妊娠中の引越しは大変

妊娠中の引越しは大変!?妊婦さんの引っ越しで気を付けること



新生活に向けて引越しを考える人も多いはず。

中には、新しい家族を迎えるために引越し準備を始める妊婦さんも少なくないのではないでしょうか?

しかし、ここで気を付けたいのが、妊娠中の引っ越しは、通常の引っ越しよりも身体に負担がかかることです。

また、お腹に赤ちゃんのことを考えて避けておいた方が良いこともたくさんあるのです。

そこで今回は、

・妊娠中に引っ越しの予定がある!
・妊娠中の引っ越しで気を付けることは?
・妊娠中の引っ越しで必要なことは?

といった方に、妊娠中における引越しに最適な時期、気を付けておきたいことについて詳しくご紹介します。

妊娠中の引っ越しは意外と大変!?

妊娠中の引っ越し

掃除や荷造りなどの引っ越し作業ですが、基本的にママが行うことになりがちです。

妊娠中とはいえ少し無理をすれば何とかなりそう、と思われがちですが、これが大間違い。

妊娠中の引っ越しはママが想像している以上に大変です。その理由として以下のような点を挙げることができます。

急な体調不良

引越しの荷造りがしやすい、荷物も少なくて済むなどの理由から、妊娠中に引越しを考えるママはたくさんいます。

確かに、お腹に赤ちゃんがいることを除けば、パートナーを含めた2人分の荷物をまとめるだけなので、産後よりも家族が増える前に済ましておく方が簡単に済みそうです。

しかし、実際のところ妊娠中はママが思っている以上に身体が動きません。例えば、急な体調不良に陥りやすいのもその1つ。

特に、妊娠初期といったつわりなどの症状が酷い時期は、自分の身体ながら勝手が利きません

引っ越しをしている正にその時に体調不良で身動きが取れなくなってしまうことも珍しくないのです。

出産病院の探し直し

また、近場なら良いのですが遠距離での引越しを考えている場合、出産先の病院を一から探し直すというデメリットも考えられます。

すぐに見つかりそうな気もしますが、病院によって受け入れに条件があったりと、探すのは簡単ではなく、慣れない土地となればもっと困難になります。

また、重いお腹を抱えて病院を改めて探すのは結構大変です。

最近は、産科医の不足が社会問題となっており、病院はあっても出産はできないという場所もあるほど珍しくない話なので、急な体調不良を含めて、その点にはよく注意する必要があります。

妊娠中の引っ越しで気を付けたいこと

また、妊娠中に引越しを行う場合、ママの身体に負担がかかるのはもちろんのこと、普段なら当たり前に行える動作ができないこともあります。

お腹にいる赤ちゃんへの影響が考えられるからです。そんな赤ちゃんへの影響から、妊娠中に避けた方が良いとされていることは以下の通り。

家族や周囲の人が気にかけるだけでなく、ママ自身も気を付けるようにして下さい。

重い物を持たない

引越し作業の際に、避けて通れないのが荷物の詰め込み作業です。

家具はともかく、洋服や食器、本など細々とした物は自分達で行うことが多いのではないでしょうか。

こうした作業、詰め込むのはまだ良いのですが、問題は荷物を段ボールへ入れた後。

1つ1つは小さく軽いものでも、まとめてみると重くなってしまうのがほとんどです。

また、これらを邪魔にならないよう重ねたり、家の隅へ運んだりする際に、妊娠中の場合、この作業をすることでお腹が張るといったリスクが高くなることがわかっています。

これは重い物を持つことでお腹が力んでしまうことが原因に挙げられるのですが、酷い場合には出血してしまう恐れもありますので注意が必要です。

長時間の作業

先に触れたように、急に体調不良に陥る心配があることを考えると、身体が元気なうちに作業をしてしまおうと思うママも少なくありません。

また、引っ越し作業がはかどってくると、つい休みなしで作業に没頭してしまう人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、妊娠中の引っ越し作業の場合には、集中的に作業を行うのも気を付けておきたいことの1つ。

特に、立ったまま長時間作業を行うのは貧血を起こす危険性が高いといわれています。

また、休憩なしで身体を酷使し続けると体調悪化にも繋がりますので、調子が良い時でも小休憩を間に挟みながら行うようにしたいところです。

高い場所に手を伸ばさない

引越し作業をしていると、使わずに眠ったままの荷物が見つかることがあります。そういった物は普段使用しない分、高い場所へ置いていることが多いです。

そうした物は、何をしまったのか覚えていないのも珍しくありませんから、確認がてらその場所から出そうとするのですが、妊娠中のママの場合、そういった荷物を見つけた場合には無理に自分で取ろうとはしないことが大切です。

お腹が目立ち始める時期はもちろん、妊娠中はお腹に赤ちゃんがいることから、身体の重心が安定せず、転倒してしまう心配があるからです。

最悪の場合、その転倒から赤ちゃんへ悪影響が出てしまう恐れもありますので、背伸びをすれば届く距離でも控えるようにして下さい。

引っ越しに最適な時期ってある?

引っ越しに最適な時期

妊娠中の引っ越しは、上記のような点に気を付ける必要がありますが、もし妊娠中に引越しを行う場合には妊娠中期が最適です。

ちょうどこの時期は、つわりなどの症状も落ち着き、ママの体調も安定しているからです。

特に妊娠5~6ヶ月頃はお腹もまだあまり大きくなく、ママとしても身体を動かしやすいというのもポイントです。

妊娠初期や後期でもできないというわけではありませんが、妊娠初期の場合はつわりや腰痛など、妊娠初期症状といった心身に負担がもっともかかりやすい時期で、逆に妊娠後期は出産目前。

お腹の大きさもピークの時期でいつ生まれるかわからないことを考えると、引っ越し時期としてはどちらも避けた方が良いようです。

ただし、最適な時期には人によって個人差があります。

妊娠中期に体調が安定している人がほとんどのようですが、ママの中には妊娠初期、後期でも体調が安定しているという人も珍しくありません。

ここで挙げた時期は目安くらいに考えて、自分の体調に合ったベストな時期を選んで引越しを進めるようにして下さい。

引っ越しするなら事前の準備もポイント!

また、妊娠中に引越しをする際には、事前の下準備も大切なポイントです。

これらの準備をするかしないかで引越し作業もだいぶ変わってきますので、余裕を持って始められるところから手をつけていきたいところ。

引っ越し前にできる下準備に関しては次の通り。引越し前にできる準備にはどのようなものがあるのでしょうか。

パートナーとの話し合い

普段の引っ越しとは違うことを前提に、パートナーと引越しについてよく話し合うことが大切です。

病院が近い方が良い、交通が便利、子供を育てやすいなど、引越し先の条件を相談するのはもちろん、ママの体調に合わせて内覧や引越しの時期を話し合うのも大切になります。

特に、引っ越し先の条件は事前に夫婦で話し合っておくと、条件が絞られて、内覧をする際のママへの負担が減るのでお互い時間を合わせて、よく話し合うようにしましょう。

新しい病院への転院手続き

妊娠中に引越しをすると、出産先の病院を改めて探し直さなくてはならないというデメリットがあります。

そのため、妊娠中に引越しをすることが決まった場合には、遅くとも新居が決まった時点で転院先を探しておくことも大切です。

転院先が決まった場合には、転院先の病院、そして現時点で通っている病院に転院の手続きを聞いておくようにしましょう。

また、新居が決まっていなくても、引っ越すエリアが確定しているようであれば、産婦人科のある病院の情報収集をしておくだけでもだいぶ違ってきます。

いらない物の処分

新居へ引っ越すのを機に、いるものいらないものを分けて処分するのも引っ越しをスムーズに行うための準備の1つです。

妊娠中の引っ越しで気を付けたいことでも触れたように、お腹に赤ちゃんがいる時に重い荷物を持ったりするのは、お腹が張ってしまうなどの原因になるため控えたいところです。

断捨離をしたからといって、荷物が一気になくなるわけではありませんが、荷造り・荷解きをする際の負担を軽減することに繋がります。

改めているものいらないものを分けて、身の回りを整理してみましょう。

妊婦健康診査受診票の確認

妊娠中はママや赤ちゃんの身体のことを考えて、さまざまな検査が行われます。その時、検査費用を一部女性してくれるお助けアイテムが、妊婦健康診査受診票です。

この受診票は、お住まいの市町村が助成してくれるもののため、引っ越しをする前には、この受診票が引っ越し先でも有効なのかどうか確認することも大切になります。

もし遠方へ引越しをされる場合は、現在使用されている受診票が使用できないことがほとんどなので、その場合には転居先の市町村で受診標を再発行してもらえるかどうかも確認するようにしましょう。

パートナーに協力してもらおう

事前準備をしておくことも大切ですが、妊娠中の引っ越しにはパートナーの協力も必要不可欠です。

仕事をしているパートナーのことを考えると頼めないというママもいるかもしれませんが、妊娠中の引っ越しは通常と異なり、ママ1人ですべて行うのは無理があります。

急な体調不良から、まったく作業が進まないこともあり得ないことではありませんので、引っ越しの準備をする際にはパートナーにも協力してもらうようにしましょう。

また、パートナーが難しい場合には、家族に荷造りを協力してもらうのもアリです。

優先すべきはママとお腹の赤ちゃんの健康ですから、たくさん周囲の人に甘えて下さい。

引越し業者に任せるのもアリ

パートナーや家族に協力してもらうのが難しい場合には、思い切って引越し業者さんに頼むのも1つの方法です。

その分、お金はかかってきますが、選ぶコースによって荷造りだけでなく荷解きまですべて行ってくれるので、妊娠中のママでも楽に引越しを済ませることができます

こうしたサービスは最近珍しいものではなく、頼む引越し業者さんによって同じサービスでも少しずつ内容や代金が異なるので、色々調べてみましょう。

手続きも小まめに行おう

また、引っ越し作業を行う際には荷造りだけでなく、住所変更などさまざまな手続きも行う必要があります

最近は、電話だけでなくインターネット手続きといった簡単便利に行える時代ではありますが、数が意外とあるので小まめにしておかないと、後々面倒臭いことになりますので注意が必要です。

次に引っ越し前、引っ越し後にしなくてはいけない手続きについてまとめてみましたので確認してみましょう。

覚えきれない場合には、メモやスケジュールを立てておくとストレスなく、スムーズに進められますので試してみて下さい。

引っ越し前にできること

引っ越し前にできること

それでは、引っ越しする際に必要になる手続きについてご紹介します。引っ越し前にすませておくとスムーズです。

電気、ガス、水道などの手続き

生活に関わることなので、引越しをする前に必ずしておきたい手続きの1つです。

それぞれ各社に連絡して、現在お住まいの家の電気、ガス、水道の使用停止手続きと、新居での使用開始手続きを行う必要があります。

この際、それぞれの検針票を用意しておくと手続きをスムーズに行うことができます。また、電気に関してはインターネットでも手続きができますのでホームページを確認してみて下さい。

転居届

新居へ郵便物が届くようにするために必要な手続きで、この手続きを行うことで旧住所に発送された郵便物でも転居先へ届くようになります。

新住所さえ把握できていれば窓口で簡単に手続きをすることが可能ですが、自宅から出るのが難しい場合にはインターネットで手続きをすることもできます。

また、転居届を自宅で記入してポスト投函することも可能なので、自分に合った方法で手続きを進めましょう。

ただし、転居届は登録までに早くて3~4日、最低でも1週間かかりますのでその点だけ注意が必要です。

その他

この他、引っ越し前にしておきたい手続きとして、NHK、インターネットプロバイダの変更、金融機関の住所変更、遠方に引っ越す場合の転出届などを挙げることができます。

NHKや金融機関の住所変更に関しては、引っ越し後でもできる手続きではありますが、この他にも、人によって必要になる手続きはまだまだ沢山あります。

手続きは溜め込むだけでもストレスになりますので、時間に余裕があるうちにできることから少しずつ行うようにしましょう。

引っ越し後の手続き

引越し後にしておきたい手続きには、マイナンバーや免許証の住所変更などが挙げられます。

これらは、日常生活でとても大切になってくるものなので、優先的に手続きをしておきましょう。

この他、転出届と同様、遠方から引っ越してきた場合には転入届も必要になりますので注意して下さい。

まとめ

身体が上手く動かなかったり、引っ越し中にやってはいけないこと、さまざまな手続きなど、引越しは想像している以上に結構大変なものです。

だからといって、面倒臭いとイライラしてしまっては心身に良くありません。

一生に何回あるかわからないことですから、1つの大きなイベントだと思って楽しんでいきましょう。新生活が素敵なものでありますように。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる