臨月のおしるしとは

臨月のおしるしとは?見分けのつきにくい症状や量をチェック!



臨月が近づいた妊婦さんの中には、「そろそろおしるしがあるかも?」と少し緊張している方もいるのではないでしょうか。

出産経験のある方はご存知かと思いますが、おしるしは出産の前兆であるともいわれています。

しかし、おりものが増えたり出産に向けて体に変化が多い妊娠後期には、おしるしとの見分けがつきにくい症状がいくつかあります。

そこで今回は、

・おりものとおしるしは違うの?
・おしるしがあったらすぐに陣痛がある?
・おしるし?出血?もしかして病気?

といった方に、臨月のおしるしの特徴や見分けにくい症状・注意したい異常事態などについて詳しくご説明します。

おしるしとは

おしるしとは

おしるしは、医学用語では「産徴」(さんちょう)といいます。正期産の妊娠37週0日〜41週6日の間に起こる出血のことをいい、出産の前兆であると考えられています。

お産が近づいてくると赤ちゃんが徐々に子宮口まで下がってきます。妊婦さんの体は、赤ちゃんを体外に押し出す準備として、赤ちゃんを羊水で包んでいる袋である卵膜と子宮壁の間に隙間を作ろうとします。

この隙間を作るために子宮が収縮することで内子宮口が徐々に広がり、子宮壁から卵膜が剥がれ落ちていきます。このときに粘膜と混ざって起こる出血が「おしるし」です。

おしるしがあると数日から1週間以内に陣痛が起こることが多いため、おしるしはお産の兆候といわれているのです。

おしるしから出産までにかかる期間や時間は?

期間や時間

おしるしがあったら出産のサインですが、実際に出産までにかかる期間や時間には個人差があります。多いのはおしるしのあった当日〜3日ほどでお産になるケースです。

しかし、おしるしがあってから出産までに1〜2週間かかったという方もいれば、おしるしがあった後すぐの出産だった方もいます。

おしるしがあったときに陣痛が来ていなければ「もうすぐ陣痛が起こる」というサインで、痛みが不規則な前駆陣痛中のおしるしなら、「これから本陣痛へと移行する」というサインです。

赤ちゃんが出てくるのは本陣痛の後なので、おしるしがあってもまだ本陣痛が起こっていなれば焦ることはありません。

出産が近づいているのだと思い心を落ち着けて、いつ入院となっても問題ないように準備をしておきましょう。

おしるしなのか?おしるしでないのかの違い

おしるしなのか

妊娠後期の36週~39週は「臨月」とも呼ばれ、この時期に入ると出産準備に向けて体にはさまざまな変化が起こります。

ホルモンの影響でおりものが増え、色やにおいが変わってきたり、子宮口が柔らかくなってくるなど、おしるし以外の出産のサインが少しずつ増えてきます。

体にいろいろな変化が起きている時期ならではの、まぎらわしい症状が多くなります。それぞれの特徴をよく知って判別できるようにしましょう。

臨月のおしるし

おしるしは、子宮壁から卵膜が剥がれ落ちるさいに起こる出血が、粘膜と混ざって排出されるものです。

具体的には子宮口に蓋をしているゼリー状の粘液栓といわれる塊が剥がれ落ち、子宮の収縮によって子宮頸管の粘液と混ざってでてきます。

いわゆる「おりもの」の一種です。では、おしるしにはどのような特徴があるのでしょう。

どんな色?

一般的にはピンク色や褐色、月経時の経血を薄くしたような赤色です。しかし、おしるしの色には個人差があるので、真っ赤な鮮血だったり、血が混ざらない場合にはほぼ透明だったり、乳白色の方もいます。

少し粘り気があることが多いので、下着についたとしてもサラサラした感じはありません。

どのくらいの量?

臨月に入るとおりものの量自体が増えますが、下着やティッシュに少し付く程度から月経ほどの量がでる方と、おしるしの量もさまざまです。

月経2日目以上の出血がある場合には、何かしらのトラブルである可能性が高くなります。大量出血にお腹の痛みが加わるようなときは病院を受診しましょう。

内診出血

ここでいう内診とは、妊婦健診で行われる生殖器内の診察のことです。内診出血とは、健診で診察をおこなったあとに見られる出血のことをいいます。

妊娠中のデリケートな膣は妊娠前よりも傷つきやすく、出産間近になると子宮口や頸管部の血流が多くなり、より出血しやすい状態となっているため、内診で起こる少しの衝撃でも腟壁が傷つき出血します。

内診で受けた傷のほか、膣内に溜まっていた老廃物などが診察の刺激によっておりものと混ざって排出されることもあります。

おしるしとの見分けがつきにくく、妊婦さん自身でどちらか判断できないこともあります。

おしるしと内診出血の違いはわかる?

おしるしは一般的には量も少なめであることが多く、色も内診の出血と大差はありません。色や量だけで判断するのは難しいですが、次のようなことで違いを判断できます。

妊婦健診後の出血

妊婦健診のタイミングで出血があるようなら内診出血の可能性が高く、内診出血で大量の血がでることは少ないので、出血量が多いようであればおしるしの可能性が高くなります。

粘り気がない少量の出血

粘り気もひとつのポイントなので、粘り気がない少量の出血は内診出血の可能性が高くなります。色・量・タイミング・粘り気などで総合的に判断しましょう。

おしるしは一回だけの方もいれば何日間か続く方もいます。回数にも個人差があるので、一概に「これだ」といいにくい部分があります。

おしるしは尿漏れや破水と違うってわかる?

臨月になるとおりものが増えるほかに「尿漏れ」も起こりやすくなります。これは赤ちゃんがお腹の中で成長することで大きくなった子宮が膀胱を圧迫するために起こる症状です。

また、尿漏れは出産のサインのひとつである「破水」と見分けがつかないことがあります。そして破水は、ときに薄くピンクがかっていることもあるので、中には「おしるしかも?」と勘違いする方もいます。

尿漏れと破水は似ている?

破水と尿漏れの違いがわかりにくいのはその形状が似ているからです。どちらもサラサラとしているので、量が少ない場合には色や臭いでは判断できないことが多々あります。

破水は量が少ないときもありますが、通常はドバッと一気にでるため、その量で破水かおしるしかは判断がつきます。そして、尿漏れの場合には尿特有の黄色と独特のアンモニア臭とで違いがわかります。

少量の場合は見分けにくいので、自信ないときには病院や産院へ問い合わせてみましょう。

こんなときは注意!病気の疑いがあるおしるし

こんなときは注意

おしるしには個人差があるといっても、異変を感じたときには病院へ行きましょう。もしかしたら重大な疾患にかかっている可能性があります。特に以下のようなときには注意が必要です。

おしるしの量が多い

おしるしは量が多い場合もあれば少量の場合もあるとご説明しましたが、少ない場合でもトイレットペーパーや下着に付くくらいの量で、多い場合でも月経ほどです。これ以上の大出血の場合は、おしるしの可能性は低くなります。

真っ赤な出血というよりも、おりものに混ざって出血する場合が多く、量もレギュラーサイズの生理パットに充分おさまる程度がほとんどです。それ以上多い出血であれば受診してください。病院は不安を感じたときにはがまんせずに受診しましょう。

出血が多いときに疑われるのは、常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)や前置胎盤(ぜんちたいばん)という疾患です。症状として特徴的なのはどちらも大量出血を伴うという点です。

常位胎盤早期剥離とは

常位胎盤早期剥離とは、まだ赤ちゃんがお腹にいるにもかかわらず、胎盤が剥がれてしまう疾患です。通常は赤ちゃんが産まれた後に胎盤が排出されて子宮の収縮作用で自然に止血していきます。

直径20cm程度の胎盤の底面全体に血管があり、お母さんの子宮壁から血液をもらっています。つまり、胎盤が先に剥がれてしまうことは血管の集まっている箇所を切っているのと同じなので大出血が起こり、激しい腹痛が伴います。出血は真っ赤な鮮血で量が多いことが特徴です。

激しい腹痛やお腹の張りを伴ってこのような出血が起これば、常位胎盤早期剥離の可能性が高く、妊婦さんと赤ちゃんの両方に危険が及びます。このような場合には救急車を使ってでも一刻も早く受診しましょう。

前置胎盤とは?

妊娠すると胎盤は着床したところで作られますが、通常、子宮底部という子宮の一番奥で作られるはずの胎盤が子宮口の近くに作られることで、赤ちゃんが出口を塞いでしまっている状態を前置胎盤といいます。

そして、妊娠週数が進み妊娠後期になると、赤ちゃんの成長に伴い子宮頸部が伸びることで胎盤の位置がずれて、子宮壁から剥離した部分から出血を起こします。

前置胎盤は下腹部に痛みは伴いませんが、大出血することが多いのが特徴です。腹痛のない大出血の場合、前置胎盤の可能性があるので注意が必要です。

前置胎盤は妊婦さんと赤ちゃんをつなぐ胎盤から出血するため、母子ともに危険な状態になります。

いずれも臨月に大出血が起きる場合、何かしらの異常が発生しています。出血量が多いと正常な出産ができなくなり、帝王切開などお産のリスクが高まります。

赤ちゃんに危険が及ぶほか、最悪のケースでは母子ともに死亡することもあります。「おかしいな」と感じたり、いつもと様子が異なるときには早急に病院へ連絡しましょう。

水のようにサラッとした鮮血

おしるしの色は鮮血の場合もありますが、一般的にはピンク色や赤みの強い褐色、少し茶色がかった出血などが多いです。

そして、粘液が混ざりますので粘り気もあります。出血量も量が多くてもナプキンにおさまる程度のことが大半です。

ところが異常な出血の場合、月経のときのようなサラサラした血がでることがあります。このように、量は関係なくサラッとした鮮血がでた場合にはすぐに病院へ連絡しましょう。

血の塊がでる

血の塊が出たりぼこぼこした血がでたときには要注意です。血の塊がでるということは、胎盤が剥がれ始めている可能性があります。

塊がスプーンの大きさよりも小さければ問題ないと判断されることもありますが、
血の塊が出たときには量に関わらず一度病院へ連絡しましょう。その際に胎動について確認されることがありますので、赤ちゃんの動きも観察しておきましょう。

激しい腹痛を伴う

急な激しいお腹の痛みやお腹の張りがあるときは異常がある可能性が多くなります。特に臨月のお腹の痛みや張りが伴う大量出血では、前記の常位胎盤早期剥離や前置胎盤の可能性が高くなります。

常位胎盤早期剥離は、妊娠高血圧症候群や絨毛膜羊膜炎(じゅうもうまくようまくえん)などが主な原因で起こりやすくなる以外にも、胎児奇形・子宮内胎児発育遅延・前期破水・常位胎盤早期剥離の既往・喫煙・交通事故などの衝撃によっても発症することがあります。

心当たりの症状があれば気を付けなければなりません。前置胎盤の場合には、妊娠後期にエコーなどで確認し経過を見ていますが、腹痛などの痛みがなく大出血を起こすので、おしるしと勘違いしないようにしなくていけません。

迷ったときは自己判断をしないこと

自己判断をしないこと

おしるしかそうでないかは、特徴をつかめば一見わかりやすそうな気もしますが、自己判断はなかなか難しいものです。

子宮の収縮を感じ「陣痛かな?」と思っても、前駆陣痛から本陣痛に一向に移行しなかったり、子宮の痛みがなくなってしまったり、おしるしがあって予定日を超えても赤ちゃんがでてこなかったりと、出産前には予期しないことがたくさん起こります。

昨日まで元気だった赤ちゃんの胎動が急になくなるという異常事態が起こるケースもゼロではないのです。妊婦さんの数だけ出産のパターンが存在します。

赤ちゃんと妊婦さんの命を守るためにも、少しでも違和感があるときには決して自己判断で完結せずに、病院へ連絡して指示を仰ぎましょう。

おしるしがあっても普通に生活できる

普通に生活できる

おしるしがあったからすぐに出産・・・というわけではありません。もちろんその後すぐに陣痛が始まりお産となる妊婦さんもいますが、おしるしがあった後、少し横になって静かにしてそれ以上量が増えないようであれば、普段の生活に戻りましょう。家事や軽い運動であれば入浴することもできます。

おしるしがあった後はお風呂には入れないと思っている方がいますが、入浴した方が体を清潔に保て、出産が近づきそわそわした気持ちをリラックスするためにはとても効果的です。

ただ、臨月のおしるしは出産の前兆でもあります。普通に生活できるからと遠出をしたり毎日外出したりするのは避けた方が安全です。

出産が近づいてくるとお腹が張ったり痛くなったりしてきます。間隔や長さ、どんなふうに痛むのかなど自分の体をしっかり観察してください。自分の状況を理解することがスムーズな出産への近道です。

陣痛が起こるタイミングは予測できないので、いつでも病院へ向かえるように、入院グッズと心の準備をしておきましょう。

監修:Etuko(産婦人科歴12年)

プロフィール:産婦人科医は「女性の一生の主治医である」と考える医師のもと看護師として12年勤務。述べ18万人の妊婦さんのサポートにあたる。筋肉、骨フェチで体幹バランス運動にて機能訓練をおこなっています。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。



妊娠のカテゴリー

妊娠初期妊娠中期妊娠後期
アルコールカフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ便秘・下痢
冷え・むくみ腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア妊娠中の仕事
妊娠中の体重管理妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動妊娠中の食事
妊娠中の栄養葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日出産準備
陣痛・おしるし高血圧・低血圧高齢出産
妊娠初期妊娠中期
妊娠後期アルコール
カフェインストレス解消
つわりマタニティブルー・産後うつ
便秘・下痢冷え・むくみ
腹痛・お腹の張り妊婦検診・検査
妊娠中のおしゃれ妊娠中のスキンケア
妊娠中の仕事妊娠中の体重管理
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の病気妊娠中の運動
妊娠中の食事妊娠中の栄養
葉酸サプリ妊娠線・妊娠線予防
出産出産予定日
出産準備陣痛・おしるし
高血圧・低血圧高齢出産
目次
をみる
関連記事
をみる