妊娠中に伸びをするのはダメ

妊娠中に伸びをするのはダメ?妊婦さんが体を伸ばす時の注意点



同じ姿勢でいた時、何かが一段落した時、起床した時など、人はつい身体を伸ばしてしまいます。

別にする必要がないといえばないのですが、何となくすると身体がほぐされる感じがして気持ちがよいですよね。

しかし、妊娠している場合、この伸びをしない方が良いといわれています。

それには、お腹の赤ちゃんにも関わってくるからなのですが、身体を伸ばすくらいで、と首を傾げたくなってしまうのも事実。

そこで今回は、

・妊婦さんが伸びをしてはいけない理由とは?
・妊婦さんが身体を伸ばすときの注意点は?
・妊娠中のストレッチは大丈夫?

といった方に、妊娠中に身体を伸ばすことは本当にいけないことなのか、妊婦さんが伸びをしたりストレッチをすることについて詳しくご紹介します。

妊婦さんが伸びをするのがNGとされる理由

NGとされる理由

そもそも、妊娠中に伸びをしてはいけないという話は、ママにとってのおばあちゃん世代や、お母さんを中心に聞く話が多くなっています。

また、中には先輩ママさんから聞くケースもあり、「え、それだけのことなのに?」と思う反面、身近な人に繰り返し注意されると不安になってしまう人もいるはず。

ここでは、何故、妊娠中に伸びをしてはいけないのか理由を確認してみましょう。

へその緒が赤ちゃんの首に巻き付く

臍帯巻絡という症状で、赤ちゃんの身体にへその緒が巻き付いてしまたり、絡まってしまうことを指します。

通常は、頸部巻絡と呼ばれる、首にへその緒が巻き付いてしまうことがほとんどですが、赤ちゃんの足や胴体に巻き付いてしまうことも少なくありません。

酷い場合には2回以上巻き付いてしまうこともあり、稀とされていますが赤ちゃんが低酸素状態になってしまったり、胎児機能不全を起こしてしまうこともあります。

流産や胎盤が剥がれる危険性

身体を伸ばすことで、胎児が生まれる前に胎盤が剥がれてしまう恐れのある常位胎盤早期剥離、流産の危険性があるといわれています。

特に流産に関しては、身体を伸ばす時に、手を上の方向へ伸ばす状態でいきんでしまうことで、お腹の赤ちゃんが降りてきてしまうと考えられています。

それが流産へも繋がってしまう恐れがあることを考えると、口酸っぱく言われても仕方がない気がしてきます。

妊婦さんが身体を伸ばしちゃいけないのは迷信!?

以上のように、妊娠中に身体を伸ばすことに対して危険を示す理由があるわけですが、実際のところ、これらの理由には医学的根拠がまったくない迷信レベルというのが現状です。

あったとしても、非常に稀なケースです。

実の親に注意されると心配になりますし、実際、痛みが走るほどに身体を伸ばすのはNGですが、普段、ふとした時に伸ばすくらいの動作であれば心配する必要はありません

赤ちゃんにへその緒が巻き付いてしまったり、胎盤が剥がれる、流産に繋がることもないようなので安心して下さい。

どうしてそんな話があるのか?

迷信とはいえ、こうした話が廃れることなく長く伝わっているのには、根拠がない事柄だけじゃなく、少しだけ本当のことも混ざっていたりするからです。

身体を伸ばすということも同様で、伸ばすだけで流産に繋がったりと赤ちゃんへ影響が出るわけではありませんが、身体を伸ばした時に転倒してしまった場合、さすがに赤ちゃんへの影響が心配されます。

また、身体を伸ばすという動作の中には、高い物と取る時の「背伸び」も含まれます。背伸びをしてバランスを崩した後の最悪の事態は誰でも想像できるもの。

「身体を伸ばしたらダメ」という言葉には、背伸びに対する心配の声も含まれているのかもしれません。

妊婦さんが身体を伸ばすことで期待できる効果

期待できる効果

また、ちょっとした時に身体を伸ばすと、身体が軽くなるというか何ともいえない気持ち良さがあります。

実際、身体を伸ばすという動作には、妊娠中のママに良い効果を期待することができます。

妊娠中に身体を伸ばすことで得られる効果は次の通り。伸びをすることでどんな効果が期待できるのでしょうか?

血行を良くする

妊婦さんだけではないのですが、同じ姿勢で長時間いるのは、身体の血流を妨げる原因になります。

特に妊娠中は、お腹の赤ちゃんに栄養や酸素を送る関係もありますので血行が悪くなってしまうのはできるだけ避けたいところ。

そんな時に、身体を伸ばすようにすると硬くなった筋肉が解され、血液やリンパの流れが良くなるといわれています。

また、悪くなった姿勢を正しくしてくれる効果も期待できます。肩こりが気になるという人も、背伸びをするように身体を伸ばす時間を作ると、肩こりの解消にも繋がります。

お腹を引き締める

妊娠すると、ママの身体は脂肪を蓄えるようになるなど、全体的に丸みを帯びていきます。

そのため、人によってはたるんだお腹が気になってしょうがない人もいるはず。

そのような場合も、身体を伸ばすという動作をするだけでも、お腹の引き締め効果が期待できます。

身体を上へ向かって背伸びするように伸ばすと、お腹に力が入り、体幹の筋肉をしっかり伸ばすことができるからです。

さらに、胴体といった身体の軸になる部位も伸ばされるので、気になるお腹を引き締めることができます。

ダイエット効果

上記2つの効果が組み合わさることで、ダイエット効果を期待することもできます。

身体を伸ばすことで血行が良くなるのは先に触れた通りですが、血行が良くなるということは基礎代謝の向上にも繋がります。

さらに、身体の引き締め効果には元々、筋肉を伸ばし鍛えることができるので、血行が良くなるという効果と同様に代謝アップに繋がりやすいのです。

効果には個人差があり、すぐに効果が見られるわけではありませんが、体重管理もしなくてはいけない妊娠中に嬉しい効果です。

妊婦さんが身体を伸ばす際の注意点

効果だけを見ると、妊娠中は身体を伸ばすべきという感じがしてきますが、少なからず行う際には注意した方が良い点があります。

その、注意点については以下の通り。身体を伸ばすという動作はちょっとしたことですが、100%安全というわけではありません

赤ちゃんへの影響はほとんどないとされていますが、行う際には注意点を踏まえながら安心安全に行うようにして下さい。

転倒に注意する

身体を伸ばす動作は、座っていたり立っている時にすることもありますし、高い場所にある物を取る時の背伸びも、その中に含まれます。

ここで気を付けたいのが、「高い所にある物を取る時の背伸び」で、行う際には転倒しないようにリスクを減らすようにすることが大切です。

誰かに取ってもらえるのであればその方が良いです。もし、それが難しい場合には無理に背伸びをせず、椅子を使うなどして、転倒しないよう細心の注意を払うようにして下さい。

妊娠中、特にお腹が目立ち始める時期は身体の重心もズレており、ママが思っている以上にバランスを崩しやすいので危険です。

ゆっくり伸ばす

妊娠後期に見られる症状の1つにこむら返りというものがあります。

ふくらはぎが痙攣することで、足がつるともいうのですが、身体を伸ばすことでこの症状が見られるママも少なくありません。

これは、身体を伸ばすことにより急に足の筋肉が引かれることで、その筋肉が引かれた分を戻そうと収縮することが原因に挙げられます。

身体を伸ばす、という動作だけでなく、お腹が大きくなることによる骨盤の歪み、血行不良も原因にありますが、以上の理由から身体を伸ばす時はゆっくりと、足の筋肉をびっくりさせないことが大切です。

無理をして伸ばさない

身体を伸ばすことに良い効果が期待できるとはいっても、必要のない時に行ったり、無理に身体を伸ばし過ぎるのは避けるようにしましょう。

身体を伸ばす時、筋肉が引っ張られるのですが、手を上に伸ばすように背筋を伸ばすと、子宮を支える靭帯も引っ張られることがわかっています。

そのため、無理に引っ張り過ぎてしまうと靭帯も強く引かれてしまう影響で、お腹が張ってしまことがあるのです。

よっぽどのことがない限り、それが流産などに繋がることはありませんが、痛みを感じる時もありますので注意するようにしましょう。

伸びをして痛みを感じた場合には?

妊婦さんが伸びをする時、気を付けていても、お腹が張ってしまうなど痛みを伴う場合があります。

その際には、身体を伸ばすのをストップし、痛みが治まるまで休むことが大切です。

一時的な痛みである場合が多いですが、だからといって無理に続けようとすると、痛みが悪化してもっと辛くなってしまうことが考えられます。

休む際には椅子に座るか、横になりましょう。きちんと休みをとって、痛みが落ち着くようであれば、赤ちゃんへの影響もほぼ心配ありません。

ただし、休みを入れても痛みが引かない、または出血が見られるようであれば自己判断せず、かかりつけの病院を受診するようにして下さい。

妊娠中にストレッチはしても良いの?

妊娠中にストレッチ

身体を伸ばすということで、ストレッチをしても良いのか悩むママもいるかもしれませんが、妊娠中にストレッチを行っても問題ありません

むしろ、筋肉を伸ばしてほぐしていくストレッチは、自宅でもできる運動ということから、ヨガとともに妊娠中のママでもやりやすい運動の1つに挙げられています。

腰痛や肩こりなどを和らげたり、リラックス効果、出産時に使う筋肉をほぐすなど、ママにとって嬉しい効果が盛り沢山なのもポイントです。

妊娠中は軽く運動することも求められますので、気になる方は是非、試してみてはいかがでしょうか?

ストレッチをする時に気を付けたいこと

しかし、そんなストレッチにも気を付けておきたいことがいくつかあります。その注意点をまとめると次の通りです。

体操やエクササイズと比べて、ゆっくり身体を動かすストレッチは、自分のペースで誰でも楽しんで行うことができますが、絶対に安全とは言い切れません。

お腹に赤ちゃんがいることも考えて、注意事項を確認の上、万全の状態で行うようにして下さい。

体調が良い時に行う

自分の身体とはいえ、妊娠中の身体というのはどこか勝手が違います。ちょっとした無理が、症状の悪化に繋がってしまうことも珍しくないのです。

そのため、ストレッチを行う際には必ず体調が良い時に行うことが大切になります。

体調が優れない時や、お腹に張りを感じるなど不調があるようであれば、無理をせず休むようにして下さい。

食後すぐはNG

食事の後にすぐ動いたりして気持ち悪くなった経験ってありませんか?

実は、ストレッチにも同じことがいえます。食後すぐにストレッチを行うのは体調が悪くなる原因になります。

個人差はありますが、ママによってはお腹が張ってしまうこともありますので注意するようにしましょう。

食後はゆっくり休んで、お腹をしっかり休めてから始めるようにして下さい。

医師に相談すること

身体の負担にならない程度であれば、妊娠初期からでも始めることができるストレッチ。

ですが、始める際には事前に担当の医師に相談することが大切になります。

身体の調子によってはストレッチを行うことで、切迫流産や切迫早産のリスクも否定できないからです。

こればかりは医師にしかわからないことですから、身体を伸ばす程度のストレッチの場合でも自己判断せず、医師への相談を忘れないようにしましょう。

身体を伸ばす時は座ってもOK?

ストレッチなど、身体を伸ばすのがママにとって良いことはわかりましたが、お腹が目立ってくる中期以降は、身体のバランスを取るのも難しいのが現状で、やりたくてもできない、というママもいるはず。

その際には、椅子に座ったり壁などに捕まってするのがおすすめです。

特にストレッチに関しては、首や肩を伸ばすストレッチなど、立って行うのと同様の効果を得られるストレッチのやり方も存在しますので、ママがやりやすいと思う方法で身体を伸ばしてみましょう。

気にし過ぎはストレスのもと!

普通に身体を伸ばす程度のことであれば、妊娠中に身体を伸ばしても問題はありません。

ただし、高い所にあるものをとるといった、転倒の恐れがあるケースは控えることが大切になります。

周囲に注意をされていると、我慢をしてしまうことが多いですが、むしろその我慢する方がストレスのもと。ストレスは精神的にも身体的にも悪影響しか与えません。

赤ちゃんのことを考えて行動を控えることも大切ですが、基本的にやり過ぎなければ問題はありませんので、あまり気にし過ぎないよう気を付けるようにして下さい。

適度に身体を伸ばして息抜きをしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる