妊婦さんはあせもができやすい

妊婦さんはあせもができやすい?妊娠中にできるあせも対策!



あせもと聞くと、子供の病気と思っていませんか?

子供は汗管(汗が出る管)が狭い場所に集中しているため、良くあせもができてしまうことがありますが、妊娠中にあせもができてしまう方も実は少なくありません。

妊娠は10か月と長い期間続くため、季節によっては汗をかくことも多く、あせもとなってしまうことがあります。

そこで今回は、

・あせもとは?
・妊娠中にあせもができるのはなぜ?
・妊娠中のあせも対策が知りたい!

といった方に、妊娠中の不快な症状あせもの原因と、その対策について詳しくご紹介します。

あせもって?

あせもって

あせもは、汗が出てくる汗管が汗によって塞がれてしまい、外に排出されることができずに炎症を起こしてしまう皮膚炎です。

大量に汗をかいた時などに起こることが多く、小さな発疹が出るなどの症状が一般的ですが、あせもには3つの種類があります。

水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)

皮膚表面の角質層に近い部分が詰まる、白い汗疹です。

直径1~3mm程度の小さな水疱ができてしまいますが、かゆみや痛みなど特に目立つ症状はありません。

紅色汗疹(こうしょくかんしん)

表皮の真ん中あたりの有棘層の部分にある汗管が詰まる汗疹です。

赤い丘疹(きゅうしん)がたくさんでき、軽いかゆみや痛みがあります。汗のたくさん出る部分などに見られることの多いあせもです。

深在性汗疹(しんざいせいかんしん)

真皮と呼ばれる、肌の奥深くにある汗管が塞がれてしまいます。

発症した部分の汗が排出されなくなってしまい、青白い盛り上がりのある湿疹が見られます。

長時間暑い場所などで作業している方などに多く見られるあせもで、熱中症などの危険が伴うとても恐ろしいあせもです。

妊婦さんのあせも

これらのあせものうち、妊婦さんによく見られるのは水晶様汗疹や紅色汗疹などです。

大した症状ではないため軽視する方も多いですが、あせもは放置すると細菌感染などを引き起こし、膿疱性汗疹となります。

膿疱性汗疹になってしまうと、伝染性膿痂疹(のうかしん:とびひ)や汗腺膿瘍(のうよう)になってしまうことがあります。

あせもを掻くことで広範囲に広がってしまったり、膿んでしまうため完治まで長引いてしまうことも少なくありません。

できるだけ早く症状を取り除くこと、肌を清潔に保つことが大切です。

妊娠中のあせもはどうしてできるの?

妊娠中は黄体ホルモンの働きもあって、妊娠を維持するため体温の高い時期が続きます。

体温が妊娠前と比べ高くなりますから、当然汗をかきやすくなります。

汗をきちんと拭くことができればあせもになることはありませんが、外出中や体調が悪い妊娠初期などは汗にもかまっていられなくなります。

こうして汗を放置することで、あせもができてしまいます

特に妊娠中はお腹周りが大きくなってきたり、脂肪が腹部などについてくるので、洋服のサイズも小さく感じるようになって、妊娠以前から着ていた服のままでは密着度が高いことも。

そうすると、洋服にしみ込んだ汗が肌に長い時間触れ続けることになり、あせもができやすい状態になります。

また、お腹が大きくなってくると腹帯をする妊婦さんも増えます。

腹帯はお腹を支え妊婦さんの手助けをしてくれる便利なアイテムですが、この腹帯の内部はより高温となりますので汗をかきやすくなります。

このように、妊婦さんはあせものリスクが高くなってしまうのです。

胸の下もあせもができやすい場所の一つ

妊娠すると、子供を育てるために乳腺が発達し、胸が大きくなっていきますが、妊娠前に使っていたブラジャーをまだ使っている方もたくさんいらっしゃいます。

しかし、妊娠前に使用しているブラジャーは、ワイヤーなど胸を整えきれいな形に見せるものが多く、締め付け効果の高いものが多くなっています。

そのせいもあり、汗をかきやすい妊娠期に着用していると、あせもができやすくなります。

妊娠中に発達する乳腺は、締め付けられることで流れが滞ってしまい、熱を帯びることになります。

胸の中はより一層高温状態になってしまい、汗をかきやすい状態になってしまうのです。

ワイヤー部分など肌に強く密着しているところは、汗が長時間溜まり肌に触れるので、胸の下があせもになる妊婦さんも少なくありません。

アンダーに余裕のあるマタニティブラジャーなどに切り替えると、あせもができるリスクも抑えることができます。

腹帯に限らずガードルなどを使用している場合

腹帯の代わりに妊婦ガードルを使用している方も多いですが、ガードルはお腹部分だけでなく、腰やおしりなども覆ってしまうため、あせものリスクが増すことになります。

暑いと感じる部分が多くなってしまうためです。また、ガードルは直接履くパンツなどと違い、毎日洗濯しないことも多々あります。

腹帯も同じですが、汗が2、3日しみ込むことになりますので、不潔になり、あせものリスクが増します。

ガードルは暑いのに無理に履く必要もないので、季節に応じて、薄手の腹帯などと使い分けすることも大切です。

夏場は特にあせもに注意

汗はたくさんかいたからといって、すぐにあせもになるわけではありません

汗が長時間留まっていることが原因となって皮膚は炎症を起こしてしまいます。つまり拭くことであせもになるリスクを取り除くことができます。

しかし、一日中汗をかいてしまうような場合、拭いても汗がどうしても停滞してしまいます。

そのため汗が溜まりやすい部分にあせもができてしまいます。

妊婦さんは妊娠初期から妊娠後期まで、暑いと感じ続ける方も多く、汗が大量に出てしまう方も少なくありません。

特に夏場など普段でも汗が流れてしまうような季節は、妊婦さんにとってあせもの危険性が高まる時期です。

体に悪いから体を冷やしてはいけないと、クーラーなども控えている方も多いですが、それがかえってあせもの原因になります。

夏場のあせもは妊婦さんにとって悩みの一つとなっています。特に暑くなる季節はあせもに十分注意するようにしましょう。

あせもは二次感染に注意!

あせもを放置すると、とびひや膿瘍になる危険性があります。

あせもがあるにもかかわらず、そこにさらに汗をかくことで、炎症部分から細菌が侵入してしまい、広がってしまったり、膿んでしまうことがあるのです。

そうなると簡単には治りません。ひどいかゆみを伴うため、余計に掻く回数も増え、広範囲にあせもが広がってしまい症状がますます悪化してしまいます。

あせもを悪化させず、早く治療していくことが大切です。

あせも跡は色素沈着してしまうことも

あせもはできるだけ早く治すことが大切ですが、治るまでに時間がかかってしまうようなあせもができてしまった場合、色素沈着を起こしてしまうことがあります。

あせもができた場所が、かゆみなどが治まったにもかかわらず、茶色く変色を起こしてしまいますので注意が必要です。

妊婦さんは、肌の状態も変化しやすいため、この色素沈着には十分注意を払いましょう。

妊娠後、鏡を見たら肌にぼつぼつと茶色の斑点だらけ・・・なんてことは避けたいものです。

ホルモンの関係や体調の変化から、基礎代謝などが下がってしまっていることもあるため、妊娠中はこうした色素沈着も他人事ではありません。

あせもをできるだけ早く治して、きれいな肌を取り戻しましょう。

妊娠中のあせも対策とは?

妊娠中のあせも対策

あせもは作らないこと、あせもができてしまったらできるだけ早く治すことが大切です。そのためにも、汗をかいた状態を放置せず、肌を清潔に保つようにしましょう。

具体的には、どのような対策を取っていけばいいのでしょうか?

かいた汗はすぐに拭き取る

あせもは長い間汗を放置することで発症してしまいます。妊娠して汗をかきやすくなりますので、できるだけ汗をかいたらすぐに拭き取るようにしましょう。

もちろん外出先などでは体の中などを拭くことはできませんが、首周りやおでこなどはハンカチですぐに拭き取ることができますので、汗を放置しないよう心がけましょう。

汗を良く吸収してくれるタオル生地のハンカチを持ち歩いたり、小さめなハンドタオルを持ち歩くようにしてみましょう。

ウェットティッシュも便利なアイテム

汗を放置することもあせもの原因となりますが、皮膚を不潔な状態にしておくこともあせもの引き金となります。そんな時に便利なのがウェットティッシュです。

一般的に売られているウェットティッシュで汗をかいた部分を拭けば、皮膚を清潔な状態に保つことができますので、あせもになることはありません。

外出先でもトイレなどであれば洋服で隠れている部分まで拭くことができますので、バッグに入れておきましょう。

汗拭き専用のものを使えば清涼感を得られたり、臭いまで取り除くことができますので、そのようなウェットティッシュを使ってみるのもおすすめです。

小まめに汗を流す

やはり一番有効なのが、汗をかいたら流すことです。湯船にわざわざ浸からなくても、温かい季節であればシャワーで十分事足ります。

外出先で汗をかいたら、帰ってすぐにシャワーを浴びるようにしてみましょう。

ただし、あせもがすでにできている場合には、シャワーやお風呂もぬるめの温度に設定しましょう。

熱い温度にしてしまうと、かゆみがぶり返してきてしまうからです。症状を早く回復させるためにも、二次感染を防ぐためにも、入浴のたびに石鹸などできれいに皮脂を洗い流しましょう。

ボディーソープも良いですが、石鹸の方がより殺菌効果があるので、あせもの時にはおすすめです。石鹸の成分を残さないよう良く洗い流すことも忘れないでください。

下着などを着替える

あせもは汗をそのままにすること、不潔な状態にすることで発症します。そのため、下着を交換することでも防ぐことができます。

汗をかいて下着が濡れてしまったようなときには、面倒がらずに新しい清潔な下着に着替えましょう。あせもができてしまうリスクをできるだけ減らしていきましょう。

肌に潤いを与える

肌のバリア機能を高めるためにも、夏場でもしっかりスキンケアを行いましょう。

顔と違って体を保湿することは、身動きも自由にならないお腹の大きな妊婦さんにとっては大変なことですが、肌トラブルを防ぐことにもつながります。

妊娠線や妊娠期特有の肌荒れも防ぐことができますので、保湿を忘れず行うようにしてください。

吸水性や速乾性に優れた衣服を選ぶ

マタニティーウェアーといっても最近では、色々なアイテムが揃うようになってきています。

汗をかきやすい季節などは特に吸水性があり、速乾性に優れた服装を選ぶようにしましょう。

ポリエステルなどの、吸水性の低い洋服は汗をかいても吸い取ってくれないため、あせものリスクを高くしてしまいます。綿などの吸水性の優れた洋服を選ぶようにしてみましょう。

また、速乾性のある素材を使った下着なども多く売られていますので、そうしたものを購入してみましょう。風通しの良い麻などの素材を暑い季節は選んでみるのもおすすめです。

あせもは掻かないことも大切

あせもができてしまうと、かゆみを伴うため、ついつい掻きたくなってしまいますが、あせもでできた炎症部分がより悪化してしまいますので、完治も遅れてしまいます。

できることであれば、掻かないようにすることが大切です。寝ている間など無意識に掻いてしまうこともありますので、爪を短く切って、掻いてしまっても傷をつけにくくしておくと安心です。

かゆみはストレスになる!早めの治療を

あせもは、直接お腹の子に影響を与えるわけではないからと、病院の受診を後回しにしてしまいがちですが、かゆみを伴うあせもは妊婦さんのストレスになります。

ストレスはみなさんご存知の通り、赤ちゃんに良い影響を与えるものではありません。

極度の緊張状態を引き起こしてしまうため、血流や血圧、ホルモンバランス、自律神経などにも悪い影響を与えます

血流が滞ってしまうということは、十分な栄養を赤ちゃんに運ぶことができなくなりますので、良いこととはいえません。

また、人によってはこうしたストレスが腹痛などの原因になることも。できるだけ早くかゆみを取り除き、赤ちゃんにストレスの影響を与えないよう、きちんとあせもの治療を行っていきましょう。

あせもになったら薬を付けていい?

あせもにかゆみなどを伴う場合、掻いてしまい、その結果二次感染を引き起こしてしまうため、自然に治るのを待つのはあまりおすすめできません。

そうなると薬の力を借りて治すことが必要になります。しかし、妊婦さんが市販のかゆみ止めなどを使用しても問題はないのでしょうか?

結論から言うと、市販の薬で治すことは避けましょう

一般的にあせもの場合、薬を服用するのではなく、外用として使用するため胎児への影響はあまり心配ないとされていますが、やはり妊娠時期はホルモンなどの影響で肌が過敏になっています。

「妊婦の使用は避けること」と明記されていない、子供でも使用できるあせもの薬でも、肌トラブルを起こしてしまうことがあるからです。

妊婦さんが使用するのであれば、病院で処方された薬を使うのがベストです。お腹の中の赤ちゃんのためにも、病院を必ず受診するようにしてください。

ステロイド入りの薬は使っても大丈夫?

あせもで病院を受診した場合、妊娠中なのにステロイド入りの塗り薬を処方されることがありますが、「使っても、大丈夫なのか?」とつい心配してしまうものです。

ステロイドは妊婦さんにとって決して良いといえるものではありませんが、外用(塗り薬)として使う分にはほとんど問題はありません

短期間、外用として使用するのであれば、あせもに効果的に働いてくれますので、使っても良いといえます。

あせもは暑い季節にできることが多く、毎日の汗で悪化してしまうこともあるため、早く完治させるステロイド入りの塗り薬が一番効果的です。

ただし医師が処方してくれるものだけにしてください。

まとめ

まとめ

妊婦さんは、体温も高く暑さを感じることも多いです。そのせいで汗をかく機会も多くなります。

特に、妊娠時期は10か月と長期にわたりますので、暑い夏を妊娠して過ごす方も少なくないはずです。

そのため、あせもは妊婦さんの肌トラブルの第一に挙げられるほど、妊婦さんの悩みの種となる皮膚炎です。

あせもの原因は汗の放置と、肌の細菌の繁殖です。肌に汗を長時間触れさせないためにも、肌を清潔に保つためにも、拭く、洗う、着替えるなどを行って、発症しない対策を取っていくようにしましょう。

また、肌トラブルの多い妊婦期でもありますので、しっかり保湿して肌のバリア機能を高めるようにしましょう。肌のバリア機能を高めておけば、あせものリスクも軽減できます。

保湿は妊娠線や他の肌トラブルを防ぐためにも大切なこと。暑いと感じる妊婦期を楽しく過ごすためにも、健やかな肌を維持していきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる