産後に疲れやすいのはどうして

産後に疲れやすいのはどうして?産後の疲れの原因と解消法!



妊娠中、体調不良に悩まされたママは多いはず。出産までの辛抱だ、と自分に言い聞かせていたママも少なくありません。

しかし、残念ながら体調不良は産後、すぐに回復するわけではありません。

むしろ、産後になっても疲労がとれなかったり、妊娠前よりも疲れやすくなったと感じるママが大半です。

そこで今回は、

・産後に疲れがたまりやすくなった!
・産後に疲れやすいのはなぜ?
・産後疲れの解消法は?

といった方に、産後はどうして身体が疲れやすくなってしまうのか、また、取れにくい疲れを解消する方法などについて詳しくご紹介します。

どうして産後は疲れやすいの?

どうして産後は疲れやすい

身体を酷使し過ぎると、疲れてしまうのは当たり前のことですが、産後の疲労は身体をあまり使ってもいないのにも関わらず感じることがあります。

また、疲れているとわかっているのに、その疲れがとれないので、子育てだけでなく料理や洗濯など、家事もしなくてはいけない産後のママの中にはイライラしてしまうママも多くいます。

産後に疲れやすくなってしまう原因は何なのでしょうか?考えられる原因としては以下の通りになります。

女性ホルモンの影響

妊娠をすると、女性ホルモンのバランスが崩れてしまいがちですが、これは産後も同じです。

妊娠前の状態に女性ホルモンの分泌量が戻っていくからです。女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、心身に悪影響が出てしまいます。

肌の調子が悪くなってしまったり、肩こりや尿漏れ、精神的に不安定になってしまうなど、ママによって症状はさまざまですが、産後の疲れやすさもこの女性ホルモンのバランスの乱れが原因の1つに考えられています。

睡眠不足やストレス

産後は育児中心の生活になります。そのため、昼夜問わず赤ちゃんにかかりっきりになってしまうママも珍しくなく、充分な睡眠時間が取れず睡眠不足になってしまうママも多くいます。

赤ちゃんが生まれると、自分のことが後回しになってしまうママがほとんどですが、睡眠不足に陥ると身体に疲れが蓄積されてしまうので、その分、身体も疲れやすくなってしまいます。

また、ストレスも産後の疲れやすさの原因の1つといわれていて、ストレスを上手く解消できているママに比べて気疲れも重なり、身体に疲れを感じやすくなるといわれています。

授乳による栄養不足

妊娠前に比べて、産後に疲れやすくなった原因として授乳も挙げられます。

授乳は赤ちゃんの成長に欠かせないことですが、母乳にはママが摂取した栄養がたっぷりと含まれています。

そのため、ママは母乳をあげているだけと思っていても、普段より栄養を消耗しやすくなっているのです。

栄養を消耗しやすいということは、ママの身体に必要な栄養が回りにくいということでもあるので、ちょっとしか動いていなかったとしても身体は疲れやすくなっていることが考えられます。

不安や緊張

育児に正しい正解はありません。だからこそ、子育てに悩んでしまうママは多くいます。そのため、産後は不安や緊張を覚えるママがほとんどです。

不安や緊張状態が続くと、ストレスと同様に精神的に疲れを感じやすくなります。

また、不安を解消できずにいると気分も落ち込みやすく、酷い場合には鬱になってしまうこともあります。

病は気から、という諺があるように、リラックスできない状態が長く続くと、身体にも悪影響が出てしまい、疲れを感じやすくなってしまいます。

体力の衰え

女性ホルモンのバランスの乱れや精神的な原因の他、産後に身体が疲れやすくなる原因として、実際に体力が衰えてしまっていることが挙げられます。

出産しただけなのに、と思うかもしれませんが、出産は人生の一大イベントといわれているように、ママが思っている以上に大変なことで、それを成し遂げた身体はママの思っている以上に体力を消耗しています。

また、高齢出産といった、年齢的な関係で体力が落ちてしまっているケースも考えられます。体力がないわけですから、身体も疲れやすくなって当たり前なのです。

産後の体力が回復するのはいつ?

基本的には、産後6~8週間の時期にあたる産褥期を過ぎると体調も安定してくるとされています。

そのため、身体が元の状態に戻ろうとしているこの期間は、ママも身体を休めることが大切です。

寝たままの休養は、エコノミー症候群になってしまう恐れもあるので、目安としては出産後3週間くらい、赤ちゃんの授乳と自分の身の回りくらいのことで留めておくようにすると良いでしょう。

また、原因でも触れたように、産後の疲れやすさには年齢的な体力の衰えも原因に挙げられます。

高齢出産だったママや難産だった場合には、身体の調子も戻りにくいので休養期間を長めにするようにして下さい。

身体の回復スピードには個人差がある

ただし、ママの中には、高齢出産でなくても身体の調子を戻すのに1~2年かかってしまうママもいます。

産後の身体の疲れやすさの原因は、ママによってさまざまですので、他の人より体調の回復が遅くてもあまり気にし過ぎないようにして下さい。

産後の疲れを放っておくのはマズい?

では、疲れやすくなったなと感じても、一時のことだと放っておいて良いかといえば、そうではありません。

身体に疲れが溜まっていることは事実なので、疲れを解消しないでいるとその分、身体にさまざまな不調があらわれやすくなります。

身体のダルさや、肩こりや腰痛、足の引きつり、肌荒れにもなりやすくなり、精神的にもイライラしやすくなったり、気分の落差が激しくなるといった悪影響も出てしまうので、疲れを感じたら小まめに解消していくことが大切です。

他の病気のサインである場合も

他の病気のサインである場合も

また、疲れを感じやすくなったり、ちょっと動くだけで動悸などの症状を感じるようであれば、他の病気のサインである可能性もあります。

考えられる病気としては以下の通りです。

原因によるとはいえ、基本的には、自分に合った対処法で上手く疲れを解消していくことで疲労も落ち着いてきますが、対処法を行っても疲れがとれた感じがしなかったり、症状が悪化しているようであれば放置するのは危険です。

我慢せず医師に相談するようにして下さい。

甲状腺機能の病気

甲状腺ホルモンやカルシトニンと呼ばれるホルモンを分泌する臓器のことで、これらのホルモンは全身の代謝を促す作用があります。

そのため、この甲状腺に異常が出てしまうと、橋本病を代表に、身体に悪影響が出てしまうことが考えられます。

症状としては、身体の疲れやすさ、食欲の低下や無気力感、筋力の低下、肩こりなどさまざまな症状が挙げられます。

特に、甲状腺の異常は産後のママの20人に1人の割合であらわれるといわれているので、注意が必要です。

産後うつ

原因にも挙げられたように、産後の疲れやすさには精神的な原因も否定できません。そんな中でもっとも気を付けたいのが産後うつです。

主な症状としては、動悸といった身体の疲れていると起こりやすい症状をはじめ、過呼吸やめまい、気分の浮き沈みも挙げることができます。

産後は身体が疲れやすいことから、妊娠前に簡単にできていたこともできなくなってしまうママが多く、落ち込んでしまうママも少なくありません。

身体の疲れとともに、気分の落ち込みが2週間以上続くようであれば、産後うつの可能性も考えましょう。

何科を受診すれば良いの?

回復スピードに個人差はあるものの、産後の疲れやすさは一時的な場合が多いです。

しかし、他の病気のサインである可能性も否定できないので、症状が長引く場合や疲れやすさと、他の症状が見られる場合には、早めに病院を受診することが大切になります。

この時、悩んでしまうのが何科を受診すれば良いのかということですが、産後1ヶ月くらいまでは妊娠中と同様に産婦人科を受診するようにして下さい。

それ以降であれば内科の受診でもOKです。ただし、内科を受診する場合には授乳中である旨を必ず伝えるようにして下さい。

産後の疲れの解消法

症状が長引く場合や、我慢できない身体のダルさがあるようであれば、病院の受診を検討したいところですが、産後すぐは赤ちゃん中心の生活で病院に行く余裕もないというママもいるでしょう。

だからといって、放置してしまうと身体の不調を促進し、他の症状や病気に繋がってしまうので避けたいところです。

自宅でもできる産後の疲れをとる方法については以下の通りになります。ママにとってやりやすい方法で、疲れを解消していきましょう。

小まめに休憩を入れる

産後の疲れやすさは、女性ホルモンなどが原因になっていることもありますが、解消されないことには身体にどんどん疲労が蓄積していきます。

体力の衰えが原因であることも考えられるため、解消法として疲れたなと思ったら休憩を入れることが大切です。

産後は育児だけでなく洗濯や掃除、料理などの家事もママがすることがほとんどですが、本調子ではない産後は、これだけでも疲れが溜まります。

身体のことを考えて、疲れを感じたら無理をせず、小まめに休憩を入れることが大切です。

エクササイズなど適度に運動をする

体力の衰えが産後の疲れやすさの原因になっていることもあります。そのため、疲やすさを解消する方法として、エクササイズなど適度な運動をして体力をつけていくことも大切です。

赤ちゃんと一緒に散歩がてら、ウォーキングをするのもおすすめです。ただし、産後すぐは身体の調子を戻すために休養が必要な時期でもあります。

そのため、激しい運動はNGです。万が一のことも考えて、運動を行う際には産婦人科の医師に相談してから始めるようにして下さい。

生活習慣の改善

産後に身体が疲れやすい原因に、女性ホルモンのバランスが影響しているのは先にも触れた通りです。

そのため、疲れやすさを解消する方法として、生活習慣を整えることも解消法の1つに挙げることができます。

適度な運動はもちろんのこと、授乳のことも考えて食事は栄養バランスの良いものを摂取し、質の良い睡眠をとることも大切になります。

産後の子育ての時期は赤ちゃんにかかりきりになってしまうので、睡眠が不規則になってしまうことも珍しくありませんが、スマホやパソコンの使用を控えてブルーライトを避けるなど、睡眠の質を上げるようにしたいです。

サプリメントの服用

産後は赤ちゃんへの授乳も始まるので、ママが栄養を摂取しても母乳に優先されてしまいます。

身体に必要な栄養が不足すると、体力にも影響が出てしまいます。しかし、食事だけでは栄養を補い切れないこともあります。

赤ちゃんへ回す栄養がないと、ママの身体は自分の中にある栄養を赤ちゃんへ送ってしまうので、余計に身体が疲れやすくなります。

そのため、サプリメントを活用して身体に必要な栄養を補給するのも産後の疲れやすさを解消する方法の1つといえます。

ただし、サプリメントを服用する際には用法用量を守って使用することが大切です。

飲む量が少ないと、必要な栄養を補うことができませんし、過剰摂取をしてしまうと身体に副作用が出てしまう恐れもあります。

また、食事と異なり直接、栄養成分を摂取することになるので、ママによっては体質的に合わない場合も考えられます。

使用する際には、事前に医師に相談し、服用してみて身体に異常が生じるようであれば使用を中断するようにして下さい。

育児に完璧を求めない

産後に身体が疲れやすくなってしまうのには、身体的な原因だけではなく、不安や緊張など精神的な原因も考えられます。子育てには明確な正解がありません。

ですが、子育てをしていく上で悩むことはたくさんあります。つい、他のママの赤ちゃんを比べてしまうこともあります。

また、家事も子育ても何でも完璧にこなそうと頑張ってしまうママもいます。しかし、それでは常に気を張っている状態になってしまい、精神的にとても疲れてしまいます。

育児に完璧を求めない、考え方を変えることも産後の疲れの解消になるのです。

リラックスする時間を作る

育児に完璧を求めないだけでなく、リラックスできる時間を作ることも産後の疲れやすさを解消する方法の1つです。

そんな時間を作るなんて無理だと思ってしまうかもしれませんが、ちょっとでも良いのです。

赤ちゃんが寝ている時間に家事の手も休めて、読書や音楽、映画鑑賞などリラックスできる時間を作ってみましょう。

気を抜く時間を作ることで気疲れも解消することができ、身体に悪影響をもたらすストレスの解消にも繋がります。

寝ることが大好き、というママなら赤ちゃんと一緒にお昼寝しても良いかもしれません。

まとめ

まとめ

いくつか解消法を紹介しましたが、これらの方法を実行したからといって必ず疲れが解消できるわけではありません。

ママによって、産後の疲れやすい原因はさまざまです。効果には個人差があることを覚えておきましょう。

小まめに休憩をとるなど、解消法を実践しているにも関わらず疲れが取れない、症状が悪化しているようであれば病院に相談することも大切です。

産後、慣れないうちは赤ちゃんに振り回される生活になりがちですが、赤ちゃんと一緒でないと味わえない楽しさもあります。

頑張り過ぎないように身体を労わりつつ、赤ちゃんとの新生活を楽しんで下さい。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


おすすめアイテム&おすすめ記事

妊婦さんの口コミNo,1
ナチュラルマーククリームが今なら初回サンプル付きでお得!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
お肌のお手入れ楽々!
妊娠中〜産後の肌荒れはこれひとつでOK!?人気のオールインワンゲルの秘密とは
ララリパブリック新パッケージ
お得なキャンペーン開催中!
葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!
LINEでお得な情報をGET!
ココマガ公式「LINE@」始まりました!お得な情報をGETしよう!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!


産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事
目次
をみる
関連記事
をみる