陣痛シミュレーション

妊娠中は目やにが増える?目やにのメカニズムと考えられる病気



妊娠中はホルモンバランスが急激に変化し、免疫力が低下したりと身体にさまざまな変化が起こります。

中には目やにが増えることに悩まされるママもいます。

今までなかったトラブルに心配してしまうこともたくさんあるかもしれませんが、症状と原因を知って適切に対処することが重要です。

そこで今回は、

・妊娠してから目やにが増えた!
・目やにの状態によっては病院に行くべき?
・妊娠中に目のトラブルが多いのはなぜ?

といった方に、妊娠期間中に起こる目のトラブルのうち、目やにのメカニズムと考えられる病気について詳しくご紹介します。

意外と多い妊娠中の目のトラブル!?

風邪をこじらせたり何かの病気にかかったりするとすぐに病院へ行く妊婦さんがほとんどですが、ちょっとした不調のみの場合は病院に行くべきかどうかなかなか判断しにくいものです。

目に生じるトラブルも妊婦さんを悩ませるマイナートラブルの一つ。妊娠中に眼精疲労・目の充血・目やになどに悩まされるという声をよく聞きます。

普段はあまり疲れ目ではない方なのに、いつもと違うなと感じるようなことがあれば、それは妊娠による影響かもしれません。

妊娠中に多い目やにのトラブル

目のトラブルといってもさまざまな症状がありますが、「朝起きたら目の周囲に目やにがびっしりついていてびっくりした」という妊婦さんの声をよく聞くことがあります。

妊娠期間中に起こる、目の異常の一つに、目やにが増えるという症状があります。

その量も、驚くほどの量で、目やにで目が開かない状態になっていることがもあるため、「何かの病気ではないか?」と心配になるのでしょう。

目やにって一体何?

目やにとは専門的な言葉で「眼脂(がんし)」といいます。

目やにが出るメカニズムは、一つに角膜・結膜の古い細胞や角質などを、まぶたの裏側から出る粘性の液体で包み、排出する代謝活動としての働きがあります。

もう一つは、ゴミやウイルスなどの菌が目の中に侵入し、それらを体外に排出する免疫機能としての役割です。

免疫が働いた結果として、目やにが出る場合は、ゴミやウイルスなどの異物を分解するために体内で戦ってくれた白血球の死骸も含まれます。

つまり、目やにとは目から分泌された液体や、白血球に包まれて排出された、ゴミ・ウイルス・古い細胞などの異物がまざったものなのです。

目やには病気ではない?

目やには目の異物を排出するための正常な反応であるため、病気でなくても出ます。

また、起きている間は目も活動していますので、まばたきすることによって目やにがまぶた裏から涙と一緒に鼻へと繋がる鼻涙管を通り、体外に排出されているのですが、夜寝ている間は、まばたきをしないために目やにが鼻へと流れることなく目の周囲に残ってしまいやすくなるのです。

朝起きて、目の周りに目やにがついていたとしても少量であれば、身体の自然な反応だと考えて問題ありません。

目やにの色によっては注意が必要

ただし、目やにの量や色によっては注意しなくてはいけないことがあります。

目やには身体の代謝機能・免疫機能の一環ですから、毎日出ていても基本的には問題ありません。しかし、目やにの色によって健康の状態(どんな目やにが出ているのか)が異なります。

黄緑色の目やに

ドロドロと舌粘り気のある黄緑色の目やにが大量に出る場合は、ウイルスや細菌に感染している可能性があります。

他にも充血や目の痛み、涙、光のまぶしさなどの症状が見られることも多く、できるだけ早めに病院を受診することが大切です。

透明や白色

透明や白色の目やには、通常は心配のいらない目やにですが、サラサラとした目やにが大量にダル場合は花粉やハウスダストなどによるアレルギーを起こしている可能性があります。

元々アレルギーの自覚症状がある人は症状の悪化も考えられますので、一度かかりつけ医に診てもらいましょう。

また、目やにがドロドロしている時は、ウイルスや細菌に感染している可能性があります。

色だけでなく状態もあわせて総合的に判断することが大切です。

目やにの色や状態に異常がある時はどんな病気が考えられるか?

目やにの量や色、性状が、異常な場合、具体的にはどのような病気を発症していると考えられるでしょう。

目の病気の原因として挙げられるものをご紹介します。

細菌性結膜炎

細菌性という名前の通り、細菌に感染することで起こる結膜炎です。まぶたの裏側と眼球の前方を繋いでいる薄い膜「結膜」が炎症を起こしている状態を「結膜炎」といいます。

この結膜が充血して、目の中に異物感(ゴロゴロした感じ)や痛みが表れます。黄緑色のドロドロした目やにが出ている人は細菌性結膜炎の可能性があります。

ウイルス性結膜炎

透明や白色のサラサラした目やにが出ている人は、ウイルス性結膜炎の可能性が高いです。細菌性との違いは、ウイルス性結膜炎の方が目の症状が強くあらわれるところです。

ウイルス性結膜炎になると結膜が充血するだけでなく、まぶたの腫れ、まぶた裏にブツブツができる、目のゴロつきなどの症状があらわれます

目やにが多く出るようになるのもウイルス性の特徴です。他にもリンパ節が腫れることもあり、目やにの他に、どのような症状があらわれているか確認しておきましょう。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎を引き起こしている人の目やには、色も透明や白色ですが、サラサラな状態であることが多いです。

アレルギー性なので、花粉など植物が原因の場合、動物、ほこりなどのハウスダストと、アレルゲンの原因はその人によってさまざまです。

結膜が充血する以外に目やに、目のかゆみ、まぶたの腫れなどの症状が出ます。

春季カタル(しゅんきかたる)

カタルというのは目の粘膜表面の炎症のことです。アレルギー性結膜炎が非常に悪化したものです。

症状が強く「春季カタル」という名前は、特に春から夏にかけて悪化しやすいためにつきました。

粘り気のある目やにが大量に出ている時には悪化している可能性が高く、春季カタルの場合であれば、角膜にも炎症や潰瘍が起こります。

潰瘍で角膜が傷つくだけでなく、かゆみが強いため手でかいてしまうことで角膜が傷つきやすくなり視力の低下を引き起こすことも少なくありません。

涙嚢(るいのう)炎

涙嚢炎とは、涙の通り道が何らかの原因で塞がれてしまい、涙を溜める袋である涙嚢で炎症が起こる疾患です。

目やにが多く出るのが特徴で、目頭付近の痛みや腫れに強い痛みを伴うことがあります。

妊娠中に目のトラブルが多い理由

妊娠中に目のトラブルが発生しやすい理由ですが、妊婦さんは妊娠したことによってホルモンバランスが変化し、身体の免疫力が低下します。

いつトラブルが起こってもおかしくない身体の状態にあるといえるのです。

このため、当然ながら目のトラブルも起こりやすくなります。
免疫や抵抗力が落ちているのでウイルスや細菌に感染しやすくなったり、アレルギー反応が出やすかったりするためです。

万一悪化した時には薬が飲めない分、治療ができず回復に時間がかかるかもしれません。
目のトラブルがあらわれた時には放置せず、悪化する前に医師に相談しましょう。

妊娠中の目のトラブルに目薬は使ってもいいの?

妊娠中は基本的に市販されている薬は飲まない方が良いとされています。
医師に相談の上、適切に処方された薬のみ使用方法や用量を守って服薬することが望ましいのです。

目のトラブルといえば目薬ですが、目薬を使ったとしても点眼量は日に数滴と、多くはないので、ほぼお腹の中の赤ちゃんに影響はありませんので市販薬を使用しても特に問題はありません

しかし、確実に「影響しない」とは言い切れないので、不安な方は医師から処方を受ける方が確実です。

ものもらいや花粉症などで使用するフルメトロン点眼液という目薬には、ステロイドの「フルオロメトロン」が入っていますが、妊娠中は「長期にわたり何回も使用しないこと」とされおり、禁止されているわけではないので、用量・用法を守って正しく使用しましょう。

妊娠中は使えない目薬もある

病気の症状や目の健康状態によって、使う目薬は異なります。正確には目薬に含まれる成分が症状によって違うので、今起こっているトラブルに対して適切なものを選ぶようにしなければなりません。

そしてその中で、成分チェックを行う際に、妊婦さんが気をつけなければいけないものが一つあります。

それが「プラノプロフェン」です。プラノプロフェンには、目の炎症・痛み・腫れを抑え、異物感を取り除きアレルギーの軽減や目やにの状態を正常に戻す成分が含まれています。

このように効果はお墨付きなのですが、妊婦さんへの安全性はまだ確立されていないのです。

プラノプロフェンを使用した動物実験は、出産が遅れるなどマイナスの作用が報告されていることもあり、使用には注意が必要な成分ですので、プラノプロフェンが入っている目薬は避けた方が安全です。

また、プラノプロフェンが入っていない商品であっても、市販薬を購入する時は念のため薬剤師に妊娠中の使用が可能かどうか、用法をしっかり確認してから選ぶようにしましょう。

妊娠中の目のトラブルは何科へ行けばいいの?

妊娠中の身体の不調は、基本的には産婦人科で受診します。しかし目のトラブルの場合、何科にかかればいいのか迷ってしまう妊婦さんもいるかもしれません。

直接妊娠に関わるトラブルの内容ではないため、はじめから眼科へ行って、妊娠中であることを伝えれば問題はありませんが、産婦人科でも相談にはのってくれます。

場合によっては紹介状を書いてくれる産婦人科医もいるので、どの病院に行けば良いかや、診察にあたって不安のある方は、まずはいつも診てもらっているかかりつけの産婦人科で相談してみましょう。

専門外であったとしても、相談に対してアドバイスを返してくれるはずです。

妊娠中は目やに以外の目のトラブルにも気をつけて!

今回は妊娠中の目やにについて、そのメカニズムや考えられる病気などをご紹介していきましたが、目やに以外にも疲れ目・眼精疲労、かゆみ、目の痛みなど、目のトラブルは数多くあります。

特に疲れ目や眼精疲労は、肩こりや頭痛などの症状を併発するだけでなく、全身の血行が悪くなるによって子宮への血の巡りが悪くなってしまう可能性もあります。

このように、一つのマイナートラブルが原因で大きなトラブルを引き起こす可能性があることを視野に入れ、妊娠期間中は健康に配慮し、目を酷使しないようにするなどの努力をしていきましょう。

そして「目やにが多いな」と感じた時には、他にも症状があらわれていないか確認し、妊娠中であっても放置せず治療を行うようにしていきましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠中の病気・気になる症状のカテゴリー

妊娠高血圧症つわり妊娠中の腰痛
妊娠中の胃痛・腹痛・お腹の張り妊娠中の出血妊娠中の風邪・感染症
妊娠中の足の痛み妊娠中の下痢妊娠中の便秘
妊娠中の貧血マタニティブルー妊娠線
妊娠中の服薬葉酸サプリ
妊娠高血圧症つわり
妊娠中の腰痛妊娠中の胃痛・腹痛・お腹の張り
妊娠中の出血妊娠中の風邪・感染症
妊娠中の足の痛み妊娠中の下痢
妊娠中の便秘妊娠中の貧血
マタニティブルー妊娠線
妊娠中の服薬葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる