妊娠中の寝汗が酷いのはどうして

妊娠中の寝汗が酷いのはどうして?妊婦さんの寝汗の原因と対策



妊娠すると、妊娠前には考えられなかった症状がたくさん起こります。その中には、すぐに妊娠と結び付けられない症状もあるほど。

寝汗もその1つです。この症状の特徴は、普段あまり汗をかかない人でも寝汗をかいてしまうところで、夏の寝苦しい季節と関係なく起こるのもポイントに挙げられます。

そこで今回は、

・妊娠すると寝汗をかくようになった!
・どうして妊婦さんは寝汗をかくの?
・妊娠中の寝汗対策とは?

といった方に、妊娠中に起こる寝汗の原因や対策について詳しくご紹介します。

妊娠中の寝汗の原因って何?

妊娠中の寝汗の原因

妊娠中の寝汗は、特に妊娠初期、妊娠後期に起こりやすい症状の1つに挙げられています。

主な症状としては、妊娠前に比べ寝汗をかきやすくなったり、とにかくその汗の量がすごいこと。

個人差はありますが、この他にも顔が火照ったり、体温が普段より高く感じる人もいます。

普段はあまり汗をかかない人でも起こってしまうこの症状。どんな原因が考えられるのか見ていきましょう。

体温保持、新陳代謝が良くなる

妊娠前に比べると、妊婦さんは新陳代謝が良くなる傾向にあります。

妊娠初期と同様、寝汗をかきやすいといわれる妊娠後期は、特にその傾向が強くなります。その原因に挙げられるのが、体温の上昇。

妊娠中は、女性ホルモンの関係で体温が普段よりも高くなります。

また、妊娠後期はそれに加えて、赤ちゃんを守るために脂肪を身体につけるようになるので、体温が余計に下がりにくくなります。

その上がってしまった体温を冷やそうと汗をかくわけですが、妊娠後期の場合、その脂肪を燃やそうと新陳代謝も良くなるので、さらに寝汗をかきやすくなるといわれています。

ストレス

心身の天敵ともいえるストレスも、寝汗の原因に関わっている場合があります。

妊娠中は、身体の変化やそれに伴う妊娠初期症状により、本人が思っている以上に、身体的にも精神的にもママに負担がかかりがちです。

また、妊娠すると喜びだけではなく、少なからず将来に不安も感じてしまうもの。

こうしたストレスが上手く解消できずに溜まってしまうと、自律神経を乱してしまい、身体にさまざまな悪影響が起こります。

寝汗もその1つで、自律神経が乱れてしまうことで体温調節が利かなくなり、あの悩ましい寝汗になってしまううのです。

基礎体温の上昇

特に妊娠初期にいえることですが、この時期は基礎体温が高温期、つまり体温が普段よりも高い状態にあります。

これは、女性ホルモンの1つプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されるのが関係していて、個人差はあるものの、ほとんどの人が36.5~37.0℃が当たり前になってきます。

顔が火照ったり、ポカポカした感じがするのもこれが原因です。

元々、体温が低い人にしてみると微熱が出ている位の体温になりますから、身体は体温をなんとかして冷やそうとたくさん汗をかくようになります。

これが、寝汗に繋がってくるわけです。

乳腺の発達

妊娠初期は、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増加する傾向にあります。

プロゲステロンの主な役割は、妊娠を維持することにあるわけですが、これにより身体にはさまざまな変化があらわれます。

乳腺の発達もその中の1つです。実は、妊娠初期の寝汗はこの乳腺のある胸のあたりにかくことが多いです。

理由としては、乳腺が発達することで血行が良くなるから。血液の流れが良くなると、その分、多くの血液が流れるわけですから、熱も感じやすくなります。

そのため、寝汗もかきやすくなるのです。

もしかして着過ぎてる?

冷えに悩む人の中には、寝る時に靴下を履いて寝たりする人もいるはず。また、寒い冬の日はつい重ね着をしたり、お腹を冷やさないように腹巻を巻いたりしてしまいます。

実は、この重ね着も寝汗の原因になっている場合があります。

体温が妊娠前より上がっているため、普段なら温かいくらいの重ね着でも、妊娠中は寝汗をかいてしまう位のレベルになっている場合があります。

また、靴下をそのまま履いて寝たりすると、足から熱が逃げず、汗が溜まってしまう原因に。

妊婦さんの寝汗による影響

通常でも、人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくといわれているので、中には放置してしまっている人もいるはず。

しかし、妊娠中に寝汗を放置してしまうのは身体にあまり良くありません。

寝汗を放置してしまった場合、どのような影響が考えられるのでしょうか。寝汗で考えられる影響は以下の通りになります。

身体の冷え

そもそも汗は、高くなった体温を下げるために出ているものなので、放っておけば、どれだけ温かくしても身体が冷えてしまいます。

冷えは風邪を引く原因になるのはもちろんのこと、血行が悪くなる原因になったり、妊娠初期の場合は、つわりの悪化に繋がってしまうこともあります。

また、つわりの他、妊娠中の冷えはお腹の張り、足のむくみなどの症状の原因にもなります。

水分不足

汗をかくということは、身体から水分が出ていってしまっていることでもあります。

つまり、そのままにしておくと、水分不足に陥ってしまう可能性が高くなるわけです。

さらに、身体の中から水分が不足してしまうと、血液がドロドロになってしまう恐れも高まります。

特に、妊娠中は赤ちゃんに栄養を送ったり、羊水を作る関係で水分は必要不可欠なものなので、お腹の赤ちゃんのためにも気を付けるようにしたいところです。

肌トラブル

汗に直接的な原因はないのですが、寝汗をそのまま放置すると、その汗は衣服やお布団に染み込んでいきます。

そうして染み込んだ汗は、雑菌が繁殖しやすい場所になりますので、肌荒れや湿疹など肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

また、妊娠中は大量に寝汗をかいてしまうので、それにより汗の出る管が詰まりやすく、汗疹ができてしまう場合も少なくありません。

妊娠中は肌も敏感になりがちなので、特に注意するようにしましょう。

寝汗をかくことによる赤ちゃんへの影響は?

赤ちゃんへの影響

普段ではあり得ない症状が出ることで心配になってくるのが、流産など赤ちゃんへの影響ですが、実際のところは寝汗による赤ちゃんへの悪影響はありません

ただし、寝汗をそのまま放置してしまうのは、水分不足や身体の冷えに繋がり、これが赤ちゃんに影響することは充分に考えられます。

お腹の中の赤ちゃんが健やかに育つには、ママも元気でいることが一番。赤ちゃんに直接は関係ないにしても、対策は取るようにして下さい。

寝汗はいつまで続くの?

症状が続くと、「このまま治らないのでは」と不安になってしまいますが、妊娠初期の寝汗であれば妊娠中期に落ち着く場合が大半で、もし妊娠後期にまた寝汗の症状が出てしまっても、出産後には落ち着くのがほとんどです

そのため、あまり神経質にならないで自分に合った対策で付き合っていくことが大切になります。

むしろ、悩み過ぎるとストレスになってしまい、その方が身体に悪影響になってしまいますので気を付けるようにしましょう。

妊婦さんの寝汗対策あれこれ

妊婦さんの寝汗対策

寝汗の原因、影響がわかったところで、次に対策について確認しましょう。

妊娠中の寝汗に有効的な対策は次の通りです。ただし、対策による効果は人によってさまざまです。

そのため、色々な対策を試しながら自分に合った対策を見つけることが大切です。

どの対策も、あくまで寝汗による影響の軽減が目的ですから、自分が続けやすいと思う対策を選んでみて下さい。

小まめに汗を拭く

もttもも簡単な対策として挙げられるのが、小まめに汗を拭く方法です。

地道に行う必要がありますが、これにより身体を冷やす心配が少なくなるだけでなく、肌トラブルを予防できるのもポイントです。

朝起きた時に、シャワーをさっと浴びるのも1つの方法です。

就寝中、タオルでいちいち拭くのが面倒くさい場合には、汗ふきシートなどのグッズを活用すると、手間もかからず簡単に済ませることができます。

吸水性の良い寝具を選ぶ

寝汗をそのまま放置してしまうと、身体の冷えや、雑菌の温床になってしまう恐れがあります。

また、寝汗を吸ったパジャマというのは気持ち悪く、寝直す気持ちになれないときもあります。

だからといって小まめに拭き取るのも面倒くさい、という時の対策として最適なのが、パジャマなど身に付けるものは吸水性の高いものを選ぶという方法です。

こうした素材のものを選んでおくと、就寝中、寝汗を大量にかいてしまっても衣服がべたべたしないというメリットがあります。

これらの衣服を準備するのが難しい場合には、枕元に替えの着替えを準備しておくと、起きた時にすぐに着替えられるので安心です。

バスタオルを敷く

寝汗の気持ち悪さを軽減する方法として、布団や枕の上にバスタオルを敷くという対策もあります。

シーツやカバーをかけた布団や枕に、もう一枚タオルを敷いておくと、そのタオルが汗を吸い取ってくれるため、夜中、目が覚めた時はそのタオルを外して寝直すことができます。

さらに、吸水性の良いシーツと合わせておくと、朝も快適に目覚めることができます。

また、パジャマと同様、タオルにも吸水性の良い素材が使用されたものもありますので、是非、探してみて下さい。

割り切ることも大切

対策を確認してみると、寝汗を予防する方法は?と思う人もいるはず。

残念ながら、寝汗は女性ホルモンの関係や、脂肪による体温保持など生理的な部分が大きいので、汗を止める方法は残念ながらありません

そのため、上記のような対策を実行しつつ、「妊娠中はこんなもの」と割り切ってしまう心持ちも大切になります。

あまり寝汗を気にし過ぎてしまうと、ストレスのもと。そのストレスは、寝汗に繋がるだけでなく、心身の不調に関わってきますので、あまり神経質にならないようにして下さい。

他の病気によって寝汗をかいている可能性も

ここまで、妊娠中特有の症状を前提としてきましたが、その寝汗が他の病気のサインである可能性もあります。

特に、通常の寝汗に見られる汗を大量にかく、身体がポカポカするといった以外の症状が見られるようであれば注意が必要です。

参考までに挙げておくと、寝汗に近い症状が出る他の病気については以下の通り。これらの症状に心当たりがある場合には、かかりつけの医師にすぐに相談するようにしましょう。

肝機能障害

寝汗をかく他、身体がだるいなど倦怠感を感じるようであれば、肝機能障害を疑っても良いかもしれません。

この病気の場合、肝臓という自覚症状が出にくい臓器の障害になるため、早め早めの対応が大切になります。

自覚症状が出る頃には症状が進行していることも多い部分ですから、少しでも不安な点が見られるようであれば、我慢せず、すぐに医師に相談するようにして下さい。

バセドウ病

甲状腺ホルモンが必要以上に分泌されてしまうバセドウ病も、考えられる病気の1つです。

この病気は、体内の代謝が活発になるのが特徴で、寝汗をかきやすくなるのはもちろんのこと、日中にも大量の汗をかくようになります

この他にも、身体が疲れやすい、排便の量・回数が増加するなどの症状も見られるので、こういった症状も伴う場合には疑ってみましょう。

結核

結核というと、重い咳の症状や吐血といったイメージを抱く人が多いはず。実は、結核にも寝汗のような症状が出ることがあります。

結核の疑いがある場合には寝汗の他に、微熱や咳、痰がでるなど風邪に近い症状が出るのも特徴です。

昔に比べて聞くことが少なくなった病気ですが、現在でもかかる人は少なくありません。

特に、妊娠中は免疫力も低下している時期ですから、思い当たる症状があるようであれば、酷くなる前に病院へ相談するようにしましょう。

水分補給も忘れずに!

水分補給も忘れずに

寝汗が酷いということは、身体から水分が大量に排出されているということでもあります。

そのまま放っておくと脱水症状のリスクも高まりますので、寝汗の対策を取るのと並行して、水分補給も忘れないようにしましょう。

水分を摂った分だけ汗に繋がりそうで抵抗を覚える人もいるかもしれませんが、水分補給は赤ちゃんにも関わってくるものなので、目安として寝る前にグラス1杯分のお水は補給することが大切です。

寝汗を止めることはできませんが、自分に合った対策で妊娠中の寝汗を上手く乗り切って下さいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる