年子で妊娠

年子で妊娠!ママと赤ちゃんにとって良いこと悪いことは何?



出産を終えたばかりで、育児にもまだまだバタバタしている時期に、次の子供を妊娠して年子になる人はたくさんいます。

年子で妊娠、出産をすることは、お母さんの健康にとって大丈夫なものなのでしょうか?

そこで今回は、

・年子って何?
・次の子を妊娠するにあたっての注意点は?
・年子で妊娠するメリットデメリットは?

といった方に、年子で妊娠するとはどういうことなのか、年子で妊娠した時の良いこと、悪いことなどについて詳しくご紹介します。

年子とは?

年子とは

年子とは、同じ母親から生まれた兄弟で1つ違いの学年の子どものことです。小学1年生と小学2年生の兄弟は年子の兄弟です。

1年は12ヶ月ですが、日本においては学校の制度として学年の始まりが4月、終わりが3月と、年と年度が3ヶ月ずれています。

このため、下の子供が1~3月の早生まれの場合は生まれた年が2年離れていても、年子のこともあります。

逆に上の子供が3月生まれの場合は、下の子供を12ヶ月以内に出産しないと年子にはなりません。

上の子供が学年始まりの4~5月など学年始まりの生まれになるほど、年子を出産するケースが増えます。

上の子供が4月生まれの場合は、最大で23ヶ月以内に出産すれば年子になるのです。

ちなみに上の子が4~6月生まれで、すぐに妊娠した場合は同じ学年の子どもを持つことになります。

年子で妊娠することは珍しいこと?

年子で妊娠することは決して珍しいことではありません。年子の子供を持つご家族はたくさん見受けられます。

1人目を出産したばかりで、まだ生理周期も完全に回復していないのに次の子供を妊娠したということはよくあります。中には、産後初めての排卵で妊娠し、生理の再開を見ずに妊娠するケースもあります。

妊娠するためには、出産後に排卵が再開するということが大切です。

排卵は、女性ホルモンのバランスが整ってきてから再開しますので、個人差があり、出産後すぐに排卵が始まる人もいれば、1年以上経ってから再開する人もたくさんいます

出産した赤ちゃんを母乳育児している人と、ミルクで育てている人とではホルモンバランスの戻り方が違うことが多く、一般的には母乳で育てている人は出産後半年~1年ミルクで育てている人は2ヶ月~半年ほどで排卵が再開します。

母乳育児をしているから排卵はまだまだ再開しないと思い込んでいても、人によっては予想よりもかなり早くから排卵が始まることもあり、出産したばかりで母乳育児をしているのに、すぐに次の子供を妊娠することもありあす。

このように考えると年子で妊娠することはさほど珍しくないということが分かります。

次の妊娠!半年は空けたいところ

子供も授かりもので、妊娠して出産することは喜ばしいことですが、長い妊娠期間を経て出産するお母さんの
体にとっては、かなりの負担がかかっているのも事実です。

出産後は育児も大切ですが、お母さんの体を元の体に1日でも早く戻すことも大切なので、本当はしっかりと休息をとったり、出産で痛んだ体をメンテナンスしたりすべき時期でもあります。

日本の場合は、海外と比べても出産後のお母さんの体のケアがまだまだ遅れている面があり、出産後のお母さんも、自分の体よりも生まれた子供の育児に必死になっています。

産後の子宮が元の状態に戻るためには6~8週間は必要ですし、出産の時に緩んだ骨盤が元に戻るためには半年ほどかかります。

個人差もありますが、体重も元に戻るためには半年ほど必要です。このようにお母さんの体が元の状態に戻るためには、最低半年という時間が必要なため、出産から最低半年ほど時間を空けてから次の妊娠をするということが本当は理想的です。

帝王切開で出産した人は気をつけて

自然分娩をした人は、次の妊娠までに半年ほど期間を空けることで対応できますが、帝王切開で出産をした人は最低でも1年間は次の妊娠は避けましょう

妊娠はおめでたいことですが、妊娠出産はお母さんと赤ちゃんにとっては命がけです。

帝王切開でお腹を切って出産した人が1年以内に妊娠し、子宮が再び大きくなって負担をかけると、切開した子宮の傷がまだ完全に修復されていないこともあり子宮破裂という恐ろしい状態になりかねません。

子宮破裂になると、子宮から赤ちゃんの手足が飛び出てしまったり、命を落とす危険があります。

帝王切開で出産した場合、産婦人科の先生からも注意を受けますが、次の妊娠までに1年はしっかり間を空けて気をつけるようにしましょう。

年子妊娠のメリット

年子妊娠のメリット

それでは、年子妊娠のメリットについて見ていきましょう。

妊娠生活に慣れている

妊娠出産は、女性にとって人生の一大イベントですが、初めての妊娠や出産は、緊張や心配がつきものです。

しかし、つい1年ほど前に妊娠中だった人、出産したばかりという人は、妊娠している状態、出産に対しての抵抗が大きくありません。

このため、緊張感なく妊娠生活を送れるというメリットがあります。

上の子と10年ほど空けて妊娠したという人は、経産婦でありながら完全に初心者と同様になってしまっていることがあります。

妊娠中の生活も出産でも、10年も経てば様々な変化があることも少なくありません。また、お母さん自身の体力も衰えて出産や育児が大変と感じることも多くなるでしょう。

年子妊娠の人は、直近の妊娠生活があるので、2回目はそれよりも落ち着いて、要領よく対応できますし、体力の衰えもありません。

妊娠、出産に適した体になっている

出産後すぐに妊娠することは、前の出産でのダメージが回復しきれていないという悪い面がある反面、お腹の皮膚などは元に戻らず、柔らかい状態なので、負担をかけることなくお腹の皮膚がよく伸びてくれます

突然皮膚が伸びると妊娠線ができることもありますが、元々伸びているので妊娠線はできにくくなります。

また、出産してからさほど時間が経っていないので、子宮口も開きやすく安産であるケースが多いと考えられます。

育児が一度に済む

家族に1人赤ちゃんがいると、大人はバタバタと振り回されて大変です。

年子の子供がいるとそのバタバタが2倍になるので、大変であると考える人もいますが、赤ちゃんが2人いるから2倍大変ということはありません。

つわりの時期や出産の時は、小さな赤ちゃんがいるのに自分の体が辛いことはしんどいのですが、家族に手伝ってもらって乗り切ることはできます。

そして、出産後は家に小さな赤ちゃんが2人いるということで、家にこもりきりになりますが、その時期を1度に済ませられるならば、時間短縮という点で良いともいえます。

上の子供が、まだよちよちしている時期なら家の中でじっとしていられます。

上の子供が幼稚園に行き出したり、活発に公園で遊んだりする時期になると、大きなお腹や赤ちゃんを抱っこして付き合うのは想像以上に大変です。

上の子供が1歳ならば、大人もまだ対応しやすいのです。

保育園の送り迎えや職場復帰が一度で済む

保育園や幼稚園の送り迎えも、年子の兄弟ならば一度に済みます。

また、働いているお母さんは一度に産休・育休がとれるのでキャリアを形成しやすいといメリットもあります。

赤ちゃんグッズを買わなくていい

妊娠、出産、育児というものは常に新しく進歩しています。つい数年前の育児では使われていたグッズがなくなっていたり、見たこともないような物が発売されていたりします。

出産の時期によって、肌着など細かいものを買い足す必要はあるかもしれませんが、細かく性別や季節を問わない限りは、年子の上の子のものがすぐに即戦力として利用できます。

おもちゃや絵本でもタイムラグがないというのは非常に節約になります。

年子妊娠のデメリット

では、年子妊娠のデメリットについても見ていきましょう。

お母さんの体に負担が大きい

自然分娩で出産した人は、子宮を支える筋肉や、骨盤底筋が回復できていない状態で妊娠するので産後に子宮脱が起こったり、頻尿などになったりする可能性があります。

帝王切開で産んだ人は、子宮破裂になる可能性があるので、妊娠期間を通して慎重な経過観察が必要となり、場合によっては予定日より前に帝王切開で出産しなければならないケースもあります。

体調が悪い時期の育児はきつい

妊娠初期のつわりは、前は軽かったのに、2回目は凄く辛かったという具合に、妊娠ごとに状態が違います。

もちろんその逆の可能性もあります。また、眠気があるという人は、自分は眠いのに上の子がなかなか寝てくれない子や、夜泣きする場合、精神的にも追い込まれてしまいます。

誰かの助けがないと気持ちに余裕がなかなかできませんので、この際甘えられる人がいるならばしっかり甘えて、自分の体調や精神状態を安定させることが大切です。

上の子供にかまってやれない

1歳前後の赤ちゃんはお世話も大変ですが、一番かわいい時期です。

気持ちや体に余裕があればずっと抱っこしてやりたい、ずっと一緒に遊んでやりたいと思う反面、なかなか自分の体調が追いつかないので、それをやってやれない自分に対して落ち込んでしまうお母さんがいます。

まだまだ親の手助けが必要な時期の赤ちゃんに対して、イライラしてしまったり、かわいいと感じられなくなる場合もあります

イライラしたり、自分を責めてしまったりする場合は、旦那さんや自分の両親などに助けてもらって少しでも余裕が持てるようにしましょう。

少しぐらい家事をサボってもいい、完璧に育児しなくていい、と自分を少し開放してあげるようにしましょう。

妊娠中の授乳はしても大丈夫?

妊娠中の授乳

上の子供の授乳をしている間に妊娠してしまうと、授乳してはいけないと思っている人も多いようです。

年子の場合、上の子供がまだ離乳食も始まっていなくて、完全に母乳育児をしている時に妊娠をすると、上の子供の授乳を優先するべきか、妊娠を優先するべきか考えてしまいます。

少し前までは、授乳をしながら妊娠をすると、流産しやすいといわれていましたが、現在では授乳をしながら妊娠をしても良いということになっています。

なぜ、このような疑問を持つ人がいるのかというと、お母さんは授乳によって、オキシトシンというホルモンが分泌されるからです。

オキシトシンは子宮を収縮させる働きがあり、妊娠中に子宮が収縮することは、早産や流産を招きやすいということで、妊娠中に授乳をしてはいけないとされていました。

実際、出産後に授乳をすることによってオキシトシンが分泌されると、子宮は収縮してできるだけ早く元の状態に戻ろうとします。

出産直前になると、授乳のためにマッサージをすることがありますが、オキシトシンを分泌させることで子宮が収縮されやすくなり、出産しやすくなるという理由があるためです。

このような考え方が浸透しているので、妊娠することにとって授乳をやめようとする人もいますが、上の子供はまだまだお母さんのおっぱいでお腹を満たしますし、精神的なよりどころになっています。

無理やり、ある日突然ミルク育児に切り替えられることで、精神的に不安的になったり、夜泣きが激しくなったりすることで、妊娠初期のお母さんは参ってしまいます。

国際的な研究によると、オキシトシンの分泌によって子宮が収縮するのは分娩前後のことだけで、妊娠初期に分泌されるオキシトシンで子宮の収縮はされないので母乳育児をやめる必要はないとの考えもあります。

WHOによると、2歳までは母乳育児を続けることが理想であるとされていますので、年子妊娠をしたからといって、上の子供のための授乳をやめる必要はありません。

ただし、切迫流早産などで医師から指示がある場合は授乳を中止しなければならないケースもあります。

まとめ

年子で妊娠、出産することは決して珍しいことではなく、理論的にも充分可能です。

しかし、妊娠や出産というのは母体に非常に大きな負担がかかるので、出産後は最低半年ほどは次の妊娠をしないようにすることが望ましいとされています。

年子の妊娠、出産は大変で、その後の育児もいろいろと負担がかかりますが、一度に育児を終えることができるという良い面もありますので、年子で出産するという人は不安がらずに楽しく前向きに育児を楽しみましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊娠のカテゴリー

妊娠報告・出産報告葉酸サプリ妊娠中のスキンケア
妊娠中のファッション妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線妊娠中に便利なサービス・アプリ
妊娠中の仕事妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理妊娠中の栄養・食事
妊婦健診産休・育休産院選び
保険胎動
妊娠報告・出産報告葉酸サプリ
妊娠中のスキンケア妊娠中のファッション
妊娠中の外出・旅行妊娠中の家での過ごし方
妊娠中の運動妊娠線
妊娠中に便利なサービス・アプリ妊娠中の仕事
妊娠中の服薬妊娠中の飲酒
妊娠中のカフェイン妊娠中の体重管理
妊娠中の栄養・食事妊婦健診
産休・育休産院選び
保険胎動
目次
をみる
関連記事
をみる