産後の転職!職場探しは大変?産後ママの働き方について

産後の転職!職場探しは大変?産後ママの働き方について




以前は産後のママさんといえば、当分の間は安静にしながら子育てをするというのが一般的でした。しかし、近年では産後すぐにでも働くママさんがどんどん増えてきています。

産後働き始めることを考えた場合には、妊娠前に働いていた職場や産休前まで働いていた職場に戻るママさんもいますが、思い切って転職を考えるママさんもいます。

そこで今回は、

・産後の転職を考えるのはどのような理由?
・産後の転職はどんな職場が良いの?
・産後の転職はどうやって探すの?

といった方に、産後の転職について詳しくご紹介します。

産後の職場復帰は意外に難しい

産後の職場復帰は意外に難しい

今まで働いていた職場に対して産後のママさんが復帰するというのは、簡単なようで案外難しいようです。

実際に産後の職場復帰をしたママさんが経験したことを踏まえながら、なぜ転職をするのか、職場の雰囲気などが理由のケースについてお話していきましょう。

職場の環境が変わっていて馴染めない

出産後しばらくの間は、職場に顔を出すこともなく過ごしていきますが、産後に職場復帰をすると働いているメンバーが変わっていることや、職場の雰囲気がなんとなく違うと感じることも多くあります。

そういった状況に馴染むことができず、結果的には産後職場に復帰するのではなく、転職を考えてしまうという理由があります。

温かい雰囲気で産後の職場復帰を向いてもらうママさんばかりではなく、風当たりが冷たくなってしまうようなこともあります。

そういった環境の中で、子育てをしながら両立して働いていくのが厳しいと感じてしまうママさんは思い切って転職を選択します。

希望の条件で働けない

産後のママさんはライフスタイルが変わってくるものです。そのため出産前は長時間にわたってフルタイムで働いていても、産後になるとフルタイムで働くのが難しくなることもあります。

おやすみなどについても、自分の希望する条件を飲んでもらうことができないため、子育てを優先し転職を考えるというケースがあります。

子育てとの両立をしていく中で、あまりにもハードな勤務形態が続いてしまうと、ママさんの体調を崩してしまうことがあるため、希望する条件で働ける職場を探すというケースになります。

仕事についていく自信がない

しばらくの間は職場を離れることになりますので、職場復帰をした後も出産前同様に仕事をバリバリとこなし、ついていく自信がなくなってしまうママさんもいるようです。

出産前と産後では、自分の体にも大きく変化があらわれますので、体力的な部分からも自信を失ってしまい、今までの職場に迷惑をかけたくないといった理由から転職を考えるケースもあります。

産後に個人的な理由から転職する理由とは?

産後に個人的な理由から転職する理由とは

職場の雰囲気そのものが大きく変わってしまったと感じるケースではなく、ママさんが個人的に転職をしたいと思うケースはどのような理由があるのでしょうか。

職場そのものは特に雰囲気なども変わっておらず、条件も変わっていないけれど転職がしたくなるのは、やはりママさんが個人的に自分の体調や自分の生活を最優先に考え、さらには赤ちゃんとの時間を大切に考えていくケースだといえます。

理解のある職場で働きたい

赤ちゃんが産まれると、赤ちゃんを保育所などに預けて働いていても、熱を出してしまった時や体調が悪い時にはお仕事を休まなければなりません。

出産直前まで働いていて産休を取ったというママさんであっても、産後の職場復帰をすると、このあたりについて理解が得られないケースも少なくありません。

そのため、こういった部分でしっかりと理解が得られるような職場を探し、転職をするというケースが多くあります。

同じように小さなお子様を持つママさんが働いている職場や、その他にも近年注目されているイクボスがいるような職場探しをして転職をするというケースになります。

自宅から近くで働きたい

自宅から職場が離れている場合には、通勤でも時間が必要になります。また交通費なども必要になってくるケースがあります。

会社から交通費が全額支給されていれば良いですが、そうでなかった場合は経済的な負担が大きくなってしまいます。

赤ちゃんが生まれてからの生活は、経済的にも出産前とは大きな違いが出てきます。このような部分から、自宅との距離が今までよりも近い職場に転職をするというケースもあります。

保育所の近くで働きたい

産後に働くママさんは、保育所などに赤ちゃんを預けることになります。ご両親に預けることができれば少々甘えることもできますが、そうでなかった場合は保育所に預けて働くことになります。

災害があった場合や、赤ちゃんの体調が悪くなってしまい、お迎え要請があった時など、すぐにでも迎えに行けるように、保育所の近くで働きたいと考えるママさんもいます。

職場と保育所の距離が離れていると、赤ちゃんを迎えに行くまで時間がかかってしまいます。特に渋滞しているタイミングなどは、思うようにお迎えに行くこともできません。

近年では保育所の条件もシビアになっているため、必ず時間内に迎えに行けるように、そして、万が一の際にはすぐに迎えに行けるようにと保育所の近くに転職先を探すママさんもいます。

体力的に復帰は難しい

比較的忙しい職場で働いていたママさんは、出産前と同じように働いていくことに対し、体力的な不安を感じてしまうこともあります。

出産前は体力もあり、毎日仕事を頑張ることもできますが、出産後には赤ちゃんのお世話をしながらの仕事ですから、この部分でつらさを感じてしまうこともあります。

そのため、体力的に少々余裕が持てるような職場を探し、転職するというママさんもいます。

妊娠中に資格を取ったので生かしたい

妊娠期間中でお仕事をお休みすることになったママさんは、時間を有意義に使うため資格の取得を目指すこともあります。

妊娠期間中に何かの資格を取得した際には、この資格をフルに生かしながら産後のお仕事がしたいと思うものです。

そのため、妊娠前に働いていた職場を離れ、妊娠中に取得した資格を生かして需要のある職場への転職を希望するというケースになります。

有資格者として働くことができれば、収入も以前働いていた職場よりアップする傾向が強く、経済的にも助かるといった理由もあります。

産後の転職先はどう探すの?

産後の転職先はどう探すの

様々な理由から産後の転職を考えるママさんは少なくありません。しかし転職を考えた場合には、転職先をどのように見つけるのでしょうか。必ずしも新聞の折込求人広告やハローワークではないようです。

ネットの求人サイト

近年では、インターネット上にさまざまな求人サイトが存在しています。こうした求人サイトは無料で登録をすることが可能となっており、自分の条件に合わせながら職場探しができるのです。

このような求人サイトを活用し、本当に自分が働きたいと思うような職場探しをするというケースが多くなりました。

面接に出向く日時などについても、基本的には求人サイトを通じて先方とのやり取りになりますので、子育てをしながらのママさんも自分の都合に合わせて面接に出向くことができます。

また、面接に出向く前の段階で、さまざまな就労条件などをお互いに把握することになるため、こういった部分からも面接に出向き、不採用になってしまう可能性が低いといったメリットもあります。

インターネットで職場探しができるのでスマホやパソコンがあれば、ちょっとした時間で転職先が見つけられるメリットにより、短期間で転職先を見つけることができたママさんもたくさんいます。

知人の紹介

自分で転職先探しをするママさんもたくさんいるのですが、そのほかにも知人の紹介などで転職先を見つけることができたママさんもいます。

ママ友をはじめとして、その他さまざまな人脈によって転職先を紹介してもらうことで状況などを把握してもらい、自分の希望する条件で働けるようになったので助かるという意見もあります。

産後の転職に欠かせない条件

産後の転職に欠かせない条件

産後の転職を考えた場合、どのような条件であれば働きやすいといえるのでしょうか。

転職が決まっても就労条件等が違い、困ることや後悔することを防ぐためにも、雇用契約や就労契約を結ぶ前の段階で細かな条件を確認しておく必要があります。

短時間勤務でもOK

産後どのくらいが経過してお仕事をされるのかというのは、それぞれのママさんによって違いがあります。

しかし赤ちゃんを育てながらのお仕事になりますので、長時間勤務は難しいというママさんも多くいます。

その場合には午前中のみ、午後のみなど、短時間勤務でもOKな転職先探しをすることが重要になります。

フルタイムで働くことになると赤ちゃんの世話だけではなく、家事もおろそかになってしまうことが多いため、短時間勤務を希望して育児、そして家事なども懸命に両立していくというママさんが多いです。

週末はお休みが取れる

赤ちゃんのお世話をしながら仕事をするのは本当に大変です。ママさんも毎日疲れが蓄積されてしまうでしょう。

しかし、週末にはパパもお休みになるケースがほとんどですので、赤ちゃんを連れて外出することや、ご家族でご実家に赤ちゃんを連れて行くようなこともあります。

そこで、週末をしっかりと休みが取れる職場探しをするのも重要なポイントになります。

福利厚生が手厚い

交通費の支給を始めとして、その他保険関係など、福利厚生が手厚い転職先を探すのも重要です。

パート勤務する場合であれば手厚い福利厚生期待することはできませんが、正社員または契約社員、さらに派遣社員として働くママさんの場合には、福利厚生をしっかりと意識しましょう。

夜勤がない、子育てママの応援

職種によっては夜勤が必要になってしまうものもありますが、ママさんが夜勤をするのは非常に厳しい条件となってきます。

特に有資格者として働いている方々は、夜勤を強いられてしまうこともありますが、夜勤がない職場で、なおかつママの子育てを応援してくれるような職場が理想的です。

夜勤をしなければ働けないといった職場の場合、夜の勤務時間帯は赤ちゃんを預けなければなりません。

パパさんは翌日の仕事がありますので、毎日のように赤ちゃんのお世話をするのはとても大変です。

とはいえ、夜中に赤ちゃんを預ける場所というのも簡単に見つかるものではありません。認可されている託児所などは限られていますので、預ける場所が見つからず困ってしまうこともあります。

そのため、夜勤をしなくともある程度は勤務時間を確保でき、しっかりと収入が得られるような職場探しをすることも大切です。

産後の転職に向く資格は?

産後の転職に向く資格は

さて続いては、産後の転職を考えた場合、重宝する資格について紹介していきましょう。

これまで資格を持ってなかったというママさんであっても妊娠期間中や産後しばらくして資格を取得するだけで、転職先や就職先探しに役立ちます。

事務関係の資格

事務関係のお仕事はとてもたくさんあります。また短時間勤務でも可能なケースが多く、週末はお休みになる会社がほとんどです。

事務関係の資格にはさまざまなものがあり、簿記をはじめとして医療事務、介護事務などを持っていると、いざ転職をしたいと思った場面で、とても役に立ちます。

難易度も高いものではありませんので、このような資格の取得から目指していくママさんが多いです。

IT関係の資格

近年では、IT業界がどんどん発達していますので、IT業界で活躍するような資格を取得するのも一つの方法になります。

以前はワープロ検定などが主流となっていましたが、近年ではITパスポートをはじめとしてさまざまな資格があります。

難易度の低いものから順番に取得することによって、最終的には大きな仕事を任せてもらえるような立場で働くことも可能です。

起業できる資格

ある程度の経験を積むことによって、自分でも起業ができるような資格を目指すママさんもいます。

美容関係であれば、ネイリストやエステティシャンなどといった資格がありますが、この他にもアロマコーディネーターやフードコーディネーターなどがあります。

起業するだけではなく、独立してフリーで働くことも可能ですので、こういった資格の取得を目指せば、子供の成長に従って働き方を変えながらスキルアップをすることもできます。

産後の転職はライフスタイルを優先する

産後の転職はライフスタイルを優先する

出産後はできるだけ、それまでお世話になっていた職場復帰を果たし、再び活躍していきたいという意見もあります。

しかし、条件などを考慮した上で赤ちゃんとの生活を考えた場合、どうしても難しいようであれば、思い切って転職を考えるのも一つの方法です。

産後の転職をする際には出産前とは違うライフスタイルを最優先に考えながら、新しい職場を見つけていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる