女性 頻尿 トイレ

妊娠中の残便感!トイレに行ったのにすっきりしない原因と解消法



妊娠していると便秘がちになりやすく、便秘が解消できても何となくまだ便が残っているような残便感が常にあるという人がいます。

何となく便意がずっとあるというのは非常に気持ちの良いものではありませんし、できればいつもすっきりしていたいものです。

そこで今回は、

・残便感って何?
・妊娠してからすっきりしないことが多い!
・残便感がないようにするには?

といった方に、妊娠中の残便感の原因は何なのか、また、その解消法について詳しくご紹介します。

残便感とは?

残便感とは、排便しているにも関わらず、すっきりと全部便を出し切ったという感覚がなく、何となく不快感がある状態です。

残便感にも種類があります。便は、肛門から排泄される前は直腸にありますが、便が直腸にまだ実際に残っている場合と、直腸には便がないにも関わらず残便感がある場合です。

直腸に便が残っている

直腸に便が残っているという感覚がありながら、完全に排泄できない状態を直腸性便秘といいます。

通常は、直腸に便が入ってくることで脳に信号が送られて、便意を感じます。脳に信号が送られると肛門周辺の筋肉が緩むようになっており、このような体の反応を直腸肛門反応といいます。

排便したくなったという、便意を感じているときにちゃんと排泄すれば特に問題はありませんが、直腸に便があり、便意を感じているのに排便を我慢したり、できない状態にあると便意を感じなくなってきます。

直腸に便があるにも関わらず、排泄せずに放置することで、そこにある便は徐々に硬くなります。そして、硬くなることで排泄しにくい状態になります。

一時は排泄せずに我慢した後、再び残便感を感じるようになりますが、便が硬くなって排泄し難い状態になることで、強い残便感を感じてしまうようになります。

直腸性便秘の原因は自律神経の乱れや直腸の異常です。腸の働きは自律神経と深い関わりがありますが、ストレスなどで自律神経が乱れると、大腸の動きがコントロールできなくなります。

お腹が張ったり、腹痛を伴うような便秘になったり、下痢になることもあります。便意があってもコロコロとして便が少ししか出ないというのも特徴です。

直腸に便が残っていないのに残便感がある

妊婦さんは便秘になりやすいので、便秘を解消するために便秘薬を処方されることも多々あります。

便秘薬に頼って排便をしていると、徐々に便秘薬が効かなくなってきて、また便秘の状態になります。

このように、弱い薬が効かなくなると、少しずつ強めの薬を使うようになりますが、薬の作用で排便するので自然な便意ではなく、突然強い便意を感じ、トイレに行くと一気にたくさん便が出るという状態になりやすくなります。

便秘は解消されますが、自ら感じる便意で排便していないことで、何となくすっきりしない残便感が残ることになります。

妊婦さんは何日ほど排便しないと便秘?

便秘とは便がなかなかでないことですが、非常に個人差があります。毎日すっきり排便する人だと、2~3日も排便しないと何となくお腹が張ってきたり、すっきりしません。

排便は毎日あることが理想です。妊娠していても、出産の時まで毎日普通に排便する便秘知らずという人もいますが、普段から2~3日排便できないという人は、妊娠すると1週間や10日ほど排便できずに苦しい思いをする人もいます。

毎日排便するのが理想と考えると、妊娠してもやはり最低2~3日に1回ほどは排便できないと辛くなってきます。

便秘が酷くなると、排便しても何となく直腸に便が残っているように残便感が強くなってきます。残便感と便秘は深い関わりがあるのです。

妊娠中の便秘や残便感の原因は?

妊娠中に便秘になり、便秘がすっきりと治らないことで残便感を常に感じるようになります。妊娠中に残便感を感じないためにも、まずは便秘の原因を探って便秘を解消することが大切です。

ホルモンバランスの変化

妊娠すると女性ホルモンのバランスが大きく変化します。女性ホルモンにはプロゲステロンというものがありますが、プロゲステロンに働きによって、消化管の平滑筋という筋肉が緩むことで腸の動きが悪くなります。

また、子宮が徐々に大きくなることで腸を圧迫し、腸の働きが悪くなり便秘になったり、便が出てもコロコロとした便しか出なくなります。

ストレスや不眠による自律神経の乱れ

妊娠すると心配事や不安が普段よりも増えます。妊娠期間中はつわりもありますし、体調が何となく悪いという日もあります。

精神的にも不安定になりやすいことで、ストレスを感じるようになったり、なかなか寝付けないことで不眠気味になり自律神経が乱れてしまいます。

自律神経が乱れると腸の調子が悪くなります。腸の動きが悪くなると便秘気味になったり、水分の少ないコロコロとした便が出やすくなることで便が少ししか出なくなったり、残便感を感じるようになります。

つわりによる食生活の変化

つわりで食事が食べられないという人や、水分さえも摂れない人が出てきます。理想的な便を毎日すっきり出すには、便の材料である食事が大きく関わってきます。

特に、食物繊維が少ないと便が腸をスルッと通過できにくくなるので、便秘になったり、肛門寸前の直腸で便が溜まってしまい、残便感を強く感じるようになります。

また、水分も充分に摂らないと、硬くて排便しにくい便になってしまいます。

運動不足によって腸の動きが悪くなっている

妊娠初期はつわりなどによって体調が悪い妊婦さんもたくさんいます。

妊娠中期は体調が良いことが多く、安定しているのでウォーキングなどに出かける妊婦さんもいますが、暑い時期や寒い時期に重なると、なかなか外で運動をすることがなくなります。

そして、妊娠後期はお腹が大きくなり運動することが億劫になりがちです。このように妊娠していることで、普段よりも運動することが難しい状態になります。

運動をしないと腸の働きが悪くなりますので、便秘になりやすく、妊婦さんでも適度に運動するように意識をしないと残便感が常にある状態になります。

お腹が腸を強く圧迫する

妊娠後期になると子宮が非常に大きくなります。大きくなった子宮は腸だけでなく、周りの臓器を圧迫したり、押し上げたりします。

腸がしっかりと動くことができないので、便を先に送るという腸の運動が鈍くなり、便秘になったり、しっかりと便を排泄することができなくなります。

便秘薬の常習化

妊娠して便秘が酷くなると、病院で便秘を解消するための薬を処方してもらえます。最初のうちは比較的弱い薬でも効き目があって、便秘が解消されていますが、徐々に薬を使って排便することが常習化すると、今まで使っていた薬が効かなくなります。

いろいろな便秘薬がありますが、種類を変えたり、量を多くしていくうちに便秘薬を服用するのが当たり前になっていきますが、強い便秘薬を使うとすぐに便意を感じて溜まった便を一気に出すようになります。

便が出るのですっきりはしますが、自分の力で排便しているのではないのでお腹も非常に痛くなりますし、残便感が残る感覚が強くなってしまいます。

便意を我慢する

妊娠して自宅でゆっくりとしている妊婦さんは、便意を感じるとすぐにトイレに行くことができますが、仕事をしている妊婦さんは便意を感じてもタイミングが悪いと我慢してしまうことがあります。

便意を我慢すると一時的には問題ありませんが、直腸にある便が徐々に硬くなって排便しにくくなります。

直腸で排便できない便があると残便感が強く残ります。妊婦さんに限らず、便意があるときは我慢することなくすぐにトイレに行くようにすることが大切です。

残便感を解消する方法

それでは、妊娠中の残便感を解消するにはどうすればいいのか見ていきましょう。

水分をしっかりと摂取する

便に水分がある程度含まれていないと、直腸をスルッと通過できないコロコロ便の原因になります。妊婦さんは血液も多くなりますので、水分を多く必要とします。

こまめに意識的に水分を摂取するように心がけておかないと、直腸性便秘になり残便感がある便しかできなくなります。

便が何となくコロコロとしたウサギの便のようだなと感じたら水分不足である可能性が高いです。

1日でできれば1.5Lから2.0Lほどを目安に飲むと水分不足による残便感は解消されます。

腸を刺激するために、冷たい水を朝起きた時に飲むのは良いのですが、冷え性の妊婦さんは無理をしないように常温の水にしましょう。

寒い日には温かい白湯を飲むと、内蔵が温められて胃腸の動きが活発になります。また、炭酸水に含まれる二酸化炭素は、硬いコロコロ便を柔らかくする効果があるので、便意があるのに便が硬くて出ないと自覚する人は、炭酸水を朝に飲んでみると便がすっきり出やすくなります。

ノンカフェインのお茶を飲む

お茶には食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える効果があります。

妊娠しているのでカフェインやタンニンが含まれている日本茶や紅茶はおすすめできませんが、ローズヒップティーなどはビタミンCもたくさん含まれていますし、食物繊維が豊富な玄米茶もおすすめです。

他にも、ルイボスティーやごぼう茶も妊娠中に飲むと便が出やすくなります。カフェインは腸を刺激するので排便を高める効果がありますが、尿をたくさん出す作用もありますので水分不足になってしまうこともあります。

タンニンは便を硬くしますので残便感を酷くするかもしれません。ノンカフェインのお茶や食物繊維が多いお茶を選んで飲むようにしましょう。

食物繊維をしっかり摂る

直腸に便が溜まらないようにするためには、腸が排泄まで便を先に送りやすい状態の便を作ることが大切です。

便は食べているものと非常に大きな関係があるので、食物繊維の多い食材をしっかりと食べて質のよい便を作るようにしましょう。

食物繊維には水に溶けるものと解けないものがあります。水に溶ける食物繊維は水溶性食物繊維といいますが、りんご、みかんなどの果物、にんじん、キャベツなどの野菜には、ペクチンという食物繊維がたくさん入っています。

また、かんてんや海藻類はアルギン酸という食物繊維が多いのが特徴です。

これらの水溶性食物繊維は、腸内の善玉菌を増やす効果があり、柔らかい便を作る働きがあります。

そして、水に溶けない食物繊維を不溶性食物繊維といいますが、この不溶性食物繊維は腸の中で水分を多く含むので便の量を増やします。

便の量を増やすと、腸の中の内容物を送るぜん動運動が盛んになります。腸がしっかりぜん動運動をすることで弛緩性便秘が解消され、排泄がスムーズになりますので残便感がなくなります。

大豆、イモ類、ごぼうなどの根菜類、きのこ、穀物などを意識的に摂るようにしましょう。

善玉菌を増やす

便秘を解消し、腸で適度な硬さの便を作るためには腸内環境を整えることが非常に大切です。腸内環境をよくするためには、腸内の善玉菌を増やすことが大切です。

善玉菌にはいろいろありますが、乳酸菌、ビフィズス菌、納豆菌などが有名です。善玉菌を増やすためには、食生活を見直すことが重要です。

善玉菌を増やす食品としては、ヨーグルト、バナナ、チーズ、漬物、キムチ、納豆、味噌、リンゴ、にんじんなどですが、善玉菌のえさになったり、活性化させたり、大腸にまで善玉菌を届けるために、オリゴ糖を一緒に摂ると効果的です。

オリゴ糖は小腸には消化されにくいために、大腸までしっかりと届きます。大腸を活性化させることで、質の良いすっきりと排泄できる便を作り出すことができます。

腸内環境に良い善玉菌は人によって違いますので、10日ほど同じ食品を摂り続けてその効果を実感できるかどうか試してみましょう。また、食事中は胃酸が分泌されて大腸に菌が届かないので食後に食べるようにしましょう。

適度に油物も食べる

妊娠していると体重の増加が気になるので、油物を避けるようにしている人も多いですが、適度に体に油分を補給すると、腸の動きがよくなってスムーズに便が出るようになります。

大量に油を摂るのはおすすめできませんが、たまには油物の食事を食べるのも悪くありません。気になる場合は、質の良い油を利用するようにしましょう。

困ったら主治医に相談よう

残便感がなかなか解消されず、不快な感覚があると、トイレにこもって長時間便を出そうとしてしまいますが、繰り返していると妊婦さんは痔になってしまいます。

妊娠中に痔になってしまったという人は多く、出産後も痔の症状に悩まされることになります。

便秘になったり、残便感があるというときは、主治医に相談して便秘薬を処方してもらいましょう。

便秘薬を常習化してしまうとどんどん便がすっきり出ない体質になるという危険もありますが、腸をしっかりと動かす解消法を試しながら、便秘薬も利用すると良いでしょう。無理をしないことが大切ですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる