妊娠線 お腹 妊婦

妊娠線ができやすい人とは?自分に合った妊娠線の予防法



妊娠・出産すると女性の身体は、ある程度のダメージを受けます。妊娠線のあらわれもその一つです。何よりも健康な妊婦でいること、赤ちゃんが順調に育つことが大前提ですが、もっと欲をいうと綺麗な身体をいつまでも保ちたいものです。

妊娠線は一度できてしまうと、なかなか出産後も完治することが難しくなりますので、できるだけケアしてまずは妊娠線をなるべく作らないことが大切です。

そこで今回は、妊娠線ができやすい人の特徴や体質、妊娠線の予防方法についてご紹介します。自分がどんな体質であるかを知っておくと自分にあったケアができ、より効果的に対策をすることができます。
綺麗な身体を保つためにも是非知っておいて下さい。

妊娠線ができる原因は?

妊娠線ができる原因は?
妊娠線ができる原因は、皮膚の急な伸びに関係しています。
一般的に皮膚の表面はその成長にある程度付いていけるよう伸びる構造になっていますが、その下にある真皮や皮下組織は急激な伸びに対応できる構造になっていません。

そのため、お腹などの急激な成長に対し、皮膚がその伸びに耐えることができなくなり、亀裂が生じてしまうためといわれています。

もう一つの原因としてホルモンの分泌があげられます。

妊娠中にはコルチコステロイドというステロイドホルモンが多く分泌されますが、このホルモンは皮膚の新陳代謝を悪くしてしまう働きがあり、皮膚組織を新しくするサイクルを乱してしまうのです。
そのため、皮膚全体の弾力が落ち、妊娠線ができやすい状況になってしまうのです。

ある病院の調べによると、全ての妊婦さんのうち、50~60%の人に妊娠線があらわれたという報告があります。

ということは妊婦さんが2人いれば、1人には何らかの妊娠線があるということです。
自分は大丈夫だと思わず、しっかり予防していく必要があるといえます。

妊娠線の「できやすい人」と「できにくい人」

妊娠線の「できやすい人」と「できにくい人」
妊娠線のできやすい人とできにくい人に違いはあるのでしょうか?
自分と比較しながら詳しく見ていきましょう。

妊娠線の「できやすい人」

経産婦さん

前の妊娠時に子宮が伸びている分、予想以上にお腹が急激に大きくなる場合が多くあるため、妊娠線ができやすいといわれています。

また、一人目の出産の時に妊娠線ができなかった人は、「私は妊娠線がでない体質だ」と思い込んでいたり、子育てに追われ自分のケアまで意識がいかなかったりと、妊娠線予防のケアがしっかりできていない人の割合が増えるのも大きく影響しています。

実際に、経産婦さんに妊娠線があらわれる確率は、80%であるというデータもでています。
二人目だからと油断せず、しっかりケアしていくことが大事です。

双子、三つ子などの多産児の妊婦さん

多産児の妊婦さんは、単胎妊婦さんに比べ、お腹が大きくなることがほとんどです。

お腹が大きくなるということは、お腹の皮膚が伸びる表面積も大きくなるため、多産児の妊婦さんは妊娠線ができる可能性が上がるのです。

高齢出産の人

そもそも、妊娠線は皮膚が急速に伸び、真皮や弾性繊維などの皮下組織がその伸びについていけず断裂することで発生します。

歳をとるにつれて、お腹や身体の肌は潤いや柔らかさが失われ、弾力性がなくなっていくものです。そのため、若い妊婦さんより、高齢出産の人はお腹の急激な膨らみに皮膚がついていけないことが多く、妊娠線ができやすいと考えられます。

高齢出産の人でも肌に弾力がある人などは、妊娠線ができにくくなります。

小柄な人

身長が低い小柄な人でも、お腹の赤ちゃんは標準並みの大きさに育つということはよくあることです。

小柄なのでお腹の皮膚の表面積も小さいのですが、大柄な人と比べると、皮膚が強く引っ張られてしまう傾向にあるため、どうしても妊娠線ができやすくなります。

妊娠線ができやすい体質

皮膚の伸縮性が悪い

ほっぺたでも、軽くつまんで引っ張るだけで、びよーんと伸びる方と、そうでない方がいます。
お腹の皮膚も同じように、皮膚が伸びにくいとどうしても妊娠線ができやすくなります。

表皮はもちろんですが、真皮や皮下組織に潤いを与えて柔軟性のある肌を目指すことが必要です。

血行が悪い

妊娠すると運動量が減り、筋肉が減少することで血流が悪くなっていきがちになります。
血流が悪くなったところは、血液がスムーズに流れず妊娠線となってくっきりと見えてしまいます。

皮下脂肪が多い

皮膚のすぐ下にある皮下脂肪は伸縮性がありません。そのため、お腹が大きくなるにつれて、皮下脂肪が伸びず裂けてしまい、妊娠線ができてしまいます。

太りやすい人
妊娠したからといっ

て必要以上にカロリー摂取をすると、もともと太りやすい体質の人はより一層太りやすくなります。
太ると身体のあちらこちらに皮下脂肪が付いてきます。上記でも説明した通り、皮下脂肪は伸縮性がなく、急激な伸びについていけないため、妊娠線ができやすいのです。

特にお腹の皮下脂肪はかなり強い力で引っ張られるので注意が必要です。

また、太りやすい人が太ったままでいると妊娠中毒症の恐れが出たり、出産が難産になったりするという弊害もあります。

乾燥肌

乾燥肌の人は、妊娠することでより肌が敏感になり、潤いがなくなってしまうため伸縮性がない肌になっていきます。
そのため急激な伸びに対応できなくなり、妊娠線もできやすいのです。

乾燥肌の人は早めの対策と、日々の積み重ねが大事になってきます。

リンパの流れが悪い

リンパの流れが悪いと肌の細胞の老廃物などがそのまま蓄積され、弾力性がない肌になっていきます。

弾力性のない肌は、皮膚の伸びに対応できないため、妊娠線ができる原因に繋がります。

妊娠線の「できにくい人」

若い妊婦さん

20代前半や10代後半の人はまだまだ肌に潤いがあり、一見痩せていてどこに伸びる皮膚があるのかと思うような人でも、妊娠に対する身体の急激な変化に順応していく力があります。

お腹の皮膚が伸びてもなかなか妊娠線ができにくいですし、出産後の体型も驚くほど元に戻りやすくなります。

大柄な人

人と比べて、大柄な人はお腹の表面積が広いので赤ちゃんが普通の大きさである場合、お腹がふくらんでもそこまで皮膚の伸びがない人が多いです。

ただし、大柄な人はお腹の赤ちゃんもビックサイズである場合も多いので、妊娠線ができないと安心することはできません。

妊娠線はいつからできる?

妊娠線はいつからできる?
個人差はありますが、妊娠線はお腹が大きくなってくる妊娠5ヶ月~6か月にでてくることが多いです。体重の増加により早めに出てくる場合もあります。

そのため、妊娠線予防クリームを塗るなどの妊娠線予防対策は妊娠2ヶ月~4か月ごろから始めるこをおすすめします。お腹が大きくなり始めてからではなく、まだお腹が目立たないころから対策しておくことが大切です。

急なお腹の成長に対応できる肌を作っておきましょう。

妊娠線の対処方法

妊娠線の対処方法
妊娠線ができないように、どのような対処方法があるのでしょうか?自分のあてはまる体質にあわせて、効率的に対策していきましょう。

妊娠線予防クリームを塗る

妊娠線予防クリームを塗ることにより、妊娠線の原因となる急激な伸びに対応できない真皮や皮下組織をしっとり潤すことができ、やわらかく柔軟性のある皮膚にすることが期待できます。

そのため、妊娠線予防クリームは保湿性が高く、肌の奥まで浸透する成分が含まれているものを毎日使うことが大切です。
また、お腹だけでなく、お尻や太もも、二の腕や胸など体全体をケアしていくことをおすすめします。

妊娠線のできやすい部位別、妊娠線予防クリームの効果的な塗り方を紹介した記事「妊娠線予防はお腹だけじゃダメ?妊娠線のできやすい部位と部位別予防法」もあわせて読んで、より効果的な予防を心がけましょう!

ここではココマガがおすすめする妊娠線予防クリームをご紹介します。

おすすめの妊娠線クリーム ママ&キッズ


・容量:150g
・価格:2,916円(税込)

ナチュラルマーククリームお得用
・容量:470g
・価格:7,850円(税込)

妊婦さんの口コミNo,1で有名なママ&キッズ「ナチュラルマーククリーム」は、助産師さんと先輩ママの協力により生まれた、妊娠ボディ用クリームです。

肌をしっかり保湿する「うるおいサポート成分」と、肌の伸びを良くする「弾力・柔軟サポート成分」を配合し、肌荒れを防いでうるおった弾力のある肌に導きます。

さらに、赤ちゃんも安心して使えるようになっているため、クリームが余ってしまったら、産後のママの乾燥ケアはもちろん、赤ちゃんの全身保湿として使える点もおすすめポイントです。

ママ&キッズ:公式ページ

おすすめの妊娠線クリーム ベルタマザークリーム

ベルタ妊娠線クリーム

・お試し6,980円
ベルタマザークリームは、「無香料」「無着色」はもちろんのこと、無添加に徹底的にこだわり作られています。
・5種類のオーガニック成分配合
・8種の無添加配合
・シラノール誘導体の配合
・プラセンタやヒアルロン酸、コラーゲンといった美容成分配合
・葉酸などビタミン5種、アミノ酸配合

このように、たくさんの美容成分を含み、品質管理も徹底されていることから、金額以上の期待が持てる商品であることは間違いありません。

ベルタマザークリーム:公式ページ
妊娠線予防クリームおすすめの人気6商品!市販のクリームとの違いは?」の記事では、もっと多くの妊娠線予防クリームを詳しくご紹介しています。参考にご覧ください。

体重を増やしすぎない

妊娠中は体重の増加は避けられないことです。ですが、お腹の中の赤ちゃんの分まで食べなければいけない!と意気込んで、カロリー摂取しすぎることは皮下脂肪が多くつくことにつながり良くありません。

無理なダイエットは胎児に悪影響を与えかねませんので必要ありませんが、日々気を付けて食事をとるようにしましょう。

マッサージを行う

マッサージを行うことで、リンパの流れを良くし、老廃物が流れ、弾力性のある肌になることが期待できます。

マッサージをしながら、妊娠線予防クリームを皮膚の奥まで浸透させるように塗るとより効果的です。

しかし、刺激の強いマッサージは、悪影響を及ぼすこともあるため、あまり力を入れず優しくマッサージすることを心がけましょう。

腹や胸は、下から上へ。身体の裏側の背中からお尻、太もも、ふくらはぎの裏は上から下へマッサージするとよいでしょう。

適度な運動をする

体調に問題がなければ、軽い運動をするようにしましょう。
運動をすることで、血流をよくし筋肉量が減ってしまうことも防ぐことができ、妊娠線ができにくい状況を作ることが期待できます。
また、筋肉があることでお腹が急速に膨らむことをある程度抑えることができます。

運動することは妊娠線の予防だけでなく、出産と育児への体力づくりや産後の体系戻しにも効果があるため、一石二鳥といえるでしょう。

妊娠線は母親の勲章!

妊娠線は母親の勲章!
毎日ケアをしっかりしていたのに、妊娠線ができてしまったということもあるかもしれません。妊娠線に気付いてしまったに日にはとても落ち込むこともあると思います。

しかし、「妊娠線=母親の勲章」です!
一つの命を授かった証であり、素敵な経験の記録ととらえ、前向きに考えていくようにしましょう。

監修:Etuko(産婦人科歴12年)

プロフィール:産婦人科医は「女性の一生の主治医である」と考える医師のもと看護師として12年勤務。述べ18万人の妊婦さんのサポートにあたる。筋肉、骨フェチで体幹バランス運動にて機能訓練をおこなっています。

ボディクリームどう選ぶ!?

妊娠線対策、妊娠線予防に効果的なボディクリームについては「できてしまった妊娠線やセルライトをケアする方法は?」でご紹介しています。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠のカテゴリー

妊娠報告・出産報告葉酸サプリ妊娠中のスキンケア
妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線妊娠中に便利なサービス・アプリ
妊娠中の仕事妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理妊娠中の栄養・食事
妊婦健診産休・育休産院選び
保険胎動
妊娠報告・出産報告葉酸サプリ
妊娠中のスキンケア妊娠中のファッション
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線
妊娠中に便利なサービス・アプリ妊娠中の仕事
妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理
妊娠中の栄養・食事妊婦健診
産休・育休産院選び
保険胎動
目次
をみる
関連記事
をみる