子宮筋腫の症状は分かりにくい?原因はどんなこと?

子宮筋腫は治る?症状は月経痛?予防法や対策は?原因は?


■サイトからのお知らせ

月経が始まるようになった女性は、いくつか女性特有の病気を意識しながら過ごしていく必要があります。中でも患者の多いもののひとつに、子宮筋腫があります。

子宮筋腫になってしまうと、すぐにでも手術をしなければならないといったイメージをお持ちの女性もいますが、発見するタイミングや筋腫の大きさによって治療方法や手術の必要性なども変わります。

子宮筋腫の症状はわかりにくいといわれていますが、実際にはどうなのでしょうか?子宮筋腫は閉経を迎えると自然に小さくなるといわれていますが、日常生活の中で、気がつくことができるのでしょうか?

そこで今回は、

・子宮筋腫の原因とは?
・子宮筋腫の種類や治療方法について知りたい!
・子宮筋腫の予防法は?

といった方に、子宮筋腫について詳しくご説明します。

子宮筋腫の原因は何?

子宮筋腫の原因は何

子宮筋腫は、主に子宮を形成する平滑筋(へいかつきん)が異常増殖したもので、女性ホルモン(エストロゲン)のはたらきによって発育する良性腫瘍です。

子宮筋腫ができてしまう原因はどんなことなのでしょうか。

子宮筋腫の原因を知り、その上で、予防や改善につなげていきましょう。

筋肉の増殖が異常に活発になる

子宮筋腫というのは、子宮の筋肉が異常増殖することによって発症します。

通常のスピードではなく異常なほど活発に増殖してしまうため、そこで増殖した筋肉が筋腫となって一つの塊になります。

エストロゲンの過剰分泌

エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が過剰になってしまうことによって、上記のように子宮の筋肉の遺贈増殖が生じるとされています。増殖が一時的に増えてしまい、これが子宮筋腫の原因になるとされています。

子宮筋腫の具体的な症状とは

子宮筋腫の具体的な症状とは

では、子宮筋腫の具体的な症状についてお話していきましょう。

強い月経痛

子宮筋腫を患うと、月経痛が徐々に強くなってしまうといった特徴があります。このため、比較的早い段階で異常を感じるという女性も多くいます。

人によっては強い月経痛に耐えるあまり、吐き気をもよおしてしまうことや、その他にもめまいや頭痛などといった症状が同時に引き起こされてしまうこともあります。

また、痛み止めのお薬などを服用しても痛みが引かないケースが多く、お仕事などにも集中できないほど強い痛みに襲われてしまうことがあります。

酷い便秘を繰り返す

筋腫が大きくなると腸が圧迫されることになり、ひどい便秘を繰り返してしまうこともあります。

このような症状があらわれた場合も、単なる便秘だと思って軽視してしまうのではなく、便の症状がひどくなるのであれば、子宮筋腫を疑いましょう。

簡単に便秘薬に頼ってしまい、便秘だけを解消した状態で過ごしてしまうと、気がつかないうちに子宮筋腫がどんどん大きくなっていることがあります。

今までとの体の変化をしっかりキャッチするためにも、少しの変化に気がついたときには受診が必要だと心得ておきましょう。

貧血が起きやすくなる

子宮筋腫ができてしまうと、子宮内膜の面積が大きくなることで月経量が多くなったり、月経の期間が長くなることで貧血が起きやすくなるといった特徴があります。

頻尿になる

前述した便秘とは反対の症状になりますが、筋腫が大きくなると膀胱が圧迫され頻尿になってしまうこともあります。

1日の中でお手洗いに行く回数が極端に増えてしまったなどの場合には、子宮筋腫によって膀胱が圧迫されているのかもしれません。

子宮筋腫の種類

子宮筋腫の種類

子宮筋腫といっても、筋腫ができてしまう場所によってそれぞれ種類があります。

漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)

漿膜下筋腫は、子宮壁の一番外側にできてしまう症状です。また、内側ではなく、子宮の外側に向かって大きく育っていくといった特徴があり、場合によっては子宮から突出してしまうというケースもあります。

また、こちらの漿膜下筋腫に関しては月経量が増える、月経痛がひどくなる、貧血を起こすといった症状が比較的出にくく、気がつくのが遅くなってしまうようなリスクもあります。

ただし、筋腫が大きくなれば便秘や頻尿といった症状が出やすくなるのも一つの特徴です。

大きくなると、付け根の部位が捻じれて「子宮筋腫捻転」を引き起こし、緊急手術が必要になるケースもあります。

粘膜下筋腫

子宮の内側に筋腫ができて、そのまま内側に向かって筋腫が成長していきます。
子宮内膜の面積が大きくなることで、月経量が増え貧血になりやすくなります。

また、着床障害も引き起こされるため不妊の原因になることも少なくありません。

頸部筋腫

子宮頚部にできてしまう筋腫です。大きくなるにしたがって月経量も増えてしまい、貧血の状態が酷くなっていきます。
また、性交時に痛みや出血を伴うのも特徴の一つです。

頸部筋腫は比較的手術を行う選択肢をとられるケースが多いです。

筋層内筋腫

子宮の平滑筋の内部にできてしまう筋腫で、子宮筋腫の中でももっとも多くの割合を占めています

小さいうちには症状も出にくいですが、大きくなってくると、月経時の量が増えることや、さらには不妊の原因になることもわかっています。

子宮筋腫の大きさで治療法が変わる

子宮筋腫の大きさで治療法が変わる

子宮筋腫はその後に妊娠を希望するかによって治療方法が変わってきます。

子宮筋腫の手術というと、子宮を全摘出しなければならないといったイメージをお持ちの女性も多くいます。

しかし、妊娠の希望がある場合は、治療後も妊娠可能となるような治療を検討することになります。

妊娠を希望しない場合の治療法

治療後に妊娠を希望しない場合は、子宮筋腫が小さいものであれば、経過観察や薬物治療となります。
薬物療法は、ホルモンのバランスなどを整え、筋腫そのものを小さくしていくといった治療方法です。

症状として「過多月経」「月経困難」「圧迫症状」などがある場合は、子宮動脈塞栓術や子宮摘出手術などの手術を行うことがあります。

筋腫のサイズが推定1,000gを超えるなど子宮肉腫の疑いがあるケースでも、やはり子宮全摘出手術を選択することもあります。

また、子宮筋腫は閉経とともに小さくなっていくといった特徴を持っているため、閉経が近いことが予想される場合にはお薬を使って筋腫が大きくなってしまうことを防ぎながら、閉経を待つこともあります。

妊娠を希望する場合の治療法

治療後に妊娠を希望しない場合は、筋腫のサイズや症状によって治療方法が異なります。
特に症状がなく、筋腫が5cm以下であれば、基本的には経過観察となります。

症状として「過多月経」「月経困難」「圧迫症状」「不妊」や、筋腫が5cm以上の場合は、筋腫核出術と呼ばれる、筋腫とそれを取り巻く周辺の組織だけを取り除く手術を行うことがあります。

筋腫核出術であれば子宮を全摘出することなく、筋腫を取り除くことができるため、その後も妊娠が可能になります。

しかし、妊娠を希望する場合でも、筋腫の大きさや子宮肉腫の疑いがある場合には子宮全摘出手術をすることがあります。

子宮筋腫の患者はどのくらいいるの?

子宮筋腫の患者はどのくらいいるの

子宮筋腫の患者は多いといわれているのですが、全国的にどのくらいの割合となっているのでしょうか?

4人に1人は子宮筋腫だといわれる

4人に1人は子宮筋腫だといわれる

女性の4人に1人は子宮筋腫ができてしまうといわれています。

子宮筋腫というのは悪性の腫瘍ではなく良性の腫瘍ですので、転移することもなく、症状と上手く付き合っていくことで経過観察や薬物治療のみでよいケースも多々あります。

もっとも多いのは30代

子宮筋腫をもっとも発症しやすいのは30代だといわれています。

10代や20代でも発症してしまうケースがありますが、30代に発症する確率がもっとも多く、こちらもやはり早く発見し治療を行うことによって、筋腫の増大を防ぐことが可能です。

こんな時は受診しましょう

こんな時は受診しましょう

自分自身で子宮筋腫ができてしまったと判断するのは、非常に難しいといえます。しかし、症状として何らかの異常を感じた時には必ず受診しましょう。

知らず知らず筋腫が大きくなってしまうと、開腹手術が必要になることや不妊に悩まされることもあります。

月経痛がひどくなるとき

最初でもお話していますが、生理痛がどんどんひどくなってしまったり、月経量が徐々に増えてしまったりするとき、その他には突然大量に出血してしまったときなどもすぐに受診してください。

筋腫ができてしまったことによって子宮内膜などが傷つき、大量に出血しているケースがあります。

下腹部の張りが増えてきたとき

何となく下腹部の張りが増えてきたと感じるときでも、やはり受診しましょう。

子宮筋腫の代表的な症状として、下腹部の張りは含まれていませんが、筋腫が大きくなると腸や膀胱など周辺の臓器を圧迫したり、筋腫自体がお腹の皮膚を圧迫して下腹部の張りを自覚することがあります。

月経時の出血量の極端な変化

月経時の出血量が極端に増えてしまったときはもちろんですが、ダラダラとした出血が続いてしまうようなときにも受診した方が良いです。

子宮筋腫の人が気をつけたいこと

子宮筋腫の人が気をつけたいこと

子宮筋腫になってしまった女性や、子宮筋腫を予防したいと思っている女性は、いくつかのポイントに気をつけながら生活をしましょう。

貧血対策も意識する

子宮筋腫を患うと、貧血の症状に悩まされることも少なくありません。そのため、貧血対策として葉酸を含んでいる食品を摂取することや、その他にも鉄分などを多く摂取することを心がけていきましょう。

葉酸サプリメントについては、葉酸サプリの失敗しない選び方と葉酸サプリおすすめランキング!の記事にて詳しくご紹介しています。

身体を温める

下腹部の冷えは月経時の子宮収縮を促し、月経痛を増強させることにつながります。

生理中はもちろんのこと、普段から下腹部を冷やさないような服装や生活習慣を心がけましょう。

軽視せず定期的な検査をしましょう

軽視せず定期的な検査をしましょう

子宮筋腫は防ぐことも可能であり、さらには早い段階であれば治療方法を選ぶことができます。

ただし子宮筋腫を軽視してしまうと、将来的には不妊になる可能性があることや、貧血に悩まされることになります。

特に開腹手術の場合には、お腹に大きな傷が残ってしまうこともあります。ですから、月経痛をはじめとして、その他にも子宮にまつわる何らかの変化を感じたときや、上でお話したいくつかの症状に該当する場合には必ず受診してください。

子宮筋腫に関しては、1年に1回程度の定期的な検査を受けることで、早期発見をすることができます。

この記事が役に立ったらシェアしよう!


ココマガ編集部厳選サプリ

ココマガが厳選した妊活サプリ、葉酸サプリをご紹介!お得なキャンペーンを実施中の商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

男性用妊活サプリ「精育支援サプリ」

  • 精子観察キットがついてくる!
  • 定期3,582円
男性の妊活について詳しく知る

米仏でもNo,1獲得の葉酸サプリ「ララリパブリック」

  • 300円OFFクーポン!はこちら
  • 定期2,980円

キングオブ葉酸!ベルタ葉酸サプリ

  • 酵素サプリプレゼント!
  • 定期3,980円
葉酸サプリの選び方を見る

はじめての方はこちら!

妊娠周期ごとのまとめ記事

はじめての妊娠の方に、読んでもらいたい記事をまとめました。周期ごとのママや胎児の様子を把握しておきましょう。


妊活のカテゴリー

子作り・セックス生理妊娠の兆候
着床妊娠検査薬男性の妊活
つわり基礎体温保険
葉酸サプリ
子作り・セックス生理
妊娠の兆候着床
妊娠検査薬男性の妊活
つわり基礎体温
保険葉酸サプリ
目次
をみる
関連記事
をみる