妊娠中に脱毛しても大丈夫

妊娠中に脱毛しても大丈夫?妊婦さんのムダ毛のお手入れ方法!



女性の身だしなみとして、脱毛することは当たり前の世の中になりつつあります。

自分で行う脱毛だけでなく、最近では脱毛サロンで脱毛するのが一般的ですが、妊娠していても脱毛して大丈夫なのかな?と疑問を持っている妊婦さんも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

・妊娠中に脱毛しても大丈夫?
・どんな脱毛方法があるの?
・妊娠中にムダ毛のお手入れをしたいときは?

といった方に、妊娠しても脱毛してもいいのか、どんな方法があるのかについて詳しくご紹介します。

妊娠中に脱毛しても大丈夫?

脱毛しても大丈夫

妊娠していてもむだ毛は生えてくるので、身だしなみが気になる季節は何とかしたいと思っている妊婦さんも多いのではないでしょうか。

脱毛の方法にもいろいろありますが、最近は脱毛サロンやエステサロン、美容クリニック、皮膚科などで脱毛をするという人も多いですが、妊娠している場合は、このような脱毛専門の施設では、妊娠を理由に脱毛の施術を断られることがほとんどです。

これらの脱毛の施設ではレーザー脱毛や光脱毛を行うことが多いのですが、妊娠していることで、これらの施術が母体や胎児に影響を与えるから、という理由で脱毛を断られるというわけではありません

妊娠していることで肌が通常よりも敏感になりますし、ホルモンバランスが変化することで肌トラブルを起こす危険が高くなるからです。

また、これらの施術を行うことによって、通常の状態でも多少の痛みを感じますが、その痛みをいつもよりも強く感じる可能性もありますし、人によっては施術を行っても効果があまり出ないということもあります。

妊娠することによって肌の状態が敏感になり、いつもとは違う状態になることがあるのが大きな原因です。

また、脱毛を行う前にクリームをつけたり、薬品を肌につけることがありますが、肌が敏感なので肌が炎症を起こすかもしれません。

薬品などの臭いもあるので、つわりの時期は施術中に気分が悪くなったり、体調が悪くなる可能性があるので、脱毛の専門機関でも妊娠中は脱毛の施術を行わないことが多くなっています。

妊娠していると毛周期が乱れる

妊娠すると女性ホルモンのバランスが変化します。また、妊娠中は産毛が普段よりも濃くなります。

このため、毛が濃くなったように感じて余計に気になりますが、出産してホルモンバランスが通常の状態に戻れば産毛も薄くなります。

毛は何気なく生えているようですが、ホルモンバランスに非常に密接に関係してしっかりとした周期を持って生えてきます。

しかし、生理前のように、妊娠するとホルモンバランスが変化するので毛周期が乱れます。

毛周期が乱れると適切な脱毛のタイミングをつかみにくく、脱毛してもすぐに毛が生えてきてしまうこともあり、脱毛している実感がないことがあります。

脱毛サロンは契約の延長がある場合も

脱毛にはある程度の時間が必要で、費用もかかります。

脱毛の施設では、回数券の使用期間や契約期間が決まっているという場合がありますが、施設によっては妊娠していることを申し出ることで回数券の試用期間を延長してくれたり、契約期間を延長してくれる場合もあるので、行っている脱毛施設に問い合わせてみましょう。

妊娠前から脱毛をしていて、妊娠が分かって休むということはありますが、妊娠していると新規で脱毛お契約をすることは非常に難しいと考えておきましょう。

妊娠して仕事を休んでいる間に脱毛してしまおうと考える妊婦さんもいますが、基本的には脱毛の契約は受け入れられません。

妊娠していることを隠して入会することは契約違反になり、何かあった場合などは誰も責任を取ってくれませんので注意しましょう。

脱毛の方法と妊娠への影響

それでは、具体的な脱毛方法について見ていきましょう。

レーザー脱毛・光脱毛

現在、日本国内で一般的で人気のある脱毛方法は、レーザー脱毛と光脱毛です。どちらも見た目が綺麗に脱毛できて、肌への負担が少ないこと、現在は価格も手ごろな施設が多いので人気の脱毛方法です。

皮膚科やクリニックなど専門の医師がいる医療機関で行う脱毛はレーザー脱毛で、医師がいないエステサロンで行う脱毛は光脱毛です。

レーザー脱毛も光脱毛も、毛根のメラニン色素に働きかけて毛根にダメージを与えて毛を生えなくする方法ですが、レーザー脱毛は医療用の機器なので、光脱毛よりも効果が高いとされています。

レーザー脱毛は永久脱毛ですが、光脱毛は厳密には永久脱毛とはいえません。

クリーム脱毛

脱毛クリームという薬品を、脱毛したい部分に塗って脱毛する方法です。クリームの成分がむだ毛のたんぱく質を溶かして除去します。

クリームは母体に影響を与えたり、胎児の成長を妨げることはないのですが、刺激が強いものが多いので、敏感肌になっている妊婦さんが脱毛に使うと肌あれを起こす危険があり、クリームの臭いで気持ちが悪くなることもあります。

クリーム脱毛は毛穴が目立ちやすく、以前よりも太い毛が生えてくることがあるので使用する場合は注意が必要です。

ワックス脱毛

脱毛したい部分にワックスクリームを塗って固め、ワックスをむだ毛と一緒に皮膚から一気に剥がすことで毛を取り除く方法です。

むだ毛に強い負荷をかけて除去するので簡単ですが、皮膚には大きな負担がかかり、色素沈着や肌荒れを起こすことがあります

妊娠して敏感肌になっている妊婦さんには負担が大きい脱毛方法です。

妊娠中に脱毛したい時はどうすればいい?

妊娠中に脱毛したい時

妊娠中でも肌を露出する季節となると、脱毛は欠かせません。妊娠してもどうしてもお手入れをしたい場合は、カミソリを利用して脱毛しましょう。

カミソリでむだ毛を剃る場合は、細心の注意を払って処理することが大切です。一番大切なことは、肌を傷つけないようにすることです。

肌を痛めないためにも、お風呂に入って肌や毛を柔らかい状態にしておきます。

そして、シェービング用のジェルや石鹸の泡を処理したい場所につけて、優しくカミソリで剃りましょう。

カミソリで何度も毛を剃ると、肌が赤くなってヒリヒリするのでほどほどにしておきます。処理後は、肌への刺激が少ないローションなどを付けて肌を保湿しましょう。

ヒリヒリしている肌は、色素沈着や黒ずみの原因になるので日に当てないように注意しましょう。

市販されているカミソリも、いろいろなタイプがあるので、できるだけ肌への負担が少ないものを選びましょう。

家電製品の電気シェーバーは、肌に負担をかけずに根元から処理することができて便利です。

検診前にデリケートゾーンを脱毛する場合

妊娠すると、産婦人科で内診されるのでデリケートゾーンの脱毛のことがどうしても気になるという妊婦さんも多いのではないでしょうか。

妊娠中は女性ホルモンのバランスが変わり、今まで毛が薄かった人でも、お腹や乳輪、腕、足の毛が目立つようになったと感じる人も多くいます。

また、頭髪も多くなったり、デリケートゾーンも毛が濃くなったりします。

人間の毛は、本来身体を守るためにあるので、妊娠している間は赤ちゃんを守るために身体全体の毛が濃くなるのです。

デリケートゾーンの脱毛ができていないと恥ずかしいと感じる妊婦さんもいますが、できるだけ我慢して、脱毛はしないようにした方が無難です。

どうしても処理をする場合は、カミソリで剃る、電気シェーバーを利用するという方法が一番肌に負担がかかりません。

その際も毛の流れに沿って、上から下に向かってカミソリを動かすようにします。逆に剃ると毛の断面が大きくなり、肌を痛めてしまう恐れがあります。

肌が敏感な人は脱毛を我慢しましょう

妊娠していると肌が敏感になります。

特に、普段から化粧水やシャンプーなどでも物によっては肌荒れを起こす人、肌が弱い人、湿疹やニキビができやすい人、アトピー気味の人は、妊娠中の脱毛は要注意です。

妊娠中の脱毛はできるだけ我慢して過ごすようにしましょう。

お出かけや結婚式などのパーティーなど、特別なことがあると肌の露出が多くなるのでむだ毛が気になりますが、どうしてもという時だけむだ毛処理をするようにして、普段は1週間に1回ほどを目安にするのが無難です。

妊娠中に無理に脱毛すると、ニキビや湿疹、色素沈着、黒ずみを引き起こす可能性があり、それらの治療やお手入れが必要になってしまいます。

妊娠していることに気が付かずに脱毛してしまったら?

妊娠していたことに気が付かなかったり、妊娠していたらレーザー脱毛や光脱毛ができないという事を知らずに、脱毛を妊娠してからも続けていた場合、胎児に影響はないのか心配になりますが、妊婦さんがレーザー脱毛や光脱毛を妊娠中にしてしまっても、子宮には影響がありません

レーザー脱毛も光脱毛も、妊娠中は施術してくれませんが、胎児の成長に影響があるからということではないので安心してください。

皮膚科や美容皮膚科などで使われているレーザーの光は、レントゲンのX線のように体内を通過しません。

これはエステサロンで使用される光脱毛の光も同じ構造です。これらの光は、肌や毛穴に働きかけるもので、身体の奥まで届かない光なので、胎児には影響がありません

光脱毛の光よりも医療用レーザーの光の方が威力も大きいですが、レーザーの光でも同じく影響はありません。

また、脱毛の箇所によっては、デリケートゾーンなど子宮に近い場所を脱毛してしまったと心配する声もありますが、デリケートゾーンの脱毛であってもレーザーの光や光脱毛の光は皮膚の表面と毛穴までのごく浅い場所にしか影響がありません。

しかし、100パーセント安心であるという実験結果も保証もないので、皮膚科や美容クリニック、エステサロンでは妊婦さんへのレーザー脱毛、光脱毛は受け付けてくれない場合がほとんどです。

脱毛によって万が一胎児や母体に影響があっても、病院やサロンは責任を取ってはくれないので、妊娠が判明したらただちに脱毛を止めるようにしましょう。

家庭用脱毛器を利用するのは大丈夫?

医療機関で行う脱毛や、エステティシャンによる光脱毛が主流の世の中ですが、各家電メーカーから、家庭でも自分で脱毛ができる家庭用脱毛器がいろいろ販売されています。

肌を痛めないようにむだ毛をカットするというものもありますが、最近ではエステサロンのような施術が自宅でできるような、高性能の家庭用脱毛器があります。

このような家庭用脱毛器にはレーザー式とフラッシュ式というものがありますが、どちらも病院やエステサロンの機器よりも威力が弱いもので、同じように肌の表面と毛穴に働きかけるだけで、身体の奥まで影響がありません。

また、家庭用脱毛器の光は可視光という太陽の光と同じ種類の光で、放射能のような有害な光ではないので、浴びても胎児への影響はありません

しかし、家庭用脱毛器でもレーザー脱毛や光脱毛と同じように痛みを感じます。自分で施術するので調整はできますが、体への負担やストレスを考えるとあまりおすすめできません。

長時間脱毛をしていると不自然な姿勢を保つことになり、体も冷えるので、できるだけ妊娠中は脱毛しないようにした方が無難です。

どうしても脱毛する場合は期間を空けたり、カミソリでの脱毛や電位シェーバーを使うようにしましょう。

出産してどのくらいで脱毛サロンを再開していいの?

出産すると、もう妊娠していないのですからすぐにでも脱毛を再開したいと思っている女性も多いかもしれません。

しかし、脱毛とホルモンバランスというのは非常に密接な関係なので、出産後でもホルモンバランスがしっかり整ったと実感できるまでは、脱毛を再開しない方がよいでしょう。

もちろん出産してからすぐに脱毛しても健康上特に問題はありませんが、ホルモンバランスや毛周期が落ち着いていないと、脱毛のタイミングがはっきりつかめないので、効果が下がってしまいます。

エステサロンによっては、出産後どのくらいで脱毛を再開するかというきまりを設けているところもあります。

例えば、授乳が終わって生理予定日に生理が2回順調にきていることや、産後2ヶ月は脱毛を再開できないとしているところもあります。

脱毛効果をより鮮明に感じるためには、やはりホルモンバランスが整うことが大切です。

出産すると、育児に手がかかるので毛周期に合わせてなかなか脱毛に通えない事もあるので、出産したからといって急いで脱毛を再開する必要はありません。

ゆっくり時間ができてから、徐々に再開しましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる