妊娠初期はノンアルコールを飲めば良い

妊娠初期はノンアルコールを飲めば良い?ノンアルの安全性




妊娠がわかってからもお酒を飲み続けてしまうママさんもいるようですが、根本的に妊娠期間中はお酒を控えるべきだといわれています。

しかし、お酒が大好きなママさんの場合、あまりにも我慢をすることによってストレスに感じてしまうでしょう。数年前からノンアルコールビールなどが新しいジャンルとして販売されるようになりました。

このようなノンアルコールのドリンクであれば、妊娠初期であっても飲むことができると考えるママさんもいるようです。

妊娠初期にアルコールを摂取することは推奨されていませんが、ノンアルコールのドリンクであれば飲んでも構わないのでしょうか?

そこで今回は、

・妊娠初期のお酒はどうしてダメなの?
・ノンアルコールドリンクなら飲んでもいいの?
・お酒を使った料理は食べても大丈夫?

といった方に、妊娠初期のアルコール摂取やノンアルコールのドリンクについて詳しくご紹介します。

妊娠初期のアルコール摂取は危険

妊娠初期のアルコール摂取

そもそも妊娠初期にはアルコール摂取が推奨されていませんが、何故避けた方が良いといわれているのでしょうか。このような部分について詳しくご存知ではないママさんもいるようです。

妊娠初期にアルコール摂取を避けるべきといわれているのは、ママさんの体に対してよりもお腹の赤ちゃんに対しての影響が大きいからです。

胎児性アルコール依存症

妊娠初期をはじめとしてママさんがアルコールを摂取してしまうと、胎盤を通じてアルコールの成分が赤ちゃんにも届けられてしまいます。

しっかりとアルコールを分解するための機能が備わっていない赤ちゃんにアルコールが供給されてしまえば、どのような影響が及ぼされるのか、はっきりとはわかっていません。しかし、危険視することで赤ちゃんを守ることにつながります。

また近年では、妊娠初期のママさんがアルコールを摂取することによって、赤ちゃんが胎児性アルコール依存症になってしまうこともわかっています。

胎児性アルコール依存症というのは、流産や早産のリスクが高くなるとともに、出産後に成長していく中で、発達障害や学習障害などが生じてくるリスクが高くなるといった症状です。

妊娠初期からこういったリスクを低減させていくためにも、妊娠初期をはじめとする妊婦さんのアルコール摂取は避けるべきだといわれているのです。

酔いによる転倒や吐き気

赤ちゃんが胎児性アルコール依存症になってしまうリスクも高くなりますが、それだけではありません。妊娠初期のママさんがアルコールを今まで通り摂取してしまうと、妊娠前とは体内の働きが違っていますので、思いのほか酔ってしまうこともあります。

そうなれば足元がふらついてしまい、転倒してしまうリスクも高くなります。アルコールを摂取して酔っている状態で転倒してしまえば、いつもの状態とは違い反応も鈍くなります。そのため手をついて体を守るという動作も遅れてしまうかもしれません。

万が一にでもお腹を強く打ち付けてしまうことや、骨盤などを強く打ってしまうことがあれば、お腹の赤ちゃんにどのような影響があるのかわかりません。

以上の理由などから妊娠初期のママさんがアルコールを摂取することは避けた方が良いとされています。

ノンアルコールドリンクは安心?

ノンアルコールは安心

さて上記のように妊娠初期のママさんがアルコールを摂取することによるリスクを回避するために、ノンアルコールドリンクならば安心だと考えた場合、本当にリスクなどを一切気にすることなく飲んでも良いのでしょうか。

さまざまなノンアルコールドリンクが販売されていますが、こういったもので気分を紛らわすことも大切です。

とはいえノンアルコールドリンクには色々な種類がありますので、いくつか注意点を意識しながら取り入れていく必要があります。

ノンアルコールにも種類がある

ノンアルコールドリンクとして販売されている商品にも種類があります。商品によってはアルコールの含有量が全体の1%程度であれば、アルコール表示方法を上手に活用してノンアルコールと表示しているものもあります。

そのため、完全にノンアルコールだと思って飲んでしまったら、実際には微量のアルコールが含有されていて、たくさん飲むことで酔ってしまうというケースもあるのです。

たとえ0.05%や0.5%のアルコール含有量であっても、これを摂取してしまえば、妊娠初期のママさんがアルコールを摂取したことに変わりはありません。

例えばの話ですが、ウイスキーボンボンなどのようにアルコールが含まれているものは避けるママさんが、ほとんどではないでしょうか。

その一方でアルコールが含有されたノンアルコールドリンクを飲んでしまえば、結果的にはアルコールを摂取していることになります。

アルコールの含有量をチェック

アルコールの含有量をチェックすることは、妊娠初期のママさんにとって非常に大切なことです。知らず知らずのうちに毎日少量のアルコールを摂取していたら、後になって不安を抱えることになってしまいます。

そのため、アルコール含有量を必ずチェックした上で、0.00%のアルコールドリンクを選んでいれば妊娠期間中のアルコール摂取を心配する必要がありません。

添加物がとても多い

ノンアルコールドリンクと表示されているものでアルコールの含有量が少ないものであっても、添加物には注意が必要です。

飲みやすいテイストに仕上げるため、人工甘味料をたくさん使っていたり、保存料や安定剤などを使っていることがあります。このような添加物は妊娠初期のママさんにとっては染色体の異常、さらには胎児の奇形発生率などを高めてしまうリスクがあります。

ビール好きな方がノンアルコールビールを飲んでも美味しくない、こんなもの飲むことができないなどと表現することがありますが、添加物でテイストが作られているため、ビールのように自然の材料から作られた商品とは、大きく違うのです。

それだけ多くの添加物が加わっているということを意識した上で、ノンアルコールドリンクを選んでいかなくてはなりません。

糖質の含有量が多い

ノンアルコールドリンクは上記の通り、人工的な甘味料の含有量が非常に多く、さらにはプリン体や糖質などもたくさん含有しているケースがほとんどです。

妊娠初期のママさんが多くの糖質を摂取してしまうことで極端な体重の増加につながり、最終的には妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群のリスクが高くなります。

アルコールの含有量のみを意識して、0%だから安心だと気軽に飲むのは避けた方が良いのです。

妊娠していない状況であれば、ノンアルコールドリンクでその場の雰囲気を楽しむこともできますが、妊娠初期は特にノンアルコールドリンクなどを飲んで気分を紛らわすことも控えた方が良いでしょう。

ドライバーの立場をはじめとして、その他お酒を飲むような場面に出向いた際には飲むことができず、我慢をしなければなりません。

しかしノンアルコールドリンクを選ぶのではなく、完全にアルコールが含有されていない、さらには妊婦さんに良いとされているようなドリンクを選ぶことが望ましいです。

もちろんノンアルコールドリンクを絶対に飲んではダメ!ということではありません。多少であれば飲んでも構いませんが、毎日の晩酌の代わりにアルコールドリンクを飲み続けてしまうのは決して良いこととはいえないのです。

ノンアルコールとソフトドリンクは違う

ノンアルコールとソフトドリンク

ノンアルコールドリンクと、ソフトドリンクを同じような感覚で捉えているママさんもいるようです。清涼飲料水をはじめとして、ソフトドリンクにも人工添加物が加えられているものがありますが、それでも添加物の含有量などは大きな違いがあります。

また、ノンアルコールと称されているものであってもソフトドリンクでない限り、微量のアルコールが含有されている可能性があります。

ソフトドリンクはお茶をはじめとして、そのほかにもさまざまな商品がありますが、あくまでもアルコールとは全くの無縁な商品だということを覚えておきましょう。

妊娠初期はお酒を忘れよう

妊娠初期のママさんは、できるだけお酒の存在そのものを忘れてしまう方が良いのかもしれません。ノンアルコールといわれているものでも、わずかにアルコールが含有されていることもあります。

また、添加物のリスクを考えた場合にも、やはりソフトドリンクで過ごすのが1番といえます。アルコールの存在そのものを忘れてしまうことで、我慢をするといったストレスも溜まりにくくなります。

赤ちゃんのためにも、ソフトドリンクを中心に取り入れていく生活に変えていきましょう。どうしてもストレスを感じてしまい我慢ができないようであれば、アルコール分の含有量が0.00%になっている商品を少量飲むといった方法を取り入れましょう。

カフェインも避けた方が良い

妊娠初期のママさんが飲むアルコールドリンクを避け、できるだけソフトドリンクを摂取するのが望ましいですが、ソフトドリンクの中にはカフェインが含まれているものもあります。

コーヒーをはじめとして、紅茶や緑茶などにもカフェインが含有されています。こういった商品をできる限り避けて、紅茶が飲みたくなった時にはハーブティー、コーヒーが飲みたくなった時にはノンカフェインのコーヒーを飲みましょう。

その他には牛乳や飲むヨーグルト、ココアなどのドリンクを取り入れながら日々を過ごしていきましょう。カフェインを過剰に摂取してしまうと血液の流れが悪くなりますので、赤ちゃんに十分な栄養を送ることが難しくなるケースもあります。

また、お手洗いが近くなってしまいますので、カフェインを多く摂取することでママの体内を水分不足にしてしまうこともあるのです。

お料理にアルコールが含有されていたら?

お料理にアルコール

ドリンクとして飲むことを考えた場合、ノンアルコールのものでも避けた方が良いですが、お料理などにアルコールが含有されている、または使用されている場合どうしたらよいのでしょうか。

お料理をする際に、料理酒やワインなどのアルコールを使うものはたくさんあります。こういったものに関してもアルコールの摂取を控えるために、妊娠初期のママさんは食べない方が良いのでしょうか。

酒蒸しなどは問題なし

酒蒸しなどといったお料理はアルコールを使っているものの、火を通してアルコール分を飛ばしていますので特に問題はありません

妊娠初期のママさんが食べてもアルコール分を摂取してしまうことはなく、あくまでもお酒を使用した風味そのものを楽しむことができます。

魚介類の酒蒸しや、その他にもお野菜を酒蒸しにするメニューには新鮮な食材を使い、十分に火を通すことで問題なく食べられます。

また、煮物などを作る際にも料理酒を用いることになりますが、こういった部分でのアルコールも特に心配はありません。

洋菓子類には気をつける

充分に火を通すお料理の場合は、お酒などのアルコールを使っていてもしっかりとアルコール分が蒸発してなくなっています。しかし、洋菓子に関しては注意が必要となります。

たくさんの洋酒をはじめとして、アルコールを含有して作っている洋菓子は火を通してないものも多く、アルコール分を摂取してしまうことになります。

洋菓子に使用されるアルコールには、ラム酒などのリキュール類をはじめ、このほかにもウイスキーやブランデーが含まれることもあります。

また近年では、焼酎や日本酒を使ったスイーツも増えてきていますので、十分加熱をせずに作られた洋菓子に関しては避けましょう。

妊娠初期のノンアルコールは安心し過ぎないこと

妊娠初期のノンアルコール

妊娠初期のママさんはアルコールの摂取を控えるため、そして人工添加物の含有量などを詳しく知らないままノンアルコールドリンクを選ぶこともあります。

しかし、ノンアルコールと表示されているものでもいくつかの注意点があることをお話しました。ノンアルコールだからといって完全に安心してしまうのは要注意。

人工添加物や微量のアルコールを頻繁に摂取しないためにも、ノンアルコールタイプのドリンクは極力避けてソフトドリンクを取り入れましょう。

そうすることでお腹の赤ちゃんへの心配も少なくなり、本当に安心したマタニティライフを送ることができます。

小さなことでも妊娠した際には大きなストレスになってしまうものです。心配事や不安を極力減らしていくためにも、ノンアルコールドリンクについての認識を変えましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる