産後の里帰り

産後の里帰りはする?しない?いつまでがベストなの?




産後のママさんは体力を激しく消耗しており、すぐに赤ちゃんのお世話や家のことをするのも難しい状況にあります。

そのため里帰りをして実家にお世話になりながらも、赤ちゃんのお世話に少しずつ慣れていくというケースがあります。

以前は産後の里帰りが当たり前になっていましたが、近年ではさまざまな状況によって里帰りをしないママさんもいます。

それでもやはり体調面などを考えて里帰りをする場合には、ママさんが里帰り中のパパの過ごし方や里帰りをしている間、ママさんもどのように過ごしていくのかをあらかじめ考えておきましょう。

そこで今回は、

・産後に里帰りするのはなぜ?
・里帰りはいつからいつまでがいいの?
・里帰りする上での注意点とは?

といった方に、産後の里帰りについて詳しくご紹介します。

産後に里帰りする理由は?

里帰りする理由

出産直前まで里帰りを考えていなかったというママさんでも、出産後は里帰りがしたくなることがあります。

また、ご両親の説得によって産後は里帰りをすると決めるママさんもいます。産後に里帰りをするママさんは、どのような理由から里帰りを決めるのでしょうか?

赤ちゃんのお世話が頼める

最初にもお話した通り、産後のママさんは体力を消耗している状態ですので、一人だけで赤ちゃんのお世話をするのはとても大変です。

初めての出産でわからないことも多々あり、不安になってしまうこともあるでしょう。

日中はパパがお仕事に出かけてしまうため、赤ちゃんが泣き止んでくれないことがあると、何が原因なのかと分からず、ママさんはどんどん不安になってしまいます。

こういった状況が続くと産後うつになってしまうケースもありますので、赤ちゃんの世話をお願いする、そしてわからないことは教えてもらうという部分から里帰りをするママさんが多くいます。

里帰りをしていれば、子育ての先輩となるお母様にさまざまなアドバイスをもらうことができます。

また、ママさんが疲れきっている時にはお母様に赤ちゃんのお世話を頼み、あやしてもらうこともできます。

家事や食事の準備がない

里帰りをして実家で生活している間は、ママさんが自分で食事の準備をすることや、お洗濯などをすることも少なくなります。

産後の体調をしっかり回復させていくためにも、家事を任せられるのは本当に助かる状況といえるのではないでしょうか。

家事を実家で任せることによって、ママさんは赤ちゃんとの時間に集中することができます。

気を使わずにダラダラできる

産後すぐの段階で自宅に戻ってしまうと、友人や義両親さらには、パパの会社の方々などがお祝いに訪れ気が休まらないというママさんもたくさんいます。

里帰りをすることによって、こうした部分での気遣いがなく、ダラダラと過ごせるメリットがあります。

気疲れをしてしまうのはママさんの産後の回復の妨げになるので、それを防いでいくためにも里帰りをして、気を使わない生活をするのは大きなメリットになります。

里帰りはいつからいつまで?

里帰りをするママさんは、いつからいつまで実家に戻るのでしょうか。

お仕事の状況やその他さまざまなライフスタイルによって変わってくるものですが、ある程度の目安を考えておかなくてはなりません。

産後に退院してから

出産前は里帰りなどを行わず、陣痛が来るまでは自宅で過ごし、出産後退院した後は実家に里帰りをするというケースがあります。

パパの都合や上の子のお世話があるなどという状況の中、出産前からずっと実家に戻るのが難しいママさんもいるので、産後退院したら自宅には戻らず、そのまま実家に里帰りをするケースになります。

臨月に入ってから

臨月に入った段階で里帰りを行い、実家近くの病院で出産をするママさんも少なくありません。

以前の里帰りといえば、基本的にはこのようなスタイルでした。陣痛を迎えるタイミングもわからず、臨月に入ると突然破水してしまう、などといった不安などから、ママさんが日中は一人で過ごす時間を減らすため、出産前に実家に戻り、いざ出産の時を待つというケースです。

また、産後しばらくの間も実家に戻って生活をする形になります。

産後一ヶ月を目処にする

里帰りをしていたママさんが自宅に戻るのは、どのようなタイミングが多いのでしょうか。産後一ヶ月を目処に、一ヶ月健診が終了した後は里帰りを終えて、実家に戻るママさんがほとんどです。

一ヶ月が経過する頃には、ママさんの体力もある程度回復してきており、さらには赤ちゃんの環境を考えた場合にも、このタイミングで自宅に戻って本格的に育児をしながらの生活を始めるママさんが多いです。

産後三ヶ月程度はゆっくりする

産後三ヶ月程度は実家に里帰りをしたまま、ゆっくり過ごしてママさんもいます。

一ヶ月では、まだまだママさんの体力が追いつかず、赤ちゃんの睡眠時間なども不安定な状態です。

そのため、赤ちゃんの睡眠時間も安定してくる、三ヶ月を目処に自宅に戻るママさんもいます。

里帰り中のパパの生活は?

パパの生活

ママさんが出産後里帰りをするためには、パパはママと離れて生活をしなければなりません。

ママが里帰りをしている間、パパはどのように生活をするのでしょうか。この部分についてもあらかじめ考えた上で、産後の里帰りをする必要があります。

食事などは自分で管理してもらう

ママが自宅にいませんので、食事などに関しては基本的にはパパが自分で管理をすることになります。

里帰りをする前の段階で、食費としてパパにお金を渡し、そのお金の中でパパがやりくりをするという方法になります。

週に一度は実家に来てもらう

週末など、週に一度は里帰りしているママのもとに足を運んでもらい、一緒に過ごすと同時に、赤ちゃんとの時間を過ごすことが大切になります。

もちろん週に一度ではなく、もう少し時間が作れるようであればその都度足を運んでもらっても良いです。ただし頻繁に足を運んでもらうためには、実家が近くなければなりません。

極端に実家が遠方になってしまう場合には、ママさんが産後の里帰りを終えて自宅に戻るまで、パパとは会えないケースもあります。

パパも一緒に里帰りする

稀なケースになりますが、パパも一緒に里帰りしてしまうというケースがあります。

パパと離れるのが寂しいというママさんや、赤ちゃんとの時間をしっかり大切にしてほしいというママさん、さらには、産後里帰りをしている間にパパが飲み歩いてしまうことや、自分だけ遊んでしまうことを避けるため、パパも一緒に里帰りをするというケースになります。

この場合には実家の承諾が必要になることと、パパは多少なりとも気を遣ってしまうことになります。

パパも一緒に里帰りをする場合には、ママさんもある程度パパのフォローをしていかなくてはなりません。

最低でもパパの着替え類などの洗濯をすることや、食事の準備に関しても多少は手伝いながらの生活になります。

こちらについても、パパの職場との問題がありますので、ママの実家とパパの職場が比較的近い場合には実現するかもしれません。

また、パパも一緒に産後の里帰りをする場合には、一ヶ月などといった期間ではなく、一週間程度はお世話になり、その後については自宅に戻るというケースもあります。

産後の里帰りをするデメリットは?

産後に里帰りをするというのはママさんにとって、とても助かることばかりです。ですが、その一方で産後の里帰りにはいくつかのデメリットがあります。

こういったデメリットをどのように回避していくのか、そして対処しているのかを考えておくことも必要なのです。

義両親からの風当たりが強い

ママさんは産後の体調回復や、その他子育てを教えてもらいたいといった気持ちから里帰りをすることになりますが、ママさんが実家に里帰りをしてしまうと、義両親が自由に足を運ぶことができません。

そのため里帰りをすることに対し、義両親からの風当たりが冷たくなってしまうケースがあります。

義両親にとってみれば可愛い孫ですので、毎日でも会いたいもの。しかしママさんが里帰りをしていると、その期間中は基本的に赤ちゃんには会うことができません。

ママの実家にまで頻繁に足を運ぶような義両親は少ないです。常識的に考えれば遠慮するのが当然です。

しかし、このように遠慮をする中で、思うように孫に会うことができないといった気持ちから、ママさんへの風当たりが冷たくなってしまうことがあります。

理解を示してもらうことができれば良いですが、そうでなかった場合には里帰りを終えて自宅に戻った後で、義両親との付き合いが少々気まずくなってしまうこともあります。

パパと別々の生活の不安

ママさんと赤ちゃんだけが里帰りをする場合には、パパが1人になりますので、ここでの不安が生まれてしまうこともあります。

パパが一人の生活を送る中で、飲み歩いてしまうのではないかといった不安や、そのほかにも自宅に友人などを招き入れて毎日のように大騒ぎをしてしまうのではないか、といった心配があります。

その他にも、ママがしっかりと食事を作ってあげることができなくなるため、パパはきちんと食事ができているだろうか?お洗濯は大丈夫だろうか?などといった心配を抱えてしまい、気が気ではなかったというママさんもいます。

パパと赤ちゃんが過ごす時間が少ない

ママさんと赤ちゃんが里帰りをすると、パパさんは赤ちゃんとの時間を持つことができません。

週に何度かはパパに足を運んでもらうことができても、毎日のように表情を変えながら育っていく赤ちゃんとパパさんの過ごす時間が少なくなるので、これはデメリットになってしまいます。

産後すぐの段階から丸一ヶ月程度であっても、パパと赤ちゃんが一緒に過ごす時間が少なければ、パパは父親になったという自覚が生まれにくくなってしまうデメリットもあります。

両親からの干渉がストレス

ママさんにとっては自分が育ってきた実家ですので、気を使わずに過ごせるというのは里帰りのもっとも大きなメリットになります。

しかし赤ちゃんが生まれた後の里帰りともなれば、両親からの干渉がひどくストレスになってしまうケースも考えられます。

ママさんが考えている子育てと、ご両親が考えている子育てが違っていると、ママさんは自分の思う通りに子育てをすることができません。

ミルクをあげる時間帯や、そのほかにもオムツの替え方、沐浴の仕方など何かと口を出されてしまい、うるさく感じてしまうデメリットもあります。

里帰りをしないママさんの理由とは?

デメリットをしっかりと解消した上で、産後の里帰りをするというのが一番になりますが、さまざまな状況から里帰りをしないママさんもいます。

あえて里帰りを選択しないママさんは、どのような理由があるのでしょうか?

上のお子さんの学校や幼稚園がある

今回の出産が初めてではなく、すでに上のお子さんがいる場合には、上のお子さんの学校や幼稚園などの都合があるため、里帰りをしないで、退院後はすぐ自宅で生活をするというケースになります。

学校や幼稚園などを、ママさんの里帰りに合わせて長期間休ませるわけにはいきません。

実家が遠い場合には、パパさんと子供だけを自宅に残してくることも可能ですが、パパは毎日仕事で忙しいので、朝ごはんの準備などをするのも難しくなります。

このような場合には、ママが里帰りをするのではなく、実家のお母様に来てもらうといった方法を取るケースもあります。

しばらくの間は、お母様に泊まり込みで、上の子のお世話やその他食事の準備などをお願いし、ママさんは少し甘えながらしばらく生活をするという方法になります。

親に甘えず子育てがしたい

子育ての先輩としては、とても頼りになる実家のお父様やお母様ですが、あえて親の力には頼らず、自分たちの力だけで子育てをしていきたいと考えるママさんもいます。

里帰りをすることが親への甘えだと考えるママさんの場合には、里帰りをせず産後も自分で赤ちゃんのお世話をしながら頑張るようです。

ペットがいる

自宅にペットがいる場合には、パパさんお仕事に出かけている間、ママが里帰りをしていると、ペットの世話をする人がいません。

反対に実家でペットを飼っている場合には、赤ちゃんとペットの接触を避けるため、里帰りを避けるというケースもあります。

自宅でペットがいる場合には、赤ちゃんは当然ペットと触れ合うことになりますが、こちらについては里帰りをする、しないに関わらず、ペットとともに赤ちゃんは成長していくことになります。

ペットを留守番させてしまい、寂しい思いをさせたくないといった思いから里帰りをしないママさんもいます。

実家が遠くて交通費が大変

里帰りをしたいと思っていても、実家がとても遠いので、交通費だけでも家計にとっては大きな痛手になってしまうケースがあります。

実家に戻る時だけでは無く、実家から自宅に戻る時にも交通費が必要になります。

場合によっては往復で数万円になってしまうことがあり、実家に戻るとき、自宅に戻る時、それぞれで多額の出費になってしまうこともあります。

このような経済的負担を減らすためにも、里帰りはせず産後は直接自宅に戻るというケースもあります。

病院探しは妊娠28週までに

出産前からの里帰りを考えているのであれば、早い段階で病院探しを行っておきましょう。

近年では、出産直前になって受け入れてくれる病院が少なくなりました。最低でも妊娠28週までに里帰り出産をするための病院を決めておくことが必要になります。

場合によっては受け入れが難しいケースがありますので、その場合には産後しばらくの間での里帰りとなります。

里帰り後の生活もイメージしておきましょう

イメージしておきましょう

産後の里帰りというのは、ママさんを助けてくれることが沢山あります。しかし、いつまでも里帰りをしているわけにはいきません。

里帰りを終えて自宅に戻った後、どのような生活をしていくのかをしっかりと想像しておきましょう。

里帰りをしている間は甘えることもできますが、自宅に戻ってからは甘えることができません

赤ちゃんのペースに合わせながらの生活になりますが、里帰りをしている間に赤ちゃんのお世話をしっかりと覚え、自宅に戻った後は赤ちゃんのお世話と家事をバランスよくこなしていくように考えましょう。

もちろん思っていた通りにはいきませんが、里帰りをして甘えたままの感覚で自宅に戻ってしまうと、極端な生活の変化に精神的なストレスを抱えてしまうこともあります。

里帰りを終えて自宅に戻るまでの間に、これから先は自分でしっかり頑張らなければいけないと言う覚悟を決めておくことも大切ですね。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる