防しましょう。

運動不足に注意する

赤ちゃんが大きくなるにつれて、だんだんと動きにくくなってきますが、妊娠後期も無理のない範囲でできるだけ身体を動かすようにしましょう。

便秘の解消にもなりますし、運動することで血液循環も良くなり冷えを予防します。

ストレスを溜めない

何よりもストレスを溜めないことが大事です。虫垂炎以外の病気もストレスが関係する可能性があります。

妊娠中は特に意識して、適度にストレスを発散できるような環境を整えましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠中の病気・気になる症状のカテゴリー

妊娠高血圧症つわり妊娠中の腰痛
妊娠中の胃痛・腹痛・お腹の張り妊娠中の出血妊娠中の風邪・感染症
妊娠中の足の痛み妊娠中の下痢妊娠中の便秘
妊娠中の貧血マタニティブルー妊娠線
妊娠中の服薬葉酸サプリ
妊娠高血圧症つわり
妊娠中の腰痛妊娠中の胃痛・腹痛・お腹の張り
妊娠中の出血妊娠中の風邪・感染症
妊娠中の足の痛み妊娠中の下痢
妊娠中の便秘妊娠中の貧血
マタニティブルー妊娠線
妊娠中の服薬葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる