妊娠すると体臭が強くなる

妊娠すると体臭が強くなる?妊婦さんが気になる体臭の原因と対策



男性女性に関わらず体臭は誰でも持っているものですが、妊娠すると自分の体臭が気になってくるママが多くいます。

実際、妊娠初期の頃から自分の体臭が変わったり、臭いが強くなってしまう傾向があり、つわりを代表とする妊娠初期症状の1つにも数えられています。

しかし、体臭は自分だけでなく、周りの視線も気になるもの。

そこで今回は、

・妊娠してから体臭が気になるようになった!
・どうして妊娠すると体臭がきつくなるの?
・妊娠中の体臭対策は?

といった方に、妊娠特有の症状である体臭の原因は一体何なのか、きつくなる体臭に対して効果的な対策について詳しくご紹介します。

妊娠中の体臭がきつくなる原因

妊娠中の体臭

妊娠中の体臭は、普段あまり臭いを気にしないママでも気になってしまうくらいの臭いです。

妊娠初期症状の1つにも挙げられることから、仕方ないことでもあるのですが、無視することができないのが辛いところ。

妊娠中の気になる臭いが発生してしまう原因はなんなのでしょうか?いくつかまとめてみましたので、一緒に確認してみましょう。

気温が高かったり、激しい運動をした後などに大量に汗をかくことは多いですが、妊娠すると今まで以上に汗をかきやすくなります。

理由としては、妊娠前に比べて体温が高くなることが挙げられ、その影響でちょっと身体を動かすだけでも汗をかいてしまいます。

基本的に、汗自体に臭いがするわけではないのですが、この汗を拭かずに放っておくと、衣服、頭髪に染みついた汗から雑菌が繁殖

その繁殖した雑菌が臭いを放つために、体臭が気になってしまうことがあります。

ホルモンバランスの影響

妊娠中は、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類のホルモンの分泌が乱れてしまう関係で、体内のホルモンバランスが不安定になりやすいです。

これらのホルモンは、子宮内膜を大きくしたり、赤ちゃんの発育を促すための至急環境の維持、乳腺の発達を促すなど妊娠中に欠かせないホルモンなのですが、妊娠することでこれらのホルモンバランスが乱れてしまうことにより、体臭に変化が生じてしまうことがあります。

アポクリン腺の影響

アポクリン腺とは人間の身体にある汗腺の1つのことで、肛門や耳の中、わきの下などにあります。

この汗腺は、妊娠中に分泌が増加する傾向にあるのですが、他の汗腺とは異なる特徴があります。その特徴が、流れ出る汗の臭いがとても強いこと。

そのため、妊娠中特有の強い体臭の原因だけでなく、わきの下にもある汗腺ということからワキガの原因に挙げられることもあります。

おりものの量

妊娠前でもおりものが大量に出ると気持ち悪さを感じることがありますが、妊娠すると女性ホルモンの影響で、さらに量が増加することがあります。

正常なおりものは、その酸性の性質から酸っぱい臭いはしますが、そこまで気になるほどではありません。むしろ気を付けたいのは汗と同様、おりものを放置してしまうこと。

長時間放置することで、そこから雑菌が繁殖してしまい臭いを発する原因になります。

おりものが通常と異なる場合

おりもの自体に臭いがある、色が通常と異なる場合は、他の病気であるサインの可能性もあります。

基本、おりものは膣内への細菌の侵入、増殖を防ぐといった膣内の環境を清潔に保つ働きがありますが、通常のおりものと異なり、色や臭いが気になるようであれば、受診するようにしましょう。

便秘

妊娠初期を含め、妊娠中は便秘になりやすくなります。

これは、お腹にいる赤ちゃんが成長するごとに腸を圧迫し、腸の動きが悪くなったり、つわりによる食生活の変化、運動不足や筋肉がゆるんで腸の動きが鈍くなる、などが原因に挙げられます。

そのため、腸内に悪玉菌が増加します。悪玉菌は元々、腸内で悪さをすることで有名ですが、この悪玉菌の臭い物質が血管を流れ、毛穴から汗として排出されてしまうことで、体臭が強くなってしまうのです。

他の病気の可能性も

妊娠初期を中心に気になる体臭は、臭いを発する場所によっては他の病気を示すサインであることも考えられます。

考えられる病気として代表的なのは、おりものから生臭い臭い、色が通常と異なることが挙げられる細菌性膣炎、口臭が強くなる歯周病が挙げられます。

また、体臭が甘酸っぱい強い臭いを放つ、妊娠糖尿病もあります。

他の病気の可能性が考えられる場合、体臭が強くなる他、細菌性膣炎であれば陰部に痒みがあるなど、他の症状が見られることもありますので、見逃さないようにして下さい。

妊婦さんは臭いに敏感になっている?

また、ママによっては先に挙げた原因だけでなく、臭い自体に敏感になってしまっていることも考えられます。

敏感になってしまうことで、通常であれば気にならない臭いを強く感じたり、自分の体臭が気になってしまうというわけです。

臭いに敏感になってしまう理由については以下の通りです。自分の症状と当てはまるかどうか確認してみて下さい。

女性ホルモンの影響

妊娠すると、体内の女性ホルモンのバランスが崩れてしまうのは先にも触れた通りです。

このバランスが崩れてしまう影響でで体臭が変化してしまうこともあるわけですが、ホルモンのバランスが崩れると、普段以上に臭いに敏感になってしまうこともあります。

特に顕著なのが、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌が増えている時。

この作用は、赤ちゃんを敵から守ろうとする本能ともいわれていますが、それによって、体臭が気になってしまうママも少なくありません。

自律神経の乱れ

女性ホルモンのバランスが乱れると、心身のさまざまな機能の調整を担っている自律神経も乱れてしまうことがわかっています。

この神経が乱れてしまうと、精神的にイライラしやすくなったり、不調に陥りやすくなるなど心身に悪影響が出るのですが、妊娠中は嗅覚が過敏になってしまうことも影響の1つに挙げられます。

自分の体臭が気になるのはもちろん、落ち着くはずのパートナーの臭いが嫌になってしまうこともあるため、その症状に心当たりがあれば自律神経が乱れてしまっている可能性があるかもしれません。

妊娠中の気になる体臭は治らないの?

妊娠中の気になる体臭

一度、体臭が気になりだすと対策を取っていても不安が付きまといます。「このまま治らなかったらどうしよう」と不安に思うママも多いのではないでしょうか。

実際のところ、個人差はあるものの、出産後には症状が落ち着くママがほとんどです。

とはいえ、すぐに治るというものではなく、時間が経っても体臭が気になってしまうママがいるのも事実です。

ただし、その場合でも女性ホルモンのバランスが戻り、体調も整えられてくれば改善していくとされていますので焦らず、ゆっくり体調を整えていくことが大切です。

妊婦さんは香水を使ってもいい?

海外では、ファッションの一部として利用されることの多い香水。香りの種類も豊富で、体臭を消すために活用を考えるママも少なくないかもしれません。

しかし、体臭を消すために香水を使うのはむしろNG

使い方にもよるのですが、体臭を消すために香水を使用すると、強い匂いに香水の匂いが混じってしまい、体臭を消臭するどころかより強烈な臭いになってしまう恐れがあります

香水を使ってはいけないわけではありませんが、もし使用するのであればきちんと汗など体臭の元を拭き取る、シャワーを浴びるなど身体をさっぱりさせてから、少量使うくらいに留めておきましょう。

香水を妊娠中に使用しない方が良いという話もありますが、基本的には一部の香水だけの話とされています。

とはいえ、妊娠中は嗅覚だけでなく肌も敏感になっている時期。成分によっては肌荒れをしてしまう恐れがあります。

また、絶対安全なものはありませんから、香水による赤ちゃんへの影響も考えて、成分がわからない外国産の香水は控えたり、大量に香水を使用するのはやめるなど扱いには気を付けるようにして下さい。

妊娠中の体臭の解消法

それでは、実際に体臭を予防するにはどんな対策を取れば良いのでしょうか。

妊娠中は心身の不調やだるさ、またお腹が大きくなってくると、身体を動かすのが億劫になってくるので、できるだけ簡単にできるものを対策に選びたいところです。

妊娠中の体臭に良いとされる対策は以下の通り。ただし、対策の効果には個人差があり100%の効果が望めるわけではありません。

そして、継続して行うことが大切になりますので、自分のライフスタイルに合った対策を選びましょう。

食物繊維の摂取

体臭の原因に便秘が関わっている場合は、食物繊維を摂取することが対策の1つになります。

食物繊維には腸内をキレイにしてくれる働きがあり、腸内を荒らす悪玉菌や体臭の原因となる臭い物質も一緒に排出してくれる効果が期待できます。

食物繊維を多く含む食材としては、野菜であればさつまいも、ブロッコリー、果物であればりんご、乾物の切り干し大根や大豆といった豆類などがあります。

すべてを取り入れる必要はありませんが、ママが少しでも摂取しやすいものから小まめに食事に取り入れてみて下さい。

生活習慣の改善

食物繊維を摂取する他、甘い物や脂っこい食べ物を避けることも大切になります。これにより、体臭の原因である便秘だけでなく、妊娠糖尿病の予防にもなります。

また、食生活だけでなく、水分を小まめに摂ったり、適度に運動することも便秘対策になります。

特に妊娠中は、お腹が大きくなるごとに身体を動かすことも億劫になってきてしまいますが、体重増加を防ぐなどの効果も期待できますので、近所のお散歩やウォーキングなど軽い運動を心掛けるようにしたいです。

体臭対策グッズ

制汗剤など、体臭対策グッズも妊娠中の気になる体臭を抑えてくれます。体臭対策グッズの中には、デオドラント剤のような即効性の高いグッズもあるので是非、確認してみましょう。

特に良いとされているのが、消臭成分が配合されたボディソープや、ボディクリーム。

普段から活用することの多いものなので、負担も少なく、継続して使うことができるのがポイントです。

また、この他にもスプレータイプといった、さっと一吹きするだけで良いものもありますので、自分に合った体臭対策グッズを見つけてみましょう。

ただし、体臭対策グッズは肌に直接つけるものになりますので、購入する前に肌に優しい成分が使用されているか、添加物が含まれていないかなど確認をすることが大切になります。

また、成分にこだわったものでも体質的に合わない可能性も高いことを考えて、使用前には必ず少量で試すこともポイントです。

肌に赤みが出たり、湿疹が出てしまうようであれば使用を中止して下さい。

汗は小まめに拭き取る

放置することによって臭いが発生することを考えて、汗をかいた時はハンドタオルなどで小まめに拭くようにするのも対策になります。

乾燥したタオルなどでは、発生した細菌までは取ることができませんので、汗を拭き取る際には濡れたタオル(使用後は必ず洗濯を)や、使い捨ての汗ふきシートで拭くようにしましょう。

また、肌の脂や垢、汚れなどが雑菌のエサにもなりますので、シャワーをさっと浴びて汗や汚れを洗い流すのも対策の1つ。

シャワーを浴びることが難しい場合には汗を拭いて、清潔な衣類に着替えるだけでも体臭を抑えることができます。

病院へ相談しよう

妊娠中の体臭は自分に合った対策を取ることで、軽減することができます。また、一時的なケースがほとんどですから、出産後には落ち着く場合がほとんどです。

しかし、対策をしっかり取っていても効果には個人差があり、人によっては酷くなっているように感じる人も少なくありません。

その場合には、他の病気が潜んでいる可能性も考えて、我慢せず担当の医師に相談することが大切です。

便秘が原因であれば、妊婦さんに合った便秘薬を処方してくれることもありますし、必要であれば生活習慣の改善など指導をしてくれるので安心です。

妊娠中の体臭は気にしないことも大切

妊娠中の体臭は気にしない

妊娠中の体臭は、ママの嗅覚が敏感になっているために気になってしまう場合も多くあります。

そのため、人によっては本人が気にしているほど体臭が強くないこともあります。

むしろ、あまり敏感になっているとストレスになってしまい、精神的に良くありませんので、妊娠中は臭いがしても気にしないくらいの気持ちでいることも大切になります。

それでも気になってしまうようであれば、音楽を聴いたり、読書をしたりと何か集中できることをするのもポイント。一時的なものだと思って、楽しい妊娠生活を過ごしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる