妊娠中は指輪を外した方がいい

妊娠中は指輪を外した方がいい?結婚指輪も?理由や原因は?



妊娠中でも、大切な指輪を外したくないという女性はたくさんいます。

妊娠や出産に指輪が関係あるのかと、不思議に感じるかもしれませんが、出産まで指輪をしていることで思わぬ危険が発生する場合があります。

そこで今回は、

・どうして妊娠中に指輪を外した方が良いの?
・いつ頃から指輪を外すべき?
・出産後は指輪をしてもいい?

といった方に、妊娠中になぜ指輪を外した方がいいのか、いつごろ外しておくべきなのかなど、妊娠と指輪に関する問題について詳しくご紹介します。

妊娠中に指輪を外した方が良いと考えられること

妊娠中に指輪を外した方が良いと考えられること

アクセサリーが好きな妊婦さんにとって、結婚指輪やお気に入りの指輪など、常に身に着けておきたいものですが、妊娠中には外した方がいい理由があります。

指輪が抜けなくなってしまうかもしれない

妊娠している女性は体がむくみやすくなっています。

妊娠していても、出産までまったくむくみもなく過ごせるという妊婦さんもまれにいますが、特に妊娠後期に入ると手足を中心にむくみやすくなってしまいます。

徐々にむくみが酷くなるという人もいますが、ある日突然手がパンパンにむくんでしまって、指輪がまったく抜けなくなってしまうということも珍しくありません。

指輪が抜けにくkなるだけなら良いのですが、指がむくんでどんなことをしても指輪が抜けなくなると、指の壊死を防ぐために指輪を切って取り外さなければならないケースも少なくありません。

帝王切開時に感電してしまう危険がある

出産する時は、体につけている指輪やピアス、ネックレスなどを外したり、化粧やマニキュア類も綺麗に取っておいたりするように妊婦教室などで指導されます(眼鏡、時計、入れ歯なども)。

早産や突然の出産でやむをえない場合もありますが、37週を迎えたらいつ出産しても大丈夫なように準備しておく必要があります。

特に帝王切開で出産する予定の人は、出産のための手術で電気メスが使われるときに、指につけた指輪によって感電したり、火傷したりする危険がありますので、必ず外しておくように気をつけなければいけません。

自然分娩の人の場合、指輪を付けていても特に問題がないように感じるかもしれませんが、お産がなかなか思うように進まない場合には、自然分娩から突然帝王切開による出産に変更することも珍しいことではありません。

帝王切開は自分には関係のないことと思い込まず、出産する際は体につけているアクセサリー類はすべて外しておくことが大切です。

いざ出産するという時に、体がむくんでいて指輪が抜けないということがないように、出産前には指輪を外してしっかり保管しておきましょう。

なお、帝王切開時に指輪が指から抜けないという状況の場合、指輪を切断して手術を行うということもあります。

結婚指輪など思い入れのある指輪でも、緊急時には容赦なく切断されるリスクもあるということを知っておいてください。

新生児の育児には指輪は危険

出産をするとむくみも取れて、指輪が抜けないということはあまりないのが一般的ですが、出産直後から始まる新生児の育児は、非常に繊細な作業が多いので、指に金属が付いていると赤ちゃんに当たったりして危険です。

また、指輪と指の隙間は雑菌の温床になってしまう危険があるので、出産後しばらくは指輪をしないでいる方が無難です。

妊娠中から出産後しばらくの間は、指輪は外しておきましょう。

いつごろ指輪を外しておくのがベスト?

では、妊婦さんはいつから指輪を外しておけばいいのでしょうか。

むくみを自覚するようになってから

妊娠すると、プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが大量に分泌されるようになります。
プロゲステロンには体内に水分を保持するよう促す作用があるため、むくみやすくなります

また、妊娠後期になると大きくなった子宮が周辺の血管を圧迫することで血行が悪くなって下肢を中心にむくみが生じやすくなり、足首がなくなって象のような足になったり、足のむくみのせいで靴が履けなくなったりするという人も珍しくありません。

また、手首や手指にもむくみが及ぶことも多々あります。

個人差が非常に大きいので、むくみだす時期は人によって異なりますが、むくみが一般的に酷くなる時期は妊娠初期ではなく、妊娠中期から妊娠後期の頃です。

手足がむくむと、妊婦さん自身の自覚があるので、むくみが出てきたと感じたら指輪を外しておきましょう。

病院で指輪を外すように指示されてから外す

妊婦検診を重ねていくと、医師や助産師さんから体のむくみが出ているから指輪を外しておくように言われたり、母親教室などで、出産に向けて準備しておくことの1つとして指輪などの貴金属を出産までに外しておくように指示されたりします。

病院で指輪を外しておくように指摘されたら、体のむくみがない妊婦さんでも外しておくようにしましょう。

数日で体の状態が変化して、指輪が抜けなくなってしまうこともありますので、何事も早め早めに準備しておくと思わぬトラブルを回避できやすくなります。

外した指輪をなくさないために

外した指輪をなくさないために

妊娠、出産のために結婚指輪を外して、しっかりと保管をしていないといざ指輪をしようと思った時に、指輪がなくなっていることに気がついたということもよくあります。

出産や育児は慣れないことで、精神的にも肉体的にも余裕がなくなり、物の管理などに気が回らなくなってしまうこともしばしば。

特に小さな指輪などは、しっかりと場所を確認してしまっておかないとどこに置いたのか分からなくなります。

指輪ケースにしまったり、貴重品を入れる棚に保管することで紛失することはほぼなくなりますが、出産や育児のときでも結婚指輪をできるだけ身に着けていたいという人は、ネックレスに指輪を通して首からかけておいたり、母子手帳のケースにしまっておくのも良い方法です。

母子手帳などは、ファスナーがしっかりついているものを選び、こまめに指輪があるかどうか確認することも大切です。

出産後、そのような方法で身近に指輪を置いておく人もいますが、子どもがいろいろなものを触ることで紛失してしまったということもあります。

誤飲事故などの可能性もありますので、子どもの手が届かない場所にしっかりと保管するようにしましょう。

指輪が外れなくなってしまった妊婦さんはどうする?

体がむくんでしまったので指輪を取ろうとしたけれど、すでに指輪が取れなくなってしまったという場合はどうやって指輪を外せばよいのでしょうか?

石鹸水を利用する

指輪が取れなくなったときに一般的に行うのが、石鹸を使う方法です。

指と指輪の間のすべりをよくするために、石鹸を水で溶いた水溶液を指輪の周りにつけて指輪を動きやすくします。

石鹸水ではなく、油などでも同じようなことができますので、食用の油を指と指輪の間に付けて指輪を動かしてみましょう。

びくともしなかった指輪が比較的簡単にスルスルと動きやすくなり、指輪がスルッと取れることがあります。

指輪が取れやすくなりますが、指からもすべり落ちやすくなっていますので、洗面所などで行う場合は、指輪が排水溝などに入ってしまわないように注意しましょう。

石鹸水の場合は水で石鹸水を洗いながし、しっかりと水分を取ることで綺麗になります。

食用油を使った場合は水洗いしてもなかなか油が取れないので、洗剤などでしっかりと油を落として乾燥させてから保管するようにしましょう。

また、油によっては指輪の金属が変色したり、汚れが付いたりしますので注意しましょう。

手の血行をよくする

むくみは血行が悪くなっていることが原因のこともあります。

そのため、指の血行をよくするために指輪をした指や手の平、手首などをしっかりマッサージして、血行をよくしてみましょう。

手をしばらく上にあげる

手のむくみがあまり酷くない場合は、手を10~15分程度頭より上にあげておくと、重力で指先の血液や水分が下に下がり、一時的にむくみが緩和され、指が細くなり指輪を抜きやすくなります。

どうしても指輪が抜けなくて困った時は?

どうしても指輪が抜けなくて困った時

上記の方法を試しても指輪が抜けない場合は、どうすればいいのでしょうか?

貴金属の専門的で指輪を切断してもらう

いろいろな方法で試してみても指輪が抜けなくて困ったという場合は、物理的に指輪を切断して指から外すことになります。

貴金属を扱うジュエリーショップなどは、修理やサイズ直しのサービスを行っている店もあります。

指輪がどうしても抜けない事情を説明すると、指輪を切断するための専門の切断器具で指輪を切断してくれます。

もちろん貴金属の修理も手がけている店がほとんどなので、切断した指輪を元の状態に修理してくれますが、デザインや金属の種類によっては修理ができない、元通りにはならないという場合もありますので注意しましょう。

消防署で切断してもらう

消防署では、指輪が抜けなくなって指の血流が悪くなり指が壊死する危険がある、など指が危険な状態になっていると判断された場合は、指輪を切断してもらえます。

あくまでも緊急、または危険な状態にあるという判断の下で行われる行為なので、安易に消防署に駆け込む前に、十分に自分で指輪を外す努力をすることがまずは大切です。

消防署で指輪を切断するために費用はかかりませんが、安全性を重視した切断になりますので、指輪が復元できなくなる可能性があることも知っておきましょう。

消防署で指輪を切断しても、貴金属店に持ち込めば修理してくれる店もありますし、修理してくれない店もありますので、事前に問い合わせて見ましょう。

指輪が外れなくなる前にむくまないようにしよう

妊娠後期になると、お腹の赤ちゃんが大きくなってお腹もどんどん重くなります。
このため妊婦さんのお腹の周りの血管が圧迫されて、下肢を中心にむくみやすくなります。

一方で、妊婦さんの体がむくむということは、腎臓に負担がかかって水分が上手く排泄できていないことのサインの場合もあります。妊娠中は日常生活に注意してできるだけむくみが生じないようにしましょう。

体を冷やさないようにする

体を冷やすと血管が収縮して、血液の循環が悪くなることで体がむくみやすくなります。このことからも、妊婦さんは体を冷やさないように注意することが大切です。

冷えは冬だけの問題ではなく、夏でも冷房に当たることで、意外に体は冷えています。

夏でも手足を触ると、ひんやりと冷たい妊婦さんは要注意です。また、冷気から体を守るだけでなく、冷たい食べ物や飲み物にも気をつけましょう

常温か、それよりも温かいものを体に入れるようにすると冷えにくくなります。

塩分を控えて、カリウムを摂る

人間の体は、血液中の塩分濃度を一定に保つ機能があります。

塩分をたくさん摂取すると、塩分濃度を低くするために、体は水分を体に多く取り込んでしまい、このことがむくみにつながります。

また、カリウムは余分に摂ってしまった塩分を体外に排出する働きがありますので、塩分を控えると共に、カリウムを摂取することも、むくみ対策として有効です。

アボガド、納豆、バナナ、メロンなどを食べることでカリウムが摂取できます。

無理をしない

妊娠中期などは、つわりも終わって体調も安定している時なので、妊婦さんも快適に活動できることから、ついつい過剰に運動したり、働いたりしてしまい、体がむくみやすくなります。

体調がいいので無意識に無理をしてしまい、むくみが出てしまうことも多いので、無理をしないようにすることが大切です。

まとめ

まとめ

妊娠中期から妊娠後期にかけて、妊婦さんは体がむくみやすくなるので指輪が抜けなくなってしまいます。

出産する際には、指輪や貴金属というのは取っておくように病院から指示されるのが一般的なので、体がむくみやすくなったと感じたときや、病院から指示があった場合は、速やかに指輪を外してしっかりと保管しておきましょう。

指輪が取れなくなってしまった場合は、マッサージなどをしてむくみを解消したり、石鹸水などを利用したりするなど、なるべく自分で指輪を取るに努力をして、どうしても取れない場合は貴金属店などに相談して指輪を取ってもらいましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠のカテゴリー

妊娠報告・出産報告葉酸サプリ妊娠中のスキンケア
妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線妊娠中に便利なサービス・アプリ
妊娠中の仕事妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理妊娠中の栄養・食事
妊婦健診産休・育休産院選び
保険胎動
妊娠報告・出産報告葉酸サプリ
妊娠中のスキンケア妊娠中のファッション
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線
妊娠中に便利なサービス・アプリ妊娠中の仕事
妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理
妊娠中の栄養・食事妊婦健診
産休・育休産院選び
保険胎動
目次
をみる
関連記事
をみる