マタニティダイアリーを続けるには

マタニティダイアリーを続けるには?妊娠の記録を日記に残そう!



妊娠から出産までの貴重な期間を何か形として残しておきたい!

そう考える妊婦さんが多くいます。

お腹の中で日に日に大きくなる赤ちゃんの成長を記録として留めておきたい、ママ自身の健康状態や身体と心の変化も記しておきたい、赤ちゃんが大きくなっていつか親になる時がきたら見せてあげたいなど、ママのたくさんの想いがつまったものが妊娠日記「マタニティダイアリー」です。

そこで今回は、

・妊娠中の記録を残しておきたい!
・マタニティダイアリーってどんなもの?
・マタニティダイアリーには何を書けばいい?

といった方に、妊娠中の記録を残すマタニティダイアリーについて詳しくご紹介します。

マタニティダイアリーは期間限定

マタニティダイアリーは期間限定

元旦に始めた日記、「さぁ今年から日記を習慣にするぞ」といってもそうそう長続きしないものです。

なぜなら、終わりが決まってないのと、毎日毎日そんなに書くことがないからということが多くの理由です。

よほど文章を書くことが好きな人でない限り、毎年日記を買ってはボツにしたなんて人も少なくないのでは?

ですが、マタニティダイアリーは期間限定の日記です。

妊娠中は、まだ見ぬ赤ちゃんと会える日を楽しみにながら、あれもしてあげたいこれもしてあげたい、こんな服を着せてあげたい、歩けるようになったら一緒に〇〇に行きたい、家族で〇〇にも旅行したい、夢は限りなく広がっていることでしょう。

そんな想いも日記に書き残してください。

出産を無事に終えて自宅へ戻ってきたら、日々のお世話と家事でバタバタな毎日になるかもしれません。

今のうちに、やりたいことやしてあげたいことを思い付くままに書き残しておきましょう

もし育児や家事に疲れても、少し余裕ができたときに日記を見返してみると、忘れかけていた夢や願いが目標へと形を変え、育児を楽しむ原動力になるかもしれません。

マタニティダイアリーはどんな形で残す?

妊娠中の記録を日記として残すには、手作りノート・手帳・ブログ・SNS・アプリ・専用のマタニティダイアリーなどの方法があります。

手作りノートとアプリの併用、専用のマタニティダイアリーとブログの併用などもいい方法です。

手作りノート

アナログではありますが、形式にとらわれず自分の好きなように書き込めるという利点があります。

また、ママの手作りという温かみがあり、データではなく実体として残るため、ちゃんと管理していれば消えてしまう心配もありません。

エコー写真を貼ったり、色分けしてカラフルにしたり、マスキングテープやデコシールを使ってオンリーワンの日記を作るのも楽しいです。

たまにはパパに見せて、一言書いてもらってもいいかもしれません。ご夫婦で一緒に「我が家だけのマタニティダイアリー」を作ってみませんか。

手帳

日記を書き続ける自信がない、記録だけ残しておきたい、仕事をしているからあまり時間がとれない、という妊婦さんは手帳を利用する方が手軽かもしれません。

バッグに入るほどの大きさであれば、病院での検診など、どこにいてもすぐに記入することができます。持ち歩けるので、いつでも読み返せる安心感もあります。

万一のために、かかりつけの病院と緊急時の連絡先を記入しておけば、さらに安心です。

ブログ

ブログでのマタニティダイアリーには、他の妊婦さんと経験を共有できるというメリットがあります。

話が合いそうな他の妊婦さんのブログにコメントして、自分のブログも紹介してみましょう。

お互いに、妊婦さん同士だからこその共通の話題で盛り上がれます。

不安や悩みごとを打ち明け合ったり、情報交換などもできます。いずれママ友に進展するような、長いお付き合いができる人にも出会うかもしれません。

また、遠くに住んでいてなかなか会いに行けない親族などにも、ブログを使って近況報告ができます。

たくさんのプレママ芸能人もブログを投稿していますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

ただし、プライベートな情報を掲載する場合は、非公開設定や閲覧制限などへの配慮が必要になります。

SNS

SNSは、リアルな友人や友人の知り合いなど、さまざまな人が見ることになります。

ですから、単なる妊娠報告ならば問題ないですが、事細かな記録となる日記にSNSはあまりおすすめできません

ブログのように、見たい人だけが見るというわけにはいきませんので、独身の人や子どもがいない人、もしかしたら不妊治療で悩んでいる人の目に触れて不快感を与えるかもしれません。

そして、日記として度々書き込んでいたら、「マタニティハイ」だと思われて友人や知人に距離を置かれることも考えられます。

妊娠はとてもデリケートな話題ですので、人の目に触れないノートや手帳、見たい人だけが見るブログなどに留めておきましょう。

アプリ

スマートフォンのアプリには、お腹の赤ちゃんの成長の様子や、ママの体調管理ができるもの、妊婦さん向けの情報を無料で配信してくれるもの、管理栄養士が考えたママ向けのレシピが掲載されているもの、不安や悩みごとが解決できる情報交換の場があるもの、メモを残す機能があるもの、エコー写真を保存できるもの、パパと共有できるものなど、さまざまな機能が付いています

また、パパ専用のアプリもあり、赤ちゃんの成長具合はもちろん、ママの体調の変化も知らせてもらえます。

なかなかママ自身からは言い出しにくい身体の不調も、ママに代わってアプリがパパに教えてくれますので、体調が変わりやすいママの心強い味方になってくれます。

専用のマタニティダイアリー

妊婦さん専用のマタニティダイアリーは、記入する形式が決まっていて、今の赤ちゃんの状態が簡単に書いてあったり、日記を書くスペースがあったり、エコー写真が貼れたり、週に1度パパ向けメッセージがあったり、入院グッズ準備リストがあったりと、初めて妊娠したママも安心して手軽に使えると人気になっています。

中には、ダイアリーというより参考書のようだと喜ばれているものもあります。

それぞれ特色のあるたくさんの種類のマタニティダイアリーが市販されていますので、自分に合った続けやすい一冊を見つけてください。

マタニティダイアリーにはどんな内容を記録する?

どんな内容を記録する

では、実際にマタニティダイアリーにはどんなことを書けばいいのでしょうか?

日記の形式や種類にもよりますが、主な内容について見ていきましょう。

赤ちゃんの成長

エコー写真や検診の記録、ママのお腹が大きくなっていく様子などを分かりやすく残しておきましょう。

月に1回、マタニティフォトを撮ってお腹の大きさの移り変わりを記録するのもいいです。

妊娠中は体調が変わりやすく、あまりオシャレをする気分になれないママもいるかもしれませんが、その日だけはしっかりおめかしして、一生の思い出になる素敵な写真を撮ってもらいましょう。

毎月同じ衣装で撮影して、出産後に全部まとめて一つの作品にするという方法も人気です。

一枚一枚を見るよりまとめて見たほうが変化が分かりやすく、「こんなに大きくなったんだ」と感慨深いものがあります。

ママの体調管理

妊娠中は体重の変動にも気をつけなければなりません。太りすぎに注意する意味でも、なるべく毎日体重を計って記入する習慣をつけましょう

その日の食事のメニューや間食したものも書いておけばさらにGOOD。体重の変化と食事内容を見比べやすくなります。

睡眠時間や体調、その日の気分も体調管理には大事なことです。しっかり記入しておきましょう。病院で検診を受けた日は、血圧などの内容も書き込んでください。

ママの日記

その日の出来事、嬉しかったこと、楽しかったこと、心配になったことなど、たとえ一言でもいいので感じたままに書きましょう

「今日は食欲がないなぁ」「今日は朝から気分がいい♪」という内容でも、体調管理の一環になります。

「今日はマタニティヨガをしました」「今日の検診で『赤ちゃんは寝てますね』って言われたよ」など、赤ちゃんへ手紙を書くような内容も素敵です。

たまにはパパからも一言書いてもらうのもOK。

パパにもマタニティダイアリーに目を通してもらうようにすると、ママの体調の変化にも気づいてもらいやすくなりますし、なにより「お父さんになる」という自覚が増すことでしょう。

赤ちゃんが生まれたらしたいことリスト

たとえば、「新生児期の写真や動画を撮っておく」「泣き顔や寝顔も写真に撮る」「手形や足型を記録として残しておく」「新生児期からクラッシック音楽を聴かせる」「生まれたら1ヶ月ごとに写真を撮って記録に残す」「生後6ヶ月のハーフバースデーをする」「お座りできるようになったら旅行に行く」「初めての○○を写真に残す」「歩けるようになったら○○に行く」「赤ちゃんとママ、赤ちゃんとパパのツーショットを撮る」など、思い付いたらすぐに書き込めるページを別に用意してください。

特に新生児期は束の間で、あっという間に大きくなってしまいます。

もっと写真や動画を残しておけばよかったと後悔しているママも多いので、出産後のバタバタに紛れて忘れてしまわないよう書き留めておきましょう。

また、赤ちゃんはみるみる大きくなっていくので、1ヶ月ごとに写真を撮るのもお忘れなく。

毎月同じ日に、成長具合を比較しやすいよう横にオモチャなどを置いて撮影しましょう。

赤ちゃんのご機嫌がいい時に「寝相アート」にチャレンジしても楽しいです。

そして、赤ちゃんばかりを写してしまいがちな写真ですが、ママやパパとのツーショットも残しておきましょう。

赤ちゃんを抱っこしているポーズだけでなく、微笑み合っている写真のアップや、赤ちゃんのほっぺにチューしている写真など、思わず顔がほころぶような写真も残したいものです。

もちろん、家族みんなでの写真も貴重な思い出になります。

妊娠中の記録と一緒に残しておきたいもの

マタニティダイアリーは、日々の記録以外にもエコー写真など、残しておくといいものがあります。

エコー(超音波)写真

赤ちゃんのエコー写真を保存しようと、マタニティアルバムを別に購入するママもいますが、マタニティダイアリーで一緒に保管した方が便利です。

妊娠して最初にもらったエコー写真は、初めてということもあり感動があります。大事にしたい、一生残しておきたいと思うものです。

しかしこれが月に1回や検診ごとなど、頻繁にもらうようになると慣れてしまい、感動も薄れていつ撮ったものなのかさえ分からなくなってしまいます。

そしてエコー写真には当然ではありますが表情がありません。生まれた後の笑顔や寝顔の写真の方が楽しくなって、わざわざエコー写真を見返すことはあまりありません。

エコー写真のみのアルバムを作ってしまうと、出産後は一度も開けられないままという可能性もありますので、マタニティダイアリーの中に一緒に保管できるようにしましょう。

エコー写真を貼った下に、その日の検診内容やママやパパからの一言などを添えると、いつ撮ったもので、どんな気持ちになったかなどを思い出しやすくなります。

お祝いにいただいたものリスト

最近では、妊娠祝いとしてプレゼントをもらうこともあります。出産祝いほど高価なものではなく、友人一同から連名でいただくことが多くなっています。

そして、出産すれば出産祝いもたくさんもらうことになります。初の出産ならなおさらです。

それらのいただきものすべてを、マタニティダイアリーのどこかに一覧として書き残しておきましょう。

誰から何をもらったか、お返しをしたかどうかを記入しておけば忘れずにすみます。とくに妊娠祝いは妊娠中にもらうもので、それほど高価な物は贈らない傾向にあります。

出産後の忙しい毎日の中で、数か月前にもらったプレゼント品の事は忘れてしまうことも考えられます。

とはいえ、お返しまではしなくても、せめて次に会った時に「あの時は妊娠祝いありがとう」とお礼は言いたいものです。

どんな品物でも、気持ちのこもったお祝いはリストに書き残しておいて、忘れないようにしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる