妊娠中は温野菜でヘルシーな食事

妊娠中は温野菜でヘルシーな食事!妊婦さんに必要な栄養素とは?



妊娠中はお腹の赤ちゃんの成長のために妊婦さんはしっかり栄養を摂ることが大切です。

とはいえ、どうしても不足しがちになるのが野菜。

ですが、温野菜にして積極的に食べると、妊婦さんの体調や体重管理にとって非常に有効となります。

そこで今回は、

・妊婦さんに野菜が必要なのはなぜ?
・野菜を食べるなら温野菜がいい理由は?
・どんな栄養素がどんな働きをするの?

といった方に、妊娠中に温野菜を食べることでどんな良いことがあるのか、どんな栄養素が必要なのかについて詳しくご紹介します。

妊娠中に必要な栄養素

妊娠中に必要な栄養素

妊娠中は、妊婦さん自身の栄養補給も大切ですが、お腹の中の赤ちゃんの成長のためにしっかりと栄養を摂ることが大切です。

たくさん食べれば良いというものではなく、栄養のバランスが良いことが重要ですが、それと同時に意識的に摂るべき栄養素が葉酸、鉄、カルシウムです。

葉酸は、お腹の中の赤ちゃんが新しい細胞を作って成長するために非常に重要な栄養素で、葉酸を十分摂ることで、無脳症や二分脊椎症という胎児の病気のリスクが減ります

また、鉄分はお腹の中の赤ちゃんに十分な栄養を送るための、血液を作るために必要な栄養素です。

特に妊娠中期から後期にかけては赤ちゃんの成長が著しく、赤ちゃんの成長のために妊婦さんの赤血球が非常にたくさん必要になるため、貧血の症状が出てくる妊婦さんが増えます。

カルシウムは、赤ちゃんの骨や歯を作る栄養素ですので、不足しないように積極的に摂る必要があります。

体重管理が大切

妊娠中は栄養のバランスが大切ですので、いろいろな食材を満遍なく食べましょう。

しかし、妊娠中は栄養があるからと何でもたくさん食べて良いということではありません。

必要な栄養素をバランスよく食べることが重要なのであって、カロリーを無視して何でも食べても良いというものではありません。

妊娠初期の頃はつわりなどが原因で、なかなか食べ物を食べられない人も多く、体重が増えるどころか減るという人も珍しくありません。

ですが、多くの妊婦さんは妊娠中期から妊娠後期にかけて非常に食欲が増し、体調も良くなり、食欲も出てくる頃に一気に体重が増えてしまうことがよくあります。

体重が増えて脂肪が体に付くと、産道が狭くなるので難産になりやすい傾向にあり、体重が増えることで腰痛などが酷くなることあります。

また、太りすぎると妊娠中毒症にもなりやすくなるので、妊娠中の体重管理は非常に重要になります。

栄養を摂る必要がありながら、体重が急激に増やすことができない妊婦さんにとっては、栄養が豊富でカロリーが低い、食物繊維が多い野菜を積極的に食べることが重要になってくるのです。

生野菜や炒め野菜より温野菜

妊婦さんに食べて欲しい野菜ですが、生野菜や炒め野菜より温野菜の方が体調管理や体重管理に有効な理由をご紹介します。

野菜をたくさん食べられる

野菜が健康に良いというのは、妊婦さんに限りません。

いろいろな野菜、季節の野菜を食べることが大切ですが、1日に食べることのできる量は限られています。

野菜の栄養を生野菜のサラダで補おうとしても、生野菜だと思ったほどたくさんの量は食べられません。

野菜をゆでた温野菜だと、無理なくたくさん野菜を食べることができます

例えばキャベツなどを食べるとしても、生野菜だとたくさんの量は食べられませんが、ゆでたキャベツだと無理なくたくさんの量を食べることができます。

体を冷やさない

妊娠中は体を冷えから守ることが大切です。

夏などは食べ物が熱いと、食べるのも嫌だという人もいるかもしれませんが、生野菜や冷たいものは、妊婦さんの体に入るだけで体を冷やしてしまいます。

冷えたものを食べたいという気持ちも分かりますが、妊婦さんはできるだけ温かい食べ物を食べた方が良いという観点からも温野菜は優れています。

油や塩分の摂取を抑えられる

生野菜を食べる場合、多くの人がドレッシングなどを利用します。

オイルフリーのドレッシングだと良いのですが、一般的なドレッシングは油もたくさん入っており、塩分もたくさん含まれているので、野菜を食べてカロリーを抑えているつもりでも、意外とドレッシングでカロリーや塩分を摂ってしまっている可能性があります。

また、野菜を炒めたり、揚げるという調理法は油をたくさん使います。

栄養のために野菜を食べても、過剰な油を摂取しないというのが理想という観点から考えると、野菜を茹でて食べる温野菜は妊婦さんの食事に適しています。

茹でた野菜は甘みが増すので、そのまま食べても美味しいですし、薄く味付けするだけで美味しく食べることもできます。

栄養が逃げない

栄養を摂るために野菜を食べるのであれば、できるだけ野菜の栄養価を逃がさないように調理して食べたいものです。

野菜の栄養を逃さず食べるためには生野菜を食べるのが一番です。熱を加えたり、調理をすることで栄養価が壊れたり、流れてしまう可能性があるためです。

しかし、生野菜だとたくさんの量が食べられないので、熱を通した方がたくさん食べることができます。

熱を通す場合は、炒めるよりも茹でるという調理法の方が、栄養を逃さず摂ることができるのでおすすめです。

野菜を茹でる場合、お鍋で水と一緒に茹でる方法もありますが、その方法だと茹でて熱を通している間に、ビタミンなどの栄養が水に流れてしまうので効率的ではありません。

お湯で茹でるならば、できるだけ茹で時間が短くなるようにしましょう。

野菜を温野菜として食べるならば、電子レンジで調理して熱を通すという方法を取ることで栄養価をできるだけ留めて食べることができます。

生野菜よりも温野菜の方が抗酸化力があり、摂取した栄養が体に吸収されやすくなるのでおすすめです。

殺菌作用がある

妊娠中は、細菌やウィルスからの感染症にかからないように特に注意が必要です。

食事も生のものよりも、熱を通して一度殺菌されているものを食べる方が、体を細菌から守るという意味では安心できます

特に食中毒の多い梅雨の時期などは、生野菜よりも温野菜でしっかり熱処理してから食べるようにしましょう。

妊娠初期に食べたい温野菜

妊娠初期に食べたい温野菜

妊娠初期はつわりなどで食べ物が食べられない、食の趣味が激変するという人も多いので、妊婦さんにとっては食べることが一番辛い時期かもしれません。

つわりで辛い場合は無理することなく、まずは自分が食べられるものを食べましょう。

できるだけ野菜を食べるようにしたいですが、好きなもの、食べたいものを食べることも大切です。

野菜ジュースを飲んだり、温野菜をジューサーなどにかけて、野菜スープをまとめて作っておくのもおすすめです。

さっぱりするようにレモンやしょうがの風味をつけたり、冷たい冷製スープも喉越しがよくなります。

妊娠初期は、直接お母さんの食べたものがお腹の赤ちゃんの栄養になるわけではありませんが、できるだけ葉酸は積極的に摂りましょう。

食べられない場合は、サプリメントなどで補うのも良い方法ですが、ブロッコリーやかぼちゃなどは葉酸がたくさん含まれています。

ブロッコリーをまとめて茹でて保存していたり、かぼちゃをまとめて煮たり、電子レンジにかけたものをスープ状にしておくとつわりの時にでもすぐに食べられます。

妊娠中期以降の食生活について

妊娠中期以降は体調もよくなり、つわりで食べ物が食べられないということはあまりありません。

つわりの時に食べられなかったものでも、急に食べられるようになるので赤ちゃんの成長を考えて、バランスの良い食生活にする必要があります。

妊娠中期は食欲がある一方で、貧血や妊娠中毒症になりやすい時期でもありますので注意が必要です。

何を食べても美味しく、つわりの時に食べられなかった人はその反動で妊娠中期になると食べ過ぎる傾向がありますが、妊婦さんのカロリー摂取量としては1日2200キロカロリーほどを目安に食べるように心がけましょう。

妊娠中の食事で一番大切なことは、栄養バランスを整えながら、食事の量が過剰にならないようにすることです。

食べ過ぎると太ると考える妊婦さんが多いですが、食べなさ過ぎると栄養不足になって赤ちゃんの成長に影響があります。

また、不足しがちなビタミン、ミネラル、葉酸、カルシウム、鉄分にを積極的に食事に取り入れましょう。

緑黄色野菜を温野菜にして食べることで、ビタミンやミネラルの不足を補うことができます。

葉酸の働きと野菜

葉酸の働きと野菜

葉酸は細胞分裂に必要な栄養素なので、お腹の赤ちゃんの成長に非常に重要です。胎児の先天性異常のリスクを下げ、生まれてからの赤ちゃんの成長にも役立ちます

また、葉酸は赤ちゃんの成長だけに有効なのではなく、お母さんの貧血対策にもなりますので積極的に摂るべき栄養素です。

葉酸はビタミンB群に属する栄養素です。このため、ビタミンB群をまとめて摂取することでその働きが相互作用で大きくなります。

特にビタミンB12は葉酸と同じように、血を作るために非常に有効な栄養素です。貧血対策で葉酸を摂るならば、鉄分も一緒に摂取することが大切です。

ビタミンCを葉酸と摂取することで、葉酸の働きがよくなるといわれています。

葉酸は野菜にもたくさん含まれていますが、肉や魚果物、乳製品などいろいろな食材に含まれていますので、野菜だけでなく多くの食品群から広く食べることも大切です。

葉酸の多い野菜

葉酸が多く含まれている野菜は、

ほうれん草
ブロッコリー
切り干し大根
パセリ
芽キャベツ
アスパラガス
えだまめ

などです。葉酸の多い野菜を洗って電子レンジにかけて、温野菜にして食べるとたくさん食べられます。

特にえだまめなどは、冷凍のえだまめが一年中スーパーなどで簡単に手に入れることができます。

冷凍されたものに水をかけて解凍することで食べられるようなものもありますので、食事に1品足したり、おやつにえだまめを食べるのも良い方法です。

ほうれん草やブロッコリーも一度にたくさんゆでて、すぐにいつでも食べられるように保存しておくと良いですし、切干大根なども常備菜として簡単に煮物を作っておくと重宝します。

ビタミンCの働きと野菜

妊娠中は、常に体の免疫力を高めておくということが大切です。

お母さんの免疫力が下がると感染症にかかるなど、病気のリスクが上がり、お腹の赤ちゃんにその病気が影響する危険があります。

ビタミンCは免疫力アップのために非常に良い栄養素なので、妊婦さんは積極的に摂ることが大切です。

お腹の赤ちゃんにとってビタミンは脳や血管、骨の形成に関わる重要な栄養素です。ビタミンCは水溶性なので水に溶けやすく、熱に弱いので調理法に気をつけるようにしましょう。

しかし、加熱してもビタミンCが破壊されにくい野菜として、ジャガイモやサツマイモがあります。

ジャガイモやサツマイモは、酸素と接触させずに過熱すると熱に弱い食材ではなくなります。

例えば、ジャガイモを油で揚げて調理したフライドポテトは、ビタミンCが非常にたくさん含まれています。

一方、水に溶けやすいという性質があるので、温水で茹でるとビタミンCはどんどん外に流れてしまいます。

茹でる時間が長くなれば、それだけビタミンCが流れてしまうので、短時間で茹でるか電子レンジなどで蒸すという調理方法をとりましょう。

ビタミンCの多い野菜

ビタミンCの多い野菜は、

ピーマン
芽キャベツ
ゴーヤ
ケール
ジャガイモ
サツマイモ
レンコン
ブロッコリー
カリフラワー

です。こちらを参考にして食べましょう。

カルシウムの働きと野菜

カルシウムの働きと野菜

カルシウムは胎児の骨や歯の成長のために非常に重要な栄養素です。

また、妊娠中に胎児の成長にカルシウムがほとんど使われてしまうので、妊娠中も出産後でもカルシウムが不足しているお母さんは、骨粗しょう症になりやすいので注意が必要です。

1日に600ミリグラムの摂取が必要ですが、妊娠中は900ミリグラムを目標にしっかりカルシウムを摂りましょう。

また、カルシウムを効率的に体に吸収させるために、マグネシウムを摂取することも大切です。

カルシウムとマグネシウムの多い野菜

カルシウムを多く含むのは、

大根の葉
小松菜

などです。マグネシウムを多く含む野菜は、

えだまめ
オクラ
ほうれん草

などです。カルシウムを効率よく吸収するためにも、一緒に食べるのがおすすめです。

食物繊維の多い温野菜は便秘対策になる

妊娠後期になると、お腹が大きくなって内臓を圧迫するので便秘になる妊婦さんが増えます

このため、妊娠中は積極的に便秘解消のために食物繊維を食べるようにして、腸の働きをよくすることで便秘にならないように心がけましょう。

食物繊維の多い野菜

食物繊維の多い野菜は、

ごぼう
オクラ
インゲン

などです。ただし、すでに便秘気味の方が、ごぼうなどに含まれる、水に溶けない食物繊維(不溶性食物繊維)を摂りすぎると、腸内の水分を吸収しすぎてしまい、さらに便秘がひどくなる場合があります。

それを防ぐためにも、たくさんの水分と一緒に摂る必要があります。味噌汁やスープなどで食べることを意識しましょう。

まとめ

まとめ

妊婦さんは、妊娠中に赤ちゃんの成長に必要な栄養を摂りながら、体重のコントロールをしたり、便秘にならないようにしたりする必要がありますが、温野菜を積極的に食べることで栄養を摂りつつカロリーコントロールがしやすくなります。

ゆでたり、蒸したりするというのは調理法も簡単で、たくさんの野菜が食べられるというのも、妊娠中に温野菜を積極的に食べるメリットです。

美味しくて、カロリーが低く、栄養価も高い温野菜を妊娠中に積極的に食べて元気な赤ちゃんを育てましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる