妊娠中に脱毛しても大丈夫

妊娠中に脱毛しても大丈夫?妊婦さんのムダ毛のお手入れ方法!



女性の身だしなみとして、ムダ毛の処理は当たり前の世の中になっています。

自分で行う脱毛だけでなく、最近では脱毛サロンで脱毛する女性も多いですが、妊娠していても脱毛して大丈夫なのかな?と疑問を持っている妊婦さんも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

・妊娠中に脱毛しても大丈夫?
・どんな脱毛方法があるの?
・妊娠中にムダ毛のお手入れをしたいときは?

といった方に、妊娠しても脱毛してもいいのか、どんな方法があるのかについて詳しくご紹介します。

妊娠中に脱毛しても大丈夫?

脱毛しても大丈夫

妊娠していてもむだ毛は生えてくるので、薄着の季節は何とかしたいと思っている妊婦さんも多いのではないでしょうか。

脱毛の方法にもいろいろありますが、最近は脱毛サロンやエステサロン、美容クリニック、皮膚科などで脱毛をするという人も多いでしょう。
しかし、このような脱毛専門の施設では、妊娠を理由に脱毛の施術ができないケースがほとんどです。

妊娠中はホルモンバランスが変化することで肌が敏感になりやすく、使用する薬品や機器などで様々な肌トラブルを起こす危険が高くなるからです。

さらに、薬品などの臭いによってつわりの時期は施術中に体調が悪くなる可能性があるので、脱毛の専門機関でも妊娠中は脱毛の施術を行わないことが多くなっているのです。

妊娠していると毛周期が乱れる

妊娠すると女性ホルモンのバランスが変化することなどによって、ムダ毛が普段よりも濃くなります

これは、分泌量が増えた「エストロゲン」の作用によって、毛周期の中の成長期が長くなることが原因です。
成長期が長くなると産毛が濃くなるばかりでなく抜け毛が減るのでムダ毛が濃くなったように感じるのです。

しかし、出産して女性ホルモンの分泌が急激に減少すれば徐々にムダ毛も薄くなりますので安心しましょう。

脱毛サロンは契約の延長がある場合も

脱毛にはある程度の時間が必要で、費用もかかります。

脱毛の施設では、回数券の使用期間や契約期間が決まっているという場合がありますが、施設によっては妊娠していることを申し出ることで回数券の使用期間や契約期間を延長してくれる場合もあるので、脱毛施設に問い合わせてみましょう。

妊娠前から脱毛をしていて、妊娠が分かって休むということはありますが、妊娠していると新規で脱毛お契約をすることは非常に難しいと考えておきましょう。

産前休暇中に脱毛してしまおうと考える妊婦さんもいますが、基本的には脱毛の契約は受け入れられません。

また、初期の場合であっても妊娠していることを隠して入会することは契約違反になり、何かあった場合などは誰も責任を取ってくれませんので注意しましょう。

脱毛の方法と妊娠への影響

それでは、具体的な脱毛方法について見ていきましょう。

レーザー脱毛・光脱毛

現在、日本国内で多く行われている脱毛法は、レーザー脱毛と光脱毛です。

どちらも綺麗に脱毛できて、肌への負担が少ないこと、価格も手ごろな施設が多いので人気があります。

いずれも医師による施術が必要であり、皮膚科や美容クリニックなどで行われています。

レーザー脱毛も光脱毛も、毛根にダメージを与えて発毛を防ぐ方法です。

いずれも長い期間脱毛効果を発揮しますが、数年経つと発毛することもあり、必ずしも「永久」とは言えません。

クリーム脱毛

脱毛効果のあるクリームを塗って脱毛する方法です。
クリームの成分がムダ毛のたんぱく質を溶かして除去します。

クリームは母体に影響を与えたり、胎児の成長を妨げたりすることはないとされていますが、刺激が強いものが多いので、敏感肌になっている妊婦さんが使うと肌荒れを起こす危険がありますし、クリームの臭いで気持ちが悪くなってしまうことも少なくありません。

クリーム脱毛は毛穴が目立ちやすく、以前よりも太い毛が生えてくることがあるので使用する場合は注意が必要です。

ワックス脱毛

脱毛したい部分にワックスクリームを塗って固め、ワックスをむだ毛と一緒に皮膚から一気に剥がすことで毛を取り除く方法です。

むだ毛に強い負荷をかけて除去するので簡単ですが、皮膚には大きな負担がかかり、色素沈着や肌荒れを起こすことがあります

妊娠して敏感肌になっている妊婦さんには負担が大きい脱毛方法です。また、妊娠中はメラニン色素が産生されやすい状態になっていますので、シミの原因になることもあります。

妊娠中に脱毛したい時はどうすればいい?

妊娠中に脱毛したい時

妊娠中でも肌を露出する季節となると、脱毛は欠かせません。妊娠してもどうしてもお手入れをしたい場合は、カミソリを利用して脱毛しましょう。

カミソリでむだ毛を剃る場合は、細心の注意を払って処理することが大切です。一番大切なことは、肌を傷つけないようにすることです。

①肌を傷めないためにも、お風呂に入って肌や毛を柔らかい状態にしておきます。
②シェービング用のジェルや石鹸の泡を処理したい場所にたっぷりつけて、優しくカミソリで剃りましょう。
カミソリで何度も毛を剃ると、肌が赤くなってヒリヒリするのでほどほどにしておきます。
③処理後は、肌への刺激が少ないローションなどをつけて肌を保湿するのもポイントです。

市販されているカミソリも、いろいろなタイプがあるので、できるだけ肌への負担が少ないものを選びましょう。
家電製品の電気シェーバーは、肌への負担を最小限に抑えて根元から処理することができて便利です。

検診前にデリケートゾーンを脱毛する場合

産婦人科での内診に備えてデリケートゾーンの脱毛をしたいという妊婦さんも多いのではないでしょうか。

妊娠中は女性ホルモンのバランスが変わり、今まで毛が薄かった人でも、お腹や乳輪、腕、足の毛が目立つようになったと感じる人も多くいます。

また、頭髪も多くなったり、デリケートゾーンも毛が濃くなったりします。

デリケートゾーンの脱毛ができていないと恥ずかしいと感じる妊婦さんもいますが、できるだけ我慢して、脱毛はしないようにした方が無難です。

どうしても処理をする場合は、カミソリで剃るのが一番肌に負担をかけません。
その際も毛の流れに沿って、上から下に向かってカミソリを動かすようにします。逆に剃ると毛の断面が大きくなり、肌を傷めてしまう恐れがあります。

肌が敏感な人は脱毛を我慢しましょう

妊娠していると肌が敏感になります。

特に、普段から化粧水やシャンプーなどでも物によっては肌荒れを起こす人、肌が弱い人、湿疹やニキビができやすい人は、妊娠中の脱毛には要注意です。

ひどい肌荒れが起こっても、妊娠中は薬が使えないこともあるため脱毛はできるだけ我慢して過ごすようにしましょう。

お出かけや結婚式などのパーティーなど、特別なことがあると肌の露出が多くなるのでむだ毛が気になりますが、どうしてもという時だけむだ毛処理をするようにして、普段は1週間に1回ほどを目安にするのが無難です。

妊娠していることに気が付かずに脱毛してしまったら?

妊娠していたことに気が付かなかったり、妊娠していたらレーザー脱毛や光脱毛ができないという事を知らずに、妊娠してからも脱毛を続けていたりする場合、胎児に影響はないのか心配になります。

しかし、妊婦さんがレーザー脱毛や光脱毛を妊娠中にしてしまっても、胎児にはまず影響はないとされています。
レーザーや光脱毛の光は、レントゲンのX線のように体内を通過しません。

これらは、肌や毛穴に働きかけるもので、身体の奥まで届かない光なので、胎児には影響がないと考えられているのです。

しかし、100パーセント安心であるという実験結果も保証もないので、皮膚科や美容クリニックでは妊婦さんへのレーザー脱毛、光脱毛は受け付けてくれない場合がほとんどです。

脱毛によって万が一胎児や母体に影響があっても、病院やサロンは責任を取ってはくれないので、妊娠が判明したらただちに脱毛を止めるようにしましょう。

家庭用脱毛器を利用するのは大丈夫?

各家電メーカーから、家庭でも自分で脱毛ができる家庭用脱毛器がいろいろ販売されています。

肌を傷めないようにムダ毛をカットするというものもありますが、最近では脱毛施設のような施術が自宅でできるような、高性能の家庭用脱毛器があります。

このような家庭用脱毛器にはレーザー式とフラッシュ式というものがありますが、どちらも病院やエステサロンの機器よりも威力が弱いもので、同じように肌の表面と毛穴に働きかけるだけで、身体の奥まで影響がありません。

また、家庭用脱毛器の光は可視光という太陽の光と同じ種類の光で、放射能のような有害な光ではないので、浴びても胎児への影響はありません

しかし、家庭用脱毛器でもレーザー脱毛や光脱毛と同じように痛みを感じます。自分で施術するので調整はできますが、体への負担やストレスを考えるとあまりおすすめできません。

長時間脱毛をしていると不自然な姿勢を保つことになり、お腹の張りにつながることもあるので、できるだけ妊娠中は脱毛しないようにした方が無難です。

どうしても脱毛する場合は期間を空けたり、カミソリや電位シェーバーを使ったりするようにしましょう。

出産してどのくらいで脱毛サロンを再開していいの?

出産すると、もう妊娠していないのですからすぐにでも脱毛を再開したいと思っている女性も多いかもしれません。

しかし、発毛とホルモンバランスは非常に密接な関係なので、出産後でもホルモンバランスがしっかり整うまでは脱毛を再開しない方がよいでしょう。

もちろん出産してからすぐに脱毛しても健康上特に問題はありませんが、毛周期が落ち着いていないと、効果が落ちることもあります。

脱毛施設によっては、出産後どのくらいで脱毛を再開するかというきまりを設けているところもあります。

例えば、授乳が終わって生理予定日に生理が2回順調にきていることや、産後2ヶ月は脱毛を再開できないとしているところもあります。

脱毛効果をより高めるためには、やはりホルモンバランスが整った状態で行うことが大切です。

出産すると、育児に手がかかるので毛周期に合わせてなかなか脱毛に通えない事もあるので、出産したからといって急いで脱毛を再開する必要はありません。

ゆっくり時間ができてから、徐々に再開しましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠のカテゴリー

妊娠報告・出産報告葉酸サプリ妊娠中のスキンケア
妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線妊娠中に便利なサービス・アプリ
妊娠中の仕事妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理妊娠中の栄養・食事
妊婦健診産休・育休産院選び
保険胎動
妊娠報告・出産報告葉酸サプリ
妊娠中のスキンケア妊娠中のファッション
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線
妊娠中に便利なサービス・アプリ妊娠中の仕事
妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理
妊娠中の栄養・食事妊婦健診
産休・育休産院選び
保険胎動
目次
をみる
関連記事
をみる