妊娠中の風邪薬に漢方を飲んでも大丈夫

妊娠中の風邪薬に漢方を飲んでも大丈夫?漢方薬の種類や注意点!



妊娠中、ほとんどのお母さんが、病気にならないよう気を付けていることでしょう。

しかし、どんなに注意をしていても、妊娠中は体調も崩れがちで、免疫力も低下してしまうため、風邪などをひいてしまうことも少なくありません。

そんな時、心配になるのが薬を飲んでも良いのかということ。

特に妊娠初期は、赤ちゃんにとって重要な臓器が形成される大切な時期であるため、薬の服用には注意が必要です。

むやみに薬を服用してしまうと赤ちゃんにもその薬の成分が移行してしまい、形態異常(奇形)の原因となってしまうことも考えられるため、妊婦さんにとって薬の服用は慎重に判断するべきことの一つです。

しかし、比較的作用の緩やかな漢方薬であれば、妊娠中でも病院を受診すると処方されることがあります。

そこで今回は、

・妊娠中に風邪をひいてしまった!
・妊婦さんは漢方薬を飲んでも問題ない?
・妊娠中に注意が必要な漢方薬は?

といった方に、妊娠中の風邪の薬について、そして漢方薬について詳しくご説明します。

妊娠中の風邪薬は飲んでも大丈夫なの?

妊娠中の風邪薬

風邪の症状と一口にいっても、色々な症状があります。鼻水や咳、頭痛、熱、下痢、痰など辛い症状が出始めてしまうこともあります。

安静に布団に入って回復できる程度の風邪であれば、あまり薬に頼る必要もありませんが、高い熱や激しい咳、止まらない鼻水、ひどい下痢などが伴う場合、やはり必要になってくるのが風邪薬です。

風邪薬の場合、赤ちゃんに大きな影響が出てしまうことはあまり考えられてはいませんが、やはり医師に診察してもらい、その症状に合った処方薬を飲むことが大切です。

詳しくは、妊娠中の風邪薬の関係と妊娠週数毎の胎児への影響の記事にてご紹介していますので、参考にしてください。

ひどい風邪にも関わらず、妊娠中だからといって我慢する必要はありませんので、医師に相談の上、処方された薬を飲んで風邪を治しましょう。

漢方薬なら市販の薬でも使える?

妊娠中は、胎児への万が一を考え、一般に売られている薬よりも処方薬を使った方が良いですが、作用の穏やかな漢方薬であれば、市販のものでも妊婦さんが使うことはできるのでしょうか?

漢方薬なら安全?

世界中で使われている西洋薬が、医療の現場で使用されるようになったのは約200年前のことで、それ以前はすべて生薬と呼ばれることもある漢方薬が使用されていました。

効き目に関しては西洋薬に劣ることもありますが、きちんとした効果があることも科学的に裏付けされてきているため、最近では医療機関でも多く使われるようになってきています。

特に、妊娠中に風邪をひいた時などは、医療機関で漢方薬を処方される機会も増えてきています。

しかし、すべての漢方薬が妊婦さんに安全というわけではありません

漢方薬の中には、子宮収縮を促す作用があるものや子宮筋緊張を促進するもの、骨盤内充血の作用があるものなどがあり、そうした作用が直接早産につながった事実は認められていませんが、避けた方が良い漢方とされています。

風邪に効く漢方薬で有名な葛根湯は大丈夫?

風邪薬として認知度の高い漢方薬はたくさんありますが、その中でも葛根湯は誰もが知っている風邪のための薬といえます。

しかし、この葛根湯も妊娠中安全に使える薬とはいえないことがあります。

葛根湯は、風邪の引き始めに飲むとより良いとされる漢方薬で、発汗作用を高め、炎症や痛みなどを改善していくことで知られており、ゾクゾクする風邪の初期症状をはじめ、頭痛や肩こりにも効果のある薬です。

漢方薬はいくつかの生薬を組み合わせて作られており、葛根湯にも主に7種の生薬が含まれています。

その生薬は葛根(カッコン)、麻黄(マオウ)、桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、甘草(カンゾウ)、大棗(タイソウ)、生姜(ショウキョウ) が配合されています。

その中の成分である麻黄には、強い発汗作用があり、汗をかけず、体内に熱がこもってしまう場合には有効な成分ですが、逆に汗をかきすぎてしまうことがあり、妊娠中は体力を余計に奪ってしまう可能性があるため、注意が必要な成分となっています。

妊娠中だけに限らず、高齢者や体力の弱っている方、胃腸の悪い方にも不向きな漢方薬です。

また、交感神経興奮作用や中枢興奮作用をもたらすとされている、エフェドリンが含有されています。

エフェドリンはこうした作用から、気管支を広げ、咳を鎮めるなど風邪の初期症状に大変効果がありますが、エフェドリンは胎盤を通過するとも考えられており、胎児の心拍などが上昇してしまう可能性がありますので、妊婦さんの服用には注意が必要です。

実際に市販薬として売られている葛根湯の中にも、「妊婦または妊娠している方は医師に相談すること」となっているため、葛根湯ならどれでも安心して飲めるわけではありません

各生薬の配合量は商品によって異なるため、葛根湯であっても、市販薬の使用は注意することが大切です。

漢方薬の成分について

漢方薬の成分

漢方薬として使われている生薬の中には、妊婦さんが使わない方が良いとされているものがあります。

いくつかご紹介しますので、風邪薬以外にも漢方薬を使用する時には参考にしてみてください。

要注意とされている生薬

まずは、妊婦さんが使用するのは要注意だとされている生薬からご紹介します。

以下は代表的な生薬で、この他にも注意が必要、医師のもと使用すること、とされる生薬は色々あります。

事実上何か問題点が見つかったというほどではなく、気を付けて使うことで問題はないとされている漢方薬もありますが、お腹の赤ちゃんのことを考えた上でも、お母さんのことを考えた上でも、慎重になることが大切です。

大黄(だいおう)

ダイオウ類の根茎を乾燥したもので、便秘や熱を伴う病気、打撲、生理異常などに用いられています。

紅花(こうか

べにばなの花を用いた生薬で、生理異常や打撲傷などの薬として使われています。

桃仁(とうにん

バラ科桃の種子で、抗炎症作用や血液凝固抑制作用があります。

牛膝(ごしつ)

ヒユ科の根を使った漢方生薬で、関節炎や生理不順に用いられます。

枳実(きじつ)

ミカン科の果実を用いた生薬で、腹痛や便秘薬などに使われています。

附子(ぶし)

ナトリカブトやオクトリカブトの根を無毒化したもので、手足の冷えや疼痛、麻痺の治療薬に用いられています。

よく苡仁(よくいにん)

ハト麦の種子を乾燥したもので、関節痛や筋肉痛、神経痛などの漢方薬に用いられています。

牡丹皮(ぼたんぴ)

ボタンの根皮で鼻血や吐血、生理不順などの薬に用いられています。

妊娠中の風邪薬として漢方薬を使うなら?

妊娠中に風邪をひいてしまった場合、安全に使える漢方薬もあります。

葛根湯は麻黄(まおう)が含まれていますが、病院で処方されることの多い漢方薬の一つです。

体力の低下やエフェドリンが含有されていることから、飲むのを嫌煙する方もいますが、服用する場合でも、長期間使用しなければ問題ないと処方されるケースも少なくありません。

医師とよく話し合った上で、薬を選んでいくことが大切です。

香蘇散(こうそさん)

胃腸風邪と呼ばれる風邪にも広く使われる漢方薬です。

陳皮(ちんぴ)をはじめ、生姜(しょうきょう)、甘草(かんぞう)、蘇葉(そよう)、香附子(こうぶし)が含まれており、のどに違和感のある初期の風邪にも効果的です。

だるさや頭痛、頭の重さなどを感じた場合にはこの香蘇散(こうそさん)が向いています。病院などでも良く処方されている漢方薬です。

服用する時には、お湯などで溶いて、空腹時に飲むと良いでしょう。

桂枝湯(けいしとう)

発熱や寒気あり、体力などが落ち込んでいる初期の風邪に効果的な漢方薬です。

桂枝(けいし)をはじめ、芍薬(しゃくやく)、甘草(かんぞう)、生姜(しょうきょう)、大棗(たいそう)が含まれており、軽い咳や軽い鼻づまり、鼻水、くしゃみなどを伴う風邪に向いています。

頭痛や関節痛がある場合にも緩和してくれる作用があります。芍薬(しゃくやく)の配合量を増やした桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)が使用されることもあります。

熱がある場合には、適度な発汗が適していることもあり、暖かい服装、温かい食事をとるようにするとより効果が高まります。

麦門冬湯(ばくもんどうとう)

乾いた咳が頻繁に続く場合に、よく病院でも処方される漢方薬です。

麦門冬(ばくもんどう)をはじめ、半夏(はんげ)、人参(にんじん)、粳米(こうべい)、大棗(たいそう)、甘草(かんぞう)が配合されています。

咳を止め、たんを出やすくしてくれますので、風邪の症状に大変効果があります。

また、この麦門冬湯(ばくもんどうとう)は咳同様、こみ上げてくる吐き気も抑えてくれるため、妊娠初期のつわりにもよく処方される漢方薬です。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

鼻水がひどく、咳やくしゃみ、たんなどが出る風邪の時に向いている漢方薬です。

麻黄(まおう)、芍薬(しゃくやく)、乾姜(かんきょう)、甘草(かんぞう)、桂皮(けいひ)、細辛(さいしん)、五味子(ごみし)、半夏(はんげ)が配合されています。

この中の麻黄は、葛根湯にも含まれており、汗をかきやすい妊婦さんにとっては、発汗過多になりがちで、体力を奪ってしまうため、注意が必要な薬です。

病院などでも処方されることがありますが、そうした場合には妊婦さん自身に飲むかどうかの判断が委ねられます。

医師と相談した上で、別の薬に変えてもらう選択肢を取ることも可能ですので、よく医師の話を聞いた上で、使用するかどうか決めましょう。

まとめ

妊婦さんにとって第一は赤ちゃんの安全、健康です。

軽い風邪の場合、薬を飲まなくても回復することができるケースもありますが、症状がひどく、熱などが出てしまう風邪の場合、短期間であれば薬を飲むことも悪いことではありません

お腹の赤ちゃんへの影響を考えて飲むのであれば、漢方薬の方が適している場合が多いですが、漢方薬だからといって安心して飲むことができるわけではありません。

漢方薬にも体を冷やしてしまったり、子宮収縮を促すなど、妊娠に不適切といえる薬が存在します。

漢方薬とはいえ、麻黄などの注意が必要な生薬が含まれている場合、最終的にはお母さんの判断に委ねられます。

安心を得るために他の漢方薬に変えてもらう、数日だけ服用するなど、ベストと思える方法を選択することが大切です。

医師とよく相談した上で、漢方薬も一番良いと思えるものを処方してもらいましょう。

赤ちゃんのためにも、風邪をこじらせない、早く治していける治療法を考えてください。

また、はじめから風邪をひかないよう、体を冷やさない、汗を放置しない、人ごみにいかないなど風邪対策も忘れず続けていってくださいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる