妊娠したら汗の匂いが臭い

妊娠したら汗の匂いが臭い?妊娠中にかく汗の匂いの原因と対策



妊娠が分かってからというもの、大量の汗に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

妊娠中は赤ちゃんを守るために脂肪が付きだすだけでなく、血液量が増して、新陳代謝も上がり、その結果汗をかきやすくなります。

しかし、妊娠は長期間続くもの。夏の暑いシーズンをまたいで、妊娠期を過ごすママにとっては、悩みのタネにもなります。

また、汗は時間の経過とともに匂いを発します。汗だけでも嫌なのに、臭い匂いがしたら、恥ずかしいですよね。

妊娠期の汗は、妊娠していない時の汗と比べ、匂いも強いといわれています。

そこで今回は、

・妊娠したら汗が臭うようになった!
・妊娠中の汗が臭いのはなぜ?
・妊娠中の汗対策について知りたい!

といった方に、妊娠中の汗と匂いの原因、その対策について詳しくご説明します。

妊娠中にかく汗で気になる点は?

妊娠中にかく汗で気になる点

妊婦さんたちが口々に悩みの一つとして挙げる汗ですが、汗のどんな点が特に気になっているのでしょうか?

口コミなどから妊婦さんが気になる汗の悩みをまとめてみると、

・たくさん汗をかくため、恥ずかしい
・脇汗がひどく、汗染みなども目立つようになった
・汗で化粧が落ちてみっともない
・自分の匂いが気になるようになった
・わきが臭がするようになった
・汗が止まらず、ハンカチが手放せない

などの意見が多くあります。

妊娠すると、お腹の胎児を守るために腹部や腰回りの脂肪の量も増え、血流も大きく増すため、汗をかくようになるのですが、その汗の量や匂いに困っている妊婦さんが多くます。

妊娠する前は汗もそれほどかかず、匂いもひどくなかったのに、妊娠したら汗をかくだけでなく、匂いが気になりだす方も増えます。

どうして汗の匂いが臭くなってしまうのでしょうか?

本来汗は臭くない?

汗は、体温の上昇を防ぐ目的で、体の中の水分を外に排出し、その水分を空気中に気化させることで、熱を放出させますが、時間が経過したりすると匂いを発することもあります。

主に皮膚表面からかく汗は、エクリン腺という汗腺から出てくるのですが、その出てきた汗は体内の水分だけしか含まれていないため、ほとんど匂いがすることはありません

ですが、妊娠して汗の匂いが気になりだしたとママはたくさんいます。これは、人間の皮膚に存在する常在菌のせいなのです。

常在菌は、病原菌などが肌についた時に、それが体内に侵入してしまい、病気にならないために存在するもので、人間が生きていくために必要な菌なのですが、汗をかくと皮脂や角質と一緒に流れ出します。

皮脂や角質の中には常在菌が付いていますので、時間の経過とともに菌が繁殖を始めます。これが汗の匂いの原因となります。

一般的に汗の匂いがもっとも強くなるのは6時間後といわれていますので、汗を匂わせないためには、この時間の経過なども頭に入れておきましょう。

アポクリン汗腺から出る汗は臭い?

アポクリン汗腺は、わきの下や耳の後ろ、乳輪や陰部に存在する汗腺です。

アポクリン汗腺から出る汗は、皮膚の表面にあるエクリン腺の汗と違い、水分だけが出てくるわけではありません。

70%から80%は水分でできているのですが、その汗の中にはたんぱく質や脂質、アンモニアなどが含まれています。これらの成分が汗の匂いと感じることになります。

わきがという臭い汗も、このアポクリン汗腺に含まれている成分が原因となっています。この成分は水分ではありませんので、当然、時間の経過で菌を繁殖し始めます。

ただでさえ気になるアンモニア臭なども、細菌が繁殖することで余計に臭さを感じることになってしまいます。

妊娠中に汗が臭く感じるのはなぜ?

妊娠中は子供を育てるために、体が大きく変化します。ホルモンの分泌が増えたり、脂肪が付きだしたりと、見た目にも変化が分かるようになります。

そんな妊娠期や出産後は、体質まで変わってしまうという話さえ耳にします。

汗の匂いが気になりだすようになると、「妊娠したことで体質が変わってしまい、匂いがするようになってしまったのでは?」と心配してしまう妊婦さんもいます。

妊娠して汗が匂うようになるのは、どのような原因が考えられるのでしょうか?

アポクリン汗腺からの汗の分泌が多くなるため

先ほどもお話ししましたが、汗の中でも匂いのある、アポクリン汗腺の汗の分泌が増えることが考えられます。

妊娠前はその汗の量も少量であったために、臭いと感じることはなかったのですが、汗腺が活発になったことでアポクリン汗腺から出る汗の量も増え、匂いを発するようになってしまったのかもしれません。

もちろん個人差はあるのですが、妊娠中は便秘になる方も多くいます。

便秘になれば外に排出できない老廃物が血液などに吸収されますので、当然汗の匂いを臭くさせてしまいます。

アンモニアなどツーンとした匂いが強くなったと感じているのであれば、便秘が原因していることも考えらます。

乳腺の発達

妊娠すると、出産後ミルクをあげるために、乳腺が急激に発達し始めます。

乳腺を形成する細胞が活発になりますので、乳輪にあるアポクリン汗腺も妊娠前と比べ、働きを増します。

脇にあるアポクリン汗腺同様、乳輪にあるアポクリン汗腺から出る汗は、アンモニアなどを含んでいますので、匂いを強く感じるという訳です。

妊娠中は自分の汗の匂いにも過敏になる!

妊娠中は、ただでさえ匂いに過敏になる時期です。特に妊娠初期は、ささいな匂いがつわりを誘います。

炊き立てのご飯の匂いや、魚の匂い、歯磨き粉など色々な香りが苦手になり、その匂いを嗅ぐだけで気分が悪くなってしまう、臭いづわりになる方もたくさんいます。

こうしたつわりには個人差がありますが、中には自分の体臭や汗の匂いを不快と感じてしまう方もいます。

妊娠前と匂い自体は変わっていないのですが、自分が気になりだしたことで臭いと感じてしまうケースが考えられます。

もちろん臭いと感じた自分の匂いを、夫や他人に相談することはなかなかできません。

そうした理由から、匂い自体はまったく変わっていないことにも気が付かず、つわりが原因となっていることにも気が付いていないだけかもしれません。

もちろんそれ以外のケースも考えられますが、この臭いづわりが原因となって、汗の匂いに敏感に反応しているだけかもしれません。

妊娠中に汗の匂いを抑える対策とは?

妊娠中に汗の匂いを抑える対策

妊娠中どんなに努力しても汗は止めることができません。汗と上手に付き合っていく必要があります。

そのためにも妊娠期は汗対策をしていくことが大切です。汗の匂いなどが気にならないようしっかりケアを行っていきましょう。

まずは汗を放置しないことが大切

エクリン腺から出る汗もアポクリン汗腺から出る汗も、時間が経過してしまうと細菌が繁殖し始めることになります。

そうなれば汗の匂いも当然臭いと感じてしまうことに。まずは汗をかいたらできるだけ、そのままにしておかないことが一番大事な汗対策といえます。

小まめにハンカチやポケットタオルなどで汗を拭くようにしましょう。

6時間以上経つ前にシャワーを浴びよう

汗をかいて、すぐにシャワーを浴びることができれば、汗が臭うといった心配の必要はありませんが、やはり外出中などはシャワーを浴びることができません。

また、妊娠してただでさえ動くのが辛いのに、シャワーを汗をかく度に浴びるのは大変です。

汗の臭いがもっとも強くなるのは6時間後といわれていますので、これを目安としてシャワーを浴び、汗を洗い流すようにすると良いでしょう。

いくらハンカチでふき取っても少量の汗は残ってしまいます。その汗に細菌が繁殖し、臭いを発生させてしまいますので、汗の匂いが気になる方は、6時間以上汗を放置しないよう心がけましょう。

必ずその前に入浴したり、シャワーを浴びるようにしてみましょう。

6時間経つ前に下着などを着替えよう

汗をかくと、着ている洋服などにも浸み込みます。その汗が臭くなってしまう前に着替えられるようであれば、新しい洋服にチェンジしましょう。

すべて洗濯するのは面倒というのであれば、下着だけを交換するのがおすすめです。汗を一番吸っている下着を、新しいものに変えてみるようにしましょう。

汗脇パットを使おう

外出する時に汗染みが気になる妊婦さんも多いですが、特に汗染みが気になる部分は脇の下です。

わきの下であれば、汗脇パットを活用してみるのもおすすめです。一日分の汗もすんなり吸収してくれるので、外出中でも脇汗を気になることがなくなります。

また、マタニティーウェアーには、こうした汗脇パットが付いているものが売られています。

妊婦さんのために作られた洋服というだけあって、さまざまな工夫がなされていますが、汗脇パットが付いている点もその一つです。マタニティーウェアーを上手に活用してください。

通気性のある服を選ぼう

洋服が密着していると汗が服にまで浸透し、細菌の繁殖を進めてしまいます。そうならないためにも通気性の高い、密着度の少ない洋服を選んでみるのがおすすめです。

脇の下などゆったりとしているものを選べば、脇の汗染みも気になる必要がなくなります。妊娠期の洋服選びの参考にしてみてください。

消臭効果のある制汗剤を使おう

市販されている制汗剤は種類もたくさんありますが、その効果は主に汗の出を抑えることと雑菌の繁殖を抑えることです。

妊娠中の汗の量を調節でき、雑菌の繁殖を抑えてくれるので、臭いを素から防ぐことができます。

スプレータイプやロールオンタイプ、クリームタイプなど色々なものがありますが、一番制汗効果が期待できるのはやはりクリームタイプです。

妊娠中汗が気になるようであればクリームタイプのものを使ってみるようにしましょう。

制汗シートで汗を拭きとるのもおすすめ

制汗剤の特性を生かした制汗シートが売られていますが、これも妊婦さんの汗対策として活用してみましょう。

制汗シートで汗を拭きとれば、汗が綺麗になりますので、スッキリさっぱりするだけでなく、細菌の繁殖を抑えることができます。まさに一石二鳥です。

石鹸やフローラルなどいい香りがするものも売られているため、汗の臭いを忘れることもできそうです。妊婦さんには特におすすめのアイテムです。

ただし、つわりを招かないためにも、しっかり香りを確かめた上で購入してください。

制汗剤は使っても大丈夫?そんな方にはミョウバンもおすすめ!

制汗剤が良いと知ってはいても、やはり妊娠しているから本当に使って大丈夫なのか心配な方もいます。

制汗剤は、基本的に皮膚や体内に吸収されるものではないため、使っても問題はありません

メーカーによって成分などに違いはありますが、化粧品と似通った成分となっているため、妊娠中に化粧することに抵抗がないというのであれば、使用しても大丈夫です。

どうしても使いたくないのであれば、ミョウバンを使ってみる方法もあります。ミョウバンは古代ローマ時代から消臭や制汗に使われていたこともあり、その効果もお墨付きです。

また、食品添加物としても使われているので、安心して使うことができます。

焼きミョウバンとして市販されているものを直接脇などに塗ったり、ミョウバンを溶かしたミョウバン水にして持ち歩き、制汗スプレーとして使用してみましょう。

汗対策はあせも予防にも効果的

妊娠中は汗の量が増えるため、どうしてもあせもができやすく、妊婦さんの肌トラブルの一つとなっています。

汗対策はそんなあせも対策としても有効です。汗とうまく付き合っていくことで、あせもの予防にもつながりますので、さっそく汗対策を始めてみてください。

まとめ

妊娠すると、お腹の赤ちゃんのためにお母さんお体の色々な機能も活発になり、汗をかくことも多くなります。

汗をたくさんかくと、汚らしい、不潔な感じがすると毛嫌いしたくもなりますが、汗を過剰に気にしてしまうとストレスになり、赤ちゃんにもあまり良いこととはいえません。

汗は子供が成長するためと、覚悟を決めて付き合っていくよう心がけましょう。汗の対策を始めることで、それほど不快感を覚えることも少なくなります。

赤ちゃんが生まれたら、汗をかく量も元に戻りますし、匂いを臭いと感じることもなくなります。

10か月間だけのことですので、それほど過敏になる必要はありません。汗と上手く付き合えるよう、対策や工夫を取り入れてみてくださいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる