妊娠中に葬儀があったら

妊娠中に葬儀があったら?参列する時しない時のポイントと注意



不幸というものは突然やってきます。そのため、妊娠中であっても葬儀に出席しなくてはならないこともあるでしょう。

しかし、「妊娠中は葬儀へ参列してはいけない」という噂も耳にすることがあり、訪問して良いものかどうか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

やはり生前お世話になった方や、親しい方の葬儀にはぜひ参列したいと思いますよね。また、一般的な葬儀のマナーは心得てはいても、妊娠中となると対処に困る事態も考えられます。

そこで今回は、

・妊婦さんは葬儀に参列してもいい?
・妊娠中に葬儀に参加する場合の注意点は?
・妊婦さんと葬儀にまつわる迷信とは?

といった方に、妊娠中に参列する葬儀について、マナーや注意点など詳しくご紹介します。

妊娠中は葬儀に参列しても良いの?

妊娠中は葬儀に参列しても良いの

昔は妊娠している場合、葬儀に参加することはいけないとされていました。なぜなら、葬儀などの死と直面する場などは、けがれていると考えられていたためです。

今でも葬儀の後、自宅に入る前に玄関で体を塩で清めますが、これもこうした古い風習が根付いているからです。

また、今と違い、昔は手立てがないまま亡くなった方も多く、伝染病など、妊婦さんへの感染が懸念されるものも多かったことも理由の一つです。

赤ちゃんとお母さんを守るために、こうした習わしができたとも考えられます。しかし、現在では死者から病原菌が感染し、不幸の要因になってしまうことはなくなりました。

ですから、葬儀へ妊婦さんが参列することも珍しいことではなくなっていますが、やはり迷惑をかけないことは考えておくべきことといえます。

妊娠中は、突如体調が急変することもあります。自分の体調を判断の上、参列するべきか、しないべきか考えることが大切です。

妊婦さんが葬儀を欠席する場合には?

自分の体調を考え、葬儀を欠席することもあるでしょう。体調が悪いにもかかわらず無理やり参列するより、欠席を選択することは良い選択といえます。

しかし、欠席するのであれば、弔意だけはあらわすようにしましょう。弔電を打ったり、香典を渡すことは忘れずしておきましょう。

体調のころ合いを見て、後日弔問するのも良い方法です。

妊娠中に葬儀を出席する場合は?

葬儀を出席するとなると、やはり焦るのが喪服です。持ち合わせていた喪服など、サイズが合わないこともあります。

妊娠して葬儀に出席する場合、どのようなことが考えられるのでしょうか?

また、どんなことに注意すればいいのか、順にご紹介します。

服装(喪服)

妊娠すると体型が大きく変わります。そのため今まで着ていた喪服が合わないことも、多々あることです。喪服を選ぶ時のポイントを紹介していくことにしましょう。

ゆとりのある喪服選びを

やはり妊娠中ですので、ゆとりのある喪服が理想的です。葬儀は座ったり、立ったりなど動くことも多く、きついサイズのものでは気分を悪くすることも考えられます。

今の体型に合った、締め付けの少ないものを選びましょう。

黒のワンピースなどであれば、十分喪服に対応できます。持っている喪服のジャケットなども利用できるようであれば、組み合わせて考えてみましょう。

靴も低めでヒールの太いものを選びましょう。

喪服をレンタルする

喪服をレンタルするのもアリといえます。

妊娠中に喪服を購入することもできますが、やはり長く着ることができないサイズですし、喪服となると、ただでさえ着る機会が少ないものとなります。

わざわざ購入するのではなく、レンタルも考えてみると良いでしょう。近くに貸衣装店があれば良いですが、ない場合はネットを利用するのもアイディアです。

好きな喪服を選べば、夕方や翌日にすぐに自宅に届きますので、お腹が大きくても面倒な手間が省けます。靴、小物なども用意されていますので、すべてきちんとした服装が整います。

ネット通販

ネット通販でもマタニティー向けの喪服を購入できます。

お腹部分にゆとりを持たせた、インナーがワンピースタイプのものが多くなっていますが、ネット購入も喪服の場合、すぐに届けてくれる商品が多くなっていますので、葬儀までに間に合います。

サイズなどゆとりのある喪服を選んでみてください。

持っている服を代用する場合の注意点や持ち物など

喪服を用意しなくても、持っている服で十分対応できる可能性もあります。自分の服が葬儀参列にふさわしい服装かは、次の項目で確認してみましょう。

ブラックフォーマルとして使用できる色は原則黒のみ

お通夜などの場合、黒を着ていくと「死を待っていた」と悪く捉えられることもあり、紺やグレーなどでもOKですが、葬儀に参列する場合は黒のみとなっていますので、チョイスする服の色をしっかり確認しましょう。

スカートは膝丈以上

膝が見えるものは、葬儀には向いていません。丈が長い分にはOKですので、実際にはいて見て確認してみましょう。

お腹が大きくなり、サイズが前と変わっていることもありますので、きちんとはいて見て丈を確かめてみてください。

ワンピースでも問題ありません。お腹にゆとりのあるものの方が、長丁場の葬儀には向いています。

ラメや光沢のある服装はダメ

うっすらとラメの入った黒の装いは多いですが、このラメなどは葬儀ではタブーです。

ツルツルとしている素材で光沢があるものもありますが、これも同様タブーとなっていますので、注意しましょう。

ボタンなどの飾りも原則黒

カーディガンやジャケットなど、黒色でもボタンなどが黒でないことも多くあります。

これも葬儀ではふさわしくありません。ボタンが1つしかない場合など、応急処置としてボタンを付け替えて対応しましょう。

ブラウス・ジャケットである必要はなし

身内の場合、やはりきちんとした服装が理想ですが、妊娠中はそうした服装が用意できないこともあるため、ブラウスやジャケットにこだわらなくても大丈夫です。

もちろんあるなら着用した方が良いですが、ない場合にはカーディガンやストール、ワンピースなどで対応しましょう。

黒靴

葬儀では、女性はヒールがあるものがふさわしいとされていますが、妊娠中の場合、それほどこだわる必要はありません。

ヒールがあると怪我や転倒の恐れがありますので、避けた方が良いです。手持ちの靴で黒のものがあれば代用できます。

ただし、スニーカータイプなどラフな感じのもの、光沢やラメの飾りのある靴は避けましょう。

体温調節できる服装、用意を

葬儀の会場は、たとえ夏場でも寒いことが多くなっています。また、冬なども暖房がかかっていて、妊娠中は余計に暑く感じてしまうことがあります。

体温調節ができるよう、夏はひざ掛けやショールを持参しておきましょう。また、冬も同様厚着はせず、体温調節が簡単にできる服装を選びましょう。

トイレに行きやすい服装

葬儀は時間が長いことも多く、その間にはトイレを利用することもあります。

特に妊娠後期などは、トイレの頻度も多くなります。そんな時、トイレのしにくい服装は色々と大変です。

スカートなどトイレに行きやすい服装をしていくことも大切です。

ハンカチ(ハンカチタオル)は必需品

涙をぬぐうために持っていくハンカチですが、妊娠中は汗や気分が悪い時、頻繁にいくトイレなどでも、ハンカチが人より余計に必要となります。

薄手のハンカチでは対応しきれないことも考えられますので、数枚持っていくか、またはタオルハンカチなどを持参しておきしょう。

母子手帳、診察券なども忘れずに

妊娠中は、体調などが急変することも考えられます。万が一に備えて母子手帳や診察券なども携帯しておきましょう。

もちろん携帯電話やスマホも持っていきましょう。旦那さんと同伴しない場合、体調が思わしくない時など、知人に旦那さんや親などと連絡を取ってもらうことができますので、ぜひカバンに入れて用意しておきましょう。

妊娠していてもノーメイクはタブー

葬儀へ参列する場合、ほとんどの方がナチュラルメイクということから、ノーメイクで行きたい妊婦さんもいるかもしれません。

肌の状態が過敏になっている場合など、メイクしたくない時期もあります。しかし、妊婦さんだからといって、葬儀でもノーメイクが許されることはありません。

BBクリームなどの簡単な薄化粧で構いませんので、必ずメイクをして出かけるようにしましょう。

「鏡を入れて!」という迷信も

妊娠中、葬儀に出席する場合、年配者に「お腹に鏡を入れていきなさい」と言われることがあります。

この言い伝えは、昔からお腹の中の赤ちゃんを考えて受け継がれた、おまじないのようなものですが、「死者が寂しがって赤ちゃんを連れて行かないように」「おなかの赤ちゃんにあざができないように」などの意味が込められています。

言い伝えですので、事実とはかけ離れていますが、年配者の心配をなくすために、お母さんの不安を拭い去るために、今でも実行しているお母さんも少なくありません。

単なる昔からあるおまじないですが、葬儀に出る際の安心要素にもなりますので、鏡を入れることを考えてみても良いかもしれません。

親族として参加するなら

親族として参加

妊娠中でも、親族として葬儀に参列しなくてはならない方もいることでしょう。親族の場合、弔問するときとは事情も大きく異なります。

ほぼ一日葬儀に立ち会うことになりますので、体調などの心配も大きくなります。

また、出席しない訳にもいきません。こうした場合には、体調が悪くなったら、車の中や別室で休ませてもらったり、帰宅する手段を考えておきましょう

タクシーなどを利用すれば、自宅まで一人で帰ることも難しくありませんし、いざという時、家まで送ってもらう方法を手配しておきましょう。

体調を見ながら、迷惑が掛からないよう早めに自分で判断する勇気も大切です。

遠方からの参列になる場合

葬儀が自宅から遠い場所で行われる場合、その行き帰りも相当大変なものになることが予想されます。

日程の都合などもあり、日帰りなど無理なスケジュールになってしまう場合は、参列をあきらめることも必要です。

時間や日程に余裕をもって参列できることも大切です。

妊婦さんと葬儀にまつわる迷信

妊婦さんと葬儀にまつわる迷信として、「お腹に鏡を入れる」を紹介しましたが、他にもさまざまな迷信や言い伝えがあります。それについても触れておくことにしましょう。

「妊娠中は火葬場に行ってはダメ!」「妊婦さんが骨を拾ってはダメ!」

妊娠中は火葬場、焼き場に行ってはダメと言われることもあるかもしれません。

これも昔からある言い伝えの一つですが、この言い伝えも、やはり妊婦さんへの気遣いからできたものといえます。

葬儀となると、長丁場となることも少なくありません。お通夜に始まり、お葬式、火葬、納骨まですべてこなすとなると、妊婦さんにとっての負担はかなりのものとなります。

しかし、火葬場以降がなくなれば、早めに切り上げることができます。そうした配慮からできた言い伝えと考えられます。

ただし、単なる言い伝えですので、本当に火葬場に行ったからといって、赤ちゃんやお母さんに何かある訳ではありません。

体調が良ければ、最期まできちんとお別れしてあげるのも良いですし、もちろん言い伝えを利用して切り上げるのもアリです。

その日の体調により、判断しましょう。

妊婦さんは墓参りをしてはいけない?

妊婦さんは墓参り

地域によっても異なりますが、火葬が終わってすぐに納骨してしまうことがあります。

その時に耳にするのが、妊婦さんはお墓に行ってはいけないという言い伝えです。

これは昔、火葬することなく土葬されていたことがその根底にあるといわれています。

土葬が主流だったころ、墓周辺には伝染病が蔓延して、妊婦さんや赤ちゃんが病気になってしまうこともありました。

また、土壌が不安定なため、崩落する危険もありました。やはりこの言い伝えも、妊娠中の大切な体を気遣ってのこと、といえます。

今では、そのような心配は一切ないため、問題視する必要もありません。

妊娠していても、墓参り、納骨も、もちろん大丈夫ですので、やはり体調と相談しながら、どうするか考えましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる