産後に起こる足のしびれの原因は?足がピリピリジンジン痛む?



無事に出産が終わって妊婦さんは一安心、と思っていたら、足がしびれてピリピリするなんてことはありませんか?

これから育児が始まるというタイミングでの体の不調は、気になりますし不安になりますよね。

実は産後に足のしびれを感じる妊婦さんは意外と多いのです。

そこで今回は、

・産後に足がしびれるのはなぜ?
・足のしびれを治すにはどうすればいい?

といった方に、なぜ産後に足のしびれを感じることがあるのか、原因や対策について詳しくご紹介します。

産後の足のしびれはどんな症状?

まず出産後の足のしびれとは、どのような症状のことを指すのでしょう。次に挙げるような症状を感じたときは「足のしびれがある」と考えてみてください。

・足にピリピリした痛みがある
・足のピリピリした痛みが続く
・熱をもっているようにジンジンとしびれている感じ
・足だけでなくお尻までしびれている感じがする

当てはまっているでしょうか?このような症状があらわれている場合は、産後特有の足のしびれであると考えましょう。

足が痺れる原因は?

ではなぜ産後に足がしびれる症状があらわれるのでしょうか。

何か病気にかかってしまったのかと心配になるかもしれませんが、実はこの症状「骨盤がズレている」ことで起こる症状なのです。

出産によって骨盤がズレることで、そのズレた骨盤が元で坐骨神経を圧迫して、足にしびれの症状があらわれるのです。

この症状のことを「産後坐骨神経痛」といいます。妊娠すると女性ホルモンの分泌量が変わるなど、体にはさまざまな変化が起こりますが、坐骨神経痛も妊娠による一種の体の変化によるものです。

坐骨神経痛とは

坐骨神経は腰椎の下部から足にかけて伸びている神経で、さまざまな原因によって圧迫されてしまうことで、足にしびれや痛みの症状が出てしまうことを坐骨神経痛といいます。

そして、妊娠中・産後の坐骨神経痛の中でもっとも多いのが梨状筋症候群です。

梨状筋(りじょうきん)というお尻の深いところにある筋肉が、出産で開いてしまった骨盤に引っ張られることで緊張し硬くなってしまい、梨状筋の下を通っている坐骨神経を圧迫したり、梨状筋自体が太くなり、結果周りの筋肉と一緒に坐骨神経を挟み込んでしまい、足に痛みやしびれがあらわれてしまうのです。

ですので、産後の足のしびれの原因は主に、骨盤の開きや歪みのせいとなるのです。

産後に骨盤が開く原因は?

産後に骨盤が開く原因は、妊娠・出産のための体の変化によるものです。妊娠すると女性ホルモンの分泌量が変化しますが、このとき変化するホルモンの一つに「リラキシン」があります。

リラキシンは出産時に、赤ちゃんが産道を通りやすくなるように大量に分泌されるのですが、この時開いた骨盤が自然に元に戻るのには、個人差もありますが約1ヶ月ほどかかります。

もちろん体は自然と元に戻ろうとはしますが、開いてしまった骨盤が元に戻らず気がつかずにそのまま放置してしまうことも。

リラキシンの分泌以外にも、妊娠中お腹が大きくなってくると、赤ちゃんを支えようとして反り腰になってしまうことがあります。この腰を反らせる姿勢を続けると、骨盤が前側に傾くので骨盤がゆがむ原因にもなります。

産後の骨盤の開きや歪みは、大半が出産によるものではありますが、骨盤自体は自律神経に合わせて閉じたり開いたりを繰り返しているため、妊娠していなくても普段から不規則な生活などで自律神経が乱れがちな人は、骨盤の開閉に影響を及ぼしている可能性があります。

しびれ対策には何が有効?

産後に起こる坐骨神経痛の対策には、なんといっても骨盤の位置を正常に戻してあげることが重要です。骨盤の位置が戻れば症状も改善されるはずです。

では、産後にズレてしまった骨盤の位置を戻すにはどのようなことに取り組めばいいのか、一つずつご紹介していきます。

筋肉を鍛える

妊娠してお腹が大きくなっていくと、同時に腹部の筋肉も大きく引き伸ばされます。この引き伸ばされた筋肉は、出産してもなかなか元には戻りません。

出産後にウエストが大きくなったという話をよく聞きますが、これは筋肉が伸びた状態のままだからお腹がたるんでいるのです。

骨盤は筋肉にも支えられているので、お腹の奥の筋肉(インナーマッスル)がたるんだままだと、骨盤の矯正にはつながりません。

ですので、産後はストレッチなどで筋肉を鍛えることが骨盤のズレを直す方法の一つとなります。

ストレッチ程度であれば産後すぐ始めても構いませんが、1ヶ月頃まで自律神経も安定せず貧血気味であるケースも多いので、激しい運動はやめておきましょう。

赤ちゃんのお世話をしながらできる手軽なストレッチから始め、時間に余裕が出てきたらヨガなどでしっかり体幹を鍛えても良いでしょう。

普段から姿勢に注意する

骨盤の歪みは姿勢でも変わります。特に妊娠中は、10kg近い体重変動があり体の重さが変わることで、必然的に姿勢も変わってきてしまうものです。

お腹を支えるために反り腰になると、骨盤が前に張り出す形になるので、どうしても歪んだり、変形してしまうのもある意味仕方ありません。

ただ、この姿勢が原因で坐骨神経痛が発生しているので、産後はなるべく骨盤を正しい位置に戻すための姿勢を心がけましょう。

骨盤矯正に一番効果的なのは正座です。太ももの前側が伸び骨盤が地面に対して垂直の状態になることで、正しい位置へと戻す効果があります。

椅子に座るときは、深く腰掛けると背中が丸くなってしまうため骨盤の矯正にはなりません。

浅く腰掛け、背筋をピンと張って座ることで、背中の筋肉や内臓側の筋肉伸びるだけでなく、筋力アップにもつながります。インナーマッスルも鍛えられますので、ぜひ試してみてください。

規則正しい生活を行う

骨盤は自律神経にも影響しているので、規則正しい生活を意識的に送るようにしてみましょう。そもそも産後の体は弱っていて、体力が回復していません。

まずは体力を早く回復させるために、きちんと栄養を摂りましょう。妊娠中はまずは赤ちゃんへと養分が送られていたこともあり、産後の妊婦さんの体は栄養が不足している状態です。

産後しっかり食べないと、今後の母乳への影響も考えられますので、育児が始まって忙しくなるからこそ、食事の時間・睡眠時間をなるべく規則正しく摂るように心がけ、食事ではタンパク質、ビタミン、ミネラルを中心にしっかりと食べ、十分な睡眠をとりましょう。

栄養不足・睡眠不足は腰痛を引き起こす原因にもなりますので、骨盤がズレてしまっている状態では坐骨神経痛の症状がより辛く感じることになるかもしれません。

産後の栄養補給にはサプリメントを利用するのもおすすめです。

>>産後の栄養不足を補うオールインワンサプリメント

産後ママに不足しがちな栄養素が詰まったマルチサプリメントを利用してみましょう。

他にもストレスを溜めないことが重要で、ストレッチをして体を動かしたり、息抜きの時間をつくるなど、メリハリを持って日々の生活を送れるように心がけていきましょう。

乱れた自律神経が整ってきたら、骨盤のズレも1ヶ月ほどで元にもどるかもしれません。

骨盤ベルトで矯正する

腰に巻いて骨盤を矯正する、専用のベルトを活用するという方法もあります。

ウエストニッパー、トコちゃんベルトなど、呼ばれ方はさまざまですが、いずれも不安定な骨盤の状態を正すための骨盤ケア商品です。

基本的にはお腹に巻くだけなので、手軽ではありますが、洋服を着たときベルトを巻いているのがわかってしまうことがあります。

気になる人は、少しゆとりのある洋服を選びましょう。ただ、体が自ら回復しようとしているときにウエストニッパーで矯正的に締め付けてしまうと、子宮の回復が遅くなってしまったり、骨盤の位置が戻らないこともあります。

使用する場合は医師に相談してからにしましょう。まずは体力の回復が優先です。

専門家に診てもらう

症状が緩和されない、ズレが戻っている気がしないという場合には、専門家を頼るのも一つの方法です。

このとき診てもらうのは整骨院や整体になりますが、産後の場合、日常生活の中であらわれた骨盤の歪みとは違い、出産の影響によって骨盤がズレているため「家からちょうど近いところにあるから」という理由で施設を選ぶのはやめておきましょう。

産後すぐはまだ体も不安定で、自律神経も整っていません。骨盤も少しのことでズレが大きくなったり小さくなったりするため、通常と同じ施術を受けることによって効き目がなかったり、ひどいときは症状が悪化してしまうこともあります。

専門施設で診てもらうときは、必ず産後の骨盤矯正ができる専門家がいることを調べてから診てもらうようにしましょう。

妊娠中から坐骨神経痛になる人も

骨盤がズレる原因となる女性ホルモンのリラキシンは、子宮弛緩因子とも呼ばれていますが、骨盤の靭帯や関節を緩めて赤ちゃんが産道を通りやすくし、出産リスクを下げてくれる作用があります。

このリラキシン、実は分泌されるのはお産のときだけではないのです。

妊娠3ヶ月頃から出産後に至るまでずっと出続けているもので、加えてお腹が大きくなってくると姿勢も崩れて骨盤により負荷がかかるので、人によっては妊娠期間中に坐骨神経痛になる人もいます。

坐骨神経痛は産後特有の症状ではありますが、出産後にしかならないわけではなく、妊娠中も場合によっては症状が発生する可能性があることを覚えておきましょう。

もし違和感を覚えるようなことがあれば、まずは産科を受診してください。

痛みがひかないときは本当にお産が原因なのか考えてみる

いろいろな方法を試してみても足のピリピリ感が引かなかったり、しびれが残っているような場合は、もしかすると産後特有の坐骨神経痛ではない可能性も考えられます。

確かに腰からお尻、腿の裏、ふくらはぎや足全体にかけてのピリピリした痛みや熱をもっているように、ジンジンとしびれている感じは坐骨神経痛ですが、その原因がお産による骨盤のズレではない可能性が考えられます。

坐骨神経痛は、病気と併発する確率の高い症状。中には腰痛からきている場合もありますし、実は背中や腰のヘルニアだったという場合も。

自分では出産が原因だと思っていて、ストレッチをしたり骨盤ベルトを巻いたりしてもなかなか症状が改善されないときには、そのままの対策を続けず一度病院でMRIなどの精密検査を受けてみましょう。

原因は一つではありませんので、おかしいなと感じたら病院へ行きましょう。

骨盤がズレるとさまざまな弊害が

単純に骨盤がズレて坐骨神経を圧迫し、痛みやしびれが出ている以外にも足にしびれが発生することはあります。

骨盤がズレると、これまで骨盤で押さえていた内臓の位置が全体的に下がってしまうため、臓器が血管を圧迫して血流が悪くなります。

特に下半身は、心臓から遠いため血液の巡りが悪くなったり、水分や栄養が足の先まで行き届かなくなります。そのため、産後は下半身に冷えが出たり足がむくんだり、栄養不足によってしびれが出たりとさまざまなトラブルが。

よく「産後は太る」といわれますが、これは骨盤がズレたり位置が下がったり歪んだりすることで代謝が悪くなることも原因の一つです。

いずれにしても、骨盤が原因であることには変わりありませんので、産後は骨盤のズレをなるべく早めに矯正できるように対策していきましょう。

骨盤矯正はいつまでに行えばいい?

骨盤を矯正する場合、産後6ヶ月までに行うのが良いでしょう。この期間を過ぎてしまうと、ズレた状態で固定されてしまい、矯正するのが難しくなってしまいます。

産後6ヶ月までは、まだ靭帯も柔らかく矯正を行うのもスムーズ。6ヶ月頃までを目安に日々のストレッチなどで、徐々にズレを治していきましょう。

ただし、坐骨神経痛や産後太りなどのトラブルを避けたい一心で、出産後すぐに矯正を始めるのはおすすめしません

すぐにでも始めたい気持ちは理解できますが、産後1ヶ月頃までは悪露が出るなど、まだ完全に体力が回復していない状態。

無理をすると、これから頑張らなければいけない大事な赤ちゃんの育児に響いてしまうことも。

栄養と睡眠を十分にとって体力を回復させながら、産後1ヶ月を過ぎた頃に少しずつ始めていきましょう。

焦っても良いことはありませんし、矯正しなくてもある程度は自然に骨盤のズレは戻っていくもの。

産後すぐから腰痛がひどかったり、何かしらの痛みやしびれがあるようなときを除いて、時期をみながら産後のトラブルを解消していきましょう。

産後だけでなく普段から気をつける

妊娠や出産によってズレやすくなる骨盤ですが、妊娠などに関係なく、普段から良い姿勢を保ち、骨盤がズレたり歪んだりしないように心がけることが、腰痛予防にもなります。

日頃から姿勢美人で、産後のトラブルを少しでも減らしていきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる