産後のおススメ骨盤クッション

産後のおススメ骨盤クッション!骨盤矯正に使った方がいい?




出産することによって女性は骨盤が開いてしまいます。開いた骨盤をそのままにしていると歪みが生じるので、できるだけ早い段階で骨盤矯正をする必要があります。

そんな産後のママにおすすめなアイテムとして骨盤クッションがあります。

そこで今回は、

・骨盤クッションって何?
・産後の骨盤クッションは必ず使用したほうがいいの?
・産後の骨盤クッションの注意点は?

といった方に、産後におすすめの骨盤クッションについてご紹介します。また、どのようなタイプがおススメなのか、そもそも産後は骨盤クッションを使ったほうがよいのかなどについても詳しくご説明します。

産後は骨盤が開くのでクッションがあるとよい

骨盤クッションがあるとよい

産後は骨盤が開いた状態ですので、骨盤クッションを使用することは非常によいです。骨盤を引き締めるためのストレッチもありますが、骨盤クッションはそこに座っているだけで骨盤を引き締めてくれます。

またクッション性がありますので、産後で腰が痛んだり傷口が痛いママでも安心して使うことができます。

長時間でも座り続けることが可能なため体への負担も少なく、赤ちゃんのお世話で寝不足になっていてもストレッチなどと違い、疲れを感じる方法ではありません。

絶対に使うものなの?

多くのママが骨盤クッションを使っているため産後は必ず使うものだと思っているママもいますが、ライフスタイルや産後の体型さらには体調によって使わないママもいます。

絶対に使うべきものではありませんので、強く意識する必要はありません。あくまでも産後に開いてしまった骨盤を、できるだけ早く元の状態に戻したいママが取り入れていくアイテムです。

骨盤クッションはどんな効果があるの?

骨盤クッションの効果

産後に骨盤クッションを使えば、本当に骨盤は元の状態にしっかりと戻ってくれるのでしょうか?

お金を払って骨盤クッションを購入するため、無駄にならないか不安もあります。どんな効果があるかいくつかあげてみましょう。

広がった骨盤の改善

骨盤クッションを使うことで産後の広がった骨盤は徐々に改善します。出産後の骨盤はどのような形であっても、しっかりと引き締める取り組みをしていかないと開いたままの状態が続き、自然に引き締まった状態にはなりません。

産後は妊娠前の状態に戻ると思っているママが多いですが、まったく同じ状態まで骨盤が戻ることはなく、ヒップサイズが変わってしまうことも珍しくありません。骨盤クッションを使うことでこのような状態を改善できます。

冷えの予防

産後に骨盤クッションを使うと直接床や椅子に座る場合と違い、クッション性がありますので冷えを予防するメリットがあります。産後のママは体を冷やすとさまざまなデメリットが出てくるので冷えは大敵。

骨盤クッションは、冷えを予防しながら血行のよい状態を維持することができるのです。

血行促進とダイエット効果

上記のように骨盤クッションを使うことで血行促進につながり、血行促進ができれば代謝そのものがアップしますので、産後のダイエットにも効果的です。産後は母乳を作る関係からママの体内の代謝が落ちてしまいがちです。

水分不足や冷えによってさらに代謝が悪くなると産後太りにつながります。骨盤クッションを使うとこのような状態を防ぎ、しっかりと血行促進をしながら産後ダイエットに役立てることができるのです。

全身の歪みの予防

骨盤が開きさらに歪んだ状態が続くと、最終的には全身の歪みへと発展してしまいます。骨盤を中心に背骨も歪みが生じてしまうため、全体のバランスが非常に悪くなります。

また一部分であっても歪みが生じると、周辺の血管が圧迫されて血行が悪くなります。肩こりや腰痛、首の痛み、頭痛、肌荒れなどさまざまなデメリットが発生します。全身の歪みを予防していくためにも、産後の骨盤クッションは非常におすすめです。

産後の骨盤クッションはいつから使うの?

いつから使う

産後の骨盤クッションは、いつから使うのがいいのでしょうか。出産した翌日から使うことは難しいですが、ママの体が回復するに従い早い段階で骨盤クッションを取り入れても問題ありません。

一般的には産後1ヶ月頃から

骨盤クッションを使うタイミングは、一般的に産後1ヶ月健診が終わってからが目安です。ただし、これはあくまでも目安ですので、1ヶ月健診を過ぎて2ヶ月3ヶ月が経過してから使い始めても問題ありません。

ただし産後の骨盤は、半年程をかけながら柔らかい状態を徐々に固定感のある硬い状態へと整えていきますので、産後半年を過ぎてから骨盤クッションを使っても思ったほどの効果が出ません。

骨盤や骨盤周辺の筋肉が、柔軟性を持っているうちに使うのが一番効果があります。

つらくなければ産後すぐに使っても問題なし

産後1ヶ月を迎えなくても特に骨盤周辺なども痛まず、クッションを使うほうが楽に座れるという状態であれば、産後2日目、3日目から使っても特に問題はありません。ただしクッションに無理をして座ることは避けましょう。

無理に座ることで、出血が増えるケースや傷口が痛んでしまうケースもあります。体に負担がなければ、1ヶ月を迎える前からでも骨盤クッションを使用することは可能です。

産後の骨盤クッションはどんなものがよいの?

骨盤クッションはどんなものがよい

産後のママが使用する骨盤クッションには複数の種類があります。そのため売り場で悩んでしまうことも少なくありません。どんなタイプがあるのかを知らないママもいまです。

カバーを取り外して洗濯できるもタイプもあり、汚れてもすぐに洗って清潔な状態で使うことができます。素材についてやお洗濯の可否についても確認して骨盤クッションを購入したいものです。さまざまなデザインがある骨盤クションを4つご紹介します。

骨盤ホールドタイプ

骨盤をすっぽりと包みこんでくれるような形です。こちらのタイプは骨盤クッションに座った状態のまま授乳をすることもできるので、座っていて安心感があります。ただし比較的大きなサイズですので、スペースも十分考えておかなくてはなりません。

円座タイプ

ドーナツクッションとも呼ばれています。円座タイプはサイズがコンパクトで椅子の上にも置くことができます。こちらは産後すぐの段階から使い始めるママも多く、産後に関わらず、出産前でも骨盤に痛みが生じているときにも役立ちます。

骨盤矯正タイプ

骨盤矯正タイプは単純にクッションというだけでなくスイッチが付いており、スイッチを入れるとエアが働いて骨盤をぐいぐいと引き締めてくれる機能が付いています。

大きなタイプからコンパクトなタイプまでが揃っていますが、比較的大きなタイプのほうが効果は高いです。ただし、この手の骨盤クッションはお洗濯ができないことも多いため、万が一にでも汚れてしまうと衛生面が心配です。

背もたれ付きタイプ

背もたれ付きの骨盤クッションは、椅子の上で使用もできて座椅子の上でも使用できます。骨盤クッション単体でも使うことができて、腰の部分までホールドしてくれるため冬場でも暖かいです。

骨盤クッションの価格

骨盤クッションの価格

産後に使用する骨盤クッションは価格に関しても、ピンからキリまでありさまざまです。リーズナブルなものであれば3,000円前後、比較的高価なものになると20,000円前後がひとつの相場になります。

骨盤クッションはいつまで使うの?

いつまで使う

骨盤クッションを使い始めるタイミングについてお話ししましたが、産後いつまで使えばよいのか分からないママもいます。骨盤クッションは特に期限が決められたものではありませんので、いつまで使っていても大丈夫です。

骨盤がしっかり引き締まったと思っても、ふたたび骨盤が開いたりや歪まないように長期間にわたって骨盤クッションを使い続けるママも珍しくありません。

長期間使っているとクッションが潰れてしまうこともあるので、クッションが潰れてきたら新しいものを購入したり、骨盤クッションを卒業する方法を考えましょう。

産後に骨盤体操はしてよいの?

骨盤体操はしてもよい

産後に骨盤クッションを使いながら、同時に骨盤体操やストレッチなどを取り入れてもよいのかについては、併用しても特に問題はありません。

ただし骨盤体操やストレッチを行うと痛みが生じることもありますので、痛みを感じた時には骨盤クッションのみを使いましょう。また骨盤クッションに長時間座りすぎていると痛みやしびれを感じるママもいます。

このようなケースは、主に骨盤クッションに使われているクッションが非常に硬いということが考えられます。さらにエアなどを使って骨盤を引き締めるタイプであれば強い圧迫感も考えられます。

体に異変を感じたときには骨盤クッションを無理に使うのではなく、一旦使用するのを止めて、痛みを感じなくなったら再び骨盤クッションを使い始めましょう。

骨盤クッションを使う際の注意点はある?

注意点

注意点をしっかり守らずに骨盤クッションを使っても、効果を感じないばかりか痛みや痺れの症状が多く出てしまいます。骨盤クッションを使う上での意点をあげてみましょう。

背筋を伸ばすことを意識する

骨盤クッションを出産後に使っていく中で、もっとも大切なのは背筋を伸ばすことです。骨盤クッションに座っていても背筋が曲がっていると、猫背の状態が続き背骨から骨盤に歪みが生じてしまいます。

せっかく骨盤クッションを使って骨盤の開きを解消していくわけですから、その他の部分で歪みが生じることがないように気をつけましょう。テレビを見ていても構わないので、背筋はしっかりとまっすぐに伸ばした状態を維持することが大切です。

座った状態でなるべく体勢を崩さない

骨盤クッションに座った状態で、さまざまな方向を向いたり体勢を変えることは避けましょう。近くにあるものを取る程度は構いませんが、赤ちゃんと一緒に遊びながら骨盤クッションの上に座っているのは好ましくありません。

骨盤クッションはしっかりと骨盤を支える形状になっているものが多く、こまめに体勢を変えると中心部分がズレてしまいます。自分の体重を使いながら骨盤の開きを解消していくのが骨盤クッションです。

体重のかかり方が変わってくると軸部分が変わってしまい、逆に骨盤の歪みが生じる原因を作ってしまいます。授乳などをする際にもどちらか一方に体が傾いてしまうことが多いため、骨盤クッションは使わないようにしましょう。

足元が冷える場所は避けて使う

骨盤クッションのタイプによって前述のとおり、椅子の上でも使用できるものがあります。しかし、このように椅子の上で使うと足元が冷えることもあります。骨盤を引き締めることばかりに意識が向いてしまい、足元が冷えていたら意味がありません。

骨盤を引き締めることによって先ほどもお話したように、血行促進するといったメリットがあります。このようなメリットを邪魔することがないように、足元はしっかりと温かい状態の中で骨盤クッションを使いましょう。

産後は骨盤クッションでスリム体型を目指そう

スリム体型を目指そう

骨盤クッションにはさまざまなタイプがあり、値段や大きさなども違います。産後に骨盤クッションを使うのは非常によいことですので、上手に取り入れながらスリムな体型を目指していきましょう。

ただし骨盤クッションを使っていく中で焦りは禁物。のんびりとした気持ちで、毎日使い続けることできっと効果は出てきますよ。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる