妊娠中のオーガニック化粧品

妊娠中はやっぱりオーガニック化粧品!失敗しない選び方と注意点




妊娠すると、今までなかった変化が体に見られ始めます。

特に、妊娠初期から中期にかけて、早ければ妊娠がわかってすぐに肌荒れが酷くなるケースもあります。

ホルモンバランスの乱れや、赤ちゃんを胎内で育てていくことが体の中で優先事項になるため
、肌が影響を受けてしまうのですが、一時的なもので出産を終えると治ってしまうこともあります。

しかし、出産まで十月十日も肌がボロボロというのは放っておけません。

基本、荒れた肌を整えていく場合、生活習慣を見直し体内環境を整え、スキンケア用品で外から肌へアプローチしていくというのが一般的な方法ですが、妊娠すると今まで使用していた化粧品が合わないことがあります。

また、お腹に赤ちゃんがいることを考えると市販の化粧品に含まれる化学成分が与える影響が気になってきます。

そこで今回は、

・オーガニック化粧品とは?
・オーガニックの効果とは?
・オーガニック製品の安全紙について知りたい!

といった方に、妊娠をきっかけに化粧品に悩むママに使って欲しいオーガニック化粧品について詳しくご紹介します。

オーガニック化粧品とは?

肥料や農薬などの化学合成成分を使用せずに栽培された、有機素材で作られた化粧品をオーガニック化粧品といいます。

香料や防腐剤などの化学成分が使用されていないので、肌への刺激が少ないのが特徴です。

人間が元々持っている肌の自然治癒力を高め、ケアをすることを目的にしているため、アトピー性皮膚炎といった皮膚の病気に悩んでいる人や、敏感肌の人にも勧められています。

化粧品は直接体内に摂取されるものではありませんが、その成分は皮膚から吸収されていきます。

お腹の中の赤ちゃんへの影響も考えると原材料が厳選され、栽培方法から製造工程まで化学成分を使用しないで作られるオーガニック化粧品は、母子の肌と健康を気遣った、妊娠中でも安心して使うことができる化粧品といえるのです。

オーガニックと無添加や自然派、天然由来成分との違い

オーガニック化粧品の一部には、製品の安全性を保つために、微量ではあるものの化学成分が使用されているものもあるので、化学成分が一切使用されていないわけではありません。

また、混同されやすいのですが、無添加や自然派、天然由来成分といった名前の化粧品は、正しくはオーガニック化粧品ではありません。

オーガニックというのが、有機素材のみで作られた物を指すのに対し、無添加化粧品は防腐剤や石油系界面活性剤などの人工添加物が含まれていない化粧品を指します。

そして自然派や天然由来成分の化粧品は、植物などの天然成分を加工して精製している物になります。

肌に優しいという意味で共通点はありますが、無添加は旧厚生省が、アレルギー反応を起こすため危険と指定した化学物質を、ほとんど配合していないというだけで、少なからず化学成分が使用されています。

天然由来成分に至っては天然由来成分が多めに含まれている、という意味ですから香料などを一切使用していないというわけではないので、オーガニックな化粧品を選びたいという場合には注意する必要があります。

オーガニックの効果

肌に優しいという印象が強いオーガニック化粧品ですが、その反面、効果がないように感じてしまう人も少なくありません。

しかし、確かに市販の化粧品にあるような即効性はあまり期待できませんが、オーガニックにしかできないママに嬉しい効果がたくさんあります。

肌が元気になる

市販の化粧品の場合、水分と脂(化粧品では成分)を混ざりやすくするために界面活性剤の中でも、石油由来の界面活性剤が含まれています。

界面活性剤の乳化という作用なのですが、これで化粧品の水分と成分が均一になり、塗り心地が滑らかで広がりやすくなるのです。

しかし、本来なら混じり合わない物質を合わせてしまう性質上、人の肌にある皮脂膜という外の刺激から肌を保護してくれる天然のバリアまで壊してしまうデメリットがあるため、肌には良くないともいわれています。

その点、オーガニック化粧品は界面活性剤や油剤の代わりに、オリーブオイルやアーモンド油といった植物から抽出した油を使用しているものがほとんどなので、肌を傷める心配がありません。

また、天然油脂で肌に優しいだけでなく、植物由来が持つ美肌効果で肌を元気にすることもできます。

例えば、先に出てきたオリーブオイルならクロロフィルという成分で、ニキビや吹き出物などの炎症を鎮めてくれる効果がありますし、体の健康面でもフォローしてくれる優れものです。

選んだオーガニック化粧品の配合成分にもよりますが、美白効果が期待できる物もあります。

市販の化粧品のように、ピンポイントですぐに効果があらわれるわけではありませんが、自然由来ということで化学成分に頼らなくなる分、肌自体が本来の力を取り戻してくるので、長く使っていけば肌環境が整い、元気になってくるといえます。

赤ちゃんに影響が少ない

オーガニック化粧品を妊娠中のママに勧めるのは先に触れた、界面活性剤などの化学成分の影響が少ないからです。

化学成分の心配がないということは、同時に、体内にいる赤ちゃんにとっても安心ということになります。

界面活性剤は口に入れることはないですが、皮脂膜を破壊したところから侵入してきますし、血液に乗って体内を巡っていくこともあります。

体内に1度入ってしまえばしぶとく残ることや、発ガンを引き起こす原因ともいわれ、体に悪影響を及ぼす可能性も持っているので、お腹の赤ちゃんの健康面でも良くありません。

これは他の化学成分にも同じことがいえます。たとえ界面活性剤のように肌を破壊することがなくても、その成分は肌を通じて体内へ浸み込み全身へ広がっていくことが考えられます。

オーガニック化粧品は、赤ちゃんの弱い肌でも使用できる優しさもポイントの1つですが、同じ化粧品の中には赤ちゃんが触ったり、誤って舐めてしまったとしても大丈夫なように作られている製品もあります。

それぐらい配合成分からこだわっているからこそ、お腹に赤ちゃんがいても安心して使用できるのです。

精油は両得

天然成分で肌を元気にしていくオーガニック化粧品の中には、精油(エッセンシャルオイル)が含まれている製品もあります。

精油というと、花や草木、葉といった植物の芳香物質を抽出して作られるもので、香りを楽しむといったイメージがあります。

精油には、香りを楽しむというだけではなく、それぞれ精油ごとに、体に良い働きをしたり、美容効果に優れたもの、精神的にリラックスできるなど、多くの効果が期待できるのです。

オーガニック化粧品に精油が配合されている場合、こういった効果も期待できます。

香りから得るリラックス効果、そして、皮膚から成分が吸収されるのを利用した精油の効果、どちらも得ることができます。

メーカーによって配合されている精油に違いはありますが、どうせなら香りを選ぶことから楽しんで、好みの香りに包まれながらリラックスした気持ちで使用したいですね。

妊娠線もオーガニック製品でケアしよう

妊娠線は、妊娠中、お腹が大きくなるにつれて皮膚が急激に引っ張られてしまうために、肌内部にある真皮と皮下組織の対応が追いつかずに断裂することでできます。

簡単に言えば肉割れの状態で、肌に亀裂が入ったように腹部や太ももなどに何本も細い線ができます。

妊娠中に起こることから、妊娠線と呼ばれておりストレッチマークと呼ばれることもあります。

赤紫色から始まり、定着してくると白っぽくなるのですが、出産後も中々消えず悩むママも多く、簡単には消えてくれません。

この妊娠線の予防にも、オーガニック化粧品は良いとされています

妊娠線は妊娠6ヶ月以降の妊娠後期から目立ち始めるので、その時期からできやすいと思われがちですが、本当に何とかしたいと思うなら妊娠初期から対策をとることが必要です。

まだできていなくても、妊娠線ができやすそうなところを予測してケアしておくことで、妊娠線が増えるのを防ぐことができますから、予防できるなら早め早めにすることが大切です。

妊娠線ができてしまっても慌てずに

妊娠線が消えにくいのは、亀裂が入ってしまっているのが肌の内部のため、肌のターンオーバーがスムーズに行われていたとしても、表面の肌より新しくなるのが遅いというのが理由に挙げられます。

オーガニック化粧品の中には、そうした妊娠線を元に戻す、ターンオーバーが肌内部の真皮まで作用するようにサポートする成分や、真皮をケアしてくれる成分が配合されている製品があります。

すぐに効果があるわけではありませんが塗り続けていくうちに、徐々に薄くなっていきます。

妊娠中にできてしまった妊娠線をケアしようとすると、どうしても赤ちゃんのいるお腹に近いところに化粧品を使うことになってしまいますが、オーガニックならその点も安心して使用することができます。

オーガニック製品の安全性

肌に優しいというメリットや、化学成分を使用しない赤ちゃんにも安心という点からオススメされるオーガニック化粧品。

しかし、オーガニックだから「絶対」安全かというと、そうではありません。

何でも必ずメリットデメリットがあるように、オーガニックだからこそ気を付けなければいけないことがあるのです。

オーガニックの基準

オーガニック化粧品と認定を受けるには、基準があります。

海外では認定をする第三者機関が存在し、国によって基準内容は若干異なるものの、販売されるオーガニック化粧品はしっかりと基準をクリアしたものなのです。

しかし、日本では食材に厳しい基準があるものの、化粧品にはそうしたものがないというのが現状になります。

理由としては、国産でオーガニックと呼ばれる原料が少なく、あったとしても使用していくには難しいというのが理由のようです。

そのため、日本のメーカーで販売されるオーガニック化粧品は明確な基準がないことから、基本はメーカー独自で判断しています。

もちろん、基準に統一性はありません

つまり最悪の場合、1滴でもオーガニックの原料が含まれていればオーガニック化粧品といえてしまうのです。

それぐらい基準が曖昧なので、日本メーカーのオーガニック化粧品を選ぶ時は成分表を確認するなど、慎重になる必要があります。

オーガニックに惑わされない

植物などの天然成分しか使用していないからとはいえ、体質によってはその天然成分が合わず、肌にアレルギー反応が出てしまうこともあります。

天然という理由から研究が追いついておらず、効果はあっても肌にとって刺激が強すぎる成分が使用されてしまっている可能性も否定できないのです。

また、精油が含まれている製品もあることは触れましたが、この精油も香りによっては通経作用があるなど、女性の生殖機能に働きかける効果がある精油もあるので、使用を避けた方が良いものもあります。

影響は個人差もあるので、事前にわかるようなら、自分にあった成分が配合されたオーガニック化粧品を選び、精油の種類もチェックしておくと良いでしょう。

このような理由から、オーガニックではなく肌に負担の少ない、効果もわかっている化学成分が含まれた化粧品を使った方が安心という考えもあります。

オーガニックという言葉に惑わされず、「自分に合う・合わない」「妊娠中に使える・使えない」といった判断をしていく必要があります。

使い心地が劣る面も

保存料や、界面活性剤など化学成分が使用されていないので、市販の化粧品に比べると使い心地が悪く感じます。

使い方を工夫したり、慣れてしまえば気にならないことではあるのですが、触った時の滑らかさがなく、使用した時も伸ばしにくいという面もあります。

また、防腐剤が使用されていないので、使用期限が短いというデメリットもあります。

使用期限が過ぎたオーガニック化粧品に効果は期待できないどころか、肌に悪影響を与えてしまうので気を付けましょう。

気を付けたい成分

国産のオーガニック化粧品であっても、化学成分を一切使用せず原材料からこだわるメーカーも存在します。

しかし、はっきりとした基準がまだないというのも事実ですから、妊娠中に気を付けた方がよい成分を知っておきましょう。

防腐剤で使用される「パラベン」は赤ちゃんの成長阻害や赤ちゃんの肥満傾向が問題視されていますし、化粧品などに多く含まれる「サリチル酸」は催奇形性があると心配されています。

また、精油である「ローズマリー」は、防腐剤の代わりにオーガニック化粧品によく使用されているのですが、流産を引き起こす可能性があるとして妊娠中は避けた方がよいといわれているのです。

化粧品に含まれる成分は濃度が高くないものがほとんどですが、蓄積されて体の中で量が増えることでこういった悪影響が出ると考えられています。

注意したい成分はこれだけではありませんので、購入する前にぜひ確認しておきましょう。

まとめ

オーガニック化粧品は肌に優しく、赤ちゃんへの影響も少ないとしてよく取り上げられる化粧品ですが、安全面からみても決して安心して使えるとは言い切れません。

ほとんどの人にとって良い成分でも、天然の成分が配合されていますから体質的に合わない可能性は十分あり得ます。

アレルギー反応などの肌への影響は個人差が大きいので、使用する前にパッチテストをして反応を見ることが大切です。

顔の皮膚と腕などの皮膚は、肌の強さが異なるので試す時は、顔の目立たないところで行いましょう。

反応が出てしまった場合には、よく洗い流して専門の病院を受診して下さい。植物由来の成分は体に良い分、どんな反応があるのか未知数な面もあります。

自分に合ったオーガニック化粧品で、妊娠中の肌ケアと赤ちゃんの健康の両方を気遣っていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる