ママとパパでは妊娠に対しての考え方が違う

妊娠中の離婚はどのくらい大変?離婚を回避する方法とは?



夫婦にとって待望の妊娠は人生の中でも大きなイベントです。

妊娠をきっかけに2人の仲も深まり、出産後は新しい家族を迎える……幸せいっぱいの未来の始まりのように思えますが、妊娠をきっかけにそれとは正反対の道を開くこともあります。

つまり、離婚です。ママから切り出す場合もありますし、パートナーから願い出る場合もあるようですが、妊娠と離婚といわれても、簡単に結び付けられないですよね。

そこで今回は、

・妊娠中だけど離婚したいと思ってしまうのは?
・パートナーから離婚を切り出された!
・妊娠中の離婚を回避するには?

といった方に、妊娠を機に離婚の話が出てきてしまう原因や、離婚を回避するにはどうすればいいかなどについて詳しくご紹介します。

離婚したいと思うきっかけ

そもそも離婚するにあたっては、「もう顔も見たくない!」「一緒に生活するなんて考えられない」などなど、こうした怒りのパワーがなければ始まりません。

しかも、ちょっとした夫婦喧嘩では収まらない、どうしても許せないという理由が原因になってくるのです。

妊娠中はお腹に赤ちゃんもいて、怒りが入る隙もない喜びでいっぱいの時期のはずですが、どうして離婚したいと思ってしまうのでしょうか?

考えられるきっかけをまとめてみると、次のような理由が挙げられます。

ママが決断してしまう場合

まずは、ママのほうが離婚したいと思ってしまう場合について見ていきましょう。

心身の変化で不安定

妊娠中のママは、出産に向けて身体がどんどん変化していきます。

また、女性ホルモンのバランスも乱れてきますから、自律神経にも影響が出やすく、精神的にも不安定になりがちです。

妊娠前は明るくポジティブだった女性が、妊娠を機に落ち込みやすくなってしまったり、涙ももろくなってしまうことも珍しくないのです。

そんな心身の変化の関係から、普段なら気にもならないパートナーの何気ない言葉に傷付いてしまったり、敏感になってしまうことも多く、パートナーにとって何でもない言葉(もちろん、ママにとっては重要!)を離婚のきっかけにしてしまうことも少なくないのです。

労わってくれないパートナーへの不満

また、妊娠中はお腹の赤ちゃんが成長するごとにお腹も大きくなっていくので、普段なら簡単にできることが難しくなったり、上手くできなくなってしまうことが多々あります

満足に家事ができなくなってしまうというのもその1つです。

しかし、パートナーはママが妊娠しても、心身に関わるような変化が起きることはないので、そうした不調を理解しにくいところがあります。

ママとしては労わって欲しいところをむしろ、「家にずっといるのに何でできないの?」と思ってしまう人が珍しくありませんから、そうしたパートナーの心ない態度に我慢の限界がきて、「離婚してやる!」と不満が爆発してしまうママが多いとか。

パートナーの近くにいたくない

これは本能ともいうべきものですが、女性は妊娠をすると動物が子供を守ろうとするように、お腹の赤ちゃんを無意識に守る行動が多くなります。

その1つが、他人(特に男性)を自分に寄せ付けないというもの。

ここでいう他人は、家族であるパートナーも含まれるのが厄介で、パートナーが肩や膝に手を置くといったスキンシップや、ママによっては隣に座るだけでも嫌悪感を示すようになります。

本能的なものなので仕方のない部分ではあるのですが、その嫌悪感がピークに達することで「もう一緒に生活したくない!」というのを理由にした離婚に繋がってしまうこともあるのです。

パートナーが決断してくる場合

次に、パートナーの方が離婚したいと思ってしまう場合について見ていきましょう。

ママの態度急変に付いていけない

離婚は何も、ママの方から求めるだけでなく、パートナーから切り出す場合もあります。その理由の1つに挙げられるのが、ママの態度急変です。

先にも触れたように、ママは女性ホルモンの影響などで精神的にも不安定になりがちです。

そのため、ママも気付かぬうちにパートナーに冷たい態度を取ったり、八つ当たりしてしまっていることも珍しくありません。

そうなってしまうのに理由があるとはいえ、男性にしてみたら性格が変わったようにしか見えませんから、その態度についていけず、心が離れてしまうこともあるのです。

スキンシップの拒否

ママが妊娠中であったとしても、パートナーには身体的な変化がこれといってないので、スキンシップも変わらず取ろうとしますし、性欲だってあります。

しかし、ママは体調面から見ても男性に構っているどころではありません。体臭に敏感になったりするなどで、パートナーを遠ざけてしまう傾向があります

これは例えママでも、理由もなくやられたらショックです。妊娠してもパートナーは変わらない対応をママに求める部分がありますから、いきなりスキンシップを拒否されると、やはり傷付きます。

ここですぐに修復できれば良いのですが、そのまま放っておくと「妻の気持ちがわからない」と浮気に走ってしまったり、理解することを諦めて離婚を決断する人も少なくないのです。

親になる自覚が持てない

妊娠すると、ママは身体に変化があるのに対して、パートナーである男性にはそうした変化がないのは先にも触れた通り。

実は、この変化のあるなしによって、親になる自覚が持てない人も珍しくありません。実際、親の自覚が芽生えるのは、男性よりも女性の方が早い傾向にあることがわかっています。

そのため、ママの「お父さんになるんだから」という言葉に煩わしさを感じたり、疎外感を覚えるパートナーも多く、夫婦間の考え方のギャップに耐えられなくなって離婚を切り出す人も少なくありません。

また、パートナーによってはママのお腹が日を追うごとに大きくなっていくことに恐怖を感じる場合もあり、その恐怖心が離婚のきっかけになってしまうこともあるのです。

離婚を切り出すのはこんな時!

離婚したいと思い始める理由は夫婦によってさまざまですが、離婚を切り出すタイミングとしては全体的に見て、思い経ったら吉日とばかりに、妊娠中でもすぐに離婚をする場合と、出産まで待って離婚を切り出す場合の2つのパターンがあります。

お互いヒートアップしてしまった状態の夫婦は、すぐに離婚を決断してしまう場合が多く、それに対して、出産後の場合はお互いの気持ちが落ち着いてから、体調が整いママの気持ちが整理できてから改めてというケースが多くなっています。

離婚はしたくないとお互いに考えているようなら、離婚のきっかけとタイミングが重ならないように注意したいところです。

意外と大変な妊娠中の離婚

では、妊娠中に離婚をしてはいけないのかといえば、そういうわけではありません。

パートナーの浮気・不倫など、絶対に許せない場合や、長く悩んだ末で決断したことであれば、誰も止める権利はないからです。

ただし、妊娠中に離婚をするというのは、ママが思っている以上に大変です。理由としては、以下の通り。

1度決めたことを覆すのは難しいですが、新しい家族を迎える準備期間に離婚をするのはできるだけ避けたいものです。

そのため、次に挙げるデメリットも読んだ上で、できれば改めてパートナーとよく話し合ってみて下さい。

経済面

現実問題、妊娠中なわけですから、どうしてもお金がかかります。婦人科検診をはじめ、出産入院費、それまでの自分の生活費用などなど、数え出したら切りがありません。

さらに、無事に出産できたとしても、今度は自分だけでなく、新しい家族である赤ちゃんも育てていかなければなりません。

子供が成人するまでにかかる費用は、ざっくり見積もっても5000万円くらいはかかるのが普通ですから、例え貯金をしているママでも、貯金だけでは到底賄えるものではないのです。

働くにしても、出産前後は体調が安定しませんし、何より赤ちゃんを預ける先が見つからなければ働くことさえ難しくなります。

また、離婚で揉めてしまい、裁判まで発展した場合にもお金が発生します。裁判をするにもお金が必要なのです。

加えて、弁護士も雇うことになればさらにその費用は膨らんでいきます。

お金がかかる理由から、離婚に対して裁判所まで持ち込まれるケースはそう多くはありませんが、絶対にないとは言い切れませんので覚えておきましょう。

親権や慰謝料

離婚をする際には、ただ離婚届けを書いて終わりという簡単なものではありません。

妊娠中に離婚をする場合には、生まれてくる赤ちゃんの親権、子供にかかる費用(養育費)、さらに戸籍についても手続きが必要です。

また、明らかにパートナーの方に過失(浮気や不倫など)があれば慰謝料も請求しますので、書類手続きをはじめ、場合によっては慰謝料と戸籍については家庭裁判所を通すことになります。

これだけでも結構大変ですが、妊娠中のママはそれに加えて体調が万全ではありません。そのため、手続きが長引けば長引くほど心身に相当な負担がかかることが予想されます。

離婚を回避するには

上記のように、妊娠中に離婚をするというのは、赤ちゃんを抱えたママにはとても過酷です。また、離婚手続き中は気にしないようにしていても、頭から離れないものです。

さらに、消化し切れていない相手への怒りや不満もあるでしょう。

結論からいえば、離婚するには相当のパワーが必要で、精神的にもイライラしやすい状態なので、妊娠中のママ、またお腹の赤ちゃんにとってもあまり良くありません。

やむを得ない理由があるのであれば仕方ないですが、お腹の赤ちゃんのためにも妊娠中の離婚はできるだけ回避したいところ。

離婚を回避するためにどのようなことができるのでしょうか。

自分の身体のことを把握する

妊娠中の体調変化は、妊娠中期に安定する傾向があるとはいえ、不安定になりがちです。

ママの中には、体調が安定する中期の頃でも、吐き気や精神的に落ち込みやすくなるなど、妊娠特有の症状に悩まされることもあります。

また、パートナーを意味もなく嫌になってしまう時もあるでしょう。

1つ1つの症状は小さいものですが、パートナーの放った何気ない一言に、そういったものが重なることで離婚のきっかけになってしまうことは事実です。

そのため、ママとしてはそうした妊娠中に起きやすい心身の変化を、自分でも把握しておくことが大切。

相手にイライラしてしまうことがあっても、「今はそういう時期なんだ」と回避できるようにしましょう。

話し合いの場を持つ

これは、パートナーにもお願いして欲しいことなのですが、妊娠中だけでなく離婚を回避するには夫婦間の話し合いが大切になります。

これは、先に挙げた妊娠中のママの体調やスキンシップの拒絶、精神的なイライラなどの症状をパートナーに理解してもらう上でも、とても重要なことです。

この時、お互い我慢を重ねた末での話し合いは、口喧嘩に発展してしまう可能性があるので、できるだけヒートアップする前に、小まめにお互いの気持ちを確認して下さい。

赤ちゃんの否定は絶対にしない

赤ちゃんを否定するような言葉は、離婚を回避する方法の中では、絶対に守って欲しいことです。

例え、本気でなかったとしても、言ったら最後、離婚は回避できないと思って良いでしょう。

また、この言葉に関してはママだけでなくパートナーにも是非、気を付けて欲しいところ。

一旦、怒りが爆発してしまうと言動が軽はずみになりがちですが、こうした言葉はお腹の赤ちゃんにも伝わるものですから、精神的に不安定になりやすいとはいえ、取返しがつかない状況にならないよう言動には注意するよう心掛けましょう。

自分1人ですべてを抱えこまない

身体が満足に動かせなかったり、家事が思っているよりはかどらないなんてことは、妊娠中には珍しくないことです。

それでも、頑張り屋さんなママは自分ですべて頑張ろうとしてしまうわけですが、その状況が続くとストレスも溜まってきますし、何より「パートナーが労わってくれない」といった不満に繋がってしまう可能性が高くなります。

パートナーに対する不満も離婚のきっかけの1つ。そのため、離婚を回避するためにもすべてを1人でやろうとするのではなく、家事の役割分担をするなどパートナーを頼るようにして下さい。

すべては気持ち次第

費用や親権の問題、また生まれてくる赤ちゃんのことを考えると、離婚はできるだけ回避したいところ。

しかし、離婚を選ぶのがいけないことなのかといえば、そんなことは決してありません。パートナーによるDVといった、ママだけでなく、赤ちゃんの命にも関わるようであれば身の安全の優先が第一です。

将来に仮面夫婦のリスクをはらんでいるのであれば、ママの人生を考えて離婚を選択するのも正しいといえます。すべては、自分の気持ち次第なのです。

妊娠中の離婚には、妊娠特有の原因が多く絡んでいるのも事実です。お互い戸惑い、迷い、衝突してしまうこともあるでしょう。

ですが、そんな時こそ夫婦の時間を作ることが大切です。話し合いやスキンシップ、デートをしたりしてお互いの気持ちを小まめに確認し合いながら、新しくやって来る家族を幸せいっぱいな気持ちで迎え入れてあげて下さい。

離婚のきっかけとなる原因についてもいくつか挙げましたが、いつ何が離婚のきっかけになるかは人それぞれです。

特にパートナーについては、自分のことではない上に、妊娠中でいっぱいいっぱいのママには相手の気持ちまで考えている余裕はないかもしれませんが、お互い小まめに話し合いの場を設けるなどして、離婚に繋がる前に夫婦間のズレを修復するようにしたいですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる