妊婦さんが手足口病にかかると

妊娠中に妊婦さんが手足口病にかかると?赤ちゃんに影響は?



手足口病と聞くと、小さな子供がよくなる病気ですが、子供のいない妊婦さんには馴染みがない病気かもしれません。

夏になると子供がよくかかる病気ですが、手足口病に妊娠中の妊婦さんがかかると、胎児に影響があるのでしょうか?

そこで今回は、

・手足口病ってどんな病気?
・妊婦さんが手足口病にかかると赤ちゃんに影響ある?
・手足口病を予防するには?

といった方に、手足口病はどんな病気なのか、妊婦さんがかかった場合や予防法について詳しくご紹介します。

手足口病って何?

手足口病って何

手足口病は、その名前の通り、手、足、口に発疹があらわれることで知られています。

ウィルス性の感染症で、コクサッキーウィルスやエンテロウィルスなどが原因で発症し、口の中や手のひら、足の裏などに、ポチポチと小さく水ぶくれのような発疹があらわれます。

これらのウィルス経路はさまざまで、飛沫感染も経口感染も接触感染もするため、特に夏になって幼稚園のプールが始まったり、子供の多いプールを利用することで爆発的に感染が広がります。

感染者の多くは、免疫を持たない5歳以下の子供で、患者数の約9割を占めるといわれています。

一般的には例年7月の下旬に流行のピークを迎えます。症状としては、熱が出て、手、足、口の中に赤い発疹ができます。

手足口病に特化した治療薬はないので、熱が下がって、発疹が消えるまで安静を保つようにします。

通常は手足口病にかかると免疫が付くので、再び同じウィルスに感染することはないのですが、手足口病をもたらすウィルスが一種類ではなく、複数存在するので、他のウィルスに感染して手足口病を何度も繰り返すということはあります。

このため、免疫力のあるウィルスについては以後感染しませんが、大人になっても抗体を持たないウィルスには感染する可能性があるので、大人でも手足口病に感染します。

手足口病の症状は?

手足口病のウィルスに感染すると3~5日してから、口の中、手のひら、足の裏などに発疹が出ます。

くっきりと赤くなり、水ぶくれのような小さな発疹が出ることもありますが、個人差があり、うっすらとしか出ない場合もありますし、発疹自体でないこともあります。

発疹と同時に熱が出ますが、あまり高熱にならないのが一般的です。

発疹自体は1週間ほどで自然になくなりますが、水ぶくれになっているものを潰してしまうと、中の体液によって感染が広がるため、発疹を潰さないようにしましょう。

大人が手足口病にかかったら?

子供が手足口病にかかっても、熱は出るものの、比較的軽症で済むことが多いです。

しかし、大人が感染してしまうと子供のように軽症で済むこともありますが、重症化することがあるので気をつける必要があります。

重症化すると高熱が出ます。発疹は水ぶくれになってかゆみを伴ったり、痛みが出ることもあります。

大人が抗体のないウィルスに感染して、手足口病になってしまうと、子供よりも重症化する可能性が高くなります。

妊婦さんは特に免疫力を上げて、手足口病だけでなくいろいろな感染症から体を守りましょう。

子供が手足口病になったら?

初産の妊婦さんは、家に子供が同居していないことが多いので、手足口病にかかる可能性が低いですが、保育園や幼稚園など集団生活をしている子供と同居している妊婦さんは、手足口病を子供からもらってしまう可能性があるので注意が必要です。

感染経路が飛沫感染、経口感染、接触感染ですので、同居している家族でも小さな子供から順番に感染するというパターンが多くなっています。

大人も、ウィルスの種類によっては感染する危険もありますし、体調が悪かったり、抵抗力が下がっていると簡単にうつってしまいます。

妊婦さんは、できるだけ子供から感染しないようにマスクをしたり、タオルを分けたり、食事の時に子供の残ったものを食べないなど、ある程度は注意がする必要がありますが、まずは抵抗力を上げることが大切です。

手足口病は熱が下がって発疹が消えても、ウィルスがのどから1~2週間、排泄物から3~5週間ほどかけて排出されます。

手足口病の感染力が完全になくなるまでは1ヶ月ほどの時間がかかるので、熱が下がっても油断をせずに感染しないように心がける必要があります。

もし妊娠中に手足口病になったら?

妊娠していると、どうしても体の抵抗力が下がるので、家族の中で手足口病の患者が出てしまうと、大人である妊婦さんもかかってしまうことがあります。

妊娠中に感染症にかかると、胎児への影響が懸念されますので、手足口病に限らず病気にはかからないように細心の注意が必要です。

妊娠中に手足口病にかかるとどうなるかということについてですが、日本産婦人科学会は直接胎児の健康に悪影響を与えることはほとんどないとしています。

そのため、手足口病にかかった場合、対処療法や経過観察だけで問題がないとされています。

ですが、最悪の可能性として、流産や死産や胎児水腫の危険もあるとしています。

また、手足口病のウィルスの中でも、エンテロウィルスやコクサッキーウィルスは、稀にお腹の赤ちゃんに重篤な疾患を引きこす可能性があるともいわれています。

妊婦さんが高熱を出したり、発疹が出ると、何かしらの形で胎児の成長に影響がある場合もゼロとはいえないので、妊婦さんは手足口病にかからないように注意する必要があります。

手足口病には治療薬がない!

手足口病にかかると、治療薬がないので熱が下がり、発疹が消えるのを待つしか治療法がありません。

妊娠していると、できるだけ危険な病気は治療したいものですが、妊婦さんが手足口病になっても、治療薬も特効薬もないので自然治癒を待つしかありません。

熱が高い場合は解熱剤、発疹に痒みがあれば痒みを抑える薬で対処しますが、根本的に手足口病を治療する方法はありません。

安静にして栄養や水分、睡眠を取ってゆったりと過ごしていることが一番の治療方法で、1週間ほどで症状が治まります。

手足口病が疑われる時は産婦人科に相談する

家に子供が同居していて、その子供が手足口病にかかったあとに、妊婦さんが発疹を伴う発熱をしたらほぼ手足口病に感染したと判断できます。

妊娠中なので、病院に行って早く治療をしたいと考えてしまいますが、手足口病は簡単に感染し、抵抗力の下がっている妊婦さんの集まる産婦人科に感染者が行くと、病院で感染が拡大しますので、病院に行く前に必ず電話で症状や状態を説明して対処を相談するようにしましょう。

また、手足口病にかかった子供は、1ヶ月ほどは他に感染を広げる可能性があるので、容易に産婦人科の外来などに連れて行かないようにしましょう。

手足口病にかからないように予防する方法

予防する方法

妊婦さんが手足口病にかかっても、深刻なことにはならないことが多いのですが、妊娠中は何があるか分かりませんので、できるだけ病気にはかからない方が良いですし、熱を出さないようにすることが大切です。

このことから、妊娠中は手足口病にかからないようにあらかじめ予防することが、何より大切です。

手洗いうがいを徹底する

どんな病気でもそうですが、外から帰ってきたら、石鹸でしっかり手を洗って乾燥させること、うがいして口の中の細菌やウィルスを出すことが大切です。

手足口病の場合、感染経路が広いので、なかなか手洗いうがいだけでは対処できない面もありますが、あらゆる感染症から体を守るためにも、手洗い、うがいを徹底しましょう。

もし、家族に手足口病が出た場合は、手を拭くタオルなどは同じものを使用しないようにしましょう。

マスクをする

自分の子供が手足口病になった場合は、家の中でもマスクは着用するようにします。

また、手足口病は夏の時期に幼稚園や保育園で感染が広がるので、送り迎えの時も必ずマスクをするようにしましょう。

オムツ替えには注意

感染している子供の排泄物からウィルス感染しますので、子供が手足口病にかかったらオムツ替えには注意が必要です。

汚物が付いたオムツは、ナイロン袋などにしっかりと入れて封をします。できれば使い捨ての手袋など利用すると安心です。

そして、オムツ替えしたあとはしっかりと石鹸で手を洗い、できれば消毒液などを利用して徹底しましょう。

子供と同じものを使用しない

食器やコップ、お箸などは、つい子供の使ったあとに使ってしまうことがありますが、感染する可能性があるので、使用するものは別にしましょう。

食べ残しも食べないようにします。また、手拭のタオルは家族で使用せずに、別のものを利用するか、ペーパータオルなどの使い捨てを利用しましょう。

規則正しい生活をする

早寝早起きなど、しっかりと規則正しい生活をして自律神経を整えましょう。

自律神経が乱れてくると免疫力も下がってくるので、いろいろな病気にかかりやすくなります。また、妊娠中はゆったりとした時間を持ったり、ストレスを溜めないことも大切です。

昼寝をしたり、お茶を飲んだりしながら、できるだけ心にゆとりをもって生活をすること、病気にかかりにくい体になります。

栄養をしっかりととる

免疫力を落とさないためには栄養をしっかりとることも大切です。ビタミン類などをしっかりとると免疫力があがりますので、野菜や果物などを食べましょう。

また、バランスの良い食生活も大切ですので、肉や魚などの動物性たんぱく質も充分必要です。

腸内環境をよくすることで免疫力が上がりますので、発酵食品を食べたり、食物繊維のものを積極的に食べるようにしましょう。

掃除や除菌を徹底する

手足口病にかかった家族がいたら、掃除や除菌をいつもよりも徹底して行いましょう。

家族みんなが触る、ドアの取っ手や水道の蛇口、照明器具のスイッチ、リモコン、トイレ周りなどは。除菌用の薬剤やウェットティッシュなどでマメに拭いて除菌します。

家庭用の塩素系漂白剤を利用することもできます。

空気の入れ替えをする

手足口病は飛沫感染もするので、空気の中のウィルスをできるだけ無くすように部屋の空気の入れ替えをマメに行いましょう

また、空気清浄機などはウィルス対策があるものを利用すると良いでしょう。

家族にも予防をさせる

家族が多ければ多いほど、手足口病だけでなく、いろいろなウィルスや細菌を持って帰ってきます。

妊婦さんである自分は、病気にかかってはいけないという自覚があるのでマスクをしたり、手洗いうがいなどを徹底することはできますが、旦那さんや子供たちが病気に対して無防備であると何の意味もありません。

家族には、お腹の赤ちゃんのために、病気にかからないことが大切であることをよく説明して
、病気の予防に協力してもらいましょう。

手足口病にかかった場合の食事

手足口病は高熱が出たり、頭痛、嘔吐などの症状もあり、脱水症状になりやすいので水分補給をマメにするようにしましょう。

また、口の中の発疹が痛むことがありますので、うどんやお粥、煮物などあまり噛まなくても食べられる消化の良いものがおすすめです。

もし手足口病になっても不安にならないで

妊娠中に手足口病に限らず、病気になると、お腹の赤ちゃんに何か影響が出たらどうしようと急に不安になります。

特に自分が無防備であったために病気にかかってしまうと、妊婦さんは自分を必要以上に責めて落ち込んでしまう傾向にあります。

手足口病は極稀に重篤な症状になったり、赤ちゃんに影響がある可能性もありますが、一般的には特に問題のない病気とされていますので、手足口病になったら安静にして休養をとって早く病気が治るようにすることが大切です。

まとめ

自分の子供や家族から、妊娠中に手足口病にかかる可能性があるので、妊婦さんは日頃から予防することが大切です。

基本的には手足口病は、5歳以下の子供がかかることはあっても、大人がかかることは少ないのですが、ウィルスの抗体がない手足口病は大人でもかかる可能性があります。

また、大人が手足口病に感染すると、場合によっては子供の症状よりも重くなる傾向があります。

大人でも、特に妊婦さんは免疫力が通常よりも下がっているので、手足口病にかかりやすくなっています。

このため、家族に手足口病の人が出た場合は、徹底して予防することが大切です。

マスクをしたり、手洗いうがい、除菌などが基本ですが、日頃からの規則正しい生活をして栄養をしっかり取ることも大切です。

万が一、妊娠中に手足口病にかかっても胎児に影響が出ることはほぼありませんので、安心して早く病気を治すように心がけましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる