産後に必要なナプキン

産後に必要なナプキンはどんなものが良い?いつまで必要なの?




産後しばらくの間は、ダメージを受けた子宮からの出血などがありますので、入院期間中をはじめとしてナプキンを使用しなければなりません。

産後のナプキンというのは、どんなものを準備すればよいのでしょうか?またいつまで使うものなのかについて気になってしまうママさんもいるでしょう。

そこで今回は、

・産後にナプキンが必要なのはなぜ?
・産後のナプキンはどれくらい必要?
・生理ナプキンで代用できる?

といった方に、産後に使用するナプキンについて、使用する期間やナプキンの種類など詳しくご紹介します。

産後にナプキンが必要な理由

必要な理由

産後にナプキンが必要になるのは、出産でダメージを受けた子宮からの出血があるためです。ここでの出血は一般的な生理とは違い、悪露と呼ばれるものになります。

人によって量は違いますが、産後数日間は大量の出血がありますので、専用の大きなナプキンを使用することになります。

出産が終わった後のママさんの子宮には、これまで胎盤を維持していた組織や、そのほかにも子宮内膜などが残っている状態です。

また、胎盤が剥がれ落ちた後は傷跡になっていますので、そこからも出血があります。このような経血をしっかり受け止めるために、産後は大きなナプキンが必要になってくるのです。

産後のナプキンは生理用でOK?

産後のナプキンは生理用でも大丈夫だろうと考えてしまうママさんもいます。特に初めてのお産の場合には、どれだけの出血があるのかがわかりません。

近年では、生理用のナプキンでも非常に多くの商品が販売されているので、産後の経血を受け止めてくれるような、大きな夜用であれば安心だと考えてしまうママさんもいます。

しかし産後すぐの出血というのは非常に多く、一般的な生理用品として販売されているものは、どんなに大きなものでも足りなくなってしまうことがあります

そのため産後しばらくの間は、「産褥パッド」と呼ばれるような産後専用ナプキンを準備してください。

ドラッグストアやデパートで買えるの?

産褥パッドについては、ドラッグストアやデパートで販売されているケースもあります。

ただし取り扱っていない店舗もありますので、近くのお店で販売されていないようであれば、ネットで購入する方法もあります。

いくつかの種類が販売されているため、口コミなどをチェックしながら肌触りの良いものや、リーズナブルなものを購入しましょう。

また、大きな病院で出産するママさんの場合は、病院の売店でも販売されているケースが多いので、こちらで事前に購入しておくというのもひとつの方法になります。

どのくらいの枚数を準備すれば良い?

産後に使用するナプキンは何枚くらい準備すればいいのでしょうか。もっとも大きなタイプの産褥パッドは、最低でも5枚程度準備しておきましょう。

もっとも大きなタイプの産褥パッドは、産後すぐの段階で使用することになります。

出産当日は、お手洗いなどに行く以外は基本的にベッドの上で過ごすことになるため、産褥パッドについても助産師さんや看護師さんに交換してもらいます。

産後ニ日目あたりまでは、一番大きなタイプの産褥パッドをしますので、最低でも5枚程度は必要になります。

その後については徐々に小さなものへとシフトしていくことができますが、それでも産後三日目あたりまでは比較的大きな産褥パッドを使用することになります。

その後は小さいサイズの産褥パッドを使用したり、一般的な生理用ナプキンで代用するママさんもいます。

人によって悪露が一ヶ月程度は続くため、適宜準備していきましょう。

いつから生理用ナプキンが使えるの?

産後数日間はとても大きな産褥パットを使用することになりますが、その後生理用ナプキンが使えるのはいつからなのでしょうか?

こちらについては出血量に応じてシフトしていきますので、絶対に何日目から生理用ナプキンで良いと言い切れるものではありません。

個人差があるため、悪露の量によっては代用できなかったり、生理用ナプキンでかぶれてしまう場合もあるので、様子を見ながら変更していきましょう。

しかし多くのママさんは産後四日目、五日目あたりから生理用ナプキンにシフトしていく傾向にあります。

それまではどうしても出血量が多く、産褥パッドを使っていないと経血が漏れてしまうようなことがあります。

産後のママさんは、ベッドの上で横になっていることや座っていることが多いため、知らず知らずのうちに漏れてしまうことがないように、大きな産褥パット使っている方が安心です。

以前は産褥パットというとつけ心地が悪く、不愉快に感じてしまうものが多かったのですが、近年では肌触りが良く、薄手で吸収率の良いものが開発されていますので、不快感を覚えることも少なくなりました。

帝王切開をしたママさんであっても、ある程度は悪露が続きますので、経膣分娩ではないから安心だと思わず、しっかり準備しておく必要があります。

産後のナプキンにはショーツも必要

産後しばらくの間は産褥パッドを使用することになります。また、その後生理用ナプキンにシフトした場合でも、しばらくは量が多い日用の大きなナプキンを使用することになるため、必ず専用のショーツを準備しておきましょう。

産後すぐのママさんはお腹がペタンコになるわけではありません。しばらくは子宮が徐々に回復していく間、お腹のふくらみも目立つことになります。

そのためここでのショーツに関しては、一般的なサニタリーショーツではなく、産後のママさん専用に販売されているショーツを準備しましょう。

大きくてナプキンが変えやすいもの

産褥パッドの交換などがしやすいように、大きなタイプのショーツを準備しましょう。

産後のママさんは体を動かすだけでもお腹の痛みや骨盤、会陰切開の痛みを感じてしまいますので、お手洗いや産褥パッドの交換がとても楽な、開閉式のショーツも販売されています。

産褥パッドだけでなく、生理用ナプキンにシフトした後も、できるだけこのようにナプキンが交換しやすい幅広タイプのショーツを選んでおきましょう。

締め付けが弱く素材の柔らかいもの

産後のママさんは、子宮なども非常にデリケートになっており、締め付けの強いタイプのショーツは下腹部痛などを引き起こしてしまうことがあります

また、子宮の回復の妨げになってしまうので、締め付けがほとんどなく、柔らかい素材のショーツを選んでおきましょう。

産後のショーツは専用商品が販売されていますので、一般的なサニタリーショーツと間違えてしまうことはありません。

マタニティグッズのコーナーで販売されているため出産前に必ず準備しておきましょう。

産後のナプキンはこまめに変える

こまめに変える

産後すぐに使用する産褥パッドというのは、見たこともないほど大きなものになります。

こちらの産褥パッドについては、基本的には助産師さんや看護師さんが交換してくれるのですが、その後に大きさの違う産褥パットにシフトした場合や、生理用ナプキンにシフトした場合は、できるだけこまめに交換していきましょう。

動くのがつらいからといって、こまめにナプキンを交換しないまま過ごしてしまうと、さまざまなデメリットが出てくることになります。

感染症を防ぐため

ナプキンをこまめに交換しないことによって細菌が繁殖してしまい、細菌感染を引き起こすリスクが高くなります。

特に会陰切開をしたママさんの場合には、傷口に細菌が入り込んでしまうと化膿するようなこともあるため、こまめにナプキンを取り替えて衛生的に保ちましょう。

そうすることによって切開した傷の部分も治りが早くなります。

ニオイを防ぐため

産後の悪露というのは、一般的な生理の経血とは大きな違いがあります。そのため、独特の匂いを持っており、ナプキンをこまめに交換していなければ、すぐにニオイがこもって不快な思いをすることになります。

少しでもニオイを軽減し快適に過ごすためにも、ナプキンをこまめに変える必要があります。産後数日間はシャワーを浴びることができませんので、このような部分からもニオイ対策として、こまめに交換しましょう。

ムレによる肌荒れ予防

産後のナプキンをこまめに変えない時間が続いてしまうと、蒸れてしまうためニオイだけではなく肌荒れを引き起こしてしまうことがあります。

一般的な生理用ナプキンであれば、自分のお気に入りを使うことができますが、産褥パッドや今まで使ったことがない生理用ナプキンなどを用いる場合、お肌との相性が悪く、かぶれてしまうようなこともあります。

また、産後でデリケートになっているお肌がひどい炎症を起こしてしまうようなこともあります。こういったトラブルを避けるためにもナプキンはこまめに交換しましょう。

産後のナプキンが余ったら?

産褥パッドは大きなタイプばかりではなく、複数のサイズが販売されています。

そのため出血量に合わせながらサイズを変えていくことになりますが、こういったナプキンが余ってしまった時には、どのように扱えばよいのでしょうか。

特にもっとも大きなタイプの産褥パッドが余ってしまうと、困ってしまうママさんが多くいます。

手作り保冷剤にする

産褥パッドや生理用ナプキンは、ポリマーが使用されているケースがほとんどです。商品によって違いがありますが、吸収率をアップするためにも、ポリマーが使用されているものが多くなっています。

使用されている材料を確認し、ポリマーが使われているので、あればこれを手作り保冷材に使用することができます。

産褥パッドにたっぷりと水を吸い込ませてから分解すると、ポリマー部分が露出しますので、これをジップ付きの保冷袋などに入れましょう。

破れてしまうのを避けるため、ジップ付きの袋は二重に重ねておくと安心です。冷蔵庫に入れておけば手作りの保冷剤ができるため何かの時に役立ちます。

発熱してしまった場合などにも繰り返し使用することができ、なおかつ氷枕ほど極端に冷やしてしまうことがないので、とても使い勝手が良いです。

掃除に使う

産褥パッドは吸水性が高いため、それを利用して拭き掃除などの雑巾代わりとして利用することができます。

特に、揚げ物の残り油の始末に便利です。生理ナプキンよりも大きいため、1枚で残り油をしっかりと吸ってくれます。

退院時に病院に置いてくる

自宅に戻ってから使うことを考えなければ、退院する際に病院に置いてくるといった方法もあります。

もちろん無断で病室に置いてきてしまうのではなく、看護師さんに渡したり、同じ病室で産褥パッドを使っているママさんがいれば、一声かけた後で必要に応じて使ってもらうこともできます。

産後の出血量というのは人によって違うものです。そのため、産褥パッドを準備していても足りなくなってしまママさんがいます。

病院などでも販売されていますが比較的割高なので、もらえると助かるママさんもいます。

同じ病室のママさんとコミュニケーションをとりながら、使ってもらえるようであれば使ってもらいましょう。

産後のナプキンは病院の説明を聞いてから準備する

病院の説明を聞いてから

産後は、まずはじめに産褥パッドを使用することになります。しかし妊娠初期から中期の段階でこのような産褥パットを準備する必要はありません。

出産が近づいてくると、入院時に必要なものを病院側から説明されることになります。ここで自分が準備するものをしっかりチェックしてください。

その中に産褥パッドがあれば事前に購入しましょう。産褥パットは病院側で準備してくれるため、ママさんが準備するのは生理用ナプキンだけで良いケースもあります。

近年では、出産費用の中にある出産に必要なアイテムも含まれているケースがほとんどですので、病院側が準備するアイテムの中に、産褥パッドやその後しばらくは使える生理用ナプキンが含まれていることもあるのです。

このあたりをしっかりチェックしてから産後のナプキンを準備しましょう。そうすることでムダになってしまうことを防ぎ、経済的な負担も最小限に抑えることができます。

また、産後しばらくの間は産褥パッド、そして生理用ナプキンを使いますが、トイレットペーパーを使用すると痛みを感じることが多いので、清浄綿も同時に使うことになります。

こちらについても事前の説明を受けた上で必要に応じて準備しておきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

関連するカテゴリー
産後

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる