お腹の大きさ

妊娠中のお腹の大きさと胎児の大きさ!月齢別に見てみよう!




妊娠するとだんだんお腹が大きくなって、出産前には初期のころからは考えられないほどパンパンに大きく膨れ上がったお腹になります。

妊婦さんのお腹は人それぞれで形も出方も大きさも全く違います。人よりもお腹が小さいことなどで、赤ちゃんは大丈夫かしら?と不安になる人もいます。

そこで今回は、

・お腹の大きさと赤ちゃんの大きさは関係あるの?
・月齢別のお腹の赤ちゃんの大きさを知りたい

といった方に、妊婦さんのお腹と、お腹の中の胎児の様子を月齢別に詳しくご紹介します。

お腹の大きさとは

妊婦検診に行くと毎回メジャーで腹囲を測ったり、エコー検査の時に産婦人科の医師が子宮の大きさを測っています。毎回きちんと計測することで、急激に体重増加していないか、胎児は順調に育っているかを管理しています。

急激にお腹周りが大きくなるということは、母体の体重が短期間に増えている可能性もあるので早めに軌道修正する必要です。体重なども妊婦検診で測定しますが、体重、腹囲、子宮底長などを総合的に見ながら、お腹の赤ちゃんの成長と母体の健康維持をしています。

一般的にお腹の赤ちゃんの成長とお腹の大きさはあまり関係ないといわれています。エコー検査で毎回赤ちゃんの体のサイズや子宮の大きさなどを測っていますが、エコー検査なので実際のデータとかけ離れてしまうこともあります。

その点、腹囲や子宮底長、体重は、赤ちゃんの成長を見る確かな客観的データとして記録されます。お腹が大きいから、お腹の赤ちゃんは必ず大きいというわけではないので細かなデータの上下をそれほど気にする必要はありません。

子宮底長とは

子宮底長とは、恥骨がつながっているポイントから子宮の一番上の位置との長さで、子宮のふくらみを表すものです。

この子宮底長から胎児の大きさや発育状況、羊水の量などを割り出し胎児が順調に成長しているかということの指標にしています。

妊娠中期からは超音波検査などで赤ちゃんのサイズなどを計測する場合、メジャーで子宮底長を測ることを省く病院もあります。子宮底長はメジャーなどで医師や看護師が測定します。

診察台に仰向けに寝て、膝を立てて測る場合と、膝を伸ばして測る場合がありますが、下は恥骨から上は子宮最上部までの距離を測ります。子宮の最上部は手でお腹を触ると分かります。

毎回測定する人が違うと測り方が人それぞれ違ってくるので、一貫性のあるデータではないのが難点です。

診察時に子宮底長を測りながら、腹部の張りや胎児の位置、向きなども確認し、エコーとともに経過を診ています。

妊娠月数と子宮底長の様子

子宮底長は妊娠週数が増えると適正値も変わってきます。妊娠3ヶ月のころまではお腹の大きさはさほど変化がありません。しかし、妊娠4ヶ月以降になってくると個人差はありますが、少しずつお腹が膨らみ始め、妊婦さんらしい体型になっていきます。

妊娠1ヶ月

妊娠1ヶ月目とは妊娠0週~3週までの4週間を指します。まだ妊娠が成立していない期間も含まれ、妊娠に気付いていない人も多い時期です。

お腹の赤ちゃんの大きさ

受精卵となった赤ちゃんの大きさは約1ミリ未満、体重は約1グラム未満です。本当に小さな存在ですが、脳と精髄は分かれていますし、神経管の原型は整っています。

心臓や肝臓、血管組織もほぼできています。頭が体のほぼ半分くらいを占めていますし、長いしっぽもあります。まさに命の始まりです。

子宮の大きさ

妊娠前とほぼ大きさ的には変わりませんが、子宮の中の様子は急激に変化しています。

妊娠2ヶ月

妊娠2ヶ月目は妊娠4週~7週目にあたります。妊娠検査薬などではっきり妊娠を確認できたり、軽いつわりの症状が出るなど、妊婦さんの心や体に妊娠初期の症状があらわれはじめる頃です。

お腹の赤ちゃんの大きさ

超音波検査で赤ちゃんの心臓の動きを確認できるようになります。心臓、胃、腎臓、肝臓などの主要な臓器の形ができ上がっています。

手足の区別もできます。胎芽という赤ちゃんと赤ちゃんが入っている胎嚢を確認できます。このころの赤ちゃんの重さは約4グラム、頭からお尻までの長さは約12ミリです。

お腹の大きさ

子宮は一回り大きくなっていますが、まだ外見からは妊娠していることは分かりません。子宮が大きくなっているので膀胱が圧迫されてトイレが頻繁になる人も居ます。

妊娠3ヶ月

妊娠8〜11週目にあたる妊娠3ヶ月目は、つわりのピークをむかえ、妊娠初期のつらい時期でもあります。お腹が少しずつふくらみはじめ、妊娠の実感が湧くのもこの時期です。

お腹の赤ちゃんの大きさ

妊娠3ヶ月になると赤ちゃんは胎児といわれます。しっぽはなくなって、すっかり人間の形をした3頭身になっています。顔立ちもできてきますし、手足の指もできます。

主な臓器も機能し始め尿を排出するようになります。赤ちゃんの重さは約30グラム、頭からお尻までの長さは約47ミリです。

お腹の大きさ

外見からはお腹の大きさはまだよくわかりませんが、子宮が大きくなって腸を圧迫するので便秘になる人もいます。

便秘でお悩みの場合は、妊婦さんの便秘や下痢にオリゴ糖が良い理由とおすすめのオリゴ糖の記事を参考にしてください。

妊娠4ヶ月

妊娠12~15週目の妊娠4ヶ月目になると、だんだんとお腹もふくらみはじめ、体のラインが妊婦さんらしくなってきます。つわりも落ち着いてくる頃で、体調も安定してきます。

お腹の赤ちゃんの大きさ

骨や筋肉などができ水の量も増えてきます。男女の外性器もできますし、胎盤がほぼ完成しますので酸素や栄養をしっかり吸収できるようになるので、赤ちゃんは急激に大きくなってきます。

赤ちゃんの重さは約100グラム、身長は約16センチと急激に大きくなります。

お腹の大きさ

つわりが落ち着いてくるこの時期は、急激に胎児も大きくなるのでお母さんのお腹も大きくなり、外見からもほんの少し膨らんでいるのが分かってきます。

つわりが終わるので一気に食欲が出て体重が増加しやすい時期です。

妊娠5ヶ月

妊娠16~19週目にあたる妊娠5ヶ月目。辛かった妊娠初期のつわりも終わって、初期流産の危険も格段に下がり、体調が安定する妊婦さんが多い安定期です。

お腹の赤ちゃんの大きさ

手足を動かすのが上手になり、柔軟性も備わってきます。脂肪組織もでき、少しずつふっくらしてきます。赤ちゃんの重さは約280グラム、身長は25センチです。

お腹の大きさ

子宮の大きさは大人の頭ほどにもなります。このころから妊婦検診では子宮底長を測定しはじめます。子宮底長は10~15センチほどです。

妊娠6ヶ月

妊娠6ヶ月目である妊娠20~23週目は、妊婦生活のちょうど中間地点になります。お腹が大きくなる一方、妊婦さん自身の体調も落ち着くので、お出かけの機会も増える時期です。

お腹の赤ちゃんの大きさ

脳の発達が目覚しく、排泄機能が発達します。赤ちゃんの重さは約600グラム、身長は30センチです。

お腹の大きさ

お腹のふくらみが目立ってきます。羊水の量も増えますので、子宮底長は18~20センチほどになります。

妊娠7ヶ月

妊娠24~27週目にあたる妊娠7ヶ月目。安定期なので気分も晴れやかなのですが、お腹はますます大きくなり、自分の体が徐々に重みで自由が利かなくなってきます。

お腹の赤ちゃんの大きさ

顔立ちがはっきりして、目も瞬きができます。耳も聞こえるようになります。赤ちゃんの重さは約1,000グラム、身長は35センチほどです。

お腹の大きさ

今まで下腹部しか膨らんでいなかったお腹が上腹部まで大きくなります。一番上の部分はおへそより前に突き出している状態で子宮底長は20~24センチほどです。一気に腹囲も大きくなるこの時期は妊娠線があらわれる人が多いです。

妊娠8ヶ月

妊娠後期のはじまりとなる妊娠28~31週目の妊娠8ヶ月目は、ますますお腹も大きくなって胃や心臓が押され、息切れや胃もたれがあるなど、つらく苦しい時期でもあります。

お腹の赤ちゃんの大きさ

体に皮下脂肪がつき、骨格がほぼ完成します。筋肉や聴覚、神経が活発に機能するようになります。赤ちゃんの重さは約1700グラム、身長は約40センチです。

お腹の大きさ

子宮が胃や心臓を圧迫するほど上に上がってきます。子宮の一番底の部分がみぞおちにはまるような感じになります。子宮が大きくなるので下半身の静脈が圧迫されて手足がむくみやすくなります。子宮底長は24~28センチほどになります。

妊娠9ヶ月

妊娠32~35週目の妊娠9ヶ月目。出産予定日も近くなり、出産に向けての準備や赤ちゃんを迎え入れる準備をする時期です。また、授乳に向けてお母さんの体も変化します。

お腹の赤ちゃんの大きさ

皮膚に張りが出てきます。内蔵も完成し、爪など細かい部分もできてきます。赤ちゃんの頭囲は32~34センチ、肩幅は11センチ、腹囲は27センチほどになり、赤ちゃんの重さは約2400グラム、身長は45センチと大きくなります。

お腹の大きさ

お腹がパンパンに大きくなります。子宮底長は28~32センチほどです。

妊娠10ヶ月

妊娠10ヶ月にあたる妊娠36~39週目。妊娠生活も最終段階で、赤ちゃんはいつ生まれてもおかしくない状態です。

お腹の赤ちゃんの大きさ

後は出産を待つのみの状態で、ほぼ完成しています。体重は約3100グラム、身長は約50センチほどです。

お腹の大きさ

出産までの1ヶ月でまだ一段階お腹は大きくなります。今まで高い位置にあった子宮が出産に備えて下がってくるので少しした下がりのお腹になります。子宮底長は32~34センチほどです。

腹囲はどれくらい増えるのが一般的?

妊婦さんの腹囲を測る場合は、おへそ周りを測定しますが、臨月を迎えるまで腹囲がどれくらい大きくなるかということは個人差があります。

お腹が大きいことの胎児の成長とはほとんど関係がありませんが、妊娠から出産までに平均で23センチほど腹囲が増加します。もともとが普通体型の母体ならば腹囲は85~100センチくらいになります。

お腹の大きさって何で決まるの?

妊婦さんのお腹の大きさは色々な要因が重なって変わりますので、個人差が大きいといわれています。もちろん胎児の大きさは関係ありますが、その他にも羊水が多い少ないということも関係あります。

また、お腹の赤ちゃんがお腹の前の方にいるか、後ろの方にいるかという位置や体制によっても違います。母体の体格や体質や骨盤の広さも関係してきます。骨盤の大きい人はお腹の大きさが目立たないということが多いです。

お腹が大きいと難産になる?

誰しも出産は安産であって欲しいと願いますが、どんどん自分のお腹が大きくなってくると本当に安産で産むことができるのだろうかと不安になってきます。しかし、お腹が大きいということがすぐに難産につながるというわけではありませんので安心してください。

安産か難産かを見極めるには、お腹の大小の比較ではなく、母体の体重増加と赤ちゃんの大きさ、骨盤の大きさです。羊水が人より多い人は、赤ちゃんの大きさが小さくてもお腹が大きくなります。

お腹の赤ちゃんが標準体重で、妊娠中もしっかり母体の体重管理ができているのならば特に問題はありませんが、体重を増やしすぎている場合は、産道に脂肪がついて狭くなってしまっている可能性があるため、難産になる可能性があります。

いずれにしても、専門医が総合的に判断して標準以内であると診断すれば自然分娩で出産できます。母体の骨盤の広さに対して胎児の頭部が大きく、難産が予想される場合はあらかじめ専門医によって帝王切開による出産が提案されます。

お腹が大きいと動くことが億劫になって運動不足になったりしますが、日頃から安産のためにも運動をして体重管理、筋肉、体力トレーニングをしましょう。できるだけ胎児も母体も標準体重で出産を迎えることが安産につながります。

二人目の方がお腹は大きくなる?

風船を膨らます原理と同じで、全く膨らんだことのない子宮はなかなか大きくなりませんが、複数回出産を経験している子宮は中からの圧力により簡単に大きくなります。

しかし、お腹の大きさと胎児の体重にはそれほど大きな関係性はないため、二人目以降の出産の方がお腹は早い段階から大きくなりますが、中にいる赤ちゃんが必ずしも一人目より大きいというわけではありません。

また、3人目以降であればどんどんお腹は大きくなりやすいのかというとそれは二人目のときとさほど変わらないことが多いようです。しかし、出産回数が多いほど伸びたお腹の皮膚はなかなか元には戻らないということはあります。

お腹の大きさや出方で性別が分かる?

超音波検査などで最近ではお腹の赤ちゃんの顔の表情まで分かるほどですので、比較的簡単にお腹の赤ちゃんが男の子か女の子かということははっきりわかりますが、昔から妊婦さんのお腹の大きさや形、出方を見て性別を推測するということがなされていました。

お腹が前にぐんと尖って突き出ている場合は男の子、腰からお腹にかけて横に丸みをもって横に膨らんでいるのは女の子ということはよくいわれています。ある程度の確率でそのような事実かあったということから、迷信のように信じられていますが、科学的根拠は全くありません。

妊婦さんのお腹の大きさは母体の体格や骨盤の形によるところが多いので、性別との関係は特にないといってよいでしょう。周りの人からお腹の形や大きさで性別を指摘されることがあると思いますが、あまり関係はないということを頭において冷静に判断しましょう。

現在の医学では出生前に男女を見極めることは比較的簡単にできます。専門医の超音波検査による診断で告げられた性別が実際の性別と違っていたということはほとんどありません。性能のよい機器だと素人が見ても外性器の形がはっきりとわかるので簡単に性別を判断できます。

お腹の大きい小さいは赤ちゃんの大きさに関係ある?

専門医による妊婦検診で腹囲や子宮底長、超音波検査などしていれば、お腹の赤ちゃんの大体の体重や大きさなどを推測することができますし、発育や健康状態についてもきちんと把握できています。

多少他人と比べてお腹が小さい、大きいはあるかも知れませんが、標準腹囲内であれば特にお腹の大きさは問題ありません。

確かに、2000グラムしかない胎児と4000グラムもある胎児ではお腹の大きさは歴然としているかもしれませんが、赤ちゃんの大きさも個人差がありますので見た目だけで赤ちゃんの成長を比較することはありません。

超音波検査などから色々なことが分かりますが、体重にしても機械を通じて推測する体重と実際の体重に大きな差があることもよくあります。同じ重さの赤ちゃんでもお母さんが大柄な人にとっては小さいお腹になりますし、小柄な人にとっては大きなお腹になります。

赤ちゃんの発育などに問題がある場合は専門医の方から指摘されますので、腹囲の大きい小さいで悩む必要はありません。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる