葉酸が不足すると眠くなる

葉酸が不足すると眠くなる?葉酸の働きと睡眠の関係について!



葉酸は、妊娠前から積極的に摂取していくことで、つわりを軽減するなどさまざまな効果を得ることができます。

そして産後のママさんにとっても葉酸は重要な栄養素となってくるのですが、葉酸が不足してしまうと眠くなることが多いといわれています。

そこで今回は、

・葉酸の働きとは?
・葉酸が不足すると眠くなってしまうのはなぜ?
・葉酸が足りていても眠くなる?

といった方に、葉酸を摂取するとどうして眠くなるのか、葉酸と睡眠の関係について詳しくご紹介します。

葉酸の働きとは?

葉酸の働き

葉酸というのは、そもそも体内でどのような働きを持っているのでしょうか。

葉酸は主に、健康的な血液を作り出すためのサポートや、血液に含まれた老廃物を体の外に排出するといったサポートをしています。

鉄分やその他にも代謝に関わっている多くの栄養素のサポート役として働いているのです。

そのため、葉酸が不足してしまうことによって、血液の循環や血液の質そのものにも大きな影響が出てしまうことがあります。

鉄分が不足することによる貧血

ヘモグロビンの主な材料である鉄分が不足し、ヘモグロビンが不足してしまうと、貧血を起こしてしまいます。

どのような場面で貧血起こすのかは人によって違いますが、お風呂上りに立ちくらみをしてしまう人や、お買い物をしていて貧血で突然倒れてしまう人などがいます。

特に妊娠初期から出産を迎えるまでの間は、貧血を起こして倒れてしまうようなことがあれば胎児にも大きな衝撃が加わることになります。

葉酸が不足することによる悪性貧血

赤血球にあるヘモグロビンが不足してしまうと貧血を起こしますが、葉酸が不足してしまうと、血液中の赤血球が減少し、悪性貧血という症状を起こしてしまう場合があります。

一般的な貧血と似たような症状になりますが、悪性貧血の場合はひどくなると長年に渡って改善するのが難しくなり、さらにはめまいや立ちくらみといった症状以外にも、強い吐き気や頭痛などを引き起こしてしまいます。

葉酸が不足すると眠くなるのはなぜ?

葉酸が不足してしまうことと、眠くなることにはどのような理由があるのでしょうか。

上記のように血液内で主に働いている葉酸が不足してしまうと、睡眠サイクルにも大きな影響が出てしまうことになるのです。

貧血から体を守ろうとしている

鉄分が不足してしまうことによる貧血や、葉酸が不足してしまうことによる悪性貧血などが引き起こされてしまいそうになると、こういった状況から体を守ろうとするため、まずは休息することを優先にしていきます。

体が自然にこのような働きを持つため、眠くなるといったサインを出して休むことを促しているのです。

疲れていると眠たくなりますが、これと同じような働きで、ゆっくりと眠り、健康的な血液を作る、または血液の中の毒素を排出するといった機能を高めていくために眠くなるのです。

酸素が足りなくなって眠くなる

血液が足りなくなることや、血液の循環が悪くなるということは、体内のさまざまな細胞に運ばれる酸素も少なくなってしまうことになります。

血液の密度ばかりが高くなってしまい、血中酸素が低くなってしまうと、脳は休むことを優先させるため、眠くなるのです。

あくびが出るのは酸素が足りないからだといわれるのですが、これも同じように体内に酸素をしっかりと摂り入れるため、あくびをする=眠くなるという働きになります。

妊娠中は特に眠くなることが多い

妊娠中は初期の段階から眠くなってしまうことが多いのではないでしょうか?

妊娠中に眠くなるのは、できるだけ体を休めながら胎児を健康に育てるという働きや、その他にもママの体にたくさんの栄養を蓄えるためといった目的があります。

特に疲れていなくても眠くなるのは、体が自然に胎児を守ろうとするからなのです。

葉酸を摂取して眠くなる人もいる

葉酸を摂取して眠くなる

葉酸が不足してしまうと眠くなる原因についてお話しました。

しかし、妊娠を意識し葉酸を摂取しているにもかかわらず、葉酸を摂取するようになってから眠くなることが増えたというママさんもいます。

この場合には、どんなことが原因として考えられるのでしょうか。

血行が良くなるために体温が上がり眠くなる

今までは血行が悪かったママさんの場合、葉酸を摂取することにより血行が促進されていきます。

今まではしっかりと血液が巡っていなかった血管にも、十分な血液がめぐるようになることで体温が上昇します。

体温が上昇すると体はポカポカと暖まり、内臓機能の働きを低下させ、眠る状態を作り出していくのです。

コタツに入ると眠くなる現象や、ベッドに入るとすぐに眠くなるというのも、体が温まるからなのです。

今までは血行が悪く、足元が冷えていてなかなか眠りにつくことができなかったママさんであっても、血行が促進され、体温が上昇することによって、時間等は関係なく眠くなることが増えます。

葉酸を生かして体がフル活動をして眠くなる

葉酸は睡眠サイクルだけでなく、代謝にも大きな関わりを持っています。葉酸を摂取することによって、葉酸が持つ効果が体内のさまざまな機能を活発にさせるのです。

このように活発に働き始めた体は少々疲れを感じてしまうこともあり、ここで休息をとり入れるために眠くなることがあります。

葉酸を摂り入れて眠くなるのは、わかりやすくいえば、体内のバランスをしっかりと整えながら健康的な体に近づいている証拠だといえるのです。

葉酸そのものに睡眠効果があるわけではありませんので、睡眠薬や睡眠導入剤のように副作用があるのではないか?といった心配は不要です。

葉酸を継続して摂取しているのにまだ眠くなるのは?

積極的に葉酸を摂り入れていて、はじめのうちは上記の通り体のバランスを整えようとする働きから眠くなることがあります。

しかし、ある程度継続して葉酸をしっかり摂取しているにもかかわらず常に眠くなってしまうような場合には、なぜ眠くなるのかと疑問に感じてしまうでしょう。

そこにも実はしっかりとした理由があるのです。ライフスタイルと比較しながら以下でご紹介する内容をしっかりと確認してみましょう。

食後にカフェインを摂取している

葉酸を摂取することができるメニューを摂り入れて食事をした後、カフェインを摂取してしまうと体内への葉酸吸収率が下がることをご存知でしょうか。

コーヒーや紅茶などを飲んでいないから安心というわけではありません。

カフェインを含んでいる飲み物には、たくさんの玉露が使われているお茶、さらには栄養ドリンク、エナジードリンクなどさまざまなものがあります。

こういった飲み物を食後に飲んでしまうことで、結果的には葉酸がしっかりと吸収されておらず、最初でお話したような原因から眠くなるのです。

この場合には、食後に飲むものをカフェインの含有されていないものに変えるだけで眠くなることも解消されていきます。

そもそも鉄分が足りていない

葉酸を積極的に摂り入れていても、そもそも鉄分が足りていない場合はいつまでも眠くなるといった症状が続いてしまうことになります。

鉄分不足が続いている限りは、眠くなる症状も改善されることはありません。葉酸を取り入れるだけでは健康的な血液を作ることはできないのです。

葉酸ばかりではなく、しっかりと鉄分を摂り入れるための食事メニューも考えてみましょう。

極端に葉酸が不足している

葉酸は継続して摂取していても、それ以前の段階で極端に葉酸が不足していたため、体内のさまざまな機能に関してバランスが取れるほど葉酸が足りていないというケースも考えられます。

こちらの場合にはさらに継続して葉酸を摂取していくことで、眠くなるといった症状も少しずつ改善されていくでしょう。

あまりにも食生活が乱れていたケースや、その他にも常にカフェインを含むドリンクを飲んでいたなどのケースでは、葉酸が体内に吸収され、その後しっかりと働き始めるまでには時間がかかってしまうことになるのです。

改めて葉酸を継続して摂取することを心がけましょう。眠くなる症状が少しずつ減っていくようになるまで諦めず摂取していきましょう。

風邪などの体調不良

葉酸や鉄分とは一切関係がなく、単純に風邪などによって体調不良になっていることも考えられます。

体調不良になると体を休めるため、眠くなるといった症状が引き起こされるのです。

長期間に渡って葉酸を摂取しているにもかかわらず、上記の内容に該当しないのであれば、風邪気味ではないか?などといった部分で体調にも注目してみましょう。

また、風邪薬をはじめとして、アレルギーを抑えるための薬などを服用していると眠くなることが多いので、こういったお薬の影響を受けて眠くなる症状に悩まされているのかもしれません。

つわりで眠くなるのは仕方ない?

つわりで眠くなる

妊娠初期につわりが起きるのは、多くのママさんがご存知のことではないでしょうか。つわりは人それぞれで、さまざまな症状がありますが、その一つに眠くなるというものがあります。

このようにつわりで眠くなるのは、仕方がないことなのでしょうか?

ホルモンバランスの変化も影響している

妊娠初期に眠くなるのは、葉酸不足や鉄分不足だけでなく、ホルモンバランスの変化も大きく関係してくるものとなっています。

ホルモンバランスが今までとは変わり、特に高温期の状態が続くことによって睡眠サイクルなどもある程度変わってきます。

目に見えない体内では非常に多くの変化が引き起こされているため、これによって眠くなることが考えられています。

特に妊娠初期は、毎日たくさん寝ていても眠くて眠くて仕方がないというママさんもいます。

葉酸を継続摂取すると改善されることが多い

妊娠初期のつわりによって眠くなる症状が強くなってしまった時には、ある程度ホルモンバランスが落ち着くまで待つことが大切になります。

それと同時に葉酸を継続して摂取していくうちに、少しずつ眠くなるといった症状も改善されていきます。

またこの他には、眠気を改善するためのツボを刺激するといった方法や、外に出てたくさんの空気を吸いながら背伸びをしてみる、などといった方法も眠気覚ましにおすすめです。

生理前に眠くなるのも葉酸不足が原因

上記のように、ホルモンバランスの変化によって眠くなるということが引き起こされるのですが、これはつわりの時だけでは無く、生理前なども同様です。

生理前にもやはりしばらくは高温期が続き、ホルモンバランスが変化しますので、これが原因となり眠くなるのです。

生理が始まると、それまでの眠気が嘘のようになくなるという経験をお持ちのママさんも多いでしょう。

睡眠サイクルは主にホルモンが調整しているものですから、ホルモンのバランスが変化すれば睡眠サイクルや眠気を感じる時間、さらには頻度などすべてに影響が出てくるのです。

とはいえ、どのような状況であっても強い眠気を我慢するのはとても辛いものです。

そのため、葉酸を常日頃しっかりと摂取しておくことによって、妊娠初期のつわり、その他にも生理前そして産後などに眠くなることを極力減らしていくことができるのです。

眠くなることが多いなら葉酸を摂取してみましょう

眠くなることが多いなら葉酸を摂取

ある程度睡眠時間を確保しているにもかかわらず、眠くなることが多い場合には、葉酸の摂取を心がけていきましょう。

同時に鉄分の摂取も心がけると、さらに効果がアップします。

お仕事をされている方や子育て中に眠くなることが多いのは非常に困りますので、食品からの摂取ばかりではなく、葉酸サプリを用いて、しっかりと摂取していくことも一つの方法になります。

体内の血中葉酸量が安定することで、眠くなる症状も少なくなりますので、できるだけ継続して、安定した量の葉酸が摂取できる方法を考えていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


妊活・妊娠超初期のカテゴリー

妊活妊娠超初期妊娠初期
妊娠へ向けての体づくり不妊の原因不妊治療
アルコールカフェインストレス解消
つわり産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用保険
基礎体温排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別双子
男性の妊活葉酸葉酸サプリ
妊活妊娠超初期
妊娠初期妊娠へ向けての体づくり
不妊の原因不妊治療
アルコールカフェイン
ストレス解消つわり
産院選び妊婦検診・検査
高齢出産出産費用
保険基礎体温
排卵日流産
出産男女の産み分け・胎児の性別
双子男性の妊活
葉酸葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる