産後の結婚式は大変!?注意するポイントとメリットについて

産後の結婚式は大変!?注意するポイントとメリットについて




結婚式の予定を立てていたら妊娠していることがわかり、結婚式を産後にしようと考える夫婦の方もいます。

妊娠期間中にマタニティ婚をする夫婦もいますが、結果的に産後になってから結婚式を挙げるというケースもあります。

結婚式をするタイミングはご夫婦で相談していくのが一番ですが、産後に結婚式を行うのであれば、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか?

そこで今回は、

・産後に結婚式を挙げるならいつがいい?
・産後に結婚式をするときのポイントは?
・産後に結婚式をするメリットは?

といった方に、産後の結婚式について詳しくご紹介します。赤ちゃんを連れてのファミリー婚となりますので、赤ちゃんのこともしっかり考えていきましょう。

産後に結婚式をする夫婦が増えた

産後に結婚式をする夫婦が増えた

近年ではマタニティ婚をするご夫婦よりも、産後に結婚式をするご夫婦が増えてきています。

マタニティ婚では体にかかる負担が大きくなってしまうので、まずは出産を迎えるまでママの体を優先し、結婚式を我慢した上で出産後に時間をかけながら、結婚式について色々と考えていく方がストレスも少なくなります。

出産前は赤ちゃんを迎える準備でお金もかかりますので、このような経済的な部分からも産後の結婚式を選択するようです。

産後は妊娠期間中に比べ、気を使うべき部分も少なくなりますが、それでもタイミング次第では色々なことを考えなければなりません。

何よりも大きく違うことは、産後の結婚式には赤ちゃんが生まれているということになります。

ママとパパの都合だけではなく、赤ちゃんの事もしっかり考えながら結婚式の段取りをしていきましょう。

産後の結婚式はいつする?

産後の結婚式はいつする

産後に結婚式をするのであれば、産後どのくらいが経過してからがベストなのかで悩んでしまうケースが多いです。

特に決まったものはありませんが、少なくとも一ヶ月検診が終わるまでは結婚式などを行えるような状態ではありません

一ヶ月健診が終了した後もママは育児で疲れてしまいますので、産後すぐの段階で結婚式ができるわけではありません。

半年を目安に早めに結婚式をする

産後三ヶ月が経過すると、赤ちゃんの生活リズムなどもある程度整ってくるため、ママも睡眠時間が増えてきます。

ストレスも軽減され、徐々に安定した生活を取り戻すのではないでしょうか。そのため産後三ヶ月を過ぎて半年くらいまでの間に、できるだけ早く結婚式をするという方法があります。

できるだけ早いうちに結婚式をしてしまう方が、いつまでも結婚式を気にしなくて良いという理由からです。

授乳期間が過ぎたら

赤ちゃんに授乳をしている期間は、ママも赤ちゃんも授乳リズムに合わせて生活をしていかなくてはなりません。

また、食べ物や飲み物にも気を配る必要があります。そのため、授乳期間が過ぎるまでは結婚式の行わず、授乳期間が過ぎたらそこで初めて結婚式を検討していくというのも一つの方法になってきます。

子供が1歳を過ぎたら

授乳期間などに関わらず、赤ちゃんが一歳を過ぎたら結婚式をするという選択肢もあります。

一歳を過ぎた赤ちゃんは、ある程度ママやパパの言っていることもわかるので、長時間にわたり泣き続けてしまうようなことも少なくなります。

離乳食もある程度の段階まで進んでいるため、結婚式を行う間はミルクを飲まず離乳食で過ごすことができます。

このような部分から赤ちゃんが一歳の誕生日を迎えた後で結婚式をするのも良い選択です。

産後の結婚式で気にするべきポイント

産後の結婚式で気にするべきポイント

では、産後に結婚式を挙げる際には、どんなポイントに気をつければよいのかをお話していきましょう。

妊娠中ほど気を使うことはありませんが、やはり産後のママさんの体は回復途中にありますので、意識するべきポイントがあります。

もちろん赤ちゃんのことも考えながら結婚式に備えましょう。

打ち合わせに赤ちゃんを連れて行く?

結婚式をするためには打ち合わせをしていかなくてはなりません。

結婚式場に赤ちゃんを連れて行くのか、それとも赤ちゃんを誰かに預けるのかという部分を考えておかなくてはなりません。

遠方の結婚式場の場合には、赤ちゃんを連れて行くにも移動時間が長くなります。

また打ち合わせをするにも赤ちゃんに気を取られてしまい、集中することができないなどのデメリットが生じてしまうこともあります。

パパと一緒に打ち合わせに出向く際には、パパに赤ちゃんのお世話をお願いすることもできますが、泣き出してしまった赤ちゃんのお世話をするのは基本的にママが多いです。

このような部分からも、打ち合わせに赤ちゃんを連れて行くかどうかを考えなければなりません。

結婚式の季節はいつ?

結婚式を行うのは、どの季節が良いのかについても考えていきましょう。

極端に寒い冬などは、移動するだけで赤ちゃんにも寒い思いをさせることになります。また衣類もたくさん着用しなければなりませんので、万が一汚してしまった際の着替えなども大変です。

特に、産後比較的早い段階で結婚式を挙げる場合には、ママの体が十分回復していないこともあり、冷えによって結婚式の最中に体調を崩してしまうこともあります。

大安吉日を意識することも重要になりますが、そればかりではなく、どの季節に結婚式を挙げるのかもしっかりと考えましょう。

産後のダイエット

産後しばらくの間、ママさんの体はすぐに妊娠前の体へと戻るわけではありません。

お腹のふくらみが目立ってしまうことや、妊娠期間中に増えた体重が戻っていないということもあります。

そのため、ママさんの体重やプロポーションが妊娠前に戻ってから結婚式を挙げたいと思うこともあるでしょう。

こういった部分も踏まえながら、結婚式をいつ行うのかについてを意識する必要があります。

結婚式の日取りまでに必ずしもスタイルが元に戻ると限ったものではありませんので、結婚式の日取りを決めるよりも先に、まずはスタイルを元に戻していくことを優先するママさんもいます。

費用について

結婚式をするとなれば、それなりに費用が必要となってきます。どれだけのゲストを招くのかで費用には違いがありますが、そのほかにも衣装やお料理の内容なども考えていかなくてはなりません。

子育てで出産前に比べ出費が増えますので、このような生活をしていく中で、結婚式にはどれだけの費用が使えるのかを計算する必要があります。

すぐに支払うことができないようであれば、ある程度お金を貯めるまで結婚式の我慢するといった選択肢も出てきます。

授乳期間ならばおっぱいの張り

結婚式をするタイミングが授乳期間中であれば、結婚式の途中でもおっぱいが張ってくることがあります。

衣装のサイズにもよりますが、極端におっぱいが張ってしまうと痛みで結婚式に集中することができないケースや、張りすぎて母乳が次々と出てきてしまい不快感を覚えるなどのデメリットも生じてきます。

このような授乳期間中のおっぱいの張りをどのように対処するのかも考えておく必要があるでしょう。

お祝いのアルコール

結婚式となればお祝いの場面ですので、産後ということもありアルコールを勧められることもあります。

もともとお酒の飲めないママさんであれば心配ありませんが、ある程度お酒飲めるママさんの場合には次々にお酒を注がれてしまうこともあります。

授乳期間中であれば、アルコールを飲むことができませんので、結婚式で振る舞われるアルコールに対してどのように対処するのかも事前に考えておく必要が出てきます。

アルコールを飲みたいと思うのであれば、結婚式の前に搾乳をしておくといった方法や、その他にも結婚式の日は粉ミルクを活用していくといった方法を取り入れましょう。

二次会の有無

結婚式だけではなく、二次会を行う場合にはそこまでをしっかり考えていかなくてはなりません。

費用の問題や二次会に参加してもらうゲスト、赤ちゃんは誰に見ていてもらうのか、など多くのポイントがあります。

結婚式ほど気を使うものではありませんが、やはり結婚式と同じように意識するべきポイントが出てくるのです。

赤ちゃんを連れた状態で結婚式、そして二次会と、一日の中で行うのは少々厳しい部分がありますので、当日の二次会は行わず別の日に改めて場を設けるという方法もあります。

産後に結婚式をするメリット

産後に結婚式をするメリット

産後に結婚式を行うのであれば、気にするべきポイントはとてもたくさんあります。こういったポイントを意識しながら、妊娠期間中ではなく、産後に結婚式を挙げるメリットはどんなことなのでしょうか。

衣装の選択肢が広がる

産後ダイエットには力を入れなくてはなりませんが、妊娠した時に比べると衣装の選択肢が広がるメリットがあります。

お腹の大きい状態で着用することができるドレスと、お腹が目立たなくなった産後に選べるドレスは違ってくるものです。

お色直しを含め、スタイリッシュに見えるドレスや和装での結婚式がしたいと思う場合にも、産後の結婚式はメリットになります。

また、お色直しを考えた場合にも妊娠期間中はママさんへの負担が大きくなりますが、産後であれば比較的負担が少ないといえます。

気持ちに余裕が持てる

妊娠期間中の結婚式となれば我慢しなければならないこともたくさんあります。

例えば結婚式に向けてヘアスタイルを可愛らしく見せるため、パーマをかけたいと思った場合にも、妊娠期間中は美容院に気軽に行けない場合もあるため、思うようなヘアスタイルで結婚式を行うことができません。

産後であれば、自分好みのオシャレなヘアスタイルを選ぶことができます。この他にも、食べ物や飲み物について妊娠期間中ほど意識する必要がありませんので、さまざまな部分で気持ちに余裕が持てます。

疲れにくい

妊娠期間中は大きなお腹を抱えての結婚式となってしまうので、一つ一つの動作にも気を使うことになります。

そのため妊娠していないときの結婚式に比べると、どうしても疲れが大きくなります。一方で産後は子育てが始まっていますが、それでも妊娠期間中ほど動作に気を配る必要などがなく、疲れ方も大きく違ってくるといえます。

結婚式までに日にちの余裕がある

妊娠期間中の結婚式に関しては、出産までの間にさまざまな打ち合わせを行い、結婚式をしなければなりません。

そのため、妊娠がわかってから出産までの間に結婚式をするのであれば、短い時間の中多くの準備をしていく必要が出てきます。

一方で、産後の結婚式であれば結婚式を行うまででも日にちに余裕ができるので、ゆっくりと打ち合わせをしたり、参列していただくゲストを選定していくこともできます。

日にちに余裕がありますので、ゲストに対する配慮も抜かりなく行うこともできます。

産後の結婚式に向けたケア

産後の結婚式に向けたケア

出産前に結婚式をする前に比べ、多くのメリットがある産後の結婚式。

実際に結婚式を行うとなれば一生に一度の晴れ舞台ですので、ママさんは最高に綺麗でいたいと思うものではないでしょうか。

産後の結婚式に向けて、ママさんはどのようなケアをすればよいのでしょうか。

ダイエットをしてスタイルを戻す

産後ダイエットは多くのママさんが力を入れるものです。結婚式をするのであれば衣装の問題もありますので、特にダイエットにも力が入ります。

しっかりと体重を落とし、満足のできるダイエット効果を得ることができれば、産後とは思えないほど美しいプロポーションで結婚式を行うことができます。

産後ダイエットをしていく中で、食事のバランスを考えることや、たるみを予防していくことが大切になります。

肌荒れの予防やお手入れ

育児による寝不足や、ホルモンバランスの変化などによって産後は肌荒れを起こしてしまうママさんがとても多いです。

結婚式を行う際に肌荒れが起きていると、メイクも綺麗に仕上げることができません。そのためお肌のケアも入念に行っていきましょう。

近年では、お肌のケアやダイエットなどを組み合わせながら産後の結婚式に向けて、ブライダル専用の施術が受けられるエステサロンなども増えています。

こういったエステサロンに通ってお肌のケアを徹底的に行うのもよい方法です。

ムダ毛の処理

結婚式でウェディングドレスを着用することになると、気になってくるのはムダ毛。

二の腕をはじめとして、その他背中部分のムダ毛も気になるのではないでしょうか。顔のムダ毛もメイクの仕上がりを考えると、綺麗に処理をしておきたいところです。

妊娠期間中はお腹の赤ちゃんへのリスクを考えて脱毛に通えなかったママさんも、産後の結婚式を目指し、脱毛に通うことができます。

さらには除毛クリームなどを使用する際にも、妊娠期間中のように赤ちゃんへの悪影響を考える必要がありません。

ムダ毛を気にせず綺麗な素肌でドレスが着用できますので、どのようにムダ毛のお手入れをするのかを考えましょう。

産後の結婚式は心身が落ち着いてから

産後の結婚式は心身が落ち着いてから

産後の結婚式は、赤ちゃんのリズムやママさんの体調を考えながら決定する必要があります。

まずはママさんとしても産後のスタイルを元に戻してから考えることになることがほとんどです。急いで結婚式を行わなくても結婚式は逃げません。

体も心もある程度余裕が持てるようになってから、結婚式を行うのがベストです。

焦って結婚式を行い後悔が残ってしまうより、焦らずしっかりと準備をして後悔のない結婚式を挙げましょう。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


はじめての方はこちら!

葉酸サプリタイアップキャンペーン開催中

人気ブランドの葉酸サプリをお得にGETする大チャンス!ココマガ読者さまだけの限定特典をご用意していただきました。

米仏でもNo,1獲得!ララリパブリック

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円

妊活におすすめ!ママナチュレ

  • たんぽぽ茶プレゼント!
  • 初回3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

産後・育児のカテゴリー

産後授乳・母乳育児
新生児赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長赤ちゃんの病気
育児グッズ寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金マタニティブルー・産後うつ
産後ダイエット・骨盤矯正産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容産後の食事
産後授乳・母乳
育児新生児
赤ちゃんとお出かけ赤ちゃんのお世話
赤ちゃんのスキンケア赤ちゃんの成長
赤ちゃんの病気育児グッズ
寝かしつけ幼児教育
しつけ・コミュニケーション子育て費用・助成金
マタニティブルー・産後うつ産後ダイエット・骨盤矯正
産後の仕事産後の手続き
産後の抜け毛産後の美容
産後の食事

スポンサードリンク

目次
をみる
関連記事
をみる