妊娠中に気になる口臭

妊娠中に気になる口臭!妊婦さんの口臭の原因と対策を徹底解説!



妊娠すると、さまざまな体調の変化があらわれます。それは口の中にも見られ、虫歯や歯肉炎になりやすくなったり、口臭が気になったりする方も多くいます。

いつもと同じように歯を磨いているのに、口が臭くなったと悩んでいる妊婦さんは、実は少なくありません。

そこで今回は、

・どうして妊娠中に口が臭くなるの?
・妊娠中の口臭対策を教えて欲しい!

といった方に、妊娠中のトラブルの一つである、口臭について詳しくご紹介します。

口臭とは?

口臭とは
口臭とは、口の中から出される臭いのことです。
誰しも少なからず口臭はありますが、不快に感じる悪臭のことを主に口臭と呼んでいます。

口には、700種類もの細菌が存在しており、唾液の中には1mlあたり1~100億個存在し、いわゆる「歯垢」と呼ばれる歯の汚れの中には、1gあたり1,000~2,500億個含まれているとされています。

この細菌が、食べかすなどのたんぱく質を分解するときに発生するガスが口臭の原因となります。

磨き残し、虫歯などがあると口が臭いと感じることがありますが、これは口腔内にいる細菌の「エサ」が多くなって大量に増殖し、ニオイを伴うガスも多く放出されるようになるためです。

妊娠中は妊娠前と比べ、いつもより口臭を感じる方が多くなるといわれています。
その原因についても見ていくことにしましょう。

妊娠中の口臭の原因

妊娠中に増加する口臭の悩みですが、これは妊娠することと何か関係があるのでしょうか?

食べつわりによる食事の乱れ

妊娠すると、つわりによって食べ物を決まった時間にきちんと摂れないことも多々あります。

つわりには吐きつわり、匂いつわり、眠りつわりなどがありますが、多くの方が悩まされるつわりに食べつわりがあります。

この食べつわりは、常に気持ちの悪い状態を伴い、特に空腹時に気分が悪くなってしまうことが多く、食事と食事の時間が長くなれば長くなるほど、気持ち悪さも増していきます。

胃がムカムカしてきたり、吐き気をもよおしたりする方もいて、常に何か口にしていなくてはしのげないことも少なくありません。

こうした環境が、口臭を増加させてしまう原因となります。

口臭は、食べ物のたんぱく質が菌と反応することによって起こりますので、物を食べる機会が多くなるものの、そのたびに歯を磨くことができず口の中に食べ物のカスが増えることで匂いも増してしまうことになります。

吐きつわりによる胃液の逆流

先ほどは食べつわりでしたが、吐きつわりも口臭の原因となります。

吐きつわりとは食事に関係なく吐いてしまうつわりですが、吐くときには胃酸が逆流してきます。

胃酸には鼻を突くような独特で不快なニオイがあるため、それが口の中に残ると口臭の原因になることがあります。

つわりによる歯磨き不足

つわりがひどいと歯磨きがきちんとできなくなることがあります。

気分が良い時であれば、時間をかけしっかり歯を磨くこともできますが、吐き気が強い時は歯ブラシを口に入れるだけで気分が悪くなってオエオエとえずいてしまうこともあり、歯磨きが不十分になりがちになってしまうのです。

特に口臭が気になる時に取り除くと良いとされている舌の汚れも、吐きつわりの症状があるときは取り除くことも大変です。

こうして口の中の汚れをきれいに取り除くことができなくなり、口臭を引き起こすのです。

口が渇きやすくなる

妊娠すると体温が上昇する高温期が続くことになります。

妊娠中よく汗をかくようになるのも、身体がポカポカしているように感じるのも、実際に体温が上昇しているからなのです。

このため、つわりによって水分が摂りにくくなることと相まって、妊娠前と比べ口が乾きやすくなってしまうという方も多いです。
また、妊娠中はホルモンバランスの変化やストレスなどで自律神経のバランスが乱れやすく、それが原因で唾液の分泌量が低下することがあります。

口の中は唾液によって潤われており、口腔内の殺菌や消臭を助けてくれていますが、口の中が乾いて唾液が減少すると、口の中を殺菌、消臭する効果が減ってしまい、口臭がきつくなったと感じてしまうのです。

また、歯周病や虫歯にもなりやすくなります。

免疫力の低下

妊娠中は、免疫力が落ちることが分かっています。
これは、異なる血液型や遺伝子の胎児を、一定期間体内で維持するために起こる反応といわれています。

免疫力が低下すると口腔内の細菌も増えやすくなるため口臭が強くなることがあります。

妊娠中の口臭対策はどうする?

妊娠中の口臭対策

妊娠中の口臭の原因についてご紹介しました。

しかし、気になるのは口臭を少しでも取り除くことでしょう。

口臭を発生させず、快適に暮らすためにはどうしたらいいのでしょうか?妊娠中の口臭に有効な対策についても考えていくことにしましょう。

口腔ケア

まずは、気になる口臭に対する、具体的な口腔ケアについて見ていきましょう。

歯科治療

虫歯や歯周病などのケアすることが大切です。

妊娠中はただでさえ免疫力が下がってしまいます。
歯周病は早産などの引き金にもなることが分かっている深刻なものですので、注意が必要です。

歯医者で治療を受けながら、しっかり口腔内の健康を取り戻しましょう。
ただし、治療の際には妊娠していることをしっかり伝えることが大切です。

妊娠初期や中期にはお腹が目立たないことも多く、自分は妊娠していることが伝わっていると思っていても、医師や看護師が理解していない場合も少なくありません。

しっかり妊娠していることを伝えた上で、妊娠中でも行える適切な治療をしていくようにしましょう。

歯磨き

小まめに歯を磨くことは一番の口臭予防につながります。

歯の細菌がもっとも増える寝起きには、すぐに歯を磨くようにしましょう。

食べつわりで、ちょこちょこ物を口にした時もできるだけ歯を磨くことが大切です。

また、つわりで歯磨きが困難な時には、気分の良い時間帯に歯を磨くよう習慣づけたり、匂いや味の少ない歯磨き粉に変えたりすることも必要です。

舌を磨く

口臭の原因となる口の細菌は、歯磨きをしただけではきれいに取り除くことができません。

頬の裏側や、舌など、色々なところに細菌は潜んでいますので、入念に磨くことが大切です。

特に、舌には舌苔が付きやすく、細胞の角質に細菌が多く溜まってしまいますので、良く磨くようにしましょう。

舌のお手入れ法

舌の奥から手前に、歯磨き粉など使用しないでブラシを動かしましょう

力を入れすぎたり、磨きすぎたりすると細胞が傷つき、余計に舌苔が付きやすくなりますので、注意しましょう。

つわりがひどい場合は、気分の良い時間帯を見つけてケアしたり、舌専用のブラシを使ってお手入れしたりするのがおすすめです。

少ない回数で、上手に舌を綺麗にすることができますので、ぜひ試してみてください。

マウスウォッシュ

歯磨きをすると気分が悪くなってしまう時には、マウスウォッシュを用いてみるのも良いかもしれません。

口腔内の菌を手軽に減らすことができ、さっぱりした感じを得ることができますので、つわりのひどい妊婦さんにも向いています。

歯磨き変わりには使うことはできませんので、歯ブラシもきちんと行うようにしましょう。

唾液を増やそう!

唾液が増えると口の中が健康になり、口臭もなくなっていきます。ぜひ唾液を増やす努力をしてみましょう。

よく噛む

食事をするときによく噛むことで、唾液の分泌を増やすことができます。

咀嚼が多ければ多いほど唾液の分泌が活発になりますので、ぜひ心掛けてみましょう。

一口30回を目標に食事をするのが理想です。

消化にも良いとされ、ダイエットにもなるといわれていますので、妊娠中の食事はしっかり噛むようにしてくださいね。

舌を動かす

舌を動かすことで、唾液の分泌量が増えます。

一番簡単な方法は口の中で舌を上下左右に回す方法です。ゆっくり大きく回してあげることで唾液の分泌が活発になります。

また、左右に舌をねじるのもおすすめです。難しいですが、できる方は挑戦してみましょう。

唾液腺マッサージ

唾液を作り出しているのが唾液腺と呼ばれる部分です。ここをマッサージすることで、唾液の分泌が増えます。

唾液腺は耳の手前、顎と首の境目、舌の下部分の3つになりますので、そこを軽くなでるように触ってマッサージをしてみましょう。

円を描くよう、少々押しながら刺激してあげるのがおすすめです。

唾液腺マッサージは非常に効果も高いので、口臭が気になる時にもぜひ試してみてください。

ガムをかむ

つわりなどをごまかすためや、体重増加を気にして食欲を抑えるために、ガムをかむ妊婦さんも多いですが、ガムをかむことは唾液の分泌を高めるためにも効果的です。

どうせ取り入れるなら、キシリトールを用いたガムにしてみましょう。キシリトールは虫歯を予防してくれる作用があります。

虫歯は、口腔内が酸性になることで発生しますが、その原因であるミュータンス菌は、ガムの中に含まれる糖を分解することで酸を作り出しています。

しかし、このキシリトールは甘味料でありながら酸にならない、ミュータンス菌が分解することができない糖なのです。

食べ過ぎるとお腹が緩くなることがあるなどと注意書きがされていることもあり、妊娠中キシリトールは食べていいのかと思う妊婦さんもいますが、よほど食べ過ぎることがなければ問題ありません。ぜひ取り入れてみてください。

体と心の健康で口臭をなくそう

口臭の原因となる自律神経のバランスを整えていくこともやはり大切です。

ストレスを溜めないよう、好きなことに費やす時間を設けてみたり、軽い運動を取り入れ、健康と快眠を心掛けることも口臭を防ぐことにつながります。

口臭に悩んでいると、ついつい口の健康にばかり着目してしまいがちですが、内臓疾患も口臭を招く原因となります。

胃や腸に優しい食事を摂りったり、栄養バランスなどについても見直してみましょう。

まとめ

妊娠すると口臭が出てくるという方も多く見られます。
口臭は単なる口のケア不足と思われがちですが、実はさまざまな妊娠トラブルが要因となって口臭を招いていることも少なくありません。

妊娠中は体調など変動の多い時期です。体調管理とともに口臭を防いでいくよう心がけるようにしてください。

心地よい気分で妊娠生活、出産が迎えられるよう、口腔内ケアを十分に行いながら、色々な妊娠トラブルも改善していきましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠中の病気・気になる症状のカテゴリー

妊娠高血圧症つわり妊娠中の腰痛
妊娠中の胃痛・腹痛・お腹の張り妊娠中の出血妊娠中の風邪・感染症
妊娠中の足の痛み妊娠中の下痢妊娠中の便秘
妊娠中の貧血マタニティブルー妊娠線
妊娠中の服薬葉酸サプリ
妊娠高血圧症つわり
妊娠中の腰痛妊娠中の胃痛・腹痛・お腹の張り
妊娠中の出血妊娠中の風邪・感染症
妊娠中の足の痛み妊娠中の下痢
妊娠中の便秘妊娠中の貧血
マタニティブルー妊娠線
妊娠中の服薬葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる