旦那さんを立派なパパに

旦那さんを立派なパパに!妊娠中のママが気をつけることは?



妊娠は、ママにとってもパパにとっても、喜ばしいことではありますが、妊娠が初めての場合、ママにとってもパパにとっても分からないことだらけです。

「体調がどう変化していくのか?」「母子手帳はいつどこに、どうして取りに行けばいいの?」「検診では何をするの?」「元気な赤ちゃんが生まれてくれるだろうか?」「出産や赤ちゃんを迎える準備は?」など色々な初めてが多く、つい不安になってしまうことも。

ですが、女性にとって妊娠期間は、ママになるための準備期間です。自分のお腹で育つ赤ちゃんと一緒に、ママへ成長していくことができます。

そんな中、思ったように成長できないのが男性です。

お腹に命を宿しているわけでもなく、赤ちゃんの成長をまじまじと感じる体調の変化などもないわけですから、致し方ないことですが、そんなテンポのずれが原因となって、イライラや物足りなさを感じてしまうママも多くいます。

そこで今回は、

・パパに妊娠について理解して欲しい!
・立派なパパになってもらうために必要なことは?
・パパに子どもが成長していることを実感してもらうには?

といった方に、旦那さんと妊娠生活を共有してもらうには、どんな点に重点を置いて、パパとの妊娠生活を過ごしていけばいいのか、妊娠中ママが気を付けること、パパに協力を仰ぐべきことについて詳しくご紹介します。

ママとパパでは妊娠に対しての考え方が違う

ママとパパでは妊娠に対しての考え方が違う

妊娠して、その生活や出産、子育てについて色々知識を付けたいと思うのは女性がほとんどです。

男性の場合、妊娠したからといって自分の身に直接何か起こるわけではないため、妊娠や子育てに強い関心を抱く方は少ないかもしれません。

しかし、そんな男女の妊娠、出産、子供への意識レベルの違いから、旦那さんとの仲が上手くいかなくなったり、女性側が男性に対し不満やストレスを感じてしまうことも少なくありません。

子どもを迎える大事な妊娠の時期に夫婦関係を悪くしないためにも、男女の妊娠への考え方の違いについて理解しておくことが大切です。

パパは仕事を頑張ろうとする!?

女性は妊娠後、出産や子育てについて、真剣に考えることも多々ありますが、男性の場合、妊娠をきっかけに仕事への情熱を燃やす方が多くいます。

家族を養う責任を強く感じることから、仕事を頑張ろうと考える方が多く、妻の妊娠について思い悩んでくれる方はあまりいないのではないでしょうか。

ですが、家族ができた喜びを決して忘れているわけではありません

愛情の表現の仕方、取り組むものへの重点の置き方が違うだけなのです。

妊娠して体調不良など大変なことが増える女性にとっては、妊娠生活がすべてですが、男性は男性なりに妊娠を目の当たりにし、変わろうと努力しています。

そのパパの頑張りを認めてあげ、こちらから歩み寄ってあげることが楽しく妊娠時期を過ごすポイントになります。

パパに対しイラっとしたり、不満を覚えたときは、このことを少し思い出し、パパに優しく接してあげられるようにしてください。

女性側から、パパに協力を仰ごう!

初めての妊娠では、女性も何をどうすればいいのか、分からないこともたくさんあります。それはパパも一緒です。

妻が妊娠して、「何かしてあげられることはないか?」「協力してあげたい」という気持ちはあっても、何をしたら良いか分からない男性がほとんどです。

また、仕事をすることで家族への愛情を示そうと考えている方が多いこともあり、妊娠について勉強不足のパパも少なくありません。

そのため、妊娠について知識の高いママの方から、サポートすべき項目を指示してあげることが大切です。

「妊娠して、こんな風に体調が変わってきているから、これをして欲しい」と頼めば、協力してくれないパパはいないはずです。

パパの頑張りを知って、協力は求めないと一人頑張るママもいると思いますが、妊娠に限らず、子育てなどはママ一人では不十分だったり、難しいことも多いので、妊娠を期にパパに頼ってみましょう。

頼られることでパパも妊娠を共有することができます。良いパパに成長してくれるのです。

お腹の子の成長を二人で感じることができるよう、お互いに生活の負担も分け合っていくようにしましょう。

ママがパパに協力を求めた方が良い10のこと

妊娠したことをきっかけに、パパとまずは話し合いの場を持ちましょう。妊娠の知識を教えてあげることで、パパの協力しようという心構えも大きく変化します。

しかし、「妊娠の本を読んで!」と言うだけでは、なかなか時間がなく読めない方も少なくありません。

会社での立場上、そんな本を持ち込んだりできない方もたくさんいます。まずは夕飯の時間にでも、ママの口から妊娠について教えてあげましょう。

妊娠の話は妊娠初期、中期、後期に分けて教えてあげるのがベストです。色々なことを一度に話しても、すべてを頭に入れておくことは難しいです。

妊娠初期であればつわり、流産などのリスク、出血などの異常トラブル事例と対処法などを教えてあげると良いでしょう。その上で協力してもらえることをお願いしていってください。

1.まずは、禁煙をお願いしよう

赤ちゃんのためにまず手始めとしてお願いすることは、やはり禁煙といえます。

最近では受動喫煙についても理解が深まり、喫煙場所も厳しく取り締まられるようになってきてはいますが、家の中で旦那さんがたばこを吸っていては意味がありません。

一番良いのはやはり、禁煙してもらうことです。やめてもらうことができれば、良い環境で子育てできることになりますので、こんなベストといえることはありません。

ですが、家庭によっては禁煙が難しいこともあるので、そのような場合は外やベランダでタバコを吸ってもらえるようお願いしてみましょう。

喫煙している旦那さんを持つ場合には、まずこれをはじめのお願いとしてみましょう。

2.家事への協力

妊娠するとまず始まるのがつわりです。つわりは個人差もありますが、ひどい方も場合、一日中何も手が付けられないことがあるほど、ひどい症状を発症してしまうことも。

それが長期間にわたって続くケースもあるのです。こうなると協力して欲しいのが家事です。

家事への協力は、妊婦さんの中でも、旦那さんにお願いしたいことの第一位に挙がるほど、妊婦さんにとっては負担の大きな仕事です。

仕事をしながら妊娠生活を送っているとなれば、さらに負担に感じてしまいます。ぜひ、妊娠を期に家事の手伝いをお願いしてみましょう。

妊娠初期のつわりがひどい時には、料理をお願いしても良いでしょう。苦手というなら炊飯だけでも助かります。

他にも重量のあるごみ出しや、買い物も旦那さんの担当としてもらいましょう。妊娠中期を超えたら、かがむ姿勢を取る必要のあるお風呂洗いなどをお願いしても良いです。

その時々に合わせ、妊婦さんでは難しい、危ない仕事をお願いしてみると良いでしょう。

3.赤ちゃんを感じてもらおう

妊娠しているお腹をなでてもらったり、赤ちゃんに話しかけてもらったりすると、赤ちゃんを意識した生活サイクルが身についてきます。

習慣にすることで妊娠への関心にもつながりますし、パパになった実感も湧きます。ぜひ、毎日でなくてもかまわないので、赤ちゃんと触れ合う時間を作ってもらうようにしましょう。

胎動を感じるようになったら、ここが足といった風にわかるようになるので、ぜひ動いている時に触れてもらいましょう。

4.電話番号の登録

妊娠すると体調が急変してしまうことも考えられます。そんな時のためにもかかりつけの病院や緊急病院、タクシーなど緊急時に必要となる電話番号を、パパの携帯に登録してもらいましょう。

体調が思わしくない場合、タクシーなどに電話をかけても、自分で話せないケースも考えられますので、パパにさえ電話すれば、すべてが事足りるようにしておくと安心です。

混雑を考えて、タクシー会社なども近辺のいくつかの会社を登録してもらいましょう。

また、入院や出産になった時の持ち出し袋も決めておきましょう。パパが分かるようにしておけるとベストです。

5.父親学級への参加や検診への同行

父親学級や検診などへ行くことを嫌がる旦那さんもいますが、できることであれば一度きりで良いので、お願いしてみると良いかもしれません。

検診で赤ちゃんの映像を直接診たり、両親学級などで子育てについて学ぶことがきっかけとなって、子ども、妊娠への関心がぐっと上がるパパも少なくありません。

無理強いは良くありませんが、参加や付き添いに応じてくれるようであれば、ぜひお願いしてみましょう。

6.申請や保険などの見直し

妊娠から出産までは、出産一時金など多くの申請が必要となります。また、子どもができることを考えて新たに保険に入ったり、保険の内容などを見直すなど、しておいた方が良いことが山ほどあります。

妊娠中は体調不良などでこなせないことも多く、資料集めや提出など手続きも大変です。できれば、そんな手続きのあれこれを旦那さんにお願いしてみましょう。

子どもが生まれてからもお母さんは忙しく、こうした手続きなどは赤ちゃん連れでは難しいです。

出産後にもつながりますので、これを期に男性が携わりやすい手続きなどを手伝ってもらいましょう。

7.マッサージや爪切り

お腹が大きくなると、腰などに痛みを感じたりすることも増えます。痛いといってもどのくらい痛いのかまでは旦那さんにも伝わりにくく、中々体調の不良は共有しにくいものです。

「痛いから、辛いから、それを労わって!」と言っても、難しいことも少なくありません。捲し立てて喧嘩になるくらいなら、マッサージをしてもらうなど別の方法で解決を求めてみましょう。

その方が男性も理解しやすく、すんなり行動に移してくれます。「15分ほどお願いします。」などと明るく頼んでみましょう。

また、お腹が大きく手入れのできない爪切りなどもお願いしてみましょう。

8.夫婦の時間を作ってもらおう

妊娠はホルモンの影響から、メンタル部分にもダメージを受けることがあります。医師からリスクについて話があるとつい心配してしまったり、出産の痛みなど考えれば考えるほど不安になることも。

そのメンタル面を補ってもらうためにも、定期的に夫婦水入らずの時間を設けてもらうようにしましょう。

夫婦の時間を持つことで話を聞いてもらうこともできます。ホルモンと精神不安の関係を伝えながら、ぜひお願いしてみましょう。

「あなたに側にいてもらうと落ち着くので、週末一緒にいたいの。お願いできる?」と言えば間違いなくOKしてくれるはず。

もちろん仕事などで無理なこともありますが、そんな時は「来週一日だけで良いんだけど・・・。」と約束を取り付けてみましょう。

子育てが始まると夫婦水入らずの時間も無くなります。できれば、義務ではなく、旦那さんが自ら一緒にいてあげたいと思える方法でお願いしてみてください。

9.出産準備

赤ちゃんを迎えるためには色々な準備が必要となります。ベビーベットや布団、キャリー、チャイルドシート、洋服、肌着など購入しなくてはならないものもたくさんあります。

今ではインターネットでほとんどのものを購入できますが、やはり二人で足を運んで選ぶことで、赤ちゃんを迎える意識を持てるようになりますので、ぜひ出産準備は二人でするようにしましょう。

ネットなどで購入した方が良いものを選ぶ場合でも、旦那さんに検索作業をお願いしてみましょう。

10.命名

赤ちゃんを迎えるためにもっとも必要な準備が命名です。責任ある仕事を任せることで意識も高まり、子どもへ愛情も増すことになりますので、ぜひ命名をお願いしてみましょう。

命名辞典などお母さんが用意してあげることで、意欲が上がる旦那さんも多くいます。ぜひお願いの仕方についても、考えてみてください。

良いパパになってもらおう!

良いパパになってもらおう

男性と女性とでは、子どもに対する愛情の表現方法、愛情の注ぎ方が違うことも多く、女性のように子どもに接してもらうことはまず無理です。

ですが、子育てでは、パパにはパパの役割があり、それが子どもを大きく成長させることになります。表現や感情の持ち方に違いがあるからこそ、子どもは豊かに成長ができるのです。

パパがママの役割を担う必要はありません。パパなりにできることをしてもらうことが大切です。

妊娠中もママへの理解を求めるよりも、パパにできることを頑張ってもらうようにしましょう。

遠慮せずに、分かりやすく妊娠について説明してあげることはママにしかできないことです。

良いパパになってもらうためにも、「してあげたい」「参加できている」と実感できる妊娠へのパパの関わり方を考えてあげましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる