お腹のかゆみ

臨月にお腹がかゆいのはなぜ?原因と対処法




出産目前の臨月になると何だかお腹がむずむずして、かゆいなと感じる妊婦さんがたくさんいます。見た目には何も問題がなく、妊婦検診でも何の問題もなく順調なのに、お腹がどんどんかゆくなってくると、気分もなかなか落ち着きません。

そこで今回は、

・なぜ臨月になるとお腹がかゆくなるかを知りたい
・お腹のかゆみを予防したい
・かゆみがあるときの対処法を知りたい

といった方に、どうして臨月のお腹はかゆくなるのか、その原因と対処法をご紹介します。

臨月にお腹がかゆくなる原因

臨月になるとお腹がかゆくてたまらなくなる妊婦さんはたくさんいます。症状も人によってさまざまで、中には眠れないほどの強いかゆみがあったり、湿疹をともなうものもありますが、お腹が大きくなって皮膚が伸びることや、妊娠によるホルモンバランスの変化によって引き起こされると考えられます。

妊娠線ができる前触れ

お腹が大きくなることで、急激に伸ばされた皮膚組織が破壊されることで妊娠線ができますが、その妊娠線ができる前触れの現象かもしれません。

皮膚が強く引っ張られるのでチクチクする痛みのような痒みのような感覚があります。かゆいなと思って鏡を見てみたら妊娠線ができていたという人も多いです。

関連記事
>>経産婦は要注意!?妊娠線ができる割合と妊娠線のできやすい人

乾燥肌

皮膚が乾燥していると妊娠していても、していなくても皮膚にかゆみがあります。乾燥がひどいと皮膚から血が出るほどかきむしりたい衝動になりますが、掻くとかゆみがかえって増しますし、炎症がひどくなります。

場合によってはかきむしることによって皮膚に色素沈着の後が残りますので、掻くのを我慢しましょう。

妊娠性の湿疹

アトピーなどのアレルギーがなくても、妊娠中に湿疹や蕁麻疹のようなものができることがあります。

妊娠性の湿疹は、妊娠したことによってホルモンバランスが不安定になったり、お腹が大きくなることで皮膚が短期間で大きく引き伸ばされることによって起きると考えられていますが、はっきりとした原因はよくわかっていません。

しかし、妊娠性湿疹に悩まされる妊婦さんは多く、眠れないほどの強いかゆみをともなう場合があります。

石鹸やシャンプー

妊娠中はホルモンバランスが崩れやすく、敏感肌になりやすいものです。妊娠前まで使っていたものでも突然肌荒れの原因になったりすることがあり、今まで使っていたボディソープやボディクリーム、シャンプーが原因となっている場合があります。

スーパーやドラッグストアなどで大量に流通しているようなソープ類は、思った以上に界面活性剤などの刺激が強いものが入っています。このようなボディーソープなどが刺激して皮膚炎を発症することは珍しくありません。

洗濯洗剤やお腹に触れる衣服の刺激

妊娠後期は、心身ともに敏感になっています。普段着ている衣服など、お腹の皮膚に触れるものが痒みの原因になっている場合があります。

特に妊娠後期でお腹が大きくなっていますので、余程サイズにゆとりのあるものでないと、お腹との摩擦が常に生じることになります。ボディー石鹸と同様ですが、洗濯用石鹸も洗浄力が強いことが売りの商品であるほど、化学物質を多く含んでいる可能性が高くなります。

つまり、その洗剤で洗ったものや、化学繊維がお腹の皮膚を刺激してかゆくなる場合があります。

妊娠線ができる仕組み

臨月にお腹に痒みを感じる場合、一番大きな原因と考えられるのは「妊娠線」です。出産まであと一息という所でお腹は一気に大きくなり、そのときに妊娠線ができやすいとされています。

妊娠線ができそうになると痒みを感じるのが不快ですが、妊娠線は一度できてしまうと、その後段々と薄くはなりますが、完全に消えるまでにはなかなか至りません。妊娠線はどのような仕組みでできてしまうのでしょうか。

まず、一番分かりやすいのは、お腹の皮膚が短時間にかなり強く引っ張られ伸びることです。

皮膚が伸びても、妊娠後期ともなると妊婦さんの体重も増え、皮膚の表面はその引っ張る力に耐える弾力を持っているのですが、問題なのは皮膚の表皮より下の真皮や皮下組織であるコラーゲン層が、急激な皮膚の伸びの力についていくことができずに、皮膚の表面下に亀裂が入ってしまうことです。

妊娠線は皮膚の表面が割れた傷ではなく、皮膚の下の組織が亀裂を起こしたもので、表皮を通して見えているということです。皮膚の下の亀裂ですので、一度妊娠線ができてしまうと、いくら保湿などをしてもなかなかその成分も届かないということになります。

また、妊娠中はコルチコステロイドというホルモン分泌が増えることによって、肌の弾力を失いがちです。このコルチコステロイドというホルモンが活性化されると肌の生まれ変わり、つまりターンオーバーの働きが鈍くなります。

ターンオーバーされにくくなった肌は弾力がなくなり、肌が敏感で弱くなってしまうことが皮膚の真皮や組織が亀裂しやすくなる原因を生んでいるのです。

参考記事
>>妊娠線予防におすすめのクリームと市販のボディクリームとの違い
>>妊娠線予防と対策|クリーム選びのコツとスキンケアの仕方

お腹の痒みがあるときは?

では、お腹の痒みを感じるときはどうすればいいのでしょうか。それぞれ痒みの原因によって対処法も変わりますので、自分にあった方法を試してみてください。

保湿する

痒みを解消するには、「保湿」が重要です。お風呂上りにできるだけ早い段階で保湿性の高いクリームを塗りましょう。

妊娠線予防のためのクリームがベストですが、保湿できるのであれば普通の保湿クリームでも問題ありません。ただし、妊娠中ですので、出来るだけ刺激の少ないオーガニックな保湿クリームであること、大きなお腹にしっかり伸びるタイプであること、保湿力が期待できるものを選ぶのがポイントです。

どんなクリームを選べばいいかわからないときは、妊娠線予防におすすめのクリームと市販のボディクリームとの違いの記事を参考にしてください。妊娠中でも安心なクリームをご紹介しています。

保湿をしっかり行うとお腹の肌にも弾力性が生まれます。弾力性のある肌に保つと簡単には妊娠線はできませんが、きちんと毎日ケアすることが大切です。

特に冬場など乾燥しやすい季節に臨月を迎える妊婦さんは要注意です。

お腹の周りも忘れずに

妊娠線はお腹の周りの皮膚にあらわれますが、特に多いのは妊婦さんが直接みることができないようなお腹の下の辺りやお腹の横から腰、背中にかけての位置です。

また、お尻や太ももの皮膚はお腹の痒みには関係なさそうですが、皮膚は一枚でつながっていますので、お腹から遠い場所でもしっかり保湿しておきましょう。身体全体の皮膚に弾力があり、伸びやすい状態にする必要があります。

参考記事
>>妊娠線予防はお腹だけじゃダメ?妊娠線のできやすい部位と部位別予防法

マッサージする

せっかく保湿性の高いクリームを使っているならば、そのクリームの効果を最大限に引きだしたいものです。

保湿性の高いクリームを少し多めに使ってお腹に伸ばしたときに、優しくマッサージして、成分を皮膚組織にしっかりと吸収させるとともに、血流をよくすることが大切です。

かゆいときは冷やす

かゆいからとボリボリ掻きむしっていては治るものも治りません。そこで、どうしても掻きたい衝動が抑えられないときは、氷枕のようなものをタオルで巻いて患部にあて、気分をまぎらわすようにしましょう。

妊婦さんのお腹をあまり冷やすのは良くありませんが、掻きたい衝動を抑えるために短時間だけ冷やしてみましょう。長時間冷やすと、体の冷えにつながりますので注意しましょう。

食べ物に気をつける

食べ物によって、体の内側から肌に潤いをもたらすことも効果的です。コラーゲンを多く含む食品を摂るように心がけたり、野菜などからビタミンを摂取することを意識しましょう。

コラーゲンを多く含む食品には、手羽先や豚足、ウナギ、鳥の皮などがあります。ただし、コラーゲンだけを意識的に多く摂取しても潤いのある肌にはなりません。食品栄養素をバランスよく食べることが大切です。

石鹸やシャンプーを低刺激のものにする

刺激が強いボディーソープをナイロンタオルなどにつけてゴシゴシと洗うと、皮膚の表面組織がつぶれて炎症を起こし、痒みを生じます。ボディーソープなどは皮膚表面にべったりと付着するものですので、妊娠中は特に気をつけて厳選することをおすすめします。

なるべく低刺激のオーガニックな製品を利用したり、時にはボディーソープを使わずにお湯だけで体を流すだけでも充分汚れは取れます。また、シャンプーなどはしっかり洗い流して、お腹や背中に残った成分が流れてこないようにしましょう。

洗濯洗剤や衣服の素材も気を付ける

石鹸やシャンプーだけでなく、洗濯用洗剤の成分や着ている衣服の素材にもある程度刺激の少ないものを選ぶように意識することが重要です。

天然界面活性剤を使った洗剤や、低刺激なオーガニックコットンを使用した衣服を選ぶのもおすすめです。

食べ物だけでなく、皮膚の表皮から体内に色々な化学物質が侵入し、体に影響を与えているということを知っておきましょう。

痒みが治らないときは?

保湿をしたり、食べ物に気を付けたり、低刺激の石鹸を選んだりと、色々な対策をしているのにも関わらず痒みが治まらない、眠れないほどの強い痒みや湿疹のようなものがある場合は、妊娠性湿疹の可能性があります。

妊娠性疱疹(ほうしん)

アトピー体質やアレルギー体質でもなかったのに、妊娠後期になって明らかに湿疹や蕁麻疹のようなものがお腹にできてしまう人がいます。

妊娠性疱疹の場合は妊娠中期のころから湿疹が出る人もいますが、単なる乾燥による痒みではなく、皮膚が赤くぼこぼこの状態に盛り上がったり、水ぶくれができたり、水ぶくれが破裂してしまったりします。炎症を起こす場所はお腹だけに限らず、全身に現れるのが特徴です。

妊娠性掻痒(そうよう)

臨月になるとお腹もほぼマックスに大きくなり、皮膚がパンパンに張っています。この頃によくお腹がかゆくなりますが、これは妊娠性掻痒である可能性があります。

妊娠性掻痒は妊娠したことによってホルモンバランスが不安定になったり、皮膚が通常では考えられないほど短期間に伸ばされて、胆のうや肝臓に圧力がかかり、胆汁の流れが悪くなることによって痒みが出るというものです。

妊娠性皮膚掻痒(ひふそうよう)

妊娠性皮膚掻痒は妊娠中期から臨月に現れる症状です。表面的に発疹はありませんが、全身がチクチクするような痛痒い状態になります。

妊娠性の湿疹はいつ治る?

妊娠後期にお腹をかきむしりたくなるほどの痒みがあったにも関わらず、出産するとほとんどの人が回復します。まさに妊婦特有の皮膚病であるといえます。

妊娠性湿疹の場合は専門医へ

妊娠性湿疹を発症したかな?と思ったら、すぐにかかりつけの産婦人科医か皮膚科医に相談しましょう。

乾燥による痒みでなく、強い痒みを感じるときは、自分で色々な薬を試すのではなく、早めに受診して薬を処方してもらうほうが治りも早いですし、悪化しません。掻くと蕁麻疹はどんどん広がっていきますし、皮膚を傷つけることになりますので、治りが遅くなります。

基本的に皮膚科や産婦人科では、妊婦さんが塗っても影響のない軟膏や痒み止めの塗り薬が処方されます。非常に症状が重いときはステロイド剤が短期間処方されるかもしれませんが、できるだけ使いたくない薬です。

皮膚科を受診するときは、妊娠中であることを考慮してもらって薬を処方してもらうようにしましょう。

ステロイド剤や抗ヒスタミン剤を使う場合

妊娠中に薬はなるべく飲みたくないものです。特に、ステロイド剤などのような強い薬や、強い副作用があるような薬は専門医に処方されても使いたくないのが本音でしょう。

しかし、妊娠性発疹のような妊娠中に起こる皮膚炎がひどい場合は、専門医は炎症を抑えるために処方します。

妊娠中であることを考慮してもらっていてもなお、ステロイド剤を処方するということは、専門医はステロイドを短期間集中的に使用した方が患者さんのためになると判断したということです。

特にステロイドについては、強い副作用がある悪名高き薬のようなイメージが社会全体に広がっているので、妊婦さんにもかなり強い抵抗があるのですが、どんな薬でも使い方を間違えば毒になります。

副作用のない薬などありません。長期間にわたって強いステロイドを大量に使うと副作用も強く出ますが、妊婦さんでも局所的に短期間ステロイドを使う程度なら、胎児にはほぼ影響はありませんので安心してください。

また、抗ヒスタミン剤についても妊娠15週までは使用しない方がよいとされていますが、それでも使った方がいいと判断された場合や、15週以降の使用であれば皮膚の炎症を抑えることを優先して、医師の処方どおりに使ってみましょう。

逆に、医師から処方されながら、間違った方法や独自の方法で使う方が副作用の心配があります。

妊娠初期からの心がけ

臨月になっていよいよ出産が近づくと、今までなんともなかったところに色々な問題が起こってきます。

臨月になってお腹のかゆみが突然出てきたかのように感じるかもしれませんが、そうではなく妊娠初期の頃から、さらにさかのぼって、妊娠する前の生活様式などが臨月のお腹の痒みとなって現れている可能性があります。

妊娠線を出産する日まで作らないためには、やはり長期間にわたる保湿が大切です。妊娠後期になってから、お腹の皮膚の保湿にどんな高級なクリームを使ってみても、数日で皮膚組織は保湿されません。

表面的には保湿されたように見えても、結局は亀裂を生む真皮までには浸透していないのです。少なくとも妊娠中期ころから自分の肌にあった保湿クリームを毎日塗ってマッサージしておくことが大切です。

参考記事
>>妊娠初期?中期?妊娠線予防はいつから始めると効果的?

また、食べ物に関しても痒みが治まる特効薬のような食べ物はありません。妊娠する前から体に優しい、栄養面を考慮した食生活を心がけることが必要です。

まずは、身体の奥底にある力を最大限に生かして、臨月の頃のお腹の痒みがやってこない身体を作りましょう。

皮膚科に行けば薬がもらえます。薬を塗れば痒みはある程度治まりますが、妊婦さんである以上できるだけ薬は使いたくないと思うはずです。妊娠初期からの丁寧な暮らしをすることで、臨月になってもきれいな、健康なお腹を保つことができるのです。

ボディクリームどう選ぶ!?

妊娠線対策、妊娠線予防に効果的なボディクリームについては「できてしまった妊娠線やセルライトをケアする方法は?」でご紹介しています。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠初期・中期・後期のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる