産後に汗が止まらない

産後に汗が止まらないのはどうして?産後期多汗の原因と対処法



出産という大仕事を終えてから、急に「汗をたくさんかくようになった」「夏でもないのに、汗をかく」という方はいませんか?

産後は妊娠期に変化した体が徐々に戻ってくるため、体調も著しく変化をはじめますが、ようやく出産し、ファッションや化粧も楽しめるのに、汗が大量に出てしまうとなると、それどころではありませんよね。

そこで今回は。

・産後に汗が止まらない!
・産後にこんなに汗が出てしまうのはなぜ?
・産後の汗対策が知りたい!

といった方に、産後に汗がたくさん出る理由や、対処法などについて詳しくご紹介します。

産後の汗は体質の変化?

産後の汗は体質の変化

「産後に体質が変わることがある」という話を聞いたことがある方もいることでしょう。

ネックレスやブレスレット、指輪をしても妊娠前は何でもなかったのに、産後金属アレルギーになってしまったり、太りやすくなってしまったりなどと同じように、体質が変化してしまい、多く汗をかくようになってしまったのでしょうか。

多汗が体質の変化だとすると、本当に心配になります。今後ずっと大量の汗をかき続けることになりますので、脇汗や匂いなどの悩みも出てきてしまいます。

確かに産後、基礎代謝が上がる方は少なくありません。

妊娠中に食べ物や健康に気を配ったことで代謝が上がり、汗をよくかくようになった方もいます。

しかし、産後にかく汗は量も多く、脇など部分的にかく汗ということが多くなっています。体質で大量に汗が出たり、ずっと汗が止まらないということは少ないのです。

産後の多汗は、多くの場合体質的な変化ではなく、「産後期多汗」という、産後特有の症状の一つの可能性が考えられます。

産後期多汗って何?

産後期多汗とは、産後ホルモンの変化により汗が大量に出てしまう症状を指します。

通常暑さを感じると出る汗ですが、産褥期多汗は、暑さに関係なく汗が大量に出てしまいます

部分的に出る汗が多く、頭や脇など通常の汗の様に、体中から汗をかくというのとは違うことも。

妊娠中は、妊娠維持のため通常より大量の女性ホルモンが分泌されていますが、その女性ホルモンは産後必要なくなるため、分泌量が急激に下がります。

女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)は、体温を高く維持する働きがあり、反対にエストロゲン(卵胞ホルモン)は体温を下げる作用があるため、体温の調節だけでなく、汗腺機能が上手く働かなくなってしまうのです。

そのため多汗の症状と一緒に、ほてりやのぼせ、寒気や震えが出ることもあります。

ですが、いつまでもこの多汗の症状が続くことはありません。ホルモンのバランスが整うことで自然に正常な状態に戻ってきます。

産後の汗はやがて治まりますので、必要以上に心配することはありません。

産褥期多汗の原因とは

汗は男性ホルモンで活発に、女性ホルモンで制御しています。そのため、産後女性ホルモンが急激に減少することで、男性ホルモンが優位に立ってしまう状態になることがあります。

つまり、この男性ホルモンが優位な状態が続いてしまうと、多汗の症状があらわれてしまうのです。

産後の女性ホルモンの変化は、とても繊細で、個人差があります。そのため、多汗になる方もいれば、そうでない方もいます。

男性ホルモンが優位に立つことは、更年期などにも多く見られます。産褥期多汗と同時に見られる、ほてりや寒気なども更年期によく見られる症状です。

異常という訳ではありませんので、もうしばらく汗と上手に付き合っていくことを考えましょう。

汗はいつまで続くの?

しばらく辛抱が必要な汗ですが、いったい、いつまで続くのでしょうか?

一般的にこの汗は、生理が戻るまでと考えておきましょう。

もちろん生理の開始は個人差があるので、汗の症状も1か月ぐらいで治まった方もいれば、約1年続いた方もいますが、要はホルモンバランスが整うと、多汗も落ち着きます。

生理は、女性ホルモンの波が正常に落ち着くと始まるので、生理開始時期までは多汗と付き合う必要があると考えておきましょう。

ただし、夏の時期と重なったり、授乳中や赤ちゃんを抱っこすると、どうしても暑さを感じ、汗の量も増えてしまいます。外出中なども汗は気になるものです。

きちんと汗対策を行っていきましょう。

産後の汗対策

産後の汗を止めることはできません。そのため、汗をかいても目立たないよう、快適に過ごせるよう、臭わないよう対策していくことが大切です。

大量に汗をかくと化粧が崩れてしまうこともありますので、メイクして外出するときは顔の汗対策もするよう心がけましょう。

吸収・速乾性のある下着を着用しよう

大量の汗が出てしまう産褥期多汗対策のためにも、吸収や速乾性のある下着を選ぶようにしましょう。

最近では、多くの下着メーカーから汗の吸収が良く、速乾性のある素材を使った下着が販売されていますので、そういったものを着用するようにしましょう。

大き目の脇汗パッドが付いている物や防、臭加工されている物もおすすめです。普段はブラのみという方も、汗対策のために下着の着用を心掛けてください。

汗をかいたらすぐに拭くことも大切

汗といっても、3つの汗腺が存在します。

エクリン汗腺から出る汗は、一般的に水分とミネラル成分でできているため、臭いもないのですが、アクポリン汗や皮脂汗腺から出る汗は、皮脂やたんぱく質が含まれているため、それが皮膚表面にある常在菌によって分解されると臭いの原因となります

常在菌が汗を分解し始める前にふき取ることで、臭いを最小限に減らすことができますので、汗をかいたらすぐに拭き取ることを心掛けましょう。

トイレなど人目を気にすることない場所を利用し、大量に汗をかいてしまったらタオルで拭くようにしましょう。

汗拭きシートなどを利用しても良いですが、産後の汗はそれでは十分に拭きとれないことがあります。

ハンドタオルより少し大きめなタオルを持ち歩き、すぐに汗を拭きとることを習慣にしてみましょう。

理想の拭き方は、軽く抑えつけるように拭き取ってあげることです。入浴時のように、ゴシゴシとタオルで拭いてしまうと、肌が傷つき肌荒れの原因となってしまいます。拭き方にもぜひ注意してみてください。

小まめに着替える

汗対策、臭い対策のためには、小まめに着替えることも重要です。汗をたくさん吸った下着のままで一日過ごすと、やはり臭いなどの原因になってしまいます。

下着など多めに購入し、頻繁に着替えられるよう用意しておきましょう。

また、忘れがちなのがブラや母乳パット。大きな胸を支えているブラやパットはつい交換することを忘れてしまいますが、大量に汗を吸収しています。

下着と同じように、ブラや母乳パットの交換もしっかり行いましょう

ウォータープルーフなど汗に強い化粧品を使う

どんなに汗をかいている時期とはいえ、外出時には化粧もしなくてはなりません。ですが、化粧崩れが心配な方もたくさんいます。

やはり汗を大量にかいてしまう時期は、汗に強いウォータープルーフタイプの化粧品などを使いましょう。アイライン、ファンデーション、マスカラなどは特に汗の影響を受けやすくなります。

すべて買いそろえるのも大変なので、そうした物だけ購入を検討してみるのがベストかもしれません。

手のツボを刺激

ツボを押さえることで、汗が止まるといわれています。

期待するほどの効果をすぐに実感することはできませんが、毎日刺激することで少しずつ汗の量が変化したというママの意見もあります。

今でも舞妓さんたちは、こうしたツボの効果を使って顔の汗を抑えているといわれていますので、一度試してみる価値がありそうです。

簡単に押すことのできる手のツボ押しがおすすめです。次にご紹介する3つのツボを暇な時に刺激してみましょう。

後谿(こけい)

小指の外側にあるツボです。手相占いでも使われる感情線は手の小指の側面にまで伸びていますが、その小指側面の付け根あたりにある、一番太い線の上が後谿です。

親指などで気持ち良い程度に押し、刺激してあげましょう。

合谷(ごうこく)

色々な体の不調に効くツボと知られている合谷は、親指と人差し指の付け根にあるツボです。

それぞれの指の骨部分が、手のひら部分でつながりますが、そのつながる部分の、少し人差し指寄りにこのツボがあります。

肩こりなどにも効くといわれていますので、心地良いと思える強さで押してあげましょう。

陰げき(いんげき)

小指側の手首の付け根からひじの方向におよそ1.5cmほどにあるのが、陰げきというツボです。

鼻血などの止血にも効果的とされていますので、ぜひ覚えておきましょう。

制汗剤やデオドラント剤を使うのは?

産後は、デオドラント剤や制汗剤などで汗を抑えたり、臭いを予防したりしたいというママも多いことでしょう。

手軽にできる方法であるため、こうした方法での対策は良い方法ですが、赤ちゃんと一緒に暮らすお母さんだからこそ注意して欲しいポイントがあります。

制汗剤、デオドラント剤を脇に付ける場合、特に注意して欲しい点が赤ちゃんへの影響です。

香りが強すぎるものは、母乳を飲む赤ちゃんにとっては不快の原因となりますし、万が一垂れたりして口にしてしまうことも考えられます。

液だれしない無香料タイプ、微香タイプのものが一番といえます。最近では固形タイプ、クリームタイプなど、あまり赤ちゃんへ影響しないものも多く販売されていますので、そのようなものを選ぶようにしましょう。

あせも対策も忘れずに

大量に汗をかくと心配なのがあせもです。あせもは子供の病気と軽視している方も多いですが、産後の汗は大変多いため、子供のようにあせもになってしまうことも少なくありません。

あせもは、一度できてしまうと完治するまで時間がかかります。かゆくてたまらない状態が長く続くことになりますので、できれば作らないことが一番です。

あせも予防にはやはり汗をすぐに拭き取ることが大切。そのまま放置しないことです。また、清潔を保つことも、あせもを作らせないために効果的です。

下着を小まめに交換したり、1日1回の入浴を2回、3回に増やしてみるのも良いです。もし、あせもができてしまったら医療機関を受診し、適切な塗り薬を処方してもらいましょう。

そのままにしてしまうとあまりの痒さから、ついつい掻きむしってしまい、ジュクジュクとあせもを悪化させてしまいます。あせもになってしまったら、早めに受診してください。

毎日必ずシャンプーして!

毎日子育てに追われていると、自分のことはついつい後回しになりがち。入浴も例外ではありません。

今日は疲れたから、「シャンプーはなしで良いか?」「少し眠ってから、お風呂に入ろう!」などと、自分のことはおろそかにしたくなりますが、産褥期多汗の症状が出ているのであれば、毎日の入浴はもちろんのこと、洗髪も毎日必ずするようにしましょう。

また、臭いの原因の細菌を発生させないためにも、きちんとドライヤーで乾かすようにしましょう。

水分補給も忘れずに!!

汗をかくことばかり気にして、忘れがちになってしまうのが水分補給です。

とにかく産後は大量に汗をかきますので、水分を補給してあげないと脱水症状を起こしてしまいます。

また、水分が足りないと母乳の出にも影響が出始めます。小まめに水を飲むことも忘れないようにしましょう。

冷たい水やジュース類なども飲みたくなりますが、水分補給のために飲むのであれば、常温の水が理想です。

糖分の多いジュース類を飲み過ぎてしまうと、母乳の質も下がってしまいますので、気を付けてください。

心配し過ぎないことも大切

心配し過ぎない

産後、急に多汗になってしまうと、「どこか悪いのか?」「体質が変わってしまったのでは?」などとつい心配してしまいますが、産後の汗はホルモンが正常に戻ると、必ず症状も治まりますので、気にし過ぎてはいけません。

多汗には「産褥期多汗」だけでなく「精神性多汗」というものがあり、強いストレスを受けることで、多汗の症状をもたらす病気があるのです。

こうなっては治るものも治らなくなってしまいます。産後は慣れない子育てなど、神経も過敏になる時期です。

強いストレスとならないよう、「いつかそのうち良くなる」とドンと構え、付き合っていくようにしましょう。

汗に悩んでいるのは、あなた一人ではないということを覚えておいてくださいね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる