妊娠中でも浴衣を着たい

妊娠中でも浴衣を着たい!妊婦さんの浴衣の着方や帯の位置など



妊娠中でも、夏のお祭りや花火大会など浴衣を着たい!と思うようなイベントがある場合、妊娠しているからと諦めるべきなのでしょうか?

妊娠中に浴衣を着ることは、ハードルが高そうですが、昔の女性は一年中着物姿だったわけで、妊婦さんだからといって浴衣を着ることができないということはなさそうです。

そこで今回は、

・妊娠中だけど浴衣を着たい!
・妊婦さんが浴衣を着てもいいの?
・妊娠中に浴衣を着るときの注意点は?

といった方に、妊娠中に浴衣を着てもいいのか、着る時にはどんなことに気をつけるべきなのかについて詳しくご紹介します。

昔の女性は浴衣を当たり前に着ていた!

今の女性は浴衣を着るというと一大イベントですが、昔の日本女性は一年中着物姿でした。

パジャマ代わりに浴衣を着て寝るのも当然だったので、妊娠しても浴衣を着ていることは当たり前だったはずです。

しかし、現代女性は普段は洋服を着ています。

浴衣といえども、自分で着付けができるという人も少なく、ましてや妊娠して体型がいつもと違うので、より一層ハードルが高くなって、浴衣を着ないという妊婦さんの方が断然多くなっています。

しかし、妊娠中でもしっかりとポイントを押さえた浴衣の着付けを行うことで、浴衣を楽しむことができます。

浴衣を着ることで、女性として華やいだ非日常の雰囲気を味わうこともできるので、妊娠中でも浴衣にチャレンジすることは良いことです。

妊娠中でもいつもの浴衣で大丈夫?

妊娠初期ならば、体型が普段とあまり変わらないのでいつものサイズの浴衣で大丈夫ですが、妊娠中期から妊娠後期などお腹がぽっこり出てきた妊婦さんは、自分の手持ちの浴衣で大丈夫なのでしょうか。

確かに出産間近の妊婦さんのお腹は、普段よりもかなり太めになっているので、そのお腹を普段の浴衣でカバーすると、前の丈が上がってしまって足が見えたり、裾がはだけてしまうこともあります。

しかし、妊婦さんでも通常の浴衣を利用するというのが一般的な方法です。

どうしても裾が上がることが気になる場合は、大きいサイズの浴衣を用意するのも方法ですが、妊婦さんはお腹と胸だけが大きくなっているので、全体的に大きいサイズにしてもピッタリのサイズにはならないかもしれません。

最近では、自分で着付けがしやすいように、浴衣が上下の2枚に分かれているものもたくさんあります。

このような浴衣は、妊婦さんにとっても自分で着ることができるので便利ですし、裾が上がりすぎることを防ぐことができます。

出産してからも充分に着ることができるので、上下に分かれた浴衣を新調するのも良い方法です。

帯などを締めるときでも、動きにくい妊婦さんは簡単な方法でできる結び方で結ぶのがおすすめです。

浴衣の着付けは自分?それともプロに任せる?

浴衣は普通の着物よりも着付けが簡単なので、浴衣だけは自分で着る、母親世代で着付けができる人に着させてもらう、という方に分かれるのではないでしょうか。

妊娠していない普段の体型ならばいつもの方法で着ることができますが、妊娠中期から妊娠後期にかけてお腹が出てくると、いつもの要領で着付けしていると着崩してしまうかもしれません。

楽しいイベントなのに、浴衣が着崩れしてしまって歩きづらそうにしている人がたまにいますが、着崩れてしまうとそのことが気になってしまって、心からイベントを楽しむことができません。

そのような心配がある人や、着付けに自信がない妊婦さんは、着物や浴衣を専門に着付けしているプロの方にお願いした方が断然安心できます。

特に年配の着物の着付けの経験が豊富な人や、着物のプロの呉服屋さんが着付けをすると、一日中着崩れてくることがありません。

また、綺麗なシルエットを熟知しているので、妊婦さんの体型でも綺麗に着付けてもらえます

妊婦さんに着付けをするポイントもよく分かっている場合が多いので、こちらからの指示や説明もなく着付けてもらえる点でもプロにお願いすると楽です。

着付けを予約する場合は、妊娠していることなどをあらかじめ伝えておくと、不足している道具を事前にそろえることもできます。

妊娠中に浴衣を着る場合の注意点は?

それでは、妊婦さんが浴衣を着る注意点についてご紹介していきます。

帯の位置

妊婦さんの浴衣の着付けで気になるのが、お腹の締め付けです。

浴衣が途中で着崩れないためにも、腰の場所でぐっと強く締め付けることが大切ですが、妊娠しているのであまり強く締め付けられません。

妊娠初期の場合は、いつもと体型がほとんど変わらないので、いつもより少しゆるめに締め付ければ普段どおりに着ることができますが、妊娠中期や後期に入ってくると帯の締め付けを強くできないのでコツが要ります。

妊婦さんでもウエスト部分の締め付けがゆるすぎると、すぐにその部分から崩れてきます。このため、妊娠中期以降の妊婦さんのウエスト部分を締めるときはお腹の膨らみの上部、すなわちバストの下とお腹の膨らみの境の場所でしっかりと締めます

お腹の膨らみの下の部分で締め付けると子宮を締めてしまいますし、はだけやすくなりますので、やはりバストの下の部分がベスト位置といえます。

帯を選ぶ

浴衣の着付けでは、腰紐や伊達締をしっかりと締めます。

しかし、妊婦さんの場合はお腹を強く締められないので、腰紐や伊達締の素材は、ゴム製品やシャーリングになっているもので、収縮性が良い柔らかいものを用意しましょう。

腰紐や伊達締はないと着崩れてしまうのでないといけませんが、最近流通している上下別になった浴衣ならば必要ないので、楽かもしれません。

また、浴衣の帯ですが、大人の場合浴衣でも硬い帯でしっかり結ぶと着崩れもなく、見た目もステキなのですが、硬い帯はきつく締める必要があり、お腹をずっと圧迫したり、お腹が蒸れて暑くなったりするので、どちらかというと妊婦さんには不向きです。

このため、兵児帯を使うと簡単に着付けができますが、普通の帯を使いたいという人は、着付けが上手な人やプロに締めてもらいましょう。

普通の帯を、素人が妊婦さんの体型を気にしながらゆるく締めると、すぐに崩れてきます。結び方は、お太鼓や男結びなど、すっきりした結び方が妊婦さんには向いています。

体型を補正する

着物や浴衣が似合うためには、体の凹凸がない寸胴の体型が良いとされています。

その事を考慮すると、妊婦さんの体はお腹やバストが大きいわりに、他のパーツは普段のサイズなので、着物や浴衣を着るには非常に問題のある体型といえます。

着物や浴衣のように、単純な直線の平面でできているものを、凹凸のあるものに巻きつけて着ると、凹凸のある部分からどんどん崩れてきます。

このため、妊婦さんでも凹凸ができるだけないように体型を補正して浴衣の着付けをすると、綺麗に着ることができます

妊婦さんの体型で一番凹凸があるのは、バストとお腹にかけての曲線です。

この部分を埋めるために、タオルを入れて体型を補正すると段差がなくなるので、はだけにくくなります。

ただでさえお腹が出て太った体型に見えるのに、タオルを巻いてさらに太くなるのではと心配する妊婦さんもいるかもしれませんが、着物や浴衣は華奢な細い体より、ある程度身体に厚みがある方が綺麗に凛と見えるので、あまり気にする必要はありません。

下着で防寒する

夏でも夜になると足元からひんやりと冷えてきます。下半身をしっかり下着で防寒しておかないと、風がダイレクトに体に触れて寒い思いをします。

足が寒くないように、外からは見えないように防寒しておきましょう。

また、浴衣を着て無意識のまま長時間人ごみの中を歩いていることになるので、お腹を保護するために腹帯を巻いたり、腹巻をしてお腹を保護したり、お腹が下がらないようにしておきましょう。

浴衣を着るのは夏ですし、蒸し暑いのであまり過度に下着を付けると暑さで苦しいのですが、お腹を保護したり、下半身を冷やさないようにするということは非常に重要です。

下駄には注意する

浴衣や髪型がバッチリでも、足元が可愛くなければ素敵さが半減してしまうと考えてしまいますが、浴衣用の下駄は滑りやすいですし、履きなれていないと躓いて転んでしまうことがあるので、下駄を履く時は慎重に歩くようにしましょう。

1人で下駄を履いて歩くと、もし転んだ場合ダメージが大きいので、旦那さんやお友達と腕を組んで歩いてもらうと安心です。

夜だと特に足元が見え難く、転倒しやすい状況になるので、時間に余裕をもって行動したり、走らないように気をつけましょう。

途中で着付けが苦しくなったら?

どれだけ入念に着付けをしていても、体調の変化により苦しくなってしまうことはあります。

そんなときはどうすればいいのでしょうか?また、あまりにも気分が悪いときは、すぐ帰宅しましょう。

腰紐を緩める

妊婦さんに浴衣を着付ける場合は、お腹を締め付けないように、強さと場所には非常に気を使います。

緩めすぎると着崩れますし、締めすぎると妊婦さんが苦しくなります。腰紐や伊達紐を締める場合は、強すぎないかどうか確認しながら締める強さを加減します。

着たときは着心地よくても、長時間歩いているうちに苦しくなったり、つわりの症状が出て吐き気がしたり、体調が悪くなることがあります。

また、歩いていると体が徐々にむくんできて、腰紐などの締め付けがきつく感じてしまうことがあります。

このような場合は、自分で腰紐を少し緩める事ができると楽になります。緩めるといってもほんの1センチほどですが、1センチ緩めるだけで体への負担がかなり軽減されます

あまり緩めすぎるとすぐに着崩れてしまうので、ほんの少しだけ緩めましょう。伊達帯などは帯の下の結び目を取るだけでも効果があります。

少し着崩れても大丈夫!

妊婦さんが浴衣を完璧に着こなすには、やはり体型的に少し無理があります。どうしても前の裾が上がってしまいますし、崩れてきやすいものです。

妊婦さん本人は、自分が着崩れていると気になってイベントを楽しむゆとりがなくなってしまうかもしれませんが、少しぐらい着崩れても大丈夫という気分で浴衣を着ることができれば問題ありません。

あまり細かいことに気を取らすぎずに、楽しむことを第一に考えましょう。

本当に修正が必要なほど着崩れてしまった場合は、自分で修正するポイントを聞いておいたり、早めに帰宅するようにして乗り切りましょう。

体調の変化に気をつけて

体調の変化

妊娠中でもイベントを楽しみたいものですが、体調の変化には十分気を付けて行動するようにしましょう。

無理をしない

浴衣を着て出かけるということは非日常で楽しいものですし、ストレス発散にもなります。

妊婦さんでもオシャレして出かけることは非常に大切なので、しっかりと楽しむべきですが、自分が妊娠中であるということはしっかりと自覚しておく必要があります。

浴衣を着て夜に長時間で歩くことで、体調が突然悪くなる可能性もありますので常に注意しておきましょう。

気分が悪くなったり、お腹が痛くなった場合は、すぐに帰宅できるように手段を確保しておくことも大切です。

妊娠初期は突然調子が悪くなることも多く、妊娠後期は歩きすぎることで子宮の収縮が起こることもあります。

母子手帳も持参しておく

万が一様態が急変した時などは、救急車で搬送されることもあるので、浴衣姿で荷物になるかもしれませんが、母子手帳は持参しておくようにしましょう。

母子手帳があれば、自分が説明できなくても、母子手帳を医療関係者が見るだけでいろいろなことが分かり非常に役立ちます。

また、浴衣姿ですが人が多い場所に行くときは、マタニティーマークをバックに付けて周囲に注意を呼びかけましょう。

あまりにも人が多い場所は避ける

都会の花火大会などは、人が歩くだけでも大変です。自分だけでなく、周りも浴衣を着ていて、普段のように機敏に動けなくなっている人も多いので危険です。

人が当たってきても、お腹を保護して歩くことができないので、あまりにも人出が多い場所は最初から避けるようにしましょう。

まとめ

妊娠中でも浴衣を着ることはできます。体調が良ければ、浴衣を着て花火大会や夏祭りに参加することは非常に良いことです。

浴衣は、妊婦さん仕様の特別なものはないので、普段着ているものでまったく問題ありませんが、妊娠後期など、お腹がかなり大きくなってくると体型の凹凸が大きいため、浴衣を着崩れなく長時間着るというのは、ある程度着付けをしっかりしておかないと無理があるかもしれません。

経験豊富な着付けのプロに依頼すると、妊婦さんでも着崩れないように浴衣を着せてもらえますので安心です。

家族や知人に着付けをお願いする場合は、腰紐と伊達紐の締める強さ、締める位置、帯の種類などポイントを押さえて着付けをしてもらいましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる