妊婦さんの頭皮ケア

産後の入院中は入浴NGなの?シャワーを利用する際の注意点



出産はママにとって人生における大イベントの1つ。そのため、終わった後の解放感を味わっているママも少なくないはず。

ですが、産後になったからといってすべてが普段通りに戻せわけではありません。産後もまた妊娠生活と同様、ちょっとした制限生活が続きます。

その中の1つに挙げられるのが入浴です。

そこで今回は、

・産後の入院中にお風呂は入れないの?
・産後はシャワーなら入ってもいい?
・産後ママの入浴について教えて欲しい!

といった方に、産後すぐには入浴できない理由や、シャワーするときの注意点などについて詳しくご紹介します。

産後に入浴ができない理由

出産という一仕事を終えた後ですから、いくらタオルで拭いてもらうとはいえ、身体は汗やら羊水やら涙、鼻水などなどでベタベタです。

だからこそ、産後は体調が落ち着いたらお風呂に入りたい、と思うママは多いはず。

お風呂にはリラックス効果も期待できるので、湯船に浸かって疲れを癒したいと思うママもいるでしょう。

しかし、産後すぐは入浴はNG。産後に入浴ができない理由とは何なのか?それには次のような点が挙げられます。

雑菌が多いため

湿気がこもりやすい場所であるお風呂は、カビを代表に雑菌がもっとも多い場所の1つです。

そのため、普段のように体調が万全な時であれば問題ないのですが、産後の免疫力が低下している時に入るのは、雑菌に感染してしまう可能性が高いので、入浴は避けた方がよいといわれています。

お風呂をきちんと清潔にしておけば、と考えるママもいるかもしれませんが雑菌は目に見えない分、清潔にしていてもきちんと殺菌できているかはわかりません。

また、雑菌は水分さえあれば繁殖できてしまうので、清潔にしていても湯船に潜む潜伏菌やお風呂の湯気といった湿気により、すぐに繁殖してしまう恐れがあります。

産後は傷口から感染しやすい

お風呂には雑菌が多いので、産後に入浴をするというのは感染症を引き起こす可能性が高くなるわけですが、この他にも、産後は出産により会陰部や産道などに傷ができてしまっており、身体が非常にデリケートな状態にあるというのも理由に挙げることができます。

また、特に自然分娩の場合には子宮口が暫く開いてしまっているため、細菌や雑菌が侵入しやすい状態です。

帝王切開をした場合でも、お腹を切開した部分から細菌が感染しやすい状態です。

このように、産後すぐのママは産褥感染症を引き起こしてしまう可能性も高くなっているので注意するようにしたいところです。

産後のママが入浴できるのはいつ?

とはいえ、ずっと湯船に浸かれないのは、お風呂文化の日本に暮らす身としては辛いものがあります。

入院中はともかく、退院してからもお風呂に入れないのは、我慢にも限界があります。基本的には、産後に入浴ができるようになるのは1ヶ月健診後、その時に医師から許可を得られれば入ることができるようになります。

そのため、目安は日にちでいうと産後28日目以降ぐらいになります。

早い人では3週間後くらいから入浴しても良い場合がありますが、子宮口の回復した時期により、産後の症状の1つである悪露が目安になります。

しかし、子宮口の回復には個人差があるため、やはり3~4週間以降(産後28日以降)が一般的といえます。

もちろんこの時も自己判断はせず、医師の判断を仰ぐことが大切です。また、病院によっては1ヶ月健診を迎える前、退院する時に入浴時期を指示してくれる場合もあります。

入浴がNGなのは、細菌や雑菌による感染を予防したいのが目的のため、膣口など出産によるダメージが回復すれば入れそうな気がしてきますが、感染症の恐れを考えると自己判断は禁物。

必ず医師の指示に従うようにして下さい。

シャワーだったらOK?

産後のママは、体調によっては約1ヶ月お風呂に入れないことになります。身体のためとはいえ耐えられない人も出てくるでしょう。むしろそっちの方が身体に悪いような気もしみあす。

しかし、実際のところはお風呂に入れないといっても「湯船に浸かれない」という意味であって、長い期間お風呂にまったく入れないというわけではありません。

病院の方針、担当医の判断にもよるので絶対とは言い切れないのですが、お風呂の代わりにシャワーを浴びることはできるのです。

少なくとも産後の入院中にはシャワーを利用することができますので安心して下さい。

いつからシャワーは利用できるの?

シャワーを利用するにしても、それには医師の許可が必要不可欠になります。早いと出産後の翌日からシャワーを利用することができますが、病院の方針によっては産後1週間を過ぎるまで利用できないこともあります。

とはいえ、基本的には2~3日で使用許可が下りる場合がほとんど。これは帝王切開で出産したママも変わりません。

もちろんシャワーを浴びる際には入浴の場合と同様、自己判断は禁物。日にちに関しても、あくまで目安であって、ママの体調によって変わってしまう場合もあります。

そのため、シャワーを利用する場合にも医師の指示に従うようにしましょう。

洗髪することはできる?

汗水を流すという意味では、シャワーでも充分気持ちが良いですが、汚れを落とすとなるとやはりシャワーだけでは物足りません。

特に洗髪となると頭皮の汚れを落としたいですから、シャンプーが必要になります。

洗髪に関しては、一昔前までは産後1ヶ月位は洗ってはいけないという話もあったようですが、現在ではシャワーや入浴の場合と同じように、医師の許可をもらった上であればシャンプーを利用した洗髪は可能です。

これはボディソープ(石鹸)も同様で、早ければ翌日から使用可能なため、シャワーを利用する際に医師に確認してみて下さい。

シャワーを利用する際の注意点

ただし、出産後であることから、シャワーを浴びる際にはいくつかの点に注意して利用する必要があります。

産後にシャワーを利用する際の注意点については次の通りです。お風呂に入れない分、シャワーを心ゆくまで堪能したいところですが、体調を考えて、以下に挙げる注意点を守って利用するようにして下さい。

温度はぬるめ設定

シャワーでも温度は熱いくらいの方が好み、というママもいるかもしれませんが、産後の身体のことを考えてシャワーの温度はぬるめに設定しましょう。

目安としては38度くらいです。浸かるわけではないとはいえ、熱い温度でシャワーを浴びると、血行が良くなってしまうために悪露の量が増えてしまう可能性が高くなります。

また、出産後はまだ身体が本調子でないのは先にも触れた通りです。そのため、普段なら耐えられる温度でも貧血になりやすくなっていますから注意するようにして下さい。

利用時間は短く

お風呂に入れない分、シャワーを長めに浴びて身体を温めたいところですが、産後1ヶ月くらいは身体もまだまだ本調子ではありません。

そのため、シャワーを利用する時はさっと短めに終わらせましょう。時間としては長くても10分以内には済ませましょう

それでも短いと思うかもしれませんが、実際のところシャワーを利用してみると、意外と体力を使います。

そのため、体力的な面から考えても10分以内がママにとってちょうど良い時間と考えましょう。

浴室は温めておこう

冬の寒い時期などは、お風呂を沸かしていても浴室が冷えてしまいます。冷えは身体を冷やしてしまう原因になり、血行不良など身体にさまざまな影響があったり、最近ではヒートショックの心配もあります。

そのため、お風呂を沸かす際に蓋を開けておくようにしたり、電気ストーブを利用するなどできるだけ浴室は温め、脱衣所・リビングの温度と気温差がないようにしたいところです。

肌のことも気にしよう

出産後のダメージが気になってしまいがちですが、産後は免疫力も下がっており、その分肌も敏感になってしまっています。

普段なら気にならないシャンプーやボディソープでも、刺激を感じてしまい肌が荒れてしまいやすいのです。

そのため、産後にシャンプーやボディソープ、石鹸を使用する場合には、低刺激で肌に優しいものを選ぶことが大切になります。

入院中にすぐ準備することは難しいかもしれませんが、放っておくと悪化してしまう恐れもありますので、早め早めに用意するようにしましょう。

シャワーもダメな時があるって本当?

産後は遅くても、1週間くらいすればシャワーを利用することができる場合が多いですが、ママの体調や身体の回復状況によっては、退院後まで許可が下りない場合もあります。

そうなってしまうと身体を清潔に保つのは難しいような気がしてきますが、その場合は看護師さんの手を借りるなどして、蒸しタオルで身体を拭くという方法がとられることになります。

シャワーやお風呂に比べると物足りない感じがしますが、しっかりと拭いてくれますから身体もさっぱりしますし、清潔に保つこともできます。

産後にシャワーをするときのポイント

また、産後にシャワーを利用する際には、洗い方にも注意するようにしたいところです。

特に産後すぐの入院中にシャワーを利用する場合、身体はまだ回復し切っていない状態のため、会陰部分などデリケートなところはよく注意する必要があるといえます。

また、敏感になっている頭皮や肌にも気を付けたいところです。では、産後にシャワーを利用する際、どんな洗い方を意識すると良いのでしょうか。洗い方のポイントについて挙げると、次のようになります。

しっかりと泡立てる

産後は免疫力が低下してしまうなどの理由から、肌が普段以上に敏感になってしまっています。妊娠中もその症状に悩んだママは多いかもしれません。

そんな産後の敏感肌でシャワーを利用する際には、シャンプーやボディソープはしっかりと泡立てること。

シャワーを利用する時間を短時間で済ませたいことを考えると、時間短縮のため原液をそのまま肌につけたいところですが、原液を肌に直接つけるのは肌に強い刺激となってしまいます。

それは頭皮も同様です。また、原液のまま洗うというのは後々洗い残しの原因になってしまいますので、肌や頭皮のことを考えてシャンプーはしっかりと泡立てる、もしくは泡タイプの利用を考えてみましょう。

マッサージするように洗う

また、産後の頭皮や肌は敏感になっているため、強くこすってしまうだけでもダメージを受けてしまいます。

そのため、産後の入院中など肌がまだ敏感なうちは優しく、マッサージするように洗ってあげることも大切です。

汗や汚れを綺麗さっぱり洗い流すには、よくこするのが良いように思われがちですが、先に挙げたように、しっかり泡立てていれば強くこすらなくても泡がきちんと汚れをキャッチしてくれます。

また、原液を直接肌に使用するよりも、泡立てる方が伸びもよいため、たっぷりの泡で優しくマッサージするように洗いましょう。

洗い残しのないようにする

短時間でシャワーを利用するにしても、シャンプーなどを利用する際には洗い残しがないようにすることもポイントの1つです。

理由としては、洗い残しがあることで肌のかぶれや痒みなど肌トラブルを起こしてしまう可能性が高いから。

水分が多い場所では、雑菌が繁殖しやすいというのを先程お伝えしましたが、実は雑菌はこうした洗い残しからも繁殖しやすいといわれています。

洗い流す際にはさっと終わらせてしまう人が多いですが、シャワータイム後も快適に過ごすためにも洗い残しがないように気をつけましょう

シャワーの強さは優しく

シャワーを利用する際、水圧を強めにする人は多いはず。その方がさっと洗い流せますし、洗い残しもなく済みそうです。

しかし、産後すぐにシャワーを使用する場合には、シャワーの強さは弱めにするのがポイントになります。

やはり、弱っている肌に強い水圧は刺激になってしまいますし、特に会陰といった陰部はダメージが癒えていないために、強くシャワーを当ててしまうと余計に回復が遅くなってしまう恐れがあります。

そのため、シャワーを利用する際には水圧は弱めにしましょう。陰部などのデリケートな部分を洗う時は優しく洗い流す程度、手で軽く触れるくらいを意識するようにしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる