妊娠中に黒豆茶はアリ

妊娠中に黒豆茶はアリ?その効果と妊婦さんが飲むときの注意点!



縁起の良い食べ物として、おせち料理の1つに必ずといって良いほど含まれる黒豆。ふっくらと甘みがあり、煮豆にも最適で好きな人も多いのではないでしょうか。

そんな黒豆は最近、料理としてだけでなく「豆茶」としても親しまれつつあり、その効果は一般の女性だけでなく、妊娠中のママにも良いとされています。

そこで今回は、

・黒豆茶とはどのようなものなの?
・妊婦さんは黒豆茶を飲んでも大丈夫?
・黒豆茶の効果や飲むときの注意点は?

といった方に、妊婦さんが黒豆茶を飲むときの注意点や、黒豆茶の効果などについて詳しくご紹介します。

黒豆茶ってどんなお茶なの?

黒豆茶ってどんなお茶

黒大豆(黒豆)を原料にした黒豆茶は、粉々に粉砕したものを抽出して飲むものと、そのままの黒豆を煮出して飲む2つがあり、香ばしくありながら優しい甘みがあるのが特徴です。

形状が変わるだけなので効果に大差はありませんが、粉砕された黒豆茶に比べてそのまま黒豆を使ったお茶の方が濁りも少なく、えぐみが苦手な人にとって飲みやすいとされています。

代わりに、粉砕した黒豆茶は抽出時間も短く、手軽に飲めるのがポイント。また、香りもそのまま抽出したものより弱いので、強い臭いが苦手なママに最適です。

妊娠中は黒豆茶NGなの?

妊娠中のママの中には「黒豆茶は妊娠している時期はダメ」という話を聞いたことがある人もいるかもしれません。

特に、妊娠中はお腹に赤ちゃんがいるため、その影響を考えて、普段なら食べてもOKなものが食べれなかったり、控えた方が良いことが多々あるため、黒豆茶を飲むのも不安になります。

実際のところは、妊娠している時期に黒豆茶を飲むのはNGではありません。ただし、それは「日常生活で飲む程度であれば」の話。

後で詳しくご紹介しますが、他の食品や飲み物と同様、適度を心掛けることが大切です。

妊婦さんが黒豆茶を飲む時の注意点

妊婦さんが黒豆茶を飲む際には「適度」を心掛ける必要があります。

いくら妊娠中に良い効果が期待できる黒豆茶も、薬と同様、飲み方に気を付けていないと身体に悪影響を及ぼしてしまう恐れがあるのです。

黒豆茶を飲む際に注意しておきたいポイントは以下の通り。注意点を踏まえた正しい飲み方で、黒豆茶の効果を楽しみましょう。

アレルギーや腎臓疾患の人は控える

繰り返しになりますが、黒豆茶の原料は黒大豆(黒豆)で、大豆と同じ成分を含んでいます。

大豆の仲間だからといって、アレルギー反応が絶対起こるとは言い切れませんが、体質によっては、大豆を摂取した時と同じような症状が出てしまう可能性があります。

そのため、大豆アレルギーの人はなるべく控えるようにしましょう。

また、黒豆茶にはカリウムも多く含まれています。その点から、腎臓疾患がある人も摂取は避けるようにしましょう。

大豆イソフラボンによる影響とは?

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た作用を持っていることから、悪いイメージにピンとこない人も少なくなですが、大豆イソフラボンを過剰摂取してしまうと、その女性ホルモンに似た作用から、胎児の生殖機能に影響が出てしまったり、女性ホルモンのバランスを崩してしまう可能性があることがわかっています。

とはいえ、黒豆を5g使用してお茶を淹れた場合、摂取できる大豆イソフラボンの量は1.5mgほど。

一日摂取目安量の上限値は、70~75mgと定められていますので、そこまで心配する必要はありません。

ただし、納豆や味噌汁など、大豆イソフラボンを摂取する機会が多い方や、サプリメントで摂取している方は注意が必要です。

妊婦さんが黒豆茶を飲むと何がいいの?

妊婦さんが黒豆茶を飲む

飲む時の注意点がわかったところで、次に黒豆茶の効果について確認してみましょう。

お茶特有のカフェインが含まれていない黒豆茶は、妊娠中のママが安心して飲めるのもポイントの1つですが、この他にも妊娠中のママに嬉しい成分がたくさん。

特に美容と健康を中心に効果を発揮してくれるのが嬉しいところです。そんな黒豆茶の効果については以下の通り。

大豆イソフラボンの影響も考えて過剰摂取に注意しながら、妊娠中の身体にぜひ役立ててみましょう。

栄養補給、むくみの解消

黒豆茶には、カルシウムやカリウムなどのミネラル、タンパク質、ビタミンB群にEといった栄養成分が豊富に含まれており、不足しがちな栄養素の補給に良いとされています。

また、カリウムは利尿作用を持っているため、むくみの解消にも効果があり、血圧も下げてくれるので、妊娠高血圧症で悩むママにもおすすめです。

さらに、大豆イソフラボンも適量を心掛ければ、女性ホルモンと同じような働きをしてくれるので、バランスを崩しがちな体内の女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果が期待できます。

便秘の解消効果

水分不足に陥りやすい妊娠中は、便も硬くなりやすい傾向があり、便秘に悩まされるママが多くなります。

腸内に便が溜まると体重にも影響が出てきてしまいますから、体重管理が必要になる妊娠中はなるべく解消しておきたいところ。

そんな時、黒豆茶を飲んでおくと黒豆茶に含まれる水溶性食物繊維のペクチンによって便を柔らかくし、便秘が解消されやすくなるといわれています。

また、黒豆茶の原料である黒豆には善玉菌の餌になるオリゴ糖も含まれているため、善玉菌が活発になり腸内環境を整えてくれる働きも期待できます。

肌を綺麗にする

女性ホルモンのバランスが崩れてしまう関係で、妊娠中のママの肌は敏感です。

普段なら気にならない刺激に肌が反応してしまったり、化粧品の成分が合わず肌荒れを起こしてしまうこともあります。

黒豆茶にはそんな肌に良い効果を発揮してくれるポリフェノールの一種、アントシアニンも含まれていて、肌を綺麗にしてくれる効果が期待できます。

正確には黒豆の皮に含まれているのですが、これには抗酸化作用があり、増えすぎた活性酸素を取り除いて、肌の老化を防いでくれる効果があるのです。

また、血行も良くしてくれるので冷え性に悩むママにも効果が期待できます。

黒豆茶は自分でも作れる

黒豆茶には、黒豆をそのまま使用するタイプと、黒豆を砕いたタイプの2つがありますが、黒豆茶は自分で作ることもできます。作り方は次の通りです。

1.市販の乾燥黒大豆を、飲む分だけフライパンで10分ほど、から煎りします。
※電子レンジを使用する場合には、乾燥黒大豆を耐熱容器、もしくは耐熱カップに入れて1~2分加熱します。

2.黒豆に切れ目と香ばしい香りがしてきたら火を止め、黒豆をポットに入れます。この時、火傷をしないように注意しましょう。

3.熱湯を黒豆大さじ1に対し、200ml注ぎ、少し蒸らして完成です。

黒豆茶にはさまざまな種類があり、淹れ方が何通りもあります。すぐに飲みたい場合にはティーパックタイプのものなど、すぐに飲めるタイプがおすすめですが、黒豆茶はその香ばしい香りも魅力。

さらに、種類によって同じ黒豆茶でも風味や香りも変わるので、妊娠中の気分転換の1つとして自分で淹れてみたり、さまざまな淹れ方を楽しんでみましょう。

黒豆茶の淹れ方

黒豆茶の淹れ方

黒豆茶の淹れ方は、購入した種類によって少しずつ異なります。

そのため、初めて黒豆茶を利用する場合には、商品裏に記載されている淹れ方に沿って飲んでみましょう。

とはいえ、同じ淹れ方で毎回飲むのは飽きてしまうというママも少なくないはず。ここでは、そんな黒豆茶の淹れ方を簡単にまとめてみましたので、淹れる時の参考にしてみて下さい。

1~2杯くらいの場合

お茶というと、大人数で何杯も作るイメージがありますが、最近の急須は1人用のタイプも販売されてきており、1~2杯とちょうど良い量を楽しむことができます。

また、日本茶は基本的に、1杯につき茶さじ1杯分という計算なので、大きめの急須しかなくても調節することが可能です。

ちなみに急須を使用する際には、茶さじ1杯の黒豆茶に付き、湯のみ1杯分のお湯が目安になります。30秒~2分を目安にカップへ注ぎましょう。

また、日本茶だからとこだわらず、お気に入りのティーカップやポットで飲むのも違った気分が味わえて面白いです。

たっぷり飲みたい時

自分だけでなく、家族やパートナーとも楽しみたい、いちいち小出しで淹れるのが面倒なようであれば、ヤカンで煮だすやり方が最適です。

その際には、ヤカンで水を1リットル沸騰させてから、茶さじ2杯分くらいの黒豆茶を入れるようにしましょう。数分煮出せば完成になります。

また、夏の暑い季節などひんやりしたお茶が飲みたい時期は、水だしがおすすめ。この場合には、ヤカンではなく、冷水筒や大きめのポットに冷水と黒豆茶を入れて、4時間程冷蔵庫に入れておくだけでOKです。

時間やお茶の量は目安です。入れる容器やお湯の温度、お茶の種類によって味や香りは変わります。人によって好みもあるので、その時々で臨機応変に対応しながら、お茶の量や抽出時間を自由に変えてみて下さい。

黒豆茶の出がらしも食べれる!

お茶に栄養素がたっぷり入っている黒豆茶は、使い終わった出がらしにもまだまだ成分が残っていますので、残さずに使い切ってあげたいところ。

そんな黒豆茶、実は出がらしを食べることができます。とはいえ、そのまま食べてしまうのは何だか味気ないです。

出がらしを食べる場合、おすすめの食べ方をご紹介します。

甘いお菓子

おせち料理を代表に甘い味付けにもぴったりな黒豆は、出がらしも甘いお菓子のトッピングとして使用することができます。

とはいえ、ケーキに振りかけるというよりは、蒸しパンやケーキのスポンジ、マフィンなどに混ぜ込むような食べ方が一般的です。

小さいお子様がいらっしゃる場合には、ホットケーキに入れるのもアリです。

シンプルなおかずにも

毎日は味気ないかもしれませんが、黒豆茶の出がらしはそのまま食べることもできます。素材そのままの優しい味を楽しむことができるので、ちょっとしたお茶請けにおすすめです。

また、夕飯などおかずにもう一品欲しい時に利用するのもOK。その際には、シンプルに塩を一振りしたり、他のお野菜と合わせるなど色々アレンジを加えてみて下さい。

ご飯に混ぜ込む

市販の十六穀米や五穀米のように、ごはんに混ぜ込んで食べるのも出がらしの活用方法の1つです。

お米を炊く時に出がらしをそのまま入れてしまうだけで良いので、手間もかからず簡単に作れるのも嬉しいポイント。

味の邪魔をしないので、他の具材を入れて炊き込みご飯にすることもできます。献立に困った時の奥の手として使うのもアリです。

まとめ

まとめ

妊婦さんは、大豆アレルギーや腎臓疾患がある人でなければ、黒豆茶を飲むことができますが、絶対に安全というわけではありません。

黒豆茶には食物繊維も豊富に含まれていますから、過剰に摂取してしまうとお腹が緩くなってしまったり、下痢になってしまう恐れもあります。

そのため、調子が悪くなるようであれば飲用を中止するようにしましょう。適度を意識して、黒豆茶を楽しんで下さいね。

監修:natsumi(看護師)

プロフィール:産婦人科にて勤務後、保育園看護師として勤務中。母子に寄り添うことをモットーに日々働いています。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠のカテゴリー

妊娠報告・出産報告葉酸サプリ妊娠中のスキンケア
妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線妊娠中に便利なサービス・アプリ
妊娠中の仕事妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理妊娠中の栄養・食事
妊婦健診産休・育休産院選び
保険胎動
妊娠報告・出産報告葉酸サプリ
妊娠中のスキンケア妊娠中のファッション
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線
妊娠中に便利なサービス・アプリ妊娠中の仕事
妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理
妊娠中の栄養・食事妊婦健診
産休・育休産院選び
保険胎動
目次
をみる
関連記事
をみる