出産後のママによくみられる症状とケア



出産したことで、体は自然に元の状態に戻ろうとしますが、きちんと元の状態に戻すためにはお母さんが安静にすることが大切です。

昔は、出産後に水仕事や洗髪もしてはいけないなどといわれてきましたが、これは昔の人の教えでもあります。

現在では核家族化が進みサポートしてくれる家族が近くにいないことも多いため、産後すぐに自分で何もかもしなくてはならないママも多いでしょう。

しかし、出産はママの身体に大きなダメージを与えていますので、出産後すぐに無理をするのは禁物です。最低でも産後6~8週頃までの産褥期には体の負担となることは避けるようにしましょう。

そこで今回は、

・産後はどのようなことに気を付けて過ごせばいいの?
・産後の抜け毛や便秘に悩んでいるけどどうすればいい?
・産後のトラブルはどんなケアをすればいい?

といった方に、産後によくみられる症状とそのケアについて詳しくご説明します。

産後1か月は安静に

核家族化が進み、産後ゆっくりしてはいられないという方も増えてきていますが、最低でも1か月は安静を心がけることが大切です。

赤ちゃんのためにどうしてもしなくてはいけない、授乳やおむつ替え、ママ自身の飲食やトイレ、シャワーなどに立つ以外は、基本できるだけ体を休める必要があります。

赤ちゃんが眠っていてくれる間は、お母さんも唯一休息できる時間ですので、日中であっても赤ちゃんの隣で一緒に休むようにしましょう。

産後一か月頃までは出産による子宮や産道のダメージが癒えておらず、骨盤も歪んでいる状態です。

出産後の体がまだ完全な状態に戻っていないのに、元気だからといって忙しく動き回っていると産後の回復が遅れ、骨盤の歪みによる腰痛などの体調不良が引き起こされます。

また、産後に無理をして疲れや精神的なストレスを抱えてしまうと産後うつなどを発症するきっかけになることもありますので注意しましょう。

参考記事>>出産後のイライラこれって産後うつ?産後うつの原因と予防策

出産は赤ちゃんとの生活のスタートライン、これから続く育児のためにも、旦那さんなどにサポートをお願いして、元気な体を取り戻しましょう。

産後のトラブル例と対処法

産後には出産に伴う体の変化の他にも、さまざまなトラブルがあるといいます。

実際にはどんなトラブルが考えられるのでしょうか?代表的なトラブルと対処法を見ていきましょう。

妊娠中は便秘になりやすく、大きくなった子宮が肛門周囲の静脈を圧迫するため痔に悩まされるママも多いでしょう。

産後も出産の際にいきみ過ぎたことが原因となり、痔が悪化したり、新たに発病したりしてしまう方がいます。

多くは、産後ある程度時間が経てば自然に治ったり、薬を使用することで治ったりしますが、なかなか治らない場合には産院に相談するようにしましょう。

放っておくと悪化してしまいますので、早めの治療が大切です。

便秘

出産後、授乳がはじまると母乳に水分を取られるせいで、便秘になることがあります。出産時の傷や痔などの痛みから、力めないことが原因となることもありますが、水分を多く摂り、便意を我慢しないことが大切です。

他にも水溶性食物繊維の多い食事を心がけるなど、生活から見直し症状の改善を試みましょう。

また、腸内環境の改善にはオリゴ糖が有効です。妊婦さんの便秘や下痢にオリゴ糖が良い理由とおすすめのオリゴ糖ではおすすめのオリゴ糖をご紹介していますので、参考にしてみましょう。

どうしてもお腹が張って苦しいといった場合には、産院で、薬が処方されますのでまずは相談してみましょう。

抜け毛

産後半年以内に、髪の抜け毛に悩むママは多いとされています。
あまりにも大量に抜けるため、このままハゲてしまうのではと不安になりますが、髪は再生されますので特に心配する必要はありません。

産後の抜け毛は女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が急激に減少することによって引き起こされます。

エストロゲンには髪を成長させ、美しい状態に維持する作用があります。
このエストロゲンは出産後に急激に減少するため、結果として髪の成長がストップして抜け落ちてしまうのです。

産後は半年~1年ほどで女性ホルモンの分泌量が妊娠前の状態に徐々に戻っていきますので、その頃に抜け毛が少なくなったというママが多いようです。

抜ける量や抜け続ける期間には個人差がありますが、多くの方が経験していることですので安心してください。

参考記事
>>産後の抜け毛はいつからいつまで?原因と効果的な対処法とは

予防する方法はありませんが、まずは髪を清潔に保ち、育毛に適した環境にしてあげることが大切です。食事の栄養のバランスなどにも注意するといいでしょう。

尿漏れ

産後多くの方が悩んでいるのが尿漏れです。
妊娠中に大きくなった子宮が尿道のまわりの筋肉に負担をかけて緩んでしまったり、出産時にそれらの筋肉にダメージが加わったりすることで尿漏れを起こすことがあります。

腹圧性尿失禁といわれており、早く治すためにはこのゆるんだ筋肉を鍛える必要があります。

所謂「骨盤底筋体操」と呼ばれるトレーニングが良いとされていますので、産後の一か月健診で問題ないとされた場合はトレーニングを始めてみましょう

乳腺炎

産後のおっぱいトラブルで多いのがこの乳腺炎です。
母乳が活発に作られるようになったことで、乳腺や乳管内に母乳が詰まっておっぱいが張って痛んだり、そこに細菌感染が生じたりすることで強い炎症を引き起こす病気です。

多くは産後6週頃までに発症するとされています。

乳腺炎はひどい時には発熱などが伴うため、きちんとした治療が必要です。

おっぱいマッサージなどで治そうと自己判断をせずに、痛みは発熱がある場合は早めに受診しましょう。

炎症を抑える鎮痛剤や細菌を退治する抗菌薬などが処方されます。
乳腺炎などにならないためにも、清潔を心がけ、残った母乳はきちんと絞り出すようにするといいでしょう。

おっぱいにわずかでも違和感を覚えた場合には、医師や助産師に相談してみましょう。
早めに対処することができますので、適切な治療や対処法のアドバイスを受けることができます。

不眠

授乳やおむつ替えの度に昼夜構わず起こされるため、不眠の症状に悩むママも多いでしょう。

赤ちゃんが寝ている間に家事をやっておきたいという方もいるでしょうが、それが不眠を悪化させる原因です。

家事などは完ぺきにこなす必要はありません。赤ちゃんが眠っている間は日中であっても一緒に横になる時間を作ることが大切です。

参考記事>>産後はアロマで体も心もリラックス!アロマの使い方と注意点

まとめ

この他にも、腰痛や肩こりなど産後hさまざまなトラブルがあります。日本では妊娠中の公的ケアは行き届いていますが、産後のケアについてはまだ確立されていません

最近では、産後のさまざまなトラブルに対応できるよう、産後エクササイズや骨盤体操、産後教室、産後スイミングなどを開催している施設も増えてきています。

自分の体の調子を整えるために、こうした教室などにも通ってみるものいい方法です。もちろん赤ちゃんと参加できるものが多数ありますので、積極的に参加してみましょう。

同じ子育て中の方との交流もでき、トラブル解消法の情報交換もできます。

出産後しばらく経つと、働き始める方もいると思いますが、まずは妊娠前の元気な体に戻ることを第一に考え、今後赤ちゃんとの楽しい生活が送れるよう、しっかり母体のケアをしていきましょう。

supervisor_image_url_2

監修:成田 亜希子(医師)

プロフィール:弘前大学卒業後、内科医として地域医療に従事。その傍ら、保健所勤務経験もあり、国立保健医療科学院での研修も積む。感染症や医療行政にも精通している。プライベートでは二児の母。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


出産・産後のカテゴリー

出産の兆候出産準備出産費用
保険陣痛分娩
帝王切開早産高齢出産
出産予定日産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア産後の栄養・食事
授乳・母乳・ミルク産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
出産の兆候出産準備
出産費用保険
陣痛分娩
帝王切開早産
高齢出産出産予定日
産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア
産後の栄養・食事授乳・母乳・ミルク
産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
目次
をみる
関連記事
をみる