産後も葉酸は必要なの

産後も葉酸は必要なの?出産後の葉酸不足を防ぐ大切さについて




出産後のママの体には急激にさまざまな変化があらわれます。それまでおよそ10ヶ月の間お腹の中にいた赤ちゃんが生まれることによって、パンパンだったお腹のふくらみも徐々に小さくなります。

日が経つに連れて一日、ニ日と変化を見せるママの体。出産後にも栄養バランスには気をつけなければなりませんが、中でも葉酸の摂取が重要になります。

葉酸といえば主に妊娠中のママさんや妊娠を望むママさんに必要な成分だといったイメージもあります。

しかし産後のママのカラダこそしっかりと葉酸を摂取していく必要があるのです。妊娠中から継続して葉酸の摂取を行っていきましょう。

そこで今回は、

・産後の体の変化とは?
・産後に葉酸が不足するとどうなるの?
・産後も葉酸が必要なのはどうして?

といった方に、産後の体の変化と出産後に葉酸が必要な理由について詳しくご紹介します。

出産後のママに起きる変化

ママに起きる変化

出産後のママの体にはいくつもの変化が訪れます。どのような変化があるのか見ていきましょう。

子宮の大きさが元に戻る

赤ちゃんが生まれる直前まで、とても重たく大きかったお腹は出産後は急速に小さくなっていきます。

とはいえ、もちろん出産当日にペタンコになるわけではありません。子宮の大きさが徐々に元に戻っていきますので、これに伴いお腹のふくらみも目立たなくなっていくのです。

このように子宮の大きさが元に戻るのは、ホルモンバランスの変化によるものとなっており、出産後のニ日目から三日目あたりをピークに少しずつ小さくなっていきます。

また小さくなっていくとともに、目には見えませんが子宮内部では出産によってさまざまなダメージを受けていますので、このようなダメージを回復していることも出産後のママさんに起きる大きな変化となります。

母乳がたくさん出るようになる

出産前からママの体内では母乳を作り始めますが、出産後には急速にたくさんの母乳を作るようになります。

出産前に作られていた母乳とは違い成分もたっぷりと含まれていて、量に関しても徐々に増えていきます。

このような出産後のママさんに起きる変化は、主にホルモンバランスとなるのですが、極端なホルモンバランスの変化を迎えると、体調不良やその他にもいろいろなトラブルが起きてしまうことになります。

出産後の変化を穏やかにし、さらにはママにも赤ちゃんにも良い効果をもたらしてくれる成分として葉酸が必要になるのです。

続いて葉酸が不足してしまうと、どのような症状を招くのかについてお話していきましょう。

出産後の葉酸不足が招く症状

葉酸不足が招く症状

出産後のママさんの体内が葉酸不足になってしまうと、以下のような症状があらわれることになります。

抜け毛が増える

たんぱく質の生成や合成、さらには髪の毛を作るためのホルモンバランスなどが乱れることにより、抜け毛が増えてしまうといった症状に悩むママさんもいます。

出産後に葉酸不足となってしまうことによって抜け毛が続いてしまいますので、これはママにとって、とてもショッキングな出来事になります。

産後うつになる

精神的に落ち着かないことが増えてしまい、気分的にはイライラするということが増えてしまいます。

また、ひどい状態になると産後うつを発症してしまうケースもあります。葉酸がリラックスした気分を維持する働きを持っているため、不足することによって反対の症状が起きるのです。

肌荒れが起きる

葉酸が不足した状態が続くと、上記の通り、イライラすることやストレスに感じることが増えていきます。

その結果として肌荒れが生じてくるケースがあります。また葉酸に含まれているビタミン類などはお肌の生成にも深く携わっていますので、葉酸不足が深刻な肌荒れを招いてしまうことになるのです。

子宮の回復が遅い

出産後のママさんのカラダは子宮の大きさがどんどん小さくなりダメージを回復していきます。

しかし、葉酸が不足してしまうと子宮の回復も遅くなってしまい、妊娠前の状態に戻るまで時間がかかってしまうことがあります。

子宮の回復を含め、出産前の状態まで体調などが戻る時期を産褥期と呼びますが、この産褥期というのは一般的に八週間程度が必要だといわれています。

しかし葉酸不足の状態になると八週間は過ぎてもなかなか回復することがなく、抵抗力が低下したままの状態が続くので、感染症などを引き起こしてしまうリスクも高くなるのです。

母乳の質が低下する

葉酸は良質な母乳を作るためにも必要不可欠な成分です。出産後のママが葉酸不足となってしまえば、母乳の質が低下するので栄養素が少なく、まずい母乳を赤ちゃんに飲ませることになってしまいます。

また、栄養素の少ない母乳を赤ちゃんに飲ませることで赤ちゃんの成長にもデメリットを与えることがあります。

身長や体重が順調に伸びていかないといったデメリットや、その他にもさまざまな器官の発達が遅くなってしまうといったデメリットが認められています。

赤ちゃんが母乳を飲まないのは葉酸不足のせい?

出産後しばらくの間は赤ちゃんが母乳を十分に飲んでくれないことがあります。上でお話したとおり、葉酸不足になると母乳の質が低下してしまうので、母乳がまずいことが原因で母乳を飲んでくれないのかと心配になるママさんもいます。

もちろんその可能性も否めません。しかしそれだけではなく、生まれたばかりの赤ちゃんは上手に母乳を飲むことができませんので、極端な心配は不要です。

ママと赤ちゃんがニ人で何度も練習をするうちに、上手に飲めるようになるケースがほとんどです。あきらめずにチャレンジしてみましょう。

ニヶ月、三ヶ月と長期間にわたり、頑なに母乳を飲んでくれず、粉ミルクは喜んで飲んでくれるようであれば、実際に葉酸不足が原因で母乳がおいしくないのかもしれません。

まずは練習を重ねることが大切ですので、最初から葉酸不足のせいにして諦めるのではなく、赤ちゃんと共にチャレンジしていく気持ちを持ちましょう。

また、このような部分で不要な悩みを抱えないためにも葉酸不足を防ぎ、良質な母乳を作ってあげる努力が必要になります。

産後の体重が落ちにくい

産後はたくさんの母乳を出すことによって、ママの体内では多くの栄養素を使いスムーズに体重の落ちていくという変化があらわれます。

しかし、葉酸不足によって十分な母乳を作ることができなければ体重がスムーズに落ちていかず、産後太りの原因になってしまうことがあります。

また体重が落ちにくく、出産前より体重の増えた状態が長く続いてしまうこともあります。しかし、無理に体重を落とすため食事制限をしてしまい、さらに葉酸不足の状態がひどくなれば、体調を崩し育児をするのも辛い状態になってしまうことも考えられます。

健康的な体を維持しながら育児をしていくためには葉酸がとても大きな役割を持っているのです。

貧血を起こしやすくなる

健康的な血液をしっかりとつくり出す働きを持つ葉酸が不足してしまうと、血液が薄くなる、または血液が不足してしまうことから、貧血を起こしてしまうケースがあります。

貧血といえば鉄分不足をイメージするママさんも多いようですが、実は葉酸が深く関わっているのです。

鉄分ばかりではなく葉酸が不足してしまうことで貧血を起こす可能性が高まりますので、こちらも意識しておくと良いでしょう。

出産後も推奨される葉酸摂取

推奨される葉酸摂取

出産後のママさんは、葉酸不足を防いでいかなくてはなりません。自分の体への悪影響だけでなく、赤ちゃんにも悪影響が出てくるのです。

妊娠中は推奨されている葉酸の量ももっとも多く、1日あたり480μg となりますが、出産後に推奨されている葉酸の摂取目安量は340μgとなります。

また340μgの中でも100μg程度は食品だけでなく、サプリメントを併用するのが良いとされています。

それはサプリメントで葉酸を摂取することにより吸収率が高まり、食品だけでは補えない葉酸を効率的に摂取することができるからです。

出産後のママさんは育児に疲れてしまいバランスの取れた食事をすることも難しくなりがちです。

そういった中でも一日の摂取目安量しっかりと取り入れていくためにサプリを活用するのが良い方法といえるのです。

産後は葉酸が不足しやすい状態になる

出産後のママの身体は、赤ちゃんのためにたくさんの母乳を作っていきます。

また、赤ちゃんのお世話をするうちに自然と寝不足になってしまい、お肌のトラブルなども起きやすくなるため、こういった症状を改善していくためにも葉酸は役立っているのです。

そのため、出産後のママさんの体は葉酸が不足しやすい状態です。

ただでさえ寝不足やその他家事などによって、ストレスを感じたり肌荒れが起きることも多い出産後ですから、ここで葉酸が不足してしまいひどい肌荒れを起こしてしまうようなことになれば、それが更なるストレスになってしまいます。

出産後も美しく健康に過ごしたいと考えているママさんに葉酸はとてもぴったりな成分なのです。

葉酸サプリならば子育て中も手軽に摂取できる

子育てが始まると毎日寝不足になってしまうことや、初めてのことばかりで多くの戸惑いを感じることもあります。

さらに、ママは家事を行わなくてはならず、出産後は比較的早い段階から働き始めるママも少なくありません。

そういった生活状況の中で、毎日葉酸をサプリ摂取するために食事メニューを考えるのは大変です。また、ゆっくりと食事をする時間も少なくなるでしょう。

こういった部分を考えても出産後のママさんに必要な葉酸をサプリから摂取するのは非常に効率がよく、手軽ですのでママさんへの負担もありません。

出産後に選びたい葉酸サプリとは

出産後に葉酸サプリを摂り入れるのであれば、どのようなサプリ選びをすればよいのでしょうか?

サプリには含有量が決まっており、摂取することによって必ず決まった量の葉酸を摂取することができます。

忙しい毎日の中で手軽に葉酸を取り入れていくためには、細粒タイプより錠剤タイプがおすすめです。お水と一緒に摂取するだけで葉酸を取り入れることができます。

また、計量などの手間がありませんので毎日の管理がしやすく、残量を確認して新しく葉酸を購入するという場面でも楽です。

その他には、金額的な部分やパッケージのデザイン、販売メーカーなどを考慮しましょう。天然成分にこだわるメーカーの葉酸サプリであれば、添加物などの心配も少なく、安心できます。

出産後の葉酸摂取は成分が母乳に含まれ、赤ちゃんにも与えることになります。添加物が含まれていたり、悪影響を与える成分で作られた葉酸は避けていきましょう。

葉酸は血液を作る上で重要な役割を持っていますが、同じく血液と深い関係を持つ鉄分がプラスされた葉酸サプリなどは特におすすめといえます。

安心安全でおすすめの葉酸サプリについては、葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!にてご紹介していますので、参考にしてみましょう。

出産後はいつまで葉酸を摂取するの?

出産後には葉酸不足を防いでいかなくてはなりませんが、出産後もいつまで意識的に葉酸を摂取していれば良いのでしょうか?

これについては個人差がありますが、基本的に授乳期間中は最低限一日の摂取目安量を取り入れるようにしましょう。

授乳後に関しては特に決まりはありませんが、葉酸は女性にとってとても大切な成分ですので摂取量を減らしつつ継続して取り入れていくのが1番です。

次の妊娠に備える場合の葉酸の摂取

出産後いつまで葉酸を摂取するのかは、最低でも授乳期間までとお話しました。

しかし次の妊娠を望んでいるのであれば、授乳期間が過ぎた後は一時的に葉酸の量を減らしながら継続して摂取し、本格的に次の妊娠を考えた時点で、少しずつ葉酸の摂取量を増やしていきましょう。

妊娠していない時は一日あたり240μgを目安にしましょう。葉酸は妊娠する前の段階で極端に不足してしまうと、妊娠しにくくなってしまうことがわかっています。

そのため、次の妊娠を望むのであれば、可能な限り葉酸を摂取し希望するタイミングで妊娠できるような体作りをしていきましょう。

葉酸サプリで産後の回復と質の良い母乳を

質の良い母乳を

いかがでしたか?産後のママさんに葉酸がどれだけ必要なのかをお分かりいただけたのではないでしょうか。

出産と同時に葉酸が不要になるわけではありません。葉酸サプリを上手に取り入れながら出産後の体の回復、そして赤ちゃんのためにも質の良い母乳を作り続けるために継続して摂取していきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる