無痛分娩の出産

本当に痛くない?無痛分娩はどこの産院でもOK?費用は?



出産と聞くとまず怖くなるのが陣痛の痛みです。赤ちゃんを産むために必要なこととは頭ではわかっていても、どんな痛みか分からない妊婦さんにとっては不安の種です。

そんな陣痛を経験しないで子供が産めるとしたらどうでしょう?出産に対する不安がひとつ取り除けるので、こんなに嬉しいことはないです。

最近では日本の産院でも、無痛分娩と大きく書かれた看板を見ることが増え、インターネット上でもよく見かけるようになりました。ですが、無痛分娩は痛くないイメージでしか知らない、という妊婦さんも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、

・無痛分娩はどこの産院でもやっているの?
・無痛分娩は本当に全然痛くないの?
・無痛分娩の金額は高いの?

といった方に、無痛分娩のできる条件や費用、無痛分娩のメリットを含むさまざまなことについて詳しくご説明します。

無痛分娩とは?

無痛分娩とは

無痛分娩は皆さんがイメージしているとおり、痛みを最小限に抑えて赤ちゃんを産める方法です。麻酔の力を借りて陣痛の痛みを軽減しますが、陣痛自体がなくなる訳ではありません。

アメリカやフランスなどでは一般的な出産法として根付いていますが、まだ日本ではすすめる産院も少なく、おこなっていない産院も多いです。

無痛分娩はメリットばかり?

無痛分娩はメリットばかり

痛みを感じることなく無痛で出産できると聞くと、誰もがメリットと感じてしまいますが本当にそうなのでしょうか?

無痛分娩は腰から下の部分に麻酔をかけて陣痛の痛みを極力軽減する出産法です。そのため、少なからず麻酔のリスクがあります。

腰椎麻酔ですので当然ながらリスクはあり、専門的な設備や麻酔担当医が必要です。

また、陣痛の痛みを抑えてしまうため、陣痛が微弱になり吸引分娩や帝王切開になるケースもあります。

さらに、無痛分娩の多くで投与される陣痛促進剤の投与によるリスクもありますが、実際多くの症例のあるアメリカでは新生児やママに大きな問題が発生するケースは少なく、安全な出産方法としての広く普及しています。

心臓の病気など、出産に耐えられない病気を持っている方などには非常に有効な方法です。しかし、誰もが実践できる出産法ではなく、ある特定部位に疾患がある方などは無痛分娩を選択できない場合もあります。

無痛分娩できる条件

無痛分娩での出産を望んで誰もが無痛分娩で出産できる訳ではありません。次のような方は無痛分娩による出産が難しいです。

・血が固まりにくい体質の方
・背骨や背中の神経系統に問題のある方
・麻酔に対しアレルギーのある方

このような方は無痛分娩を希望しても断られる場合があります。病状の度合いや体質などにもよりますが、まずは医師とじっくり相談しましょう。

無痛分娩には他にもこんなメリットが・・・

無痛分娩のメリットは、痛みを最小限に抑えられるだけではありません。陣痛を耐えているとき、多くのママは十分な酸素を体に取り込むことができません。

しかし、無痛分娩の場合、十分な酸素を取り入れながら分娩することができます。心臓病や呼吸器系に問題がある方でも、体への負担を軽減して出産できるメリットの多い出産法です。

また、出産するには体力も必要といわれていますが、痛みがないため無駄な体力を必要としません。

そのため産後の体調の回復が早く、疲れを感じることも少ないとされています。

無痛分娩はまったく痛みを感じない?

はじめから答えをいってしまうと、ノーです。

麻酔を用いて出産する方法なので、まったく痛みを感じず子供を産めると勘違いしてしまう妊婦さんも多いですが、無痛分娩でも麻酔の処置をするときや、陣痛が始まってから麻酔をかけるケースでは初期の陣痛の痛みは感じることとなります。

また、計画的に麻酔をかけて人工的な陣痛を起こす際には、事前に子宮口を開きやすくする処置を行うことがあります。

陣痛の痛みはなくとも、この処置が思いのほか痛かったという妊婦さんはたくさんいます。

無痛分娩の麻酔法

無痛分娩では、陣痛の痛みを感じないものの、モニターで陣痛の訪れを観察し、助産師や医師の指示に合わせて妊婦さん自身がいきまなくてはなりません。

このため、無痛分娩での麻酔は、一般的な手術で使用されるイメージのある全身麻酔ではなく、意識があるものの腰やお腹の痛みのみを和らげる腰痛麻酔が用いられます。

硬膜外麻酔による無痛分娩が主流

現在この局所麻酔の中でもっともポピュラーなのが、硬膜外麻酔による無痛分娩です。
一般的な局所麻酔と異なり、背中から細い管を通して麻酔薬を注入します。

背中に管を入れるため痛いのではと思うかもしれませんが、皮膚にも麻酔注射を行い管を注入しますので、皮膚に注射するときのみ一般的な軽い痛みしか感じないことがほとんどです。

硬膜外麻酔のいい点は、出産までの長い時間麻酔をかけていられるという点です。通常の局所麻酔では、時間が経過すると麻酔の効果が減少し、再び痛みを感じてしまいます。

しかし、この硬膜外麻酔は長時間一定量の麻酔を注入できるため、途中で痛みを感じることはありません。出産が終了するときまでしっかり麻酔が効いています。ですが、人によっては効き方が異なります。

麻酔の効きが悪い場合は量の調節が必要です。通常の量だと陣痛がくる波も分かり歩くことができますが、量を増やす必要がある場合、足先まで感覚がなくなるケースもあります。

出産が終了し麻酔の投与が終われば、感覚のある状態に回復しますので心配はありません。あくまで基本的な局所麻酔と変わりませんので、赤ちゃんが生まれたときの産声もしっかり耳にすることができます。

無痛分娩は計画分娩

計画分娩

無痛分娩は陣痛がくるのを待って分娩を行うことは少なく、計画的に予定を立てて分娩することが一般的です。妊婦さんの子宮口が軟らかくなり、おなかの張りが認められる頃に予定されます。

赤ちゃんの心拍数などを計測するとともに、背中の皮膚への麻酔後硬膜外麻酔のための管を通します。その後バルーン(メトロイリンテル)を入れ子宮口を広げます。

このような方法で陣痛が起こらない場合には、その後子宮口を軟らかくする薬を投与したり、陣痛促進剤を投与して陣痛を起こし、硬膜外麻酔を開始して出産となります。

計画分娩が心配という方は医師とよく相談したうえで、無痛分娩を選択したほうがよいのかじっくり考えましょう。

無痛分娩での出産後は?

無痛分娩が終了し麻酔の管を抜いたら、その後は自然分娩とまったく変わりません。

赤ちゃんとの基本的な接し方の指導や経過観察などを行い妊婦さんの回復を待って退院となります。

麻酔をしたのに母乳をあげて大丈夫?

麻酔がどのくらい母乳に移行するかの研究はそう多くはありませんが、静脈を通して麻酔を投与した場合の母乳に移行する割合については明らかになっています。

この結果では、母乳に麻酔が検出されたものの本当に少ない割合だったことが分かっています。
そのため、赤ちゃんがたとえ飲んでも問題がないです。

新生児が飲む母乳量はごく少量で、麻酔がたとえ移行されたとしても、赤ちゃんが口にする麻酔の量はほんの少量です。

母乳に含まれる免疫成分のほうが、赤ちゃんのためになるという考えもあり、無痛分娩後でも問題なく母乳を与えることが推奨されています。

無痛分娩の費用

無痛分娩の費用

無痛分娩の場合、一般的な分娩と比べ費用は上乗せ計算となります。外国など無痛分娩が主流となっている所では一般的な値段ですが、まだまだ無痛分娩の普及していない日本では高額になります。

まずは、無痛分娩に必要な麻酔費用と、麻酔スタッフの料金が必要になりおおよそ5万円が標準的な値段です。背中に管を入れるためには、熟練した医師が必要となりますのでこの費用でも妥当です。

無痛分娩は計画的な出産で、バルーンやラミナリアなどを投与し子宮口を広げる必要があったり、陣痛促進剤の使用や吸引分娩の費用が掛かってくる可能性が十分考えられます。

医療機関によって費用は異なりますが、無痛分娩の場合だと5万円~20万円ほど高くなることが多いようです。

各病院によっても必要となる処置によっても、費用はそれぞれ変わってきます。細かく事前にしっかり費用面の確認をおこなっておくことが大事です。

無痛分娩、日本での割合は?

日本での割合

出産を行う妊婦さんのうち、アメリカでは6割、フランスでは8割が選択する無痛分娩ですが、日本ではまだ無痛分娩を行う施設が少ないです。

2008年の調べではその割合は26%にとどまっています。どちらかというと、小規模な個人系病院のほうが無痛分娩をおこなっているケースが多いです。

現在までに無痛分娩をおこなっている病院は増えていると予想されますが、それでも必ず住まいの近くの病院で無痛分娩をおこなっているとは限りません。

2008年時点で日本には約2,800の分娩施設がありましたが、そのうち無痛分娩を取り扱っている施設は250しか確認されていません。

無痛分娩をしたいなら、まずは病院選びから

病院選び

出産は急を要することもあり、非常事態に備えたいと考える妊婦さんは少なくありません。ですが、必ずしも自分の自宅周辺に無痛分娩を行う施設があるとは限りません。

また、無痛分娩を行っている病院の多くは個人病院のため、万が一の設備などに不安を感じるという妊婦さんも多いです。

そういった妊娠・出産のすべてを賄ってくれる無痛分娩施設に、通えるかどうかには限界があります。

自分の住んでいる地域に無痛分娩できる施設がある場合は別ですが、仮にそうした施設がない場合無痛分娩を選択することは難しいです。

住まいが主要都市にあれば、分娩施設も多く選択肢は増えますが、そうでない場合はあきらめることも視野に入れなければなりません。

そのため無痛分娩で赤ちゃんを産みたいと思ったら、それと同時にかよえる施設があるか探すことをおすすめします。

日本産科麻酔学会のホームページでは、無痛分娩施設リストを公開していますので、近隣病院があるかどうか調べてみましょう。

また、出産直前になって無痛分娩にしたいと考え直す方も多くなります。そうした場合、今通っている産院で相談に乗ってくれることもあります。

まずは看護師や医師に無痛分娩を選択したい旨を伝えましょう。

しかし、出産直前で慌てないためにも、できるだけ早い時期に選択できることが理想です。

無痛分娩を行う前にしっかり医師の話を聞こう

無痛分娩は麻酔の種類から分娩の流れに至るまで、病院によっていろいろな選択がなされます。こうしなくてはという一定の決まりはなく、その病院ならではの安全面に配慮した方法で行われます。

母体の状態や胎児の発育程度を見て、またリスクなどを考慮しながらよりよい方法を採用するため、一概にどの流れで出産に至るのかという結論が出せないのが出産です。

無痛分娩の経験がある妊婦さんも少なく、無痛分娩に対する考え方もそれぞれで、すべての意見を参考にできるというわけではありません。間違った噂も多く鵜呑みにすると間違った認識をしてしまいます。

医師と直接無痛分娩の方法について話す機会を持つのは大切です。家族と無痛分娩を選択すべきか話し合いも必要です。自分に一番合った方法を、医師と共に決めていくことが一番です。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


出産・産後のカテゴリー

出産の兆候出産準備出産費用
保険陣痛分娩
帝王切開早産高齢出産
出産予定日産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア産後の栄養・食事
授乳・母乳・ミルク産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
出産の兆候出産準備
出産費用保険
陣痛分娩
帝王切開早産
高齢出産出産予定日
産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア
産後の栄養・食事授乳・母乳・ミルク
産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
目次
をみる
関連記事
をみる