妊娠したら今の仕事は

妊娠したら今の仕事は休職?退職?保育園に入れたいならどっち?



近年では子育てしながら、両親ともに仕事に出ている家庭も増えています。しかし、そんな中、問題になっているのが待機児童問題です。

子育てしながら働くことは簡単なことはありませんが、それ以上に子供を預けることができなくては働くことさえできません。

入りたくてもなかなか入ることができない保育園ですので、妊娠して退職や休職を決める前に、ぜひ考えておきたいものです。

そこで今回は、

・出産してから子供を保育園に入れたい!
・妊娠中に休職すべきか退職すべきか迷っている!

といった方に、保育園の入所事情と、妊娠中の仕事の選択肢について詳しくご紹介します。

育児に携わりたいけど仕事もしたい

仕事もしたい

妊娠すると考えるのが、今の仕事についてです。

子育てに時間を割きたいと思ってはいても、生活や仕事のことを考えると色々悩んでしまいます。

特に、保育園に子供を入れることは容易なことではありません。

いったん仕事を辞め、子育てに専念しようと思ってはいても、そうなると保育園に預けることができなくなってしまうため、保育園に入れるために再就職をする必要が出てきます。

仕事を辞めるべきか、休業するべきか、難しい選択を迫られることになります。

保育園に子供を預け、将来仕事をしたいと思うのであれば、やはり妊娠した時点で将来について考えて行動することが大切です。

ここからは保育園入所と仕事再開について考えていくことにしましょう。

保育園の入所条件とは?

保育園への入所は、各自治体ごとに少しずつ状況が違っています。

待機児童数などによっても、条件に課せられる度合いが異なることもあり、まずは自分の住んでいる自治体の、保育園入所事情を把握することが大切です。

ほとんどの自治体の場合、認可保育園の入所は点数で管理されています。

点数が多いほど、優先的に入所が可能となっており、その点数は家族構成、家庭環境、仕事事情などで細かく定められています。

兄弟の有無や病気の有無などでも点数は加算されることがありますので、自分の大まかな点数事情も把握しておきましょう。

例えば父子家庭の場合、保育するべき人がいないということになりますので、点数も高く入所も優先されることになります。

反対に保育することのできる人が一人でもいる場合は、入所することさえできません。入所のために必要となる第一条件は、保育者がいないことになります。

保育園に欠員があるか

また、通いたいと思っている保育園に欠員があるかないかでも、入所できるかどうかは変わってきます。

年齢などによっても欠員が出やすい、出にくいなどがありますが、どんなにポイントが高くても入りたい保育園に欠員が出ない限り、保育園に通うことはできませんので、覚えておきましょう。

自分は夫婦で二人ともフルタイムで働いているので、入園できると思っているなら間違いです。

その保育園に待機児童が多くいる場合、どんなにポイントが高くても保育園に通うことすらできないまま、小学校に上がるしかないというケースも多くありますので、注意が必要です。

退職と休職どちらが保育園入所に有利なの?

どちらが保育園入所に有利

そこで考えるのが、妊娠中に退職するのか、休職するのか、どちらが保育園入所に有利かということです。

どちらを選んだ方が良いのでしょうか?自分の働きたい時期などを踏まえて考えてみてください。

休職を選ぶ場合

休職を選ぶ場合、休職期間が終了すれば働く必要が出てきますので、退職して再度就職をする方よりも、保育園入所が有利になります。

ですが、保育園に欠員がない場合を考えた時、これが良い選択とはいえなくなります。

仮に仕事が始まるときになっても欠員がない場合、認可のない費用の高い保育園に入れて、働かなくてはなりませんし、一時預かりなどを利用して仕事を続ける必要が出てきます。

認可のない保育園の費用を、余裕をもって払える方はそういるわけではありません。

致し方なく認可のない幼稚園に通わせているお母さんの中には、給料のほとんどを保育園に支払っている方もいて、何のために働いているのか分からないという声もあります。

また、一時預かりなどで子供を預ける場合も同様です。一時預かりは、保育園の定員割れの施設や、民間の施設などがありますが、基本的に4時間程度で2000円ほど請求されることが多く、状況によっては預かってもらえないことがあります。

仕事をしながら子供を預けるには決して良い環境とはいえません。

子供も預ける場所などが変わることもあり、せっかくできた友達と離れ離れになったり、慣れた環境から別の環境に変えられる可能性も大きくなります。

退職を選択した場合

それでは、退職した場合についてはどうでしょうか。前述で、保育園の入所が不利になるといいましたが、何もデメリットばかりではありません。

もちろんすぐに働きたい場合には、再就職が条件となりますので、職を見つけることから始めなくてはなりません。

保育園に入るまで時間がかかることになり、不利といえます。しかし、保育園も3歳頃であれば比較的入所もスムーズにいくことがあります。

保育園に通っていた園児が、幼稚園に切り替わるため、欠員が出るケースが多くなっているからです。

そうした時期に合わせれば、入所できる可能性も増えることになります。

また、3歳になれば幼稚園の3歳児クラスに入れたり、幼稚園に通わせ、幼稚園で夕方まで預かってもらえる制度を利用して働くなど、選択肢が増えることになりますので、これは大きなメリットといえます。

妊娠して休職するか、退職するか、どちらを決めても、メリット、デメリットが生じます。経済的な事情などもありますが、すぐに働く必要がある方にとっては休業が、3歳ぐらいまで子育てに専念したい方にとっては、退職が良いといえるかもしれません。

妊娠中、休職と退職で迷ったなら、休職がベスト

休職も退職も、それぞれメリットとデメリットがあります。子育てに専念したいけれど、やはり将来的に仕事をすることになると思うと、簡単に答えを出すことなどできません。

散々悩んだにもかかわらず、答えが見つからないお母さんも少なくありません。そのような場合は、どちらを選択するのがベストなのでしょうか。

迷ったにもかかわらず答えが出せないのであれば、とりあえず休職を選択しておくことが一番といえます。

退職はいつでも決断できますが、一度退職してしまうと、休職にしておけばよかったと後悔しても取り返しはつきません。

保育園入所のために必要となる再就職ですが、子供がいると簡単なことではありません。

病気になった時どうするのか、残業は対応できるのかなど、色々な問題点があるため、就職する場合でも不利になるケースが多くなります。

また、妊娠する前のような働き先を選べない方も多いのです。

就職を考える時、自分の仕事内容や給与を条件に見つける方がほとんどですが、妊娠前と違って妥協する必要が出てしまう方も多いのです。

休職であれば、あなたの仕事ぶりや人柄など事情をよく知っている方がたくさんいますので、子供ができたとしてもあまり影響が出ることは考えにくいですが、初めて雇う会社にとっては子供がいるだけで、戦力にならない人材と判断されてしまうケースもあります。

子供が生まれる妊娠期間にゆっくり考えることもできますので、迷っているのであれば休職を選択しましょう。

休職は手当をもらえる!

産休中は、産前に6週間、産後に8週間、基本的に休むことができますが、ほとんどの会社では給与が支払われることがありません。

その代わり、勤務先の健康保険に加入している場合、出産手当を受け取ることができます。

出産手当は給与によって変動しますが日給(月収を30で割った金額)×3/2×産休日数の金額です。

また、育休も産休後から子供が1歳になるまで基本的に休みをもらうことができますが、雇用保険から育児休業給付金が支給されます。

月給の約67%を受け取ることができますので、これを受け取らないのはもったいないです。妊娠し、産休、育休を経てから、本当に退職すべきか考えても遅くはありません。

また、保育園に入ることができなかった場合、認可のない保育園に入れることもありますが、この期間の手当をなかったものと考えれば、認可のない保育園に支払う高額な保育料も、すんなり支払うことができます。

妊娠し、出産すると子育てのためにお金もたくさん必要になります。子供との時間を考え、退職を考えるのも良いかもしれませんが、休職に止めておくこともメリットといえます。

2人目の妊娠の場合はどうする?

2人目の妊娠が分かった場合は、前述と大きく事情が変わってきます。

上の子がすでに保育園に通っていて、その子をそのまま保育園に通わせたいと考えているのであれば、退職は考え直した方が良いといえます。

退職すると一般的に上の子の保育園も退職後3か月しか通うことができなくなります

「退職したことを秘密にしておけば大丈夫なのでは?」と考えるお母さんもいますが、それはいずれ分かってしまいますので、嘘はお勧めできません。

そうなると下の子はおろか、上の子さえ保育園に通うことができなくなります。仕事を辞めたいと考えてはいても、上の子の保育園通園を考えた上で決断することが大切です。

上の子が幼稚園に通う時期に当たるようであれば、退職もアリといえます。そうでない場合はよく考えてから、休職する選択肢を考えてみましょう。

子供をこども園に入れる親も増えている

保育園だけでなく、今ではこども園という施設が各地に設置され始めています。

このこども園は、保育園と幼稚園の保育機能を持ち合わせ、さらに地域の子育て支援機能を担う、子育て支援施設です。

教育を希望する子供、保育を希望する子供と、どの認定の子供も入園することができ、短期パートなどで働く場合などは、一時保育を受けることもできます

いずれ2人目ができたら仕事をやめると考えているお母さんや、仕事を続けるかどうかまだ明確に決まっていないといったお母さんに、大変支持されています。

子供にとっても精神的に負担が少なく、はじめからこども園を選んで入園させてあげるという選択肢を考えておくことも、子供のためには良いことといえます。

こども園は各自治体によって設置の状況や数なども違っていますので、妊娠を期に近くのこども園についても調べてみましょう。

保育園入所だけでなく、子育てへの考え方も大切に

仕事をやめる選択も、休職して続ける選択も、簡単に決められることではありません。

仕事をやめたからといって、また続けたからといって保育園入所がどうなるかは誰にも分かることではありませんので、簡単に答えは出せません。

保育園入所について下調べをし、リサーチしておくことは大切ですが、どうしたらいいかを答えを決める時には、じっくりと自分達の中で子育てのイメージを固めることが大切です。

自分はどう子供と向き合っていこうかと考えるのが、一番重要なのです。子供が3歳になるまで、自分だけで育てたいと思うのであれば、退職を選んでみても良いでしょう。

子供はあっという間に大きくなってしまいます。その時間を大切に考えるのも非常に良い選択です。

また逆に、子育てと仕事の両立が理想と思うのであれば、休職という答えが出るでしょう。

今では、子育てと仕事をこなし、充実した人生を送っている方も多く、保育園などの問題を抱えていても子供がいることで、両立が頑張れるママさんも増えています。

とにかく最終的には、夫婦の意志で決めることになります。反対意見を聞いたりすると、その意見に流されてしまうこともありますが、後悔してしまうことのない選択をしておきたいものです。

自分達にとっても、子供にとっても一番と思える選択をしてください。

まとめ

まとめ

妊娠したことで、仕事をどうしようかと考えているお母さんはたくさんいます。

できれば保育園に入園しやすいようにしておきたいのが母心ではありますが、点数のことを考えたり、入園しやすい保育園を選んだとしても、うまく保育園に入ることができるとは限りません。

ですが、一番は選択肢を広げておくことです。保育園に入れなかった場合、どこに通うことができるかなど、色々な選択肢を用意しておくことが大切です。

後悔しないよう、夫婦一緒に話し合いながら、できるだけ多くの選択肢を考えてみてくださいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

育児・子育てのカテゴリー

新生児(生後0ヶ月)生後1・2・3・4ヶ月生後5・6・7・8か月
生後9・10・11・12か月赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんとの家での過ごし方
赤ちゃんとのお出かけ赤ちゃんの成長・発達寝かしつけ・夜泣き
離乳食・赤ちゃんの食事育児に便利なサービス・アプリ二人目育児
しつけ・コミュニケーション1歳児2歳児
3歳児しつけ・心の成長幼児の家での過ごし方
幼児の成長・発達幼児の睡眠幼児の食事・食育
幼児検診・予防接種幼児の遊び育児中の仕事
ママ友保険
新生児(生後0ヶ月)生後1・2・3・4ヶ月
生後5・6・7・8か月生後9・10・11・12か月
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんとの家での過ごし方
赤ちゃんとのお出かけ赤ちゃんの成長・発達
寝かしつけ・夜泣き離乳食・赤ちゃんの食事
育児に便利なサービス・アプリ二人目育児
しつけ・コミュニケーション1歳児
2歳児3歳児
しつけ・心の成長幼児の家での過ごし方
幼児の成長・発達幼児の睡眠
幼児の食事・食育幼児検診・予防接種
幼児の遊び育児中の仕事
ママ友保険
目次
をみる
関連記事
をみる