妊婦さんが飲む豆乳の効果や注意点

妊婦さんが飲む豆乳の効果や注意点!妊娠中に豆乳を飲んでいい?



豆乳は健康志向の高い飲み物として広く親しまれています。特に、女性の健康や美容に効果が高いものとしての認識があるため、女性には人気のある食品です。

女性の健康に良いものということで、妊婦さんになっても飲んでいるという人もいますが、豆乳は妊娠している女性にとって、問題なく飲んで良いものなのでしょうか?

そこで今回は、

・妊婦さんが豆乳を飲むと何がいいの?
・妊婦さんが豆乳を飲むときの注意点は?
・一日にどれだけ豆乳を飲んでもいいの?

といった方に、妊婦さんは豆乳を飲んでもいいのか、その効果や注意点について詳しくご紹介します。

妊婦さんが豆乳を飲むと良い点は?

豆乳を飲むと良い点

美容や健康など、さまざまな良い効果をもらたすといわれている豆乳ですが、妊婦さんにとってどのような部分が良いのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

植物性たんぱく質で健康的

豆乳は大豆から作られた飲み物ですので、完全に植物性のものです。

たんぱく質が多く含まれているにも関わらず、牛乳と比べてみてもカロリーが抑えられるので、妊婦さんにとっても健康的な飲み物といえます。

良質な植物性たんぱく質は、体の中でアミノ酸に分解されて体の中に届けられます。

豆乳は体にとって重要なアミノ酸の中でも、動物性たんぱく質から作られるものに近いアミノ酸を含んでいます。

動物性たんぱく質が食べられない妊婦さんや、カロリーを気にしている妊婦さんにとって、良質なたんぱく質を含む豆乳は非常に有効な食品です。

妊娠初期につわりなどで、色々な食べ物から栄養を摂れず、妊婦さんは悩んでしまうことも多いのですが、豆乳を飲むだけで妊婦さんに必要な栄養素がたくさん摂れるので、栄養補給という観点からも非常に優れた食品です。

つわりで食べ物が食べられなくても、市販されている豆乳ならさまざまな味やバリエーションがあるので、好みの味を見つけるのも良いです。

カルシウム不足を補う

妊娠中は、赤ちゃんの骨や歯の成長のため、カルシウム不足になりがちですが、豆乳にはカルシウムも豊富に含まれているので、この点でも優れています。

また、カルシウムを定着させるためのマグネシウムも豆乳にはたくさん含まれています。

カルシウムを体の中に蓄積するためには、女性ホルモンが深く関係していますが、豆乳は女性ホルモンを助ける働きがあります。

カルシウムは、お腹の赤ちゃんの成長に必要というだけではありません。出産をしたあとの女性は、妊娠中にカルシウムが不足しがちになるので、その後の健康においても骨や歯がもろくなるという傾向があります。

また、女性は高齢になってくると骨粗しょう症の問題も出てきますので、常にカルシウムを意識的に摂取することが大切です。

女性は生涯において、カルシウムをしっかりと摂る必要があるため、妊娠するまで意識的にカルシウムを摂取していなかった女性は、豆乳でヘルシーにカルシウムを摂っていきましょう。

体重をコントロールしやすい

つわりの時期を終えると、妊婦さんは徐々に食欲が戻り、その反動でついつい食べ過ぎてしまう傾向にあります。

妊娠中期から出産までの間は、しっかりと栄養を摂りながら体重が増えすぎないように細心の注意を払います。

栄養の中でも、たんぱく質は妊婦さんにとってもお腹の赤ちゃんの成長にとっても重要ですが、肉から摂るたんぱく質は、動物性たんぱく質なのでコレステロールや脂質が気になります。

豆乳に含まれるたんぱく質は植物性たんぱく質ですが、動物性たんぱく質に非常に近く脂質も含んでいます。

栄養はしっかりとありながら、低カロリーでコレステロールを気にしなくてもよいという点は、体重を管理しなければいけない妊婦さんにとって非常に優れた健康食品といえます。

血流を良くする

妊婦さんは、お腹の赤ちゃんに栄養を与える大きな役割がありますが、その役割をしているのが血液です。

そのため、妊娠中は血液の量が普段よりも増えるほどです。血液が増えても血流が悪いと、赤ちゃんにしっかりと栄養を与え、老廃物を回収するという機能が充分果たせません。

たくさんの血液が、しっかりと体を巡ることが大切になってくるので、血流をよくすることは非常に重要なのです。

豆乳にはレシチンという成分が含まれていますが、レシチンは細胞に酸素や栄養素を取り込み、排出する働きがあります。

細胞の中にはレシチンがありますが、豆乳によってレシチンがしっかりと補給されることで細胞の働きを活性化してくれます。

また、レシチンは体の中の油を溶かす働きもあり、血液をサラサラにしてくれます。

血液中の油や老廃物を綺麗にしてくれるので血液の流れがよくなりますし、血管で動脈硬化が起こることを防いでくれます。

他にも、コレステロールや脂質を抑えてくれるため、妊娠中で体重を気にしている妊婦さんにとっては非常にありがたい成分です。

妊娠後期などに過度に体重が増えてしまうと、妊娠中毒症にかかりやすくなるので、豆乳によってレシチンを補うことは大切です。

サポニンによって血管が広がる

豆乳のレシチンによって血流がよくなりますが、豆乳にはサポニンという成分も含まれています。

サポニンも血中のコレステロールや脂質を抑え、血管を広げてくれますので血流が良くなります。

便秘解消

豆乳には、大豆オリゴ糖という腸内の善玉菌を増やすサポートをしてくれる成分が含まれています。

腸内環境を良くすることで便秘が解消され、体調がよくなります。また、腸の調子が良いと精神面でも安定しますので妊婦さんに非常に有効です。

妊婦さんが豆乳を飲むときは注意が必要

豆乳に含まれる栄養素はたくさんありますが、特に大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンの働きとよく似た働きをするので、女性や妊婦さんにとっては非常に有効な栄養成分でもあります。

栄養満点でヘルシーなことから、豆乳をたくさん飲んでいるという妊婦さんがいますが、豆乳の過剰摂取は、妊婦さんだけでなくお腹の赤ちゃんにも色々な問題があるので、注意が必要です。

ホルモンのバランスが偏る

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンというものがありますが、これらのバランスが体にとって非常に大切です。

妊婦さんの場合、妊娠と出産に関してもこれらの2つのホルモンバランスは重要です。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンはエストロゲンと非常に働きが似ています

このため、豆乳を過剰摂取すると、大豆イソフラボンを過剰摂取することになり、女性ホルモンのバランスが大きく崩れてしまう危険性があります。

ホルモンバランスが異常に乱れることで、胎児の発育に影響を及ぼす可能性があるといわれているため、注意が必要です。

遺伝子に影響する可能性がある

大豆イソフラボンを過剰摂取すると、DNAの合成やコピーに深く関わるトポイソメラーゼⅡという酵素に悪い影響を与える恐れがあります。

遺伝子に影響するということは、お腹の赤ちゃんの成長に影響するということなので大豆イソフラボンは過剰摂取してはいけません。

豆乳だけに栄養を頼り過ぎない

豆乳は、妊婦さんにとって非常に大切な栄養素をたくさん含んでいますので、栄養を豆乳を飲むことで完全に補おうと考える人がいます。

豆乳さえ飲んでいれば他の食事がおろそかになっても問題ないというものではありません。

妊娠中の栄養は、色々な食品からバランスよく摂取することが理想ですので豆乳だけに栄養を頼りすぎてはいけません。

豆乳でも体重は増える!

豆乳は高たんぱく、低カロリー、低脂質で、他の栄養素も色々含まれているので栄養価満点で太らないスーパーフードであると勘違いしている人がいますが、たとえヘルシーな豆乳でもたくさん飲みすぎることで太ります

豆乳は栄養満点だけど、太らないというものではありませんので、過剰に摂取しすぎると体重増加につながります。

妊婦さんが豆乳を飲む一日の適正量と飲み方は?

一日の適正量と飲み方

豆乳は栄養がたくさん含まれていますので、特に女性にとって非常に有効な食品ですが、過剰摂取することで女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことがあります。

そのため、国は食品から摂取する大豆イソフラボンの1日当たりの摂取目安量の上限を、70~75mg、さらにサプリメントなどで補う場合、一日上乗せ摂取量の上限値を30mgとしています。

これは豆乳ならばコップ2杯程度(400g)で補えます。また、大豆食品である納豆ならば1パックほどです。

しょうゆ、味噌、豆腐、納豆という食品が日頃から食べる習慣のある私たち日本人は、普通に栄養バランスのとれた和食を中心とした食生活をしていると、適度な大豆イソフラボンの摂取量になります。

ですが、その他にサプリメントでイソフラボンなどを摂取している場合は、摂取量が過剰にならないように注意しましょう。

妊娠中であるからと、大豆イソフラボンをたくさん摂る必要はありません。和食中心の食生活を心がけて、たくさんの食品を食べることで自然に大豆イソフラボンを摂取できているのです。

これらの点を踏まえた上で、つわりなどでなかなか食品を食べられない人は、サプリメントや豆乳を意識的に摂取するようにしましょう。

豆乳とアレルギーについて

現代人はアレルギー体質の人が非常に多く、妊婦さん自身がアレルギーがあるという人もいれば、産まれてくる赤ちゃんがアレルギーだという人も多いのが現状です。

アレルギーといってもさまざまなアレルゲンがありますが、卵、牛乳、大豆、小麦などは非常にアレルギーが多い食品となります。

妊婦さんのアレルギーや、妊娠中の食事と生まれてくる赤ちゃんのアレルギーに因果関係があるのかという問題については、今のところはっきりしていません。

アレルギーを起こしやすい食品を妊婦さんが食べたから、生まれてくる赤ちゃんがアレルギーを起こすというものでもありません

妊娠中にアレルギー食品を除去しても、生まれてくる赤ちゃんのアレルギーを予防することにはなりません

大豆イソフラボンを摂取したからといって、生まれてくる赤ちゃんが大豆アレルギーになるというわけではありませんが、1つの食品に偏って栄養を摂らないように、色々な食品を食べて、バランスよく栄養を摂ることが大切です。

生まれてくる赤ちゃんを大豆アレルギーにさせないために、豆乳を摂取しないということをしてもあまり意味がありません

豆乳は冷たい方かいい?温かい方がいい?

豆乳も、成分無調整のものは大豆独特の青みのある味や匂いがあるので、飲みにくい方が多いのですが、調整豆乳や味が付いたものは、冷たく冷やしたものでも比較的抵抗もなく、美味しく飲むことができます。

しかし、妊娠している人は体を冷やさない方が良いので、常温のものや少し温めた状態の豆乳を飲む方がおすすめです。

温めたものにココアを入れたり、甘みをつけたり、コーヒーを入れてカフェオレ風に味わうのも美味しいです。

美味しくて体も温まりますし、リラックス効果もあるので、眠る前に飲むのも効果的です。

豆乳鍋を食べる

豆乳鍋を食べると豆乳の栄養だけでなく、野菜もたくさん食べることができ、体も温まりますのでおすすめの食べ方です。

豆乳を鍋でグツグツ煮ることで、栄養価が壊されるのではないかと心配する人もいますが、豆乳は作られる時にすでに加熱されていますので、豆乳鍋として豆乳をとっても問題ありません。

ただし、長時間煮ることで豆乳の成分が分離して、ぼそぼそになってしまうのでその点は注意が必要です。また、味噌との相性も非常に良いので味噌汁に入れて味わうのもおすすめです。

豆乳が苦手な人はサプリメントを利用する

いくら栄養があるからといっても、苦手なものを無理矢理飲むということは非常にストレスがかかります。

このため、妊婦さんでどうしても豆乳が苦手だという人は、サプリメントなどで栄養を補うようにすれば問題はありません。

また、味噌やしょうゆ、豆腐、納豆などの他の食品を食べるようにすれば良いので、あまり気にしないようにしましょう。

まとめ

豆乳には、妊婦さんにとって嬉しい植物性たんぱく質やカルシウム、レシチン、サポニンなどが含まれており、栄養満点で低カロリーな食品です。

体重が増えがちになる妊婦さんの栄養をしっかりサポートしながら、体重をしっかりコントロールでき、カルシウム不足を解消し、血流までよくするスーパーフードです。

ですが、豆乳を過剰摂取することで女性ホルモンのバランスが崩れる恐れがあるので、気をつける必要があります。

特に、日本人が食する和食には大豆製品が多く、普通に和食中心の食生活をしていると必要な大豆イソフラボンを摂取することができます。

妊婦さんだからといって、豆乳から必要以上に大豆イソフラボンを摂る必要はないということを覚えておきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる