産後の抜け毛

産後の抜け毛はいつからいつまで?原因は?予防と対策は?



急にごっそりと髪が抜けてしまう産後の抜け毛は、ホルモンバランスの急激な変化が原因により起こるトラブルの1つで、多くのママが経験する症状です。

これは産後脱毛症もしくは分娩後脱毛症と呼ばれ、多くのママが悩まされる産後トラブルの1つです。

何の前触れもなくごっそりと抜けてしまうので、原因も分からず悩んでしまうママが多くいます。どうして、急にそんな事が起きてしまうのでしょうか。

そこで今回は、

・産後の抜け毛はいつまで続くの?
・産後に髪の毛が抜けるのはどうして?
・産後の抜け毛対策や予防法が知りたい!

といった方に、産後の抜け毛について、その原因や時期、効果的な予防法や対処法について詳しくご紹介していきます。

産後の抜け毛はいつから?

産後の抜け毛はいつから?

大部分のママが悩んでしまう産後の抜け毛は、「産後脱毛症」もしくは「分娩後脱毛症」とも呼ばれています。

1〜2本どころではない大量の髪の毛がまとまってに抜けるのですが、産後の抜け毛は、抜け始める時期に目安があります。

個人差はあるものの、ほとんどの場合、産後2カ月からに発症し、産後6カ月を過ぎる頃に落ち着いてきます。

そのため、産後は数ヶ月すると髪の毛が抜けるものだと、あらかじめ理解しておくと、慌てず余計なストレスを抱えることも少なくなります。

産後の抜け毛はいつまで?

年内か年明けの出産かで違ってくることはあるの

産後の抜け毛はいつ落ち着くのか気になりますが、絶対この時期には治まるというものはなく、個人差によるところが非常に大きくなっています。そのため、あくまで目安ですが

・早い人で2〜3カ月
・遅い人だと1年以上

かかってしまいます。もちろん、半年で落ち着いたという人もいますし、まれなケースでは、数年間も続いたということもあります。

個人差が大きくはっきりしないため、抜け毛の終わる時期については、「気長にいつか落ち着くものだ」と気楽に考えておくようにしましょう。

産後の抜け毛の特徴

抜け毛というと、円形脱毛症のようにはっきり確認できてしまうイメージが強いですが、産後の女性を悩ませる産後脱毛症(分娩脱毛症)は一部分の髪の毛が集中して抜けるわけではないので、脱毛症といっても、目で確認できてしまうくらいの状態になることはあまりありません

抜け毛の状態としては、ハゲができてしまうようなものではなく、普段より髪の毛が抜けやすかったり、全体的に薄くなってきたりと、ボリュームがダウンしてしまうことが、この産後の抜け毛の特徴です。

産後に抜け毛が起こる原因とは?

原因とは?

原因を知ることができれば、対策も取りやすくなります。また、原因によっては、産後の抜け毛を改善できる可能性もあります。

そもそも、抜け毛が起こる根本的な理由として女性ホルモンの急激な変化があります。では女性ホルモンの減少と脱毛にはどのような関係があるのでしょうか?

エストロゲンの減少

エストロゲン、プロゲステロンとは、女性ホルモンを大きく2つに分けた時の名称です。

それぞれ、卵巣ホルモンと黄体ホルモンとも呼ばれ、これらは妊娠中、分泌量が普段より増加しています。しかし産後になると、どちらもそんなに多く必要ではなくなってしまうので、今度は急激な減少を始めます。

2種類の女性ホルモンのうち、エストロゲンは毛髪サイクルの中の「成長期」を維持する作用があります。

このため、妊娠中は急増したエストロゲンの作用で、本来なら抜け落ちて新しく生まれ変わるはずの毛髪が抜けないまま生え続ける状態となり、産後エストロゲンが減少することで、これらの「本来なら抜け落ちるはずの髪の毛」がまとまって抜け落ちるのです。

また、産後は様々な原因でホルモンバランスが乱れたり、ストレスなどがかかったりすることが脱毛に拍車をかけることも少なくありません。では、産後のどのような原因が脱毛を促しているのでしょうか?

エストロゲンは、毛の成長に。プロゲステロンは、育毛維持に。と髪の毛にとって大きな役割を担っています。このことも、大量の抜け毛を引き起こす原因のひとつと考えられています。

変化した生活習慣

出産後は、妊娠前の生活とはだいぶかけ離れたものになります。

赤ちゃんが加わった新しい生活が始まるわけですから当たり前なのですが、初めての子育てというのは想像以上に大変です。「慣れれば何てことない」と思うかもしれませんが、赤ちゃんが小さいうちは夜泣きもありますし、授乳もしなくてはいけませんから、気を付けていても寝不足になりがちです。

やはり睡眠を十分に取れないとイライラしてしまい、一変した生活にストレスを感じてしまう事もあります。そうしたストレスを溜めこんでしまうことで、女性ホルモンの分泌に影響を与えてしまうこともあります。

産後ダイエット

抜け毛と同じくらい、産後のママが悩むのが体重です。

ゆっくりと体が正常に戻りつつあるとはいえ、骨盤の歪みや生活習慣などから体重が思うように戻らないという場合、産後ダイエットに取り組むママが増えてきているのですが、一気に結果を出したいという気持ちから無理にダイエットをしてしまうケースがあります。

この無理な産後ダイエットが、髪の成長に必要な栄養素不足を引き起こし、結果として脱毛を促してしまうことがあります。

焦る気持ちからダイエットをしてしまうと、例え短い間に結果を残せたとしてもリバウンドする確率が高く、体調を崩す大きな原因にもなってしまうので注意が必要です。

産後の抜け毛の予防と対策

抜け毛の予防と対策

生理的な問題だと考えれば、そこまで深刻に悩む必要もないのかもしれませんが、ちょっとしたことに気を付けるだけで、抜け毛が改善されるのなら試しておきたいものです。

原因を踏まえ、どんなことに気を付けていけば良いのでしょうか?

睡眠時間を確保する

産後、赤ちゃん中心の生活になってしまうのは仕方ないことですが、意識的に直していかないとそれに振り回されたまま、めちゃくちゃな生活習慣になってしまいます。

慣れないうちは、自分自身まで顧みるのは難しいかもしれませんが、ひとまず睡眠不足を少しでも解消するために、眠れなかったとしても目をつぶって横になる時間を作りましょう。

昼間でも赤ちゃんが寝ている時間と一緒に眠るなどして、睡眠時間を確保するようにしましょう。

授乳の時間を調整することで、生活リズムを作り、上手く睡眠時間を手に入れるという方法もあるので、余裕があれば実践してみましょう。

食事の改善

髪の毛にも食事から摂る栄養は必要です。そのため、食事を改善するというのも産後の抜け毛予防・対策になります。

大豆イソフラボンを摂ろう

女性ホルモンの分泌を活発に、そして安定させるのに効果的なのは「イソフラボン」を摂り入れることです。正確には「大豆イソフラボン」といいます。

これが女性ホルモンのエストロゲンに近い作用があり、発毛や育毛を促してくれる効果が期待できます。豆腐はもちろんのこと、納豆豆乳にも含まれます。

単体では食べにくいという場合は、豆乳でジュースを作ってみたり、お豆腐スイーツのように工夫して食べるという方法もあります。

亜鉛・ミネラルを摂ろう

他に、髪の毛の原料となるたんぱく質を再合成する亜鉛、たんぱく質やビタミンの代謝に効果があるミネラルも摂り入れましょう。

時に亜鉛不足で薄毛を発症してしまうケースもありますので、亜鉛はあなどれません。ミネラルはいわば毛を育てるサポートメンバーです。どちらも、海藻類に多く含まれているので、積極的に摂り入れましょう。

葉酸を摂ろう

どちらかといえば、先天性異常の予防のために妊娠初期に摂取するとよいとされている葉酸ですが、葉酸は産後の抜け毛にも効果を発揮してくれます

元々、葉酸はビタミンB群の中の1つで、新陳代謝や細胞分裂に必要なビタミンです。この効果によりより髪の毛の元となる細胞の活性化が促されるのです。

また、葉酸は造血ビタミンとして血行を促してくれるので、小まめに取ることで産後なりやすい貧血を予防し頭髪へ酸素も運んでくれます。

葉酸を取り入れることで、授乳期間中は母乳で赤ちゃんにも十分な栄養を与えることができます。

頭のマッサージ

顔から頭部にかけてのツボ押しもおススメです。入浴時など体が温まっているときに軽めの圧で気持ち良い程度に行いましょう。

ツボを刺激することで頭皮の血行を促し、発毛・育毛に適した環境を作ることができます。

新陳代謝も良くなり、毛穴に詰まった皮脂を取り除きやすくなるので、髪を洗う時に綺麗に洗い流すことができます。湯船に浸かって行えるのであれば、汚れが浮きやすくなることから、クレンジングオイルを使用してもいいでしょう。

ほどよい指圧でリラックスもできますからストレス発散にも効果的です。

美容室などでも行ってくれるところがあるので、カットのついでに受けてみましょう。

ヘアスタイルを工夫する

中には、ヘアスタイルが抜け毛を助長していたり、目立ちやすくしている場合があります。

ヘアスタイルごとの注意点や抜け毛を目立たなくさせる方法をまとめましたので参考にしてみましょう。

ロングヘア

ロングヘアは髪の1本1本が長くなります。たとえショートヘアの場合と同じ量が抜けていたとしても、その長さの分だけ量が増えて見えてしまいます。

髪の量にもよりますが、床に落ちていれば嫌でも目立ちますし目にも入りやすいものです。また、長さの分だけ髪の毛が重くなり、が頭皮に負荷となってかかるので抜けやすくなっているともいえます。

育児中、簡単に結べて髪が邪魔にならないようにと、ロングヘアにするママもいますが、抜け毛を引き起こしやすくなる原因でもあることを覚えておきましょう。

短期的なことだと諦めのつく場合は、ロングヘアのままでも問題ありませんが、精神的負担や掃除の手間を少しでも減らしたい場合は、思い切って普段より短くカットしてみるのもいいでしょう。

ショートヘア

髪が短いと手入れが面倒かと思ってしまいますが、ショートヘアの良いところは何といってもボリュームのあるセットができることです。また、少量のワックスなどをつけてふわっとさせるだけなので、スタイリングに時間をかけずに済むという利点もあります。

短いだけに、一見抜け毛が目立ちそうですが、実は、産後の抜け毛を乗り切るのに、もっとも適した髪型です。

何か作業をするときでも、ロングヘアのようにいちいち結んだりする必要もなく、何よりドライヤーを使わなくても自然乾燥で早めに乾くので、お手入れも楽チンです。

ショートヘアも、ただ短くするだけでなくナチュラルショートヘアなど、可愛いヘアスタイルも増えてきています。美容師さんに相談すれば抜け毛の気になるところをふんわりと仕上げてもらい、抜け毛をカバーした髪型にしてもらうこともできます。

ボブ・ミディアムショートヘア

ショートヘアに比べると首のあたりの長さなので結ぶこともできますし、バレッタなどのちょっとしたヘアアレンジも可能です。

ショートだと、人によっては子供っぽく見えてしまったり、長かった髪を急に短くしてしまうのは抵抗があるという人もいます。そんな人におすすめなのがボブスタイル、またはミディアムショートヘアと呼ばれる髪型です。

後頭部それから前髪を上手くセットできれば抜け毛を誤魔化すことができます。加えて、ロングに比べ洗髪がしやすいため、時間が取れなくなる産後の生活にも適し、美容室に行く頻度がショートヘアのときより少なく済みます。

前髪を工夫する

抜け毛が増えると全体のボリュームもそうですが、それ以上に気になってしまうのが、前髪です。

前髪が薄くなってきてしまうと自然とおでこも広くなってしまい目に入りやすくなります。

そんな前髪をカバーする工夫として前髪をなくすヘアスタイルというものがあります。前髪をなくしてしまうことですっきりした顔立ちになるので、抜け毛が気にならなくなってきます。

前髪をなくすのに抵抗のある場合は、頭頂部の髪を前に流し、前髪の厚みを出すのも一つの方法です。

ワックスなどのスタイリング剤の使用は控えめに

髪が崩れないように固めてしまったり、ボリュームを出すために、ヘアワックスを付けてまとめようとすることもあることでしょう。

しかし、スタイリング剤も抜け毛が気になるときに使用するのはあまり良くはありません。

お風呂で髪を流す時に固まってしまったスタイリング剤を綺麗に洗い流そうという気持ちから、力いっぱい髪をこすってしまいやすく、頭皮に良くありませんし、タイリング剤自体が頭皮にダメージを与えることもあります。弱っている髪にも悪影響です。

使用する際は、流しやすいスタイリング剤を選び、使用するにしても全体的に使うのではなくボリュームを出したい部分にピンポイントで利用する必要があります。

帽子で隠す

薄毛の原因ともいわれている帽子ですが、正しく利用することで、薄毛を隠すのにうってつけのアイテムです。

そもそも、帽子が薄毛の原因に挙げられてしまう理由としては、かぶった時に中で頭皮が蒸れてしまい雑菌が繁殖することにあります。

それにより、頭皮環境が悪化してしまうので抜け毛などの原因になってしまうのです。

しかし、風通しの良い帽子を選び、夏場の暑い季節は毎日のお風呂で汗を綺麗に洗い流し、頭皮と髪の毛を清潔に保てば問題ありません

そして、帽子を使用する時は、サイズに余裕のある物を選ぶのがベストです。小さい帽子だと頭を締め付けてしまい、結果、血行を悪くしてしまうからです。

帽子は頭皮にも髪の毛に悪影響を与える紫外線から守ってくれますし、冬場は頭皮の冷えを予防しますから、大きさに気を付ければ血行促進にも繋がります。

ヘッドスパでリフレッシュ

ヘッドスパとは、美温水シャワーを利用して行う頭皮と髪のマッサージです。日本の美容器具メーカーであるタカラモンド社が命名し商標登録しているヘッド(頭)を中心にスパ(温泉)を施すという意味の造語です。

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダの技術を元にしているため、頭皮のクレンジング、そして傷んだ髪の修復などを目的としています。

ヘッドスパの効果

主な効果としては、頭皮と髪の健康状態の向上、精神的ストレスの緩和、リラクゼーションが挙げられますが、これが産後の抜け毛にも良い効果を発揮します。

ヘッドスパを行うことで頭皮のコンディションが良くなりますし、マッサージによって血行も良くなりますから発毛や育毛に適した頭皮環境になります。

また、リフレッシュすることによってストレスも解消できます。

着替える必要もありませんし、所要時間も1時間程度と、長時間拘束されないのもママにとって嬉しいところです。ただし、料金がやや高めの設定でヘッドスパ単体なら高くて約8,000円、美容院でカットなど他のメニューと組み合わせて5,000円程度の価格帯が相場となります。

ヘッドスパの種類はどれがいい?

炭酸ヘッドスパやオイルヘッドスパなど、さまざまなメニューが用意されているヘッドスパですが、どれも多少の効果の違いがありますが、もっともお勧めできるのは、自分が一番リラックスできるメニューを選ぶことです。

今や美容室だけでなくエステサロンでも導入されるなど利用できるお店は広がりつつあるため、時間が取れる場合は積極的に活用してみましょう。

産後の育毛グッズを活用する

お仕事の都合などで、髪型も変えず、比較的短期間で抜け毛を改善したい場合は、産後用の育毛剤を利用するのもいいでしょう。

育毛剤であれば、自宅で利用できるので、子供を預けて美容室にいったり、ヘッドスパを受ける時間がないといった場合にも有効です。

育毛剤を使う場合は、「ミノキジル」や「フェナステリド(プロペシア)」といった成分、が含まれる育毛剤は控えるようにしましょう。

これらの成分は、産後ママ、特に授乳中のママに気をつけてもらいたい成分なので注意が必要です。

ここでは、それらの入っていない、安心して使える人気の産後用の育毛剤をいくつかご紹介します。

マイナチュレ

女性用の育毛剤といえばマイナチュレというくらい人気の商品です。幅広い年齢層から人気があり、モンドセレクションの金賞も受賞している育毛剤です。

40代からの女性が使うイメージがありますが、産後の抜け毛にも効果的と20代や30代のママからも高い人気があります。

センブリ、グリチンリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α-トコフェロールといった、育毛に有効な成分が含まれているため、高い育毛効果が期待できます。

27種もの天然由来の原料を用い、添加物にも配慮されていて、香料や着色料はもちろんのこと、全11種が無添加となっています。成分や原材料にもこだわって作られており、安心して利用できる育毛剤といえます。

産後の抜け毛に悩むなら、まずは、マイナチュレを試してみることをおすすめします。

・定期コース4,742円(初回3,790円)
・単品購入5,095円(送料650円)

公式サイト>>薄毛女性に大人気!無添加育毛剤

ベルタ育毛剤

女優秋野暢子さんも利用している、ベルタ育毛剤は、無添加と天然成分にこだわって作られており、授乳中でも安心して使えます。

育毛成分としては、マイナチュレと同様、センブリ、グリチンリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α-トコフェロールとなっており、こちらも高い育毛効果が期待できます。

さらに、ベルタ育毛剤は、頭皮の保護と髪にハリとコシを与えてくれる有効成分が含まれているので、抜け毛だけでなく、髪の毛のハリやコシに自信がない方におすすめです。

・定期コース4,980円(初回3,980円)
・単品購入5,980円(送料648円)

公式サイト>>女性用育毛剤なら【ベルタ育毛剤】

産後の抜け毛は時間が解決してくれる

カレンダー

産後の抜け毛というのは、個人差により期間は多少違いますが、一時的なものである場合が大半です。

ホルモンバランスも時間の経過と共に元のバランスへ戻るので、自然と抜け毛も解消されていきます。だからこそ、「気にしないこと」が大事になってきます。

最初は驚くかもしれませんが、抜け毛のショックを引きずったまま気にしてしまうと、それがストレスとなります。

そうすると、抜ける量が増加してしまうことも考えられます。産後トラブルに多い症状の1つだと気軽に捉えて、どっしり構えるくらいの気持ちで過ごすことも大切です。

女性にとって髪は命ともいいますから、気になってしまうのは仕方のないことです。

しかし、抜け毛が落ち着く時期は曖昧でも、始まる時期の目安はついているのですから、抜け毛がはじまっても「今はそんな時期」だと深刻に悩まないよう意識することが重要です。

できる限りの予防と対策をし、あせらずゆっくりと産後の抜け毛を乗り切っていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


出産・産後のカテゴリー

出産の兆候出産準備出産費用
保険陣痛分娩
帝王切開早産高齢出産
出産予定日産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア産後の栄養・食事
授乳・母乳・ミルク産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
出産の兆候出産準備
出産費用保険
陣痛分娩
帝王切開早産
高齢出産出産予定日
産後の手続き出産祝い・出産内祝い
産後のダイエット・骨盤矯正産後のスキンケア
産後の栄養・食事授乳・母乳・ミルク
産後のファッション産後うつ
妊娠線新生児(生後0ヶ月)
目次
をみる
関連記事
をみる