会社の健康診断

会社の健康診断!妊娠中はどうする?妊娠は健康診断で分かる?



会社や役所から、定期検査のお知らせを受け取ることもあります。

普段は、特に気にせずに検査を受けている方も多いでしょうが、それが妊娠中となると悩んでしまう方も多いようです。

「妊娠していてダメな検査はあるのだろうか?」「正確な検査結果が出るのか?」「レントゲンは受けてはダメ?」など色々な疑問がでてくることでしょう。

そこで今回は、

・妊娠中に会社の健康診断は受ける必要がある?
・妊婦さんが健康診断を受ける注意点とは?
・会社の健康診断で妊娠しているかどうかわかる?

といった方に、妊娠中の会社の健康診断は受ける必要があるのか、健康診断で妊娠が分かるのかなどについて、詳しくご紹介します。

妊娠中に行う健康診断は受ける必要がある?

妊娠中に行う健康診断

会社などで義務化されている健康診断ですが、妊娠していると会社が知っているにも関わらず、健康診断をしてくるよういわれることもあります。

このような場合、健康診断を受けなくてはならないのか悩む点です。

妊婦さんの場合、定期健診で医師の診察を受けていることもあり、あまり必要ないと感じている方も多くいます。実際のところ受ける必要はあるのでしょうか?

妊娠中は通常と診断が異なる

健康診断では色々な検査が行われますが、その中の血液検査だけとっても、妊娠中は非妊娠時と結果が大きく異なります

検査結果の数値も異なるため、健康な状態であるか判断が難しいことも少なくありません。

もちろん健康診断は会社に指定された医療機関で行うことから、検査前に妊娠していることを伝えた上で診断してもらうこともできますが、わざわざ「受ける必要があるの?」と考える方も多くいます。

妊娠中は定期的に検診している

妊娠中は定期的に検診を受けているため、健康診断の必要性をあまり感じない方が多くいます。

妊娠して受ける定期検診は、体重、血圧はもちろんのこと、尿検査や血液検査など、妊婦さんの体調を確認するため、常に医師の診察を受けています。

病気などの疑いがあれば、追加で検査を受けることもあり、健康診断で行うほとんどの検査は事足りている状況です。

妊娠中の健康診断は断れる?

妊娠中ということもあり、健康診断も面倒に感じることがあるかもしれません。しかし、心配なのは会社員として受けなくてはならないのかということです。

また、病院などは病気の方も多い場所のため、風邪やインフルエンザなど病気をもらう可能性もあるので、できれば受けたくないと考える妊婦さんも少なくありません。

妊娠中、定期健診を受けているにもかかわらず、健康診断を受ける必要があるのかどうかは、やはり会社側に委ねる必要があります。

ただし、ほとんどの場合、健康診断を受けなくてもいいことが多いようです。

妊娠と定期健診のことを話し、断ることもできますので、会社側にまずは相談してみましょう。リスクなどの理由から、はじめから健康診断をやめるよういわれるケースもあります。

もちろん健康診断を受けることも可能!

もちろん妊娠中だからと、健康診断を受けてはいけないことではありません。当然ながら健康診断を受けることもできます。

妊婦さんが健康診断を受ける時気を付けることは?

健康診断を受ける際は、X線検査に気を付ける必要があります。

胸部のレントゲン検査やバリウムを飲んで行う胃の検査、注腸造影、CT検査は受けないようにしましょう。

放射線を使う検査は、特に妊娠4週目から8週目の妊娠初期には避けた方が良いとされていますので注意しましょう。

ただし、妊娠していることが分からず検査を受けてしまった場合も、レントゲン検査であれば、あまり問題ないとされています。

CTなど放射線量の多い検査を幾つも受けてしまうことがない限り、胎児には大きな影響はないとされていますので、特に心配する必要はあまりありません。

ですが、妊娠中はただでさえ、「元気な赤ちゃんが生まれてくれるか?」ナーバスになる時期でもあります。

10か月心配なまま妊娠生活を送らないためにも、妊娠の可能性があるときには、まずは医師に相談しましょう。

他の血液、身長、体重、心電図などの検査については、何も胎児に影響を与えるものではないため、受けても問題はありません。

医療機関で健康診断を受ける際にはまず問診の時に、医師に妊娠している旨を伝えておくと良いでしょう。

妊娠しているかもしれないなら安全な項目のみ健康診断を

妊娠している、もしくは、妊娠しているかもしれないのであれば、レントゲンを避けた検査がおすすめです。

例え胎児には影響がないからといっても、わざわざリスクと思える検査を受ける必要はありません。

妊娠中は心の安定も大切なこと。お腹の赤ちゃんが健康なことが、妊婦さんにとって一番の安心につながります。

妊娠している可能性がある場合でも、不本意に会社に伝わる可能性があるからと、リスクを冒すのも考えものです。

そんな時はまず、会社で勧められている医療機関でその旨を伝えてみましょう。

医療機関では妊娠の可能性がある場合、レントゲン検査を行わないのが一般的です。そのため、妊娠している可能性を伝えれば回避することができます。

会社で改めて伝えなくても問題ありませんので、医療機関に直接相談してみましょう。

妊活などを行っている方は、年に1度の検査とはいえ、気を付けてみることも大切です。

妊娠中に胎児に影響する放射線量は100mGy

放射線は胎児に影響はないとはいえ、「どのくらいなら大丈夫なのか?」と考えることもあります。

念のためではありますが、ここでは胎児に影響が出るとされている放射線量を紹介しておきます。

妊娠していることが分からずに健康診断を受けてしまったと方は、ぜひ参考にしてみてください。

胎児に影響する放射線量

妊娠初期から中期は、赤ちゃんにとって重要な期間が形成される時期でもあるため、X線検査などがもっとも心配される時期になります。

赤ちゃんに影響を与える、放射線のしきい値(影響を受けるかどうかの境目の値)は、受精後2週間以内で100mGy、妊娠2週から7週では100mGyを超えると危険とされており、妊娠8週から15週では100mGy~200mGyを超えるといけないとされています。

放射線を表す単位で、ミリシーベルトという単位もよく耳にしますが、ここでは胎児に与える影響を考えたときにベストとされている、放射線1kgの物質に与えるエネルギーの値を示すmGy(ミリグレイ)で統一して紹介していきます。

X検査での母体被爆量
腹部正面・・・0.16mGy
胸部側面・・・0.28mGy
腹部・・・1.08mGy
胸部CT・・・15mGy
胃・・・3~5mGy
胃バリウム・・・10mGy

となっています。

危険とされている100mGyに達しない場合には、形態異常や胎児死亡など、心配はないとされています。

ここで紹介した検査の被ばく量は母体なので、赤ちゃんに与える影響はそれより小さいものとなります。

健康診断で100に達することはまずありませんので、心配する必要は特にいらないといえます。

それでも、不安が残る場合には、まずは産科の先生に相談してみましょう。

定期健診の間隔が開く時期に健康診断を活用するのもアリ!

妊娠も中期に入ってくると、定期検診の間隔が開きはじめます。

おおよそ妊娠12週目ごろから23週目ごろには4週間に一度の割合で定期健診を受けることになりますので、その間健康面で心配なことが出てくるケースもあります。

会社などの検診は、会社で費用を負担してくれますので、費用を気にすることなく健康診断を受けることができます。

そのため、このような妊娠中期に健康診断を受けることもアリといえます。

健康診断では、胎児の健康状態について詳しく診てもらうことはできませんが、お母さんの健康状態について診断してもらうことができます。

妊娠中は健康面でもトラブルが色々出る時でもありますので、この健康診断を期に検査を受けてみるのもおすすめです。

健康診断で妊娠が分かってしまうことはある?

妊娠している可能性があっても、なくても、健康診断を受けたことで妊娠が分かってしまう、明らかになってしまうのではないかと心配されている方もいます。

妊娠を確認する検査と健康診断で行う検査には、同一の項目もあるため、心配してしまう方も少なくありませんが、結論からいうと、まず妊娠が発覚してしまうことはありません

妊娠検査と健康診断で行う検査で心配となるのが、まず尿検査ですが、健康診断の尿検査で調べる項目は、妊娠の時に検査する項目とは大きく異なるからです。

健康診断では、尿でたんぱくや糖、潜血反応、ウロビリノーゲン、比重などを検査しますが、妊娠検査では、たんぱくや糖の他に妊娠を判定するhCGの陽性、陰性を調べます。

尿中に存在するhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)のことですが、このhCGは胎盤内の絨毛組織によって生産されるもので、妊娠すると血液中や尿の値が上昇します。

この検査が健康診断では行われないため、妊娠しているかどうかの判断はできません。

妊娠しているかどうかを会社に知られることもありませんので、安心して健康診断を受けることができます。

妊娠中の健康診断結果の判断は?

妊娠中健康診断を受けると、今まではA(問題なし)だったとしても、検査結果が悪く返ってくることがあります。

Ca(経過観察)とCb(生活習慣の改善が必要)という結果がある場合も少なくありません。

この悪い結果は主に血液検査で出るものですが、血液検査では非妊娠値と大きく異なるのが通常です。

妊娠時と非妊娠時の血液検査の基準値をまずは見てみることにしましょう。

赤血球(R,RBC)女性380万~480万個/μL
        妊娠時370万~450万個/μL
ヘモグロビン(Hb)女性12~16g/dl
        妊娠時 10.5~13.5g/dl
ヘマトクリット(Ht,Hct)40~70mg/dl
        妊娠時31.7~40mg/dl
白血球(W,WBC)4000~9000個/μL
        妊娠時6000~16000個/μL
血小板数(plt,PLT)15万~40万個/μL
        妊娠時17.5~30.1個/μL
MCV 84~99fl
   妊娠時83.2~95.8fl
MCH 26~32pg
   妊娠時27.3~35pg
MCHC 32~36%
   妊娠時17.5~30.1% 

この検査項目だけ見ても、妊娠中と基準値とは若干の違いが見られます。

他にも脂質代謝の検査では、総コレステロール(T-chol)の基準値が120~220mg/dlに対し、妊娠時180~280mg/dlとなり、生化学検査の総蛋白なども、非妊娠時が10~20g/dlに対し、5~12g/dlとなります。

健康診断の血液検査で大きく変化が見られるものには、数値が低下するものに赤血球やヘモグロビン、ヘマトクリット、総蛋白、血清アルブミン、尿素窒素などがあり、上昇するものには総コレステロールや中性脂肪、LDL-コレステロール、LDH-コレステロール、フィブリノーゲンなどがあります。

つまり、基準値を参考に健康検査の結果が出た場合、判定結果は基準値と大きなずれが生じてしまうため、結果判定が悪く出てしまうことがあります。

しかし、妊娠して起こる血液中の変化ですから、この悪い健康診断判定を鵜呑みにする必要はありません。

妊娠時の基準値を参考に照らし合わせれば、問題なしというケースが大半となります。

今まで健康診断の結果が良好で、通っている産院でも何も指摘されていないのであれば、問題となることはありませんので、安心しても大丈夫です。

心配になる項目がある場合は、産院の先生に尋ねてみましょう。

まとめ

まとめ

妊娠中の健康診断は、断っても、受けてもどちらでも構いません。

会社が費用を負担するケースが一般的となりますので、自分の体調を把握するために受けてみるのも一つの方法です。

ただし、会社で義務化されているからと、無理に受けなくてはならないということでもありませんので、体調が悪い、面倒と感じる場合にはもちろん断ってもOKです。

妊婦さん自身で、健康診断を受けるかどうか判断することが大切です。ほとんどの場合、健康診断では妊娠中の健康診断は免除されますので、問題はありません。

ただし、健康診断を受ける場合には注意が必要となります。

健康診断で行っている放射線検査は、胎児にとって大きな影響はないとされていますが、好ましいといえるものでもありません。

胎児へのリスクを理解し、安全を第一に考え、受けないという選択肢を取ることが大切です。

心配や不安を抱え妊娠中を過ごすことは、母体にとっても胎児にとっても悪いことです。健康診断を受けるのであれば、安心、安全な方法を考え、検査項目をセレクトして受けてみると良いでしょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊活・妊娠超初期のカテゴリー

妊活妊娠超初期妊娠初期
妊娠へ向けての体づくり不妊の原因不妊治療
アルコールカフェインストレス解消
つわり産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用保険
基礎体温排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別双子
男性の妊活葉酸葉酸サプリ
妊活妊娠超初期
妊娠初期妊娠へ向けての体づくり
不妊の原因不妊治療
アルコールカフェイン
ストレス解消つわり
産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用
保険基礎体温
排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別
双子男性の妊活
葉酸葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる