妊婦さんがかかりやすい扁桃腺炎

妊婦さんがかかりやすい扁桃腺炎の症状と予防!流産の恐れも?



妊娠すると体の免疫力が下がるため、妊婦さんは通常より風邪をひきやすくなります。

妊娠中で風邪薬を飲めないことや、ホルモンバランスの変化によって、一度ひいてしまった風邪がなかなか治らないだけでなく、そのままこじらせてしまい別の病気を発症してしまうこともあります。

特に空気が乾燥する季節は、喉風邪もひきやすくなり、風邪から派生して起こる扁桃腺炎に注意しなくてはいけません。

扁桃腺が腫れるため、喉の痛みはもちろん、高熱が出る病気のためお腹の中の赤ちゃんに影響する可能性も。

そこで今回は、

・扁桃腺炎ってなに?
・どうして妊婦さんは扁桃腺炎になりやすいの?
・扁桃腺炎を防ぐにはどうすればいい?

といった方に、妊婦さんが扁桃腺炎になるとどのような症状が出るのか、かかった場合の赤ちゃんへの影響、予防方法などについて詳しくご紹介します。

なぜ風邪から扁桃腺炎を発症するの?

なぜ風邪から扁桃腺炎を発症するの

喉が痛い時に病院で診察してもらうと、口を大きく開けて「扁桃腺が腫れているかどうか」確認されます。

よく耳にするこの「扁桃腺」という場所、実際に喉のどの部分のことなのかご存じない方も多いのではないでしょうか。

扁桃腺とは、舌の付け根の両側にあるコブのようなところです。

扁桃腺には、口から侵入してくる細菌やウイルスを体内に入れないための役割があるのですが、元々扁桃自体にも細菌が存在しており、この細菌によって免疫機能が働き、他のウイルスを寄せ付けず病気を予防しているのです。

しかし、扁桃の持つ細菌が他のウイルスに感染したり、増殖することで炎症が起きるとさまざまな症状を引き起こします。これが扁桃腺炎(扁桃炎)です。

風邪をこじらせて扁桃腺炎になるケースでは、体内に侵入したウイルスが死滅せず扁桃の細菌に感染、増殖することで症状が悪化してしまい起こることがほとんどです。

扁桃腺炎になるとどんな症状があらわれるのか?

扁桃腺炎の症状は、扁桃腺炎症による喉の痛み、高熱、悪寒、倦怠感、関節痛、頭痛、リンパ節の腫れなどが主です。

一見すると風邪の症状と同じに見えますが、風邪の場合は上気道の粘膜に細菌やウイルスが付着し、増殖することで炎症を起こし、症状があらわれます。

扁桃腺炎では扁桃の陰窩(いんか)というくぼみにウイルスが感染して増殖し、症状があらわれる感染症の一種なので、風邪とは別の病気として扱われます。

また喉にあらわれる症状も、扁桃腺炎では扁桃の膿が原因で、激痛のため水を飲むことすら困難になり食事ができなくなります。

風邪の場合、扁桃に炎症は出ますが、食事ができないほど痛むということはありません。

扁桃腺炎では39度~40度の高熱が出るため、症状としては風邪よりもインフルエンザに近いと感じます。

扁桃腺炎はステージによって症状が異なる

扁桃腺炎にはステージ(段階)があります。

最初は喉がイガイガする程度の炎症ですが、その後悪化した場合、突然発熱などの症状があらわれる「急性扁桃腺炎(急性扁桃炎)」、さらに急性扁桃腺炎の発症を繰り返すことで起こる「慢性扁桃腺炎(慢性扁桃炎)」の3ステージに分かれます。

扁桃腺炎の3ステージ(悪化に伴う症状)

ステージによる症状は以下の通りです。

(第1ステージ)初期段階

・扁桃腺が腫れて、喉がイガイガする
・唾を飲み込むのが辛い
・熱は高くない(微熱~37度程度)

(第2ステージ)急性扁桃腺炎

・扁桃腺に白い斑点(ウイルスによる膿)ができる
・唾だけでなく食事や飲み物を飲み込むことも困難
・高熱(38度以上)

(第3ステージ)慢性扁桃腺炎

・扁桃腺に白い斑点(ウイルスによる膿)ができる
・唾だけでなく食事や飲み物を飲み込むことも困難
・熱は高くない(37度程度)
・リンパ節が腫れる、関節の激しい痛みなどの症状を繰り返す
・慢性化し病巣感染症になると、扁桃腺は腫れず皮膚・関節・内臓に症状があらわれる

妊娠中は扁桃腺炎にかかりやすい

妊娠すると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が増加することで免疫力が低下し、ウイルスや細菌への感染率が高くなります。

流産の確率が一番高い妊娠初期の頃は特に注意したいところですが、普段から生理周期が不定期だったり不妊期間があったりすると、妊娠したこと自体に気がついていない妊婦さんもいるため、うっかり風邪をひいてしまうことも多いのです。

少し風邪をひいた程度だと思って症状を放置し、免疫力が落ちていることで扁桃腺炎へと悪化してしまったり、市販薬を飲んでしまうことも起こり得ますので、妊娠初期の妊婦さんは特に気をつけなければいけません。

また、赤ちゃんが成長してくると、妊婦さんの体はより多くの血液が必要となります。

血液量が増えることで心臓の働きも大きくなり、赤ちゃんが大きくなってくると横隔膜が圧迫され出すため、自然と呼吸量も増えていきます。

呼吸量が増えるということは、鼻や口から酸素を取り込む量や回数も増えることになりますので、その分体内にウイルスが入る可能性も高くなっていきます。

妊娠中はただでさえ免疫力が落ちているのに、呼吸器の働きが活発になるという状態なので、扁桃腺炎になりやすいのです。

妊娠中に免疫力が低下するのはなぜか?

妊娠すると免疫力が低下するといわれますが、それはホルモンバランスの変化が一番の原因です。

赤ちゃんはお母さんとお父さんの遺伝子(染色体)を半分ずつ受け継いでいますが、実はお父さんの遺伝子を半分持つ赤ちゃんは、妊婦さんの体にとっては「異物」と同じなのです。

人間の体は、ウイルスや細菌など体内に侵入した異物を排除しようとする仕組みになっています。

本来であれば体の制御機能が働くので、抗体や免疫が異物を取り除こうとして赤ちゃんを攻撃してしまうのです。

体の免疫機能から赤ちゃんを守り、出産まで妊娠の状態を維持させるために、脳は指令を出して女性ホルモンであるエストロゲンを多く分泌させます。

エストロゲンには免疫機能の生産量や働きを抑える作用があるため、分泌するホルモン量を変えることで赤ちゃんを排除できないようにするのです。

こんな症状があらわれたら扁桃腺炎かも

以下のような症状がある場合、扁桃腺炎かもしれません。

・扁桃腺の腫れ、喉の痛み
・唾を飲み込むことだけでなく飲食が困難になる激痛
・39度~40度の高熱
・リンパ節の腫れ
・頭痛
・倦怠感
・悪寒
・関節痛

症状はインフルエンザに近いです。妊娠中は市販薬が飲めませんので、扁桃が腫れて高熱が続くような時は、病院で診察を受けましょう。

妊婦さんが扁桃腺炎にかかったら?

妊娠中にもし扁桃腺炎になってしまった場合、市販薬は服用せず、まずは産婦人科へ行きましょう。

咽頭の腫れなので耳鼻科に行くべきか迷う方もいるかもしれませんが、妊娠しているのでまずは産婦人科で相談しましょう。

服薬については、漢方薬であれば赤ちゃんにも害がなさそうな気がしますが、種類によっては筋収縮を起こす作用があるものもあります。

飲んで子宮が収縮し、切迫早産になる恐れがないとは言い切れません。自分で判断はせずに、必ず病院で診察を受けましょう

また、喉の痛みを和らげるためにうがい薬を使いたい方も、まずは一度医師の判断を仰ぎ、病院で処方してもらったものを使用する方が安心です。基本的に市販薬は使わないというのが一番です。

妊娠中の扁桃腺炎はなぜ危険?

妊娠中の扁桃腺炎はなぜ危険

妊娠中に風邪をひいてしまっても、絶対に治らないということはありません。

免疫力は低下していますが、まったくなくなってしまったわけではないので、鼻水や咳が出る程度の発熱していない症状の軽い風邪であれば、完治は長引いても安静にしていればあまり心配ありません。

しかし、扁桃腺炎のように高熱が出てしまうと問題があります。妊娠していない方でも、38度以上の高熱は体に大きな負担がかかります

熱によって食欲がなくなり、思うように食べられないことで栄養不足にもなり、ウイルスを排除し熱を下げるために体力が奪われてしまいます。

また、高熱によって羊水の温度も上昇するので、赤ちゃんの成長環境が変わってしまうことになります。

このように母体が弱り、お腹の中の状態も不安定になることで、子宮に急な筋収縮が起こり、妊娠初期では流産、妊娠後期には切迫早産になりやすいのです。

喉の痛みが続き、頻繁に咳が出るような場合もお腹に圧力がかかるため、腹部が張って流産や早産を促すことになったり、呼吸気管が正常に働かないことで赤ちゃんへ送る酸素量が減ってしまったりと、胎児に悪影響が出る危険性が非常に高くなるのです。

扁桃腺炎を防ぐためにはどうしたらいい?

まずは、妊娠中は感染しやすいということを前提に生活しましょう。いつもより風邪をひきやすいと思っておけば、予防しようという意識も高まります。

その予防方法として普段の生活でどのようなことを取り入れるかご紹介します。

規則正しい生活

やはり体が健康であることが一番です。食事・睡眠・運動をバランスよく日常的に取り入れられるように心がけます。

食事

妊娠期間中の栄養は赤ちゃんにとっても非常に重要です。妊娠前は偏った食生活を送っていた方も、妊娠を機に食生活の見直しを行いましょう。

妊婦さんが特に意識して摂取すると良い栄養素は、鉄分・葉酸・カルシウム・たんぱく質です。

鉄分

妊娠中は血液を大量に作る必要があるため、妊婦さんは貧血になりやすいです。

ですから、血液の元になる鉄分は積極的に摂取するようにしましょう。

貧血対策として効果的な食材は、大豆食品や小松菜、切り干し大根などです。

鉄分と聞くとレバーやうなぎを思い出すかもしれませんが、妊娠中は胎児奇形や障害のリスクを避けるためビタミンAの過剰摂取に注意しなければいけません。

できるだけ植物性の食材から鉄分を摂取するように気をつけましょう。

葉酸

妊娠前から積極的に摂取したい栄養素です。葉酸が不足すると赤ちゃんへの障害リスクが高まるため、厚生労働省からも推奨摂取量が定められています。

食材では、ブロッコリー、ほうれん草、そら豆、いちごなどに多く含まれます。

カルシウム

赤ちゃんの骨形成や腰痛の予防にも役立ちます。日頃から不足しがちな栄養素ではありますので、積極的に摂取できるように日々の献立も工夫してみましょう。

乳製品だけでなく、大豆食品や小魚にも含まれます。便秘予防にもなりますのでヨーグルトからの摂取もおすすめです。

たんぱく質

血や肉を作るのがたんぱく質です。産後の体力を回復するためにも必要な栄養素となります。

必須アミノ酸を多く含むたんぱく質を摂取するようにしたいので、動物性なら魚類を中心に、植物性であれば大豆食品から摂るようにしましょう。

睡眠

睡眠時間が不足すると、体の免疫力が低下して風邪をひきやすくなります。妊娠中だからこそ十分な睡眠をとるようにしなければなりません。

そして長い時間眠るだけではなく、適切な睡眠量で質の良い眠りがとれるのがベストです。自分にとって快眠となるサイクルを探してみましょう。

快眠サイクルを整えるためには、起床時間から計算して計画するのが有効です。日光を浴び、体を目覚めさせてから約16時間~17時間後が就寝時間となるように設定します。

食事の時間や一日の活動予定などを考えながら、心と体がリラックスして眠れるよう時間を配分していきます。

良い眠りのためには、就寝前は副交感神経が働いているように体内時計を合わせておく必要がありますので、日中は活動的に過ごし、夕食が過ぎた頃からは照明を落とし、明るすぎる光を見ないようにしましょう。

眠りのサイクルが規則正しくなることで、食生活や活動の内容も見直されるきっかけになります。

運動

妊娠中も適度に体を動かしましょう。

安定期に入るまではあまり体を動かさない方が良い場合もありますが、妊娠中期には適正体重の維持や出産に向けた体力づくりとして、マタニティヨガやスイミング、筋トレなどを行うのがおすすめです。

もちろんお腹を刺激したり、圧迫、負荷のかかるような運動(球技や短距離走、マラソンなど)は避けますが、ウォーキングなどの軽めの運動は体調が優れない時を除いて、できるだけ毎日行いましょう。

ストレス発散にもなりますし、体を動かすことで自律神経を整える作用もあります。

水分補給をこまめに行う

乾燥は感染の原因となります。鼻や喉の呼吸器官は乾燥していることでウイルスが侵入・感染しやすくなるので、水分補給はこまめに行うようにしましょう。

冬場は特に意識して水を飲むようにしてください。乾燥しやすい季節でもありますし、夏場と比べて汗をかきにくい分、水分補給も忘れがちです。

また、乾燥しないようにするには、積極的な水分補給の他に、環境を整えることでも行えます。加湿器を利用して湿度を保つことや、マスクの着用で喉を潤す方法もあります。

手洗いうがいをしっかり行う

ウイルスを除去するには一番の方法です。外出後はもちろん、トイレの後もしっかり手洗いするなど意識的に行うようにします。

過敏になる必要はありませんが、感染経路を断つことが予防となります。

動物や土など、妊婦さんが触れることでウイルスに感染する危険性が高いものもありますので、病気にかからないための知識をつけることも大事です。

ストレスを溜めない

「ストレスは万病の元」とは、ストレスが溜まることで免疫力が低下するためにいわれます。

妊娠期間中は体が思うように動かないだけでなく、出産に対する不安など気分が落ち込みやすくなる要因がいくつもあります。

運動して解消するのも一つの方法ですし、音楽を聴いたり散歩をしたり、自分なりの気分転換法を見つけておくようにしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる